トップPDF molbio 20120110 02 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

molbio 20120110 02 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

molbio 20120110 02 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

遺伝子と疾患と治療(薬物療法)と関係 遺伝子治療 図で、左には細胞形質 / 表現型( phenotype )を変える要因が列挙されている。遺伝子 改変・変異だけでなく環境( environment )や細胞へシグナル分子 (signaling molecule) なども細胞形質 / 表現型を変えるはたらき-その一部は病気原因-になる。

25 さらに読み込む

memo molbio 08 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

memo molbio 08 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

5. DNA シーケンシングでは、PCR で用いられるものに加えて、どのような試薬が必要で すか? 6.コピー機で文書を複写する状況をたとえばなしにして、 DNA シーケンシング原理を 説明してください。

1 さらに読み込む

memo molbio 09 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

memo molbio 09 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

9.8. プラスミドを大腸菌へ遺伝子導入ベクターとして用いた場合、大腸菌にプラ スミドが入ったかどうかはどのように確認しますか? 10.プラスミドを大腸菌に導入するには、大腸菌に対してどのような操作をおこないま すか?「プラスミド 大腸菌 導入」で調べてみてください。

1 さらに読み込む

memo molbio 05 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

memo molbio 05 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

基礎分子生物学 第 7 回 (2010.11.9) ため予習課題 2010.11.2 テーマ: DNA 修復、減数分裂 課題:工藤光子、中村桂子「見てわかる DNA のしくみ」 (講談社ブルーバックス、 2007 年) DVD DISK3 を観て、また、参考図書 ( 「分子遺伝学」 203 ∼ 207 頁 ) を調べて、次 1~12 問いに答えなさい。

1 さらに読み込む

memo molbio 10 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

memo molbio 10 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

11. 特定遺伝子からタンパク質ができないようにする方法を2つ挙げてください(110 頁) 12. ノックアウトマウス作成(107~110 頁)において、ベクターが ES 細胞にとりこまれ たかどうか、ならびに、ベクター不活化遺伝子と標的遺伝子と間で相同組換えがおこ ったどうかを両方判定する必要があります。それぞれどのように判定しますか?

1 さらに読み込む

memo molbio 04 2 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

memo molbio 04 2 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

基礎分子生物学 第 5 回( 2010. 10. 26) ため予習課題 2010. 10. 19 テーマ:D N A 複製 課題:工藤光子、中村桂子「見てわかる D N A のしくみ」 (講談社ブルーバックス、2007 年) D VD D I SK2 を観て、また、参考図書( 「分子遺伝学」17~47, 175~203 頁) を調べて、次 1~18 問いに答えなさい。

1 さらに読み込む

medinfo 121023 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

medinfo 121023 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

チ 院 感染 疑わ 病棟 回診 生物質 使い方 指導.[r]

33 さらに読み込む

medinfo 121002 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

medinfo 121002 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 患者が急変し、人工呼吸器装着が必要になった。 – しかし、いつも使用している人工呼吸器を他病棟に貸し出しており、 今まで使った経験ない人工呼吸器を使わざるを得なかった。 – その人工呼吸器には取り扱い説明書がぶら下げられていたが、

48 さらに読み込む

molbio 20111101 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

molbio 20111101 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 例:患者群 1000 人、対照群 1000 人 – DNA バリアント:よくあるバリアントとまれなバリアント • よくあるバリアント:およそ 1000 万箇所-ほとんどが個人間単一 塩基差異(一塩基多型: Single Nucleotide Polymorphism, SNP )

36 さらに読み込む

molbio 20111213 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

molbio 20111213 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

c, Demonstration of the abnormal splice product using RT – PCR, showing an abnormal product of 489 bp in the two HGPS probands due to activation of the cryptic splice site.. Alternati[r]

27 さらに読み込む

memo molbio 01 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室) memo molbio 01

memo molbio 01 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室) memo molbio 01

7.4.で答えた DNA 部品共通部分は何ですか?2重らせん DNA 分子をつくると きに、どの原子とどの原子とがどのような種類化学結合を作りますか(2種類ありま す)? 8.7.で答えた化学結合うち、DNA 2重らせんを作るために DNA 鎖どうしをつな げる化学結合は、どのような分子どうし間でつくられますか?

1 さらに読み込む

molbio 20111129 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

molbio 20111129 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

…We transplanted stem cells from a donor who was homozygous for CCR5 delta32 in a patient with acute myeloid leukemia and HIV-1 infection.. The patient remained without viral rebound 20[r]

45 さらに読み込む

memo molbio 12 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

memo molbio 12 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

10. ゲノムインプリンティングが影響していると考えられている疾患例を挙げてくださ い( 167 頁)また、X 染色体が2本ある細胞では一方が不活性化されることが知られていま す(ライオナイゼーション) 。しばしば観察できるライオナイゼーション例をひとつ挙げ てください。

1 さらに読み込む

molbio 20111122 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

molbio 20111122 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• Three years later, chemotherapy and other treatments weren t working. There s nothing for you, you re going to die, Orem was told. • That s when a friend told her about a clinical trial going on in Portland of a new drug that attacks cancer cells and leaves

31 さらに読み込む

molbio 20111115 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

molbio 20111115 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• The present invention further relates to somatic mutations in the BRCA1 gene in human breast and ovarian cancer and their use in the diagnosis and prognosis of human breast and ovar[r]

38 さらに読み込む

molbio 20111004 2 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

molbio 20111004 2 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 遺伝情報は DNA 構造一部分である4種類塩基 並び方(配列)に存在する。 • タンパク質アミノ酸順序はタンパク質をコードす る遺伝子から転写される mRNA 塩基配列を3文

28 さらに読み込む

molbio 20111018 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

molbio 20111018 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

Redox-sensitive intermediates mediate angiotensin II-induced p38 MAP kinase activation, AP-1 binding activity, and TGF-ß expression in adult ventricular cardiomyocytes.. Possibilities [r]

32 さらに読み込む

molbio 20110927 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

molbio 20110927 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

is dedicated to helping the nearly 30 million Americans with rare diseases, and the. organizations that serve them, through[r]

29 さらに読み込む

molbio 20111012 2 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

molbio 20111012 2 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

Lemna WK, Feldman GL, Kerem B, Fernbach SD, Zevkovich EP, O'Brien WE, Riordan JR, Collins FS, Tsui LC, Beaudet AL.. 別 遺伝子 修飾[r]

27 さらに読み込む

biochem 120619 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120619 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

56 アラニンから糖新生 血液 肝臓では、アラニンアミノトランスフェラーゼによって、アラ ニンとα - ケトグルタル酸からグルタミン酸とピルビン酸をつ くる。ピルビン酸は糖新生によってグルコースになり、血液 に放出され、筋肉で利用される。グルタミン酸はグルタミン 酸デヒドロゲナーゼによってα - ケトグルタル酸とアンモニア を生じる。

66 さらに読み込む

Show all 10000 documents...