コンポーネントの構成または削除に必要なグループ コンポーネントの構成または削除に必要なグループ コンポーネントの構成または削除に必要なグループ コンポーネントの構成または削除に必要なグループ

In document Oracle Application Serverインストレーション・ガイド, 10g( ) for HP-UX PA-RISC (64-bit) (Page 94-97)

トールトール

5.3 コンポーネントの構成または削除に必要なグループ コンポーネントの構成または削除に必要なグループ コンポーネントの構成または削除に必要なグループ コンポーネントの構成または削除に必要なグループ

表5-4に、Oracle Application Serverコンポーネントを構成または削除するためにユーザーが属

する必要があるグループを示します。

コンポーネントをインストールおよび構成するユーザーが、そのコンポーネントの所有者にな ります。

表 表 表

5-3 各コンポーネントに関連付けられたグループ各コンポーネントに関連付けられたグループ各コンポーネントに関連付けられたグループ各コンポーネントに関連付けられたグループ グループ

グループ グループ

グループ 説明説明説明説明 コンポーネント所有者

DN: cn=Component Owners,

orclApplicationCommonName=componentCo mmonName, cn=componentName, cn=Products, cn=OracleContext

コンポーネント所有者には、次の権限があります。

このコンポーネントの所有者の追加および削除。

このコンポーネントの登録解除。

追加の中間層とこのコンポーネントの関連付け。

関連の中間層

DN: cn=Associated Mid-tiers,

orclApplicationCommonName=componentCo mmonName, cn=componentName, cn=Products, cn=OracleContext

このグループのメンバーは、中間層インスタンスです。

表表

表表5-4 コンポーネントの構成に必要なコンポーネントの構成に必要なコンポーネントの構成に必要なコンポーネントの構成に必要なOracle Internet Directoryグループグループグループグループ 構成するコンポーネント

構成するコンポーネント 構成するコンポーネント

構成するコンポーネント ユーザーがメンバーである必要があるグループのリストユーザーがメンバーである必要があるグループのリストユーザーがメンバーである必要があるグループのリストユーザーがメンバーである必要があるグループのリスト インフラストラクチャ・コンポーネント

インフラストラクチャ・コンポーネント インフラストラクチャ・コンポーネント インフラストラクチャ・コンポーネント

OracleAS Metadata Repository Oracle Internet Directoryに対してOracleAS Metadata Repositoryを登録 するには、iAS Adminsグループに属しているユーザーとしてOracle Internet Directoryにログインする必要があります。

Oracle Internet Directory OracleAS Cluster(Identity Management)環境では、最初のインスタン スの後に、後続のOracle Internet Directoryインスタンスをインストール するには、ユーザーはOracle Internet Directoryのスーパーユーザー

(cn=orcladmin)である必要があります。

コンポーネントの構成または削除に必要なグループ

Oracle Application Serverのインストール権限のためのOracle Internet Directoryの構成 5-5 Oracle Delegated Administration Services 信頼できるアプリケーションの管理者

iAS Admins

OracleAS Single Sign-Onが使用するメタデータ・リポジトリ用の中 間層の管理者グループ

OracleAS Single Sign-Onが使用するメタデータ・リポジトリが不明 な場合は、5-7ページの「OracleAS Single Sign-Onが使用するメタ データ・リポジトリを確認する方法」を参照してください。

Oracle Delegated Administration Servicesコンポーネントのコン ポーネント所有者

注意注意

注意注意: これは、Oracle Delegated Administration Servicesの複数の インスタンスをインストールする場合にのみ必要です。2番目およ びそれ以降のインスタンスをインストールするときには、コンポー ネント所有者グループに属す必要があります。最初のOracle Delegated Administration Servicesインスタンスをインストールす るときには、このグループのメンバーである必要はありません。

グループへのユーザーの追加方法の手順は、5.8.1項「Oracle

Directory Managerを使用したグループへのユーザーの追加」を参

照してください。

OracleAS Single Sign-On OracleAS Single Sign-Onをスーパーユーザー(cn=orcladmin)として インストールする必要があります。

Oracle Directory Integration Platform iAS Admins

信頼できるアプリケーションの管理者

「cn=dipadmingrp,cn=odi,cn=oracle internet

directory」で識別されるOracle Directory Integration Platformの 管理者

OracleAS Single Sign-Onが使用するメタデータ・リポジトリの中間 層の管理者グループ

OracleAS Single Sign-Onが使用するメタデータ・リポジトリが不明 な場合は、5-7ページの「OracleAS Single Sign-Onが使用するメタ データ・リポジトリを確認する方法」を参照してください。

既存のOracleAS Metadata Repositoryに対 して構成されたOCA

信頼できるアプリケーションの管理者

iAS Admins

既存のメタデータ・リポジトリのリポジトリ所有者グループ 新しいOracleAS Metadata Repositoryに対

して構成されたOCA(つまり、同じインス トール・セッションでOCAおよび

OracleAS Metadata Repositoryをインストー ルし構成する)

信頼できるアプリケーションの管理者

iAS Admins

J2EE and Web Cache中間層の機能中間層の機能中間層の機能中間層の機能

Oracle Identity Management Accessのみ iAS Admins Oracle Identity Management Accessおよび

Farm Repository(データベースベースまた はファイルベース)

iAS Admins

メタデータ・リポジトリの中間層の管理者またはリポジトリ所有者 グループ

表 表 表

5-4 コンポーネントの構成に必要なコンポーネントの構成に必要なコンポーネントの構成に必要なコンポーネントの構成に必要なOracle Internet Directoryグループグループグループグループ(続き)(続き)(続き)(続き)

構成するコンポーネント 構成するコンポーネント 構成するコンポーネント

構成するコンポーネント ユーザーがメンバーである必要があるグループのリストユーザーがメンバーである必要があるグループのリストユーザーがメンバーである必要があるグループのリストユーザーがメンバーである必要があるグループのリスト

コンポーネントの構成または削除に必要なグループ

Portal and WirelessおよびおよびおよびおよびBusiness Intelligence and Forms中間層コンポーネン中間層コンポーネン中間層コンポーネン中間層コンポーネン ト

ト ト ト

OracleAS Portal 信頼できるアプリケーションの管理者

IASおよびユーザー管理アプリケーションの管理者

iAS Admins

メタデータ・リポジトリの中間層の管理者またはリポジトリ所有者 グループ

OracleAS Portalコンポーネントのコンポーネント所有者グループ

注意 注意 注意

注意: このグループは、追加のOracleAS Portalインスタンスをイン ストールする場合にのみ適用できます。最初のOracleAS Portalのイ ンストールには適用されません。それ以降のOracleAS Portalのイン ストールの場合は、最初のインストールを実行したOracle Internet

Directoryユーザーと同じユーザーとしてインストールを実行できま

す。OracleAS Portalを別のOracle Internet Directoryユーザーがイ ンストールできるようにする場合は、そのユーザーをPortalアプリ ケーション・エンティティのコンポーネント所有者グループに追加 する必要があります。

OracleAS Wireless IASおよびユーザー管理アプリケーションの管理者

iAS Admins

メタデータ・リポジトリの中間層の管理者またはリポジトリ所有者 グループ

OracleAS Wirelessコンポーネントのコンポーネント所有者グループ

注意 注意 注意

注意: このグループは、追加のOracleAS Wirelessインスタンスをイ ンストールする場合にのみ適用できます。最初のOracleAS Wireless のインストールには適用されません。それ以降のOracleAS Wireless のインストールの場合は、最初のインストールを実行したOracle Internet Directoryユーザーと同じユーザーとしてインストールを実 行できます。OracleAS Wirelessを別のOracle Internet Directory ユーザーがインストールできるようにする場合は、そのユーザーを

Wirelessアプリケーション・エンティティのコンポーネント所有者

グループに追加する必要があります。

また、ユーザーはOracleAS Wirelessアプリケーション・エンティ ティの所有者の1人である必要があります。OracleAS Wirelessアプ リケーション・エンティティの名前を確認するには、OracleAS

Wirelessの最初のインストールから次のコマンドを実行します。

prompt> $ORACLE_HOME/wireless/bin/getAppEntityName.sh 次に、ユーザーをこのアプリケーション・エンティティのコンポー ネント所有者として追加します。これは、Deployment Delegation コンソールまたはOracle Directory Managerを使用して行うことが できます。

OracleAS Reports Services OracleAS Forms Services OracleAS Personalization OracleBI Discoverer

iAS Admins

メタデータ・リポジトリの中間層の管理者またはリポジトリ所有者 グループ

表 表 表

5-4 コンポーネントの構成に必要なコンポーネントの構成に必要なコンポーネントの構成に必要なコンポーネントの構成に必要なOracle Internet Directoryグループグループグループグループ(続き)(続き)(続き)(続き)

構成するコンポーネント 構成するコンポーネント 構成するコンポーネント

構成するコンポーネント ユーザーがメンバーである必要があるグループのリストユーザーがメンバーである必要があるグループのリストユーザーがメンバーである必要があるグループのリストユーザーがメンバーである必要があるグループのリスト

中間層のインストールに必要なグループ

Oracle Application Serverのインストール権限のためのOracle Internet Directoryの構成 5-7 OracleAS Single Sign-Onが使用するメタデータ・リポジトリを確認する方法が使用するメタデータ・リポジトリを確認する方法が使用するメタデータ・リポジトリを確認する方法が使用するメタデータ・リポジトリを確認する方法

1. 次のコマンド(すべてを1行で)を実行します。

prompt> ldapsearch -h oidhostname -p oidport -D cn=orcladmin -w password -b "orclapplicationcommonname=orasso_ssoserver,cn=sso,cn=products, cn=oraclecontext"

-s base "objectclass=*" seealso 次の値を入力します。

oidhostname: Oracle Internet Directoryを実行するコンピュータの名前。例: dbmachine.mydomain.com

oidport: Oracle Internet Directoryがリスニングしているポートの番号。例: 389 password: cn=orcladminユーザーのパスワード。

2. 前の手順のコマンドがメタデータ・リポジトリの名前を戻さない場合は、次のコマンドを 実行します。

a. まず次のコマンドを実行して、その次のコマンドに必要な「orclreplicaid」値を取得し ます。

prompt> ldapsearch -h oidhostname -p oidport -D cn=orcladmin -w password -b "" -s base "objectclass=*" orclreplicaid

b. その後、次のコマンドを実行します。

prompt> ldapsearch -h oidhostname -p oidport -D cn=orcladmin -w password -b "orclreplicaid=value_from_previous_command,cn=replication configuration"

-s base "objectclass=*" seealso

このコマンドを実行すると、cn=Metadata repository DB Name,cn=oraclecontextという書式の「seealso」値が戻されます。

In document Oracle Application Serverインストレーション・ガイド, 10g( ) for HP-UX PA-RISC (64-bit) (Page 94-97)

Outline

Related documents