インストールの一部 インストールの一部 インストールの一部 インストールの一部 : OCA の画面 の画面 の画面 の画面

In document Oracle Application Serverインストレーション・ガイド, 10g( ) for HP-UX PA-RISC (64-bit) (Page 89-92)

トールトール

4.30 インストールの一部 インストールの一部 インストールの一部 インストールの一部 : OCA の画面 の画面 の画面 の画面

OracleAS Infrastructureのインストール時に「構成オプションの選択」画面で「Oracle

Application Server Certificate Authority (OCA)」を選択すると、表4-15に示す画面が表示さ れます。

同じOracleAS Metadata Repositoryに対して複数のOCAをインストールすることはできませ

ん。Oracle Identity Managementコンポーネントを既存のOracleAS Metadata Repositoryに対 してのみインストールするときには、Metadata Repositoryに対してすでにOCAのインスタン スが構成されていないことを確認します。

例: OCAを含むOracleAS Metadata RepositoryおよびOracle Identity Managementコンポー ネントをコンピュータにインストールします。次に、同じOracleAS Metadata Repositoryに対 して追加のOracle Identity Managementコンポーネント(OCAを含む)を同じまたは別のコ ンピュータにインストールすると、このインストールは失敗します。

表 表 表

4-15 OCAの画面の画面の画面の画面 画面画面

画面画面 操作操作操作操作 1. OracleAS Metadata

Repositoryの選択

この画面は、OCAを構成するときに、既存のOracle Internet Directoryおよび既存の OracleAS Metadata Repositoryを使用している場合にのみ表示されます。Oracle Internet Directoryには、使用するOracleAS Metadata Repositoryが登録されている必 要があります。

OCAで使用するOracleAS Metadata Repositoryを選択します。

「次へ次へ次へ」をクリックします。次へ

2. OCA識別名の指定 OCAでは、この画面で指定されたDNを、発行される証明書の「発行者」フィールド に移入します。

標準標準

標準標準DN: DNにこのセクションに一覧表示された属性のみを使用する場合は、このセ

クションを使用します。このセクションで指定された属性をすべて入力する必要はあ りません。o(組織)属性のみが必須です。どの属性でも、'(一重引用符)文字は無効 です。

一般名一般名一般名一般名(CN): 証明書に必要な名前を入力します。この名前は、ホスト名とは異な る必要があります。例: John Doe

組織単位組織単位組織単位組織単位(OU): 地区または部門の名前を入力します。例: Sales

組織組織組織組織(O)*: 会社または組織の名前を入力します。例: Oracle

国国国国(C): ドロップダウン・リストから国を選択します。

カスタム カスタム カスタム

カスタムDN: DNに標準DNセクションで一覧表示されない属性を使用する場合は、

このセクションでDNを指定します。

「次へ次へ次へ」をクリックします。次へ

3. OCA鍵の長さの指定 鍵の長さ鍵の長さ鍵の長さ鍵の長さ(ビットビットビットビット): OCAで発行されるすべての証明書に署名するためにRSAアルゴリ ズムで使用される鍵の長さを選択します。2048ビット以上の鍵の長さを使用すること をお薦めします。鍵の長さが長いほどセキュリティが強化されますが、新しい証明書 を発行するための時間が長くなります。

「次へ次へ次へ」をクリックします。次へ

インストールの一部: OCAの画面

4. OCA管理者パスワードの 指定

「管理者のパスワード管理者のパスワード管理者のパスワード」および「パスワードの確認管理者のパスワード パスワードの確認パスワードの確認パスワードの確認」: OCA管理者のパスワードを指定 して、確認します。パスワードには、次の制限があります。

8文字以上である必要があります。

英字を1文字以上使用する必要があります。

英字以外の文字(数字など)を1文字以上使用する必要があります。

先頭の文字を数字にすることはできません。

OCAを管理するには、このパスワードが必要です。このパスワードは、OCA Configuration Assistantでも使用します。

インストール後に、ocactlコマンドを使用してパスワードを変更できます。詳細は、

OCAのオンライン・ヘルプを参照してください。

「次へ次へ次へ」をクリックします。次へ 表

表 表

4-15 OCAの画面の画面の画面の画面(続き)(続き)(続き)(続き)

画面画面

画面画面 操作操作操作操作

Oracle Application Serverのインストール権限のためのOracle Internet Directoryの構成 5-1

5

Oracle Application Server のインストール のインストール のインストール のインストール 権限のための

権限のための 権限のための

権限のための Oracle Internet Directory の の の の 構成 構成 構成 構成

特定のインフラストラクチャ・コンポーネントをインストールするときには、インストーラに

より、Oracle Internet Directoryへログインするためのユーザー名を入力するように求められま

す。インストールを正常に行うためには、このユーザーはOracle Internet Directory内の特定の グループに属している必要があります。必要なグループは、インストールするものによって異 なります。

ユーザーをグループに入れることにより、他のユーザーがインストールを実行できるようにな ります。インストールを実行するために、ユーザーはcn=orcladminスーパーユーザーとし てログインする必要はありません。

内容は次のとおりです。

5.1項「Oracle Internet Directoryのデフォルト・ユーザー」

5.2項「Oracle Internet Directoryのグループ」

5.3項「コンポーネントの構成または削除に必要なグループ」

5.4項「中間層のインストールに必要なグループ」

5.5項「追加のメタデータ・リポジトリのインストールに必要なグループ」

5.6項「異なるユーザーによるインストールの例」

5.7項「Oracle Internet Directoryでのユーザーの作成方法」

5.8項「Oracle Internet Directory内のグループへのユーザーの追加方法」

5.9項「新しいOracle Internet Directoryの内容」

5.10項「「Oracle Internet Directoryに対するログインの指定」画面で入力するユーザー名と レルム」

Oracle Internet Directoryのデフォルト・ユーザー

In document Oracle Application Serverインストレーション・ガイド, 10g( ) for HP-UX PA-RISC (64-bit) (Page 89-92)

Outline

Related documents