トップPDF 資料置場 発見の歴史(物理学)

資料置場  発見の歴史(物理学)

資料置場 発見の歴史(物理学)

ノーベル物理学賞にみる物理変遷 例) 素粒子物理・原子核物理 2008年 自発的対称性破れ・クォーク3世代を予言した「対称性破れ」起源発見 2004年 強い相互作用理論における漸近的自由性発見

11 さらに読み込む

資料置場  発見の歴史(物理学)

資料置場 発見の歴史(物理学)

ニールス・ボーア 原子構造とその放射に関する研究 1927年 アーサー・コンプトン 光粒子性を示すコンプトン効果発見 チャールズ・ウィルソン 蒸気凝縮により荷電粒子飛跡を観察できるようにする方法 (霧箱)研究

32 さらに読み込む

資料置場  発見の歴史(物理学)

資料置場 発見の歴史(物理学)

陽子物理的性質を決める 3つ『価クォーク』が スープ上に浮かんでいる 1990年 ジェローム・アイザック・フリードマン、ヘンリー・ケンドール、リチャード・E・テイラー 素粒子物理におけるクォーク模型決定的重要性をもった、

75 さらに読み込む

資料置場  発見の歴史(物理学)

資料置場 発見の歴史(物理学)

AGS 1976年 バートン・リヒター、サミュエル・ティン J/ψ中間子発見 1988年 レオン・レーダーマン、メルヴィン・シュワルツ、ジャック・シュタインバーガー ニュートリノビーム法、およびミューニュートリノ発見によるレプトン二重構造実証 1980年 ジェームス・クローニン、ヴァル・フィッチ

51 さらに読み込む

資料置場  発見の歴史(物理学)

資料置場 発見の歴史(物理学)

応用だけではなくて、、、 グラフェン上で、電子は「質量0、スピン 1/2自由粒子」として2次元空間中を運動する。 質量 0 電子 量子力学で「 Dirac粒子」として知られているが、、、、、

30 さらに読み込む

平成23年度  発見の歴史(物理学)

平成23年度 発見の歴史(物理学)

1988年 レオン・レーダーマン、メルヴィン・シュワルツ、ジャック・シュタインバーガー ニュートリノビーム法、およびミューニュートリノ発見によるレプトン二重構造実証 1988年 レオン・レーダーマン、メルヴィン・シュワルツ、ジャック・シュタインバーガー ニュートリノビーム法、およびミューニュートリノ発見によるレプトン二重構造実証

29 さらに読み込む

平成23年度  発見の歴史(物理学)

平成23年度 発見の歴史(物理学)

近づくほど弱くなる → 漸近的自由性 2004年 デヴィッド・グロス、H・デヴィッド・ポリツァー、フランク・ウィルチェック 強い相互作用理論における漸近的自由性発見 2004年 デヴィッド・グロス、H・デヴィッド・ポリツァー、フランク・ウィルチェック 強い相互作用理論における漸近的自由性発見

47 さらに読み込む

平成23年度  発見の歴史(物理学)

平成23年度 発見の歴史(物理学)

マリア・ゲッパート・メイヤー、ヨハネス・ハンス・イェンゼン 原子核殻構造に関する研究(殻模型提唱) 1975年  オーゲ・ニールス・ボーア、ベン・ロイ・モッテルソン、レオ・ジェームス・レインウォーター 核子集団運動と独立粒子運動と関係発見、 およびこの関係に基づく原子核構造に

67 さらに読み込む

平成23年度  発見の歴史(物理学)

平成23年度 発見の歴史(物理学)

グラフェン力学的性質 グラフェン(単層)に力を加えて構造を壊すに必要な力 42 N/m 一般的な鉄場合 (0.25~1.2)×10 9 N/m 2 同じ厚み鉄シートとグラフェンシートを比べると 厚み ~ 3 = 3×10 Å -10 m

30 さらに読み込む

平成23年度  発見の歴史(物理学)

平成23年度 発見の歴史(物理学)

この中性粒子質量は 電子質量と同じくらい で、 陽子質量1/100以上ではありえない 。 ベータ崩壊際には電子1個とニュートリノ1個が放出 され、電子とニュートリノ運動エネルギ ー和が一定であるとすれば、放出された電子運動エネルギー問題は理解できよう。 もしニュートリノが存在すれば、とっくに発見されているはずなので、私救済方法が非現実的 だという点は認める。しかし「虎穴に入らずんば虎児は得られない」。
さらに見せる

30 さらに読み込む

平成23年度  発見の歴史(物理学)

平成23年度 発見の歴史(物理学)

YAMAGATA UNIVERSITY CERNに関連したノーベル賞 1984年 カルロ・ルビア、シモン・ファンデルメール 弱い相互作用を媒介するであるW粒子およびZ 粒子発見を導いた巨大プロジェクトへ決定的 貢献

34 さらに読み込む

平成23年度  発見の歴史(物理学)

平成23年度 発見の歴史(物理学)

ある科学的な発見や発明 が 人類利害にとって重 大な関わりがある とみな されるとき、それにいち早 く気づいた科学者には、 それを 何らかの形で人々 に知らせ、適切な方策を 採るように勧告する責任 がある

47 さらに読み込む

平成23年度  発見の歴史(物理学)

平成23年度 発見の歴史(物理学)

Baltimore, MD, USA, Space Telescope Science Institute, Birth. Affiliation.[r]

43 さらに読み込む

平成23年度  発見の歴史(物理学)

平成23年度 発見の歴史(物理学)

1933年 新形式原子理論発見 1932年 量子力学創始とその応用、とりわけ水素異性体発見 1929年 電子波的性質(物質波)発見 1927年 コンプトン効果発見・霧凝縮により荷電粒子飛跡を観察できるようにする方法(霧箱)研究 ...

11 さらに読み込む

資料置場  原子核物理学

資料置場 原子核物理学

 核分裂 核が2個かそれ以上分裂片に分かれる現象 何個か中性子やガンマ線放出を伴う 1938年 ハーン、シュトラスマンにより発見 ウランに遅い中性子をぶつけ、バリウム放射性が生成 自発分裂

13 さらに読み込む

資料置場  コマの物理から素粒子のスピン

資料置場 コマの物理から素粒子のスピン

 もしニュートリノが存在すれば、とっくに発見されているはずなので、私救済方法が非現実的 だという点は認める。しかし「虎穴に入らずんば虎児は得られない」。  エネルギー保存破れによる事情深刻さは、私前任者がブラッセルで私にいわれた言葉 によって明らかになるだろう。

21 さらに読み込む

資料置場  コマの物理から素粒子のスピン

資料置場 コマの物理から素粒子のスピン

体内主に水(H 2 O)分布を精密に測定 → 断層画像を得る http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/3b/MRI_brain.jpg 2003年 ノーベル生理学・医学賞 ポール・ラウターバー、ピーター・マンスフィールド 核磁気共鳴画像法に関する発見

37 さらに読み込む

資料置場  コマの物理から素粒子のスピン

資料置場 コマの物理から素粒子のスピン

ゼーマン効果発見 1902年 ヘンドリック・ローレンツ、 ピーター・ゼーマン 放射に対する磁場影響研究 1896年 ナトリウム原子を磁場中で発光させた時、 そのD線スペクトルが複数に分かれる事を発見

30 さらに読み込む

資料置場  原子核物理学

資料置場 原子核物理学

J/ψメソン発見:チャームクォーク・チャーモニウム (1974.11, 11月革命) SLAC: リヒター BNL: サミュエル=ティン e   e −  J /  hadrons pBe  J /   X  e  e −  X J. -E. Augustin et al.,

24 さらに読み込む

初期のサイクロトロン覚え書き 井上 信 参考資料  原子核物理学

初期のサイクロトロン覚え書き 井上 信 参考資料 原子核物理学

必要 実験室 部 基礎を作りパヴケを固定 るピャダ穴を建物建設昷 用 意 ら 穴 蹴 あ パヴケ 設計 青写真 を見 実 測 い 決 ろ い 据え付 る ピャダ穴 間隔 少 異 る 明 据え付 自体 れ り 措置を講 行 ある 不思議 あ う 青写真を調 い らパヴケ 青写真 2 種類ある を発見 1 枚 戦後 キ゜ェュダュル用 新 設計 面 移転 際 筆者 参考 あ る う 1 枚 戦前 キ゜ェュダュル パヴケ 思われる 再 を指示 ある 面 あ 戦前 パヴケ 新規 設計 よりやや短い 磁石を支える 十 キ゜ゲ あ 接 を免れ 戦前 パヴケを流用 あろう 戦前 キ゜ ェュダュル フヴャ 100 コルス 40 ゜ルス 戦後 105 コルス ある 戦後
さらに見せる

29 さらに読み込む

Show all 10000 documents...