トップPDF memo molbio 05 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

memo molbio 05 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

memo molbio 05 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

基礎分子生物学 第 7 回 (2010.11.9) ため予習課題 2010.11.2 テーマ: DNA 修復、減数分裂 課題:工藤光子、中村桂子「見てわかる DNA のしくみ」 (講談社ブルーバックス、 2007 年) DVD DISK3 を観て、また、参考図書 ( 「分子遺伝学」 203 ∼ 207 頁 ) を調べて、次 1~12 問いに答えなさい。

1 さらに読み込む

molbio 20111004 2 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

molbio 20111004 2 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 遺伝情報は DNA 構造一部分である4種類塩基 並び方(配列)に存在する。 • タンパク質アミノ酸順序はタンパク質をコードす る遺伝子から転写される mRNA 塩基配列を3文

28 さらに読み込む

molbio 20111101 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

molbio 20111101 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

http://www.parkinson.gr.jp/howto/symptom/ 患者さん・ご家族ためパーキンソン病よろず相談所(ファイザー・キッセイ提供)より (バランスがとりづらくなる) (他動的に動かすと筋肉 がこわばっているがわ かる)

36 さらに読み込む

molbio 20111018 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

molbio 20111018 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

Redox-sensitive intermediates mediate angiotensin II-induced p38 MAP kinase activation, AP-1 binding activity, and TGF-ß expression in adult ventricular cardiomyocytes.. Possibilities [r]

32 さらに読み込む

molbio 20110927 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

molbio 20110927 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

is dedicated to helping the nearly 30 million Americans with rare diseases, and the. organizations that serve them, through[r]

29 さらに読み込む

molbio 20120110 02 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

molbio 20120110 02 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

遺伝子と疾患と治療(薬物療法)と関係 遺伝子治療 図で、左には細胞形質 / 表現型( phenotype )を変える要因が列挙されている。遺伝子 改変・変異だけでなく環境( environment )や細胞へシグナル分子 (signaling molecule) なども細胞形質 / 表現型を変えるはたらき-その一部は病気原因-になる。

25 さらに読み込む

molbio 20111012 2 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

molbio 20111012 2 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

Lemna WK, Feldman GL, Kerem B, Fernbach SD, Zevkovich EP, O'Brien WE, Riordan JR, Collins FS, Tsui LC, Beaudet AL.. 別 遺伝子 修飾[r]

27 さらに読み込む

biochem 120605 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120605 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

14 NADPH 用途 (4) 白血球による食作用 (1) 細菌に付着した免疫グロブリン (IgG) を IgG レセプター で認識することによって、白血球は細菌を吸着し捕らえる (2)細菌を内部に取り込む。リソゾーム融合してファゴ リソゾームをつくる。

40 さらに読み込む

molbio 20111115 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

molbio 20111115 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• The present invention further relates to somatic mutations in the BRCA1 gene in human breast and ovarian cancer and their use in the diagnosis and prognosis of human breast and ovar[r]

38 さらに読み込む

biochem 120501 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120501 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• ②小腸粘膜細胞が単糖を取り込む方法について解説する。門脈につい て解説する。 • ③細胞へ取り込み機構について解説する。肝細胞と他細胞と 糖取り込み機構違いについて解説する。

53 さらに読み込む

biochem 120508 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120508 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

ピルビン酸デヒドロゲナーゼ複合体調節 リン酸化→不活性化 脱リン酸化→活性化 プロテインホスファターゼを活性 化(ピルビン酸デヒドロゲナーゼ を活性化):カルシウムイオン

29 さらに読み込む

biochem 120529 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120529 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 炭素骨格→あるものはクエン酸回路中間 代謝物に、あるものはアセチル CoA になる。 – 前者を糖原性、後者をケト原性という。 – クエン酸回路に投入されたものは糖新生に利用 できる。

44 さらに読み込む

molbio 20111122 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

molbio 20111122 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

In both trials, black patients had a lower incidence 発症率 of coronary artery disease 冠動脈疾患 , greater incidence of previous hypertension ( 高血圧 既往 ), and a greater cardiothoracic ratio 心胸郭比 心肥大 指標 (P < .05) than white patients.

31 さらに読み込む

memo molbio 10 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

memo molbio 10 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

http://www.iam.u-tokyo.ac.jp/bnsikato/protocol/c2.html などを参考にして考えてください。 7. 6. と同様にして、total RNA うち mRNA がどの程度を占めるか調べてみてください。 また、 total RNA から mRNA を精製するには、どのような方法が使われますか?

1 さらに読み込む

memo molbio 01 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室) memo molbio 01

memo molbio 01 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室) memo molbio 01

基礎分子生物学 第 2 回ため予習課題 (2010.9.28) 講義は、前もって与えられた課題について学生が発表し、それについて学生から質疑応答 と私から補足的に質問、説明することで進めます。発表者がいなくなったら、時間前でもそ 回は終了としますので、積極的に発表してください。

1 さらに読み込む

memo molbio 09 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

memo molbio 09 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

基礎分子生物学課題( 2010. 12. 7→2010. 12. 14) 範囲:第3巻「分子生物学」68∼99 頁、第2巻「分子遺伝学」305∼319 1.制限酵素は2本鎖 D N A を特定配列ところで切断し、同じ2つ断端を作ることが できます。 制限酵素が認識する配列にはどのような特徴がありますか? Ec o RI を例にとって 説明してください。

1 さらに読み込む

memo molbio 12 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

memo molbio 12 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

10. ゲノムインプリンティングが影響していると考えられている疾患例を挙げてくださ い( 167 頁)また、X 染色体が2本ある細胞では一方が不活性化されることが知られていま す(ライオナイゼーション) 。しばしば観察できるライオナイゼーション例をひとつ挙げ てください。

1 さらに読み込む

memo molbio 08 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

memo molbio 08 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

5. DNA シーケンシングでは、PCR で用いられるものに加えて、どのような試薬が必要で すか? 6.コピー機で文書を複写する状況をたとえばなしにして、 DNA シーケンシング原理を 説明してください。

1 さらに読み込む

molbio 20111129 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

molbio 20111129 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

…We transplanted stem cells from a donor who was homozygous for CCR5 delta32 in a patient with acute myeloid leukemia and HIV-1 infection.. The patient remained without viral rebound 20[r]

45 さらに読み込む

molbio 20111213 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

molbio 20111213 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

c, Demonstration of the abnormal splice product using RT – PCR, showing an abnormal product of 489 bp in the two HGPS probands due to activation of the cryptic splice site.. Alternati[r]

27 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題