トップPDF 東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔 isss2013sato etal

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔 isss2013sato etal

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔 isss2013sato etal

The number of assisting staffs from outside affected area, volunteers and temporary inflowing population as the index of human resource support at each city and town have been evaluate[r]

11 さらに読み込む

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔 DPRI2011 sato etal

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔 DPRI2011 sato etal

佐藤 林春男 村圭子 〇 Shosuke SATO, Haruo HAYASHI, Keiko TAMURA Frequent and heavy rainfall in recent years has result into spontaneous damage in Japan. In this paper, we analyzed the open-ended answer text data of questionnaire survey from the municipal government officials who had experienced evacuation advisory or order publishing among heavy rain disasters in 2009. We applied a text mining system (TR: TRENDREADER) to analyze the text data. The characteristics of these extracted learnt lessons and found issues suggest that, the local responders in heavy rainfall regions should reinforce their emergency response, decision-making of evacuation advisory and communication to the residents.
さらに見せる

1 さらに読み込む

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔 CCC2012 sato

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔 CCC2012 sato

民 東松島市大曲浜地 東松島市大曲浜地 全世帯 世帯 東松島市 水道施設被害 関 国土交通省 東日 大震災 起因 施設 害 瘠生 全処理場 ヶ所 青森 岩手 宮城 福島 茨城 水道施設被害 関 国土交通省 東日 大震災 起因 施設 害 瘠生 全 場 ヶ所 青森 岩手 宮城 福島 茨城 水道施設被害 関 国土交通省 東日 大震災 起因 被害 瘠生 災害査 自 体 ヶ所 青森 岩手 宮城 福島 茨城

38 さらに読み込む

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

4 ) 震災遺構の対象候補について,発災後に比較 的早くに話題になり(記事になり) ,ネガティ ブなストーリーが存在するものは,解体され やすい傾向が見られ,話題になるのが比較的 遅くポジティブなストーリーがあるものは保 存されやすい傾向にあることを確認した. 本稿では,東日本大震災の被災地における震災遺 構について,震災発生から 5 年の全体像を把握した. 以上 5 ) によれば, もし,対象物を震災遺構として保 存したい意図がある場合には,対象物が震災におい てポジティブなストーリーを有するものであれば, 比較的意図通り保存される可能性がある.一方で, ネガティブなストーリーを有し,早期に社会的に話 題になるような対象物は,今後発生する災害におい
さらに見せる

9 さらに読み込む

第 26 回 日本婦人科がん検診学会 総会 学術講演会 プログラム 抄録集 テーマ 婦人科がん検診を鳥瞰する 会 期 会 場 2017 年 9 月 2 日 土 3 日 日 仙台国際センター 会議棟 2 階 萩 会 長 伊藤 潔 東北大学災害科学国際研究所 災害医学研究部門 災害産婦人科学分野 教授

第 26 回 日本婦人科がん検診学会 総会 学術講演会 プログラム 抄録集 テーマ 婦人科がん検診を鳥瞰する 会 期 会 場 2017 年 9 月 2 日 土 3 日 日 仙台国際センター 会議棟 2 階 萩 会 長 伊藤 潔 東北大学災害科学国際研究所 災害医学研究部門 災害産婦人科学分野 教授

1) 国際医療福祉大学三田病院予防医学センター、 2) 国立がん研究センター社会と健康研究センター検診研究部、 3) 慶應義塾大学大学院医学研究科医学研究系、 4) 慶應義塾大学医学部 産婦人科学教室 【はじめに】 HPV 検査の子宮頸がん検診の手法としての有効性等が検討される中、欧州の 4 ヶ国 での研究が無作為化割付試験(RCT)として注目され、これらを統合した解析結果では、HPV 検査 を用いた検診では子宮頸がん罹患率減少効果が細胞診単独の場合を上回ることが示された。またオラ ンダとオーストラリアでは 2017 年から organized screening における HPV - primary screening(HPV 検 査陰性者には細胞診や精密検査を行わず、次回検診とする)が開始される。一方、わが国では HPV 検査を検診に導入することで生じる、精密検査や次回検診などに関する検診プログラムのアルゴリズ ムのあり方については明確な見解が示されていない。そこで今回、これらの RCT で用いられたアル ゴリズムの共通点と相違点を明らかにすることを目的とした。
さらに見せる

67 さらに読み込む

PDF 東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

PDF 東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

pp. 81-88 2013.11. 9 東 裕 牧紀男 林春男:災害対応 概念 設計 地域 全学会論文 No. 4 pp. 41-48 2002.11. 10 E.L. Quarantelli, Russell R. Dynes: Response to Social Crisis and Disaster, Annual Review of Sociology, Vol. 3, pp. 23-49, 1977.

9 さらに読み込む

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

セグメント化の妥当性や有用性を検証するために,セ グメントごとに,心身ストレスの得点,生活復興感得点 (いずれも前掲),復興過程感得点 11 ) の比較を行った (図 5~7).復興過程感得点は,「これから,どのよう に暮らしていけば良いのか,そのめどが立っている.」 「『生きることには意味がある』と強く感じる.」「そ の後の人生を変える出会いがあった.」「家族や親族, 友人の大切さを見直した」を「1.まったくそう思わな い」~「5.まったくそう思う」の 5 段階で問った結果を 用いて主成分分析を行った得点(主成分得点)である. なお,以上の主成分分析の結果,成分は 1 個だけ抽出さ れた.なお,以上の指標をセグメントごとに比較すると 同時に,多重比較によって,セグメント間に有意な差が 見られるかどうかを併せて検定した.これにより,セグ メント化が適切に行われているかどうかを検討した. 心身ステレス得点は,経過見守り層が最も高い(図 5).これは,経過見守り層に該当するカテゴリークラス ターに「老老世帯」が含まれていることから,心身スト レス得点が高い傾向を示していると考えられる.住まい 再建支援層の心身ストレス得点も高い(図 5).心身ス トレス得点をセグメントごとに多重比較を行った結果, 経過見守り層と住まい再建支援層の間には,有意な差は 見られず,それ以外の組み合わせでは 5%水準で有意な 差が見られた.生活復興感得点は,住まい再建支援層が 最も低い(図 6).住まい再建支援層は,主にもともと 内陸に居住していたというカテゴリークラスター「内 陸」が該当しており,沿岸の被災者に比べて,災害公営 住宅等の住まい再建に関する公的支援が不足しているこ とが,生活復興感が低くしていることが考えられる.生 活復興感得点をセグメントごとに多重比較を行った結果, いずれの組み合わせでも 5%水準で有意な差が見られた. 復興過程感も,住まい再建支援層が最も低い(図 7). 住まい再建支援層のみ,それ以外の 3 つのセグメントと 5%水準で有意な差が見られた.
さらに見せる

10 さらに読み込む

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

An Analysis of Reconstruction Grant Project on the 2011 Great East Japan Earthquake Disaster Focus on the Projects of Coastal Municipalities in Iwate and Miyagi Prefectures.. at the Fi[r]

11 さらに読み込む

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

災害発生直後の避難者への支援 量的充足 ま 求め ます 、 避難生活の長期化 に伴いその質 課題 、 被災者の健康面の 次災害防止 視野に入 た被害低減対 策 事前に必要 います 日本災害食学会 、 自然災害多発時代の被災生活の備え、 特に被災時の食生活のあ 方をテ マ し ます 被災時の食 」 日間のみ 対象 く、 災害の種類に る特性、 あるい 地域性、 さ に被災者の生活特性 被災生活に大 影響を与 える 、 さ に減災のための備え方 転換 必要 あ 、 普段の生活 のシ ムレス
さらに見せる

110 さらに読み込む

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

名取市にある尚絅学院大学で2016年度から開講され ている「災害社会学」を担当する機会を得た.前者 は,「過去の災害における『復興』と東日本大震災 における『復興』の現状を理解し,東日本大震災と これからの災害に復興に向き合う人材を育成する.」 という目的で,同大人間学部(人間文化学科,人間 教育学科の2学科)で2学年対象の必修の専門科目(前 期15回)として開講されている.後者は「命を守る ための災害時の初動対応をはじめ,その後の避難生 活,生活再建など,災害後の復旧・復興過程におい て生じる様々な課題について考察する.災害時にお ける被害を最小限に食い止め,社会の復旧・復興に 資するための知識・スキル・態度を身に付ける.」 という到達目標で,同大学総合人間学部現代社会学 科で2学年対象の選択科目(前期15回)として開講さ れている.いずれも災害過程のうち,主眼が復旧・ 復興にある科目となっている.
さらに見せる

7 さらに読み込む

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

イルの丹念な取組み 6) ,過去の地震災害における 恒久住宅への移行促進策の整理 7) ,東日本大震災 における仮設住宅の解消策の整理 8) などが一部報 告されているものの,なぜ住まいの再建方針が定 まらないのかという,そもそもの問題側の要因は 詳細には明らかにされていない。東日本大震災の 発生から約 3 年の時点で,岩手県内の借り上げ仮 設住宅居住者を対象に行われた調査では,調査時 点で住まい再建の見通しが立たない世帯が 7 割以
さらに見せる

15 さらに読み込む

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

➨஧࡟ࠊ㑊㞴ࡋ࡞࠸ࡇ࡜ࡢཎᅉࢆࡓࡔ༢⣧࡟┣┠ⓗ࡟ ࠕ 㸦࠸ࢃࡺࡿ㸧༴ᶵព㆑ࡢḞዴࠖࡢࡳ࡟ồࡵࡿㄗゎ࣭ᛮ࠸ ㎸ࡳ࡛࠶ࡿࠋࡇࡢࡇ࡜࡟ࡘ࠸࡚㛵㇂㸦2012㸧ࡣࠕ͆㑊㞴͇ ࡢㄢ㢟ࢆேࠎࡢ㜵⅏ព㆑࡟ᖐ⤖ࡍࡿ⢭⚄୺⩏ࠖ࡜⛠ࡋ࡚ ᢈุࡋ࡚࠾ࡾࠊ༴ᶵឤࡀ࠶ࡿ࠿ࡽࡇࡑࡍࡄ࡟ࡣ㑊㞴ࡋ࡞ ࠸࡜࠸࠺ᚰ⌮ࡀᏑᅾࡋᚓࡿࡇ࡜ࡶ෭㟼࡟ὀどࡍ࡭ࡁ࡜ᣦ ᦬ࡋ࡚࠸ࡿࠋࡇࡢࡇ࡜࡟㛵㐃ࡋ࡚ࠊࡓ࡜࠼ࡤ࣮࣊ࣥࣜࡽ 㸦2013㸧ࡣࠊ⅏ᐖࡢⓎ⏕ࢆ᫂☜࡟ㄆ㆑ࡍࡿ࡯࡝㸦᥮ゝࡍ ࡿ࡜ࠊ༴ᶵឤ࣭༴ᶵព㆑ࡀ㧗࠸࡯࡝㸧 ࠊ⅏ᐖ࡟ࡼࡿ⮬㌟ࡢ ேⓗ⿕ᐖࡢ㍍ῶ⾜ື࡜ྠ➼ࡶࡋࡃࡣࡑࢀ௨ୖ࡟ࠊᐙᒇ࣭ ᐙ㈈➼ࡢ≀ⓗ⿕ᐖࡢಖ඲࣭㍍ῶ⾜ືࢆඃඛࡍࡿഴྥࡀぢ ཷࡅࡽࢀࠊࡑࢀᨾ࡟ពᅗⓗ࡟⮬Ꮿ࡟␃ࡲࡿഴྥ㸦᥮ゝࡍ ࡿ࡜ࠊ㑊㞴ࡋ࡞࠸ഴྥ㸧ࡀ࡜ࡾࢃࡅ㏵ୖᅜࡢ♫఍ⓗᙅ⪅ ᒙ࡟࠾࠸࡚ከࡃほᐹࡉࢀࡿ᪨ࡢゝཬࢆࡋ࡚࠸ࡿࠋᮏ✏࡛ ╔┠ࡍࡿࠕ᭕᫕ࡉ㍍ῶࡢࡓࡵࡢ᝟ሗ᳨⣴⾜ືࢆඃඛࡍࡿ ࡀࡺ࠼࡟⤖ᯝ࡜ࡋ࡚㑊㞴ࡋ࡚࠸࡞࠸≧ἣ࡟␃ࡲࡿࠖ⌧㇟ ࡶࠊࡲࡉ࡟ࠕ༴ᶵឤࡀ࠶ࡿࡀᨾ࡟ࠊ୍ᐃࡢ⌮ᒅࢆకࡗ࡚ ͆㑊㞴ࡋ࡚࠸࡞࠸͇≧ែ࡟␃ࡲࡿࠖ⌧㇟࡛࠶ࡿ࡜఩⨨࡙ ࡅࡽࢀࡼ࠺ࠋࡇࡢࡼ࠺࡞ࠕ㑊㞴࡜➇ྜࡍࡿ࡯࠿ࡢ┠ᶆࠖ 㸦⏣୰ 2012㸸p.136㸧ࡢ㐩ᡂࢆពᅗ࡜ࡋࡓ⾜ືࡣࠊ ࠕ㑊㞴 ࠶ࡾ㸭㑊㞴࡞ࡋࠖࡢࡼ࠺࡞༢⣧㸰ᢥ໬ࡢ㆟ㄽࡢࡶ࡜࡛ࡣ ࠸ࡎࢀࡶࠕ㑊㞴࡞ࡋ୍࡛ࠖᣓࡾ࡟ࡉࢀ࡚ࡋࡲ࠸ࠊ ࠕ 㸦ఱࡽ ␲࠸ࡶ࡞ࡃ㸧᪥ᖖࡢ⏕άࢆᬑ㏻࡟⥅⥆ࡋ࡚࠸ࡿ㸦㑊㞴ࡋ ࡚࡞࠸㸧ఫẸࠖ࡜ྠ୍ࡢࡶࡢ࡜ࡋ࡚ᢅࢃࢀ࡚ࡋࡲ࠸࠿ࡡ ࡞࠸ࠋ
さらに見せる

77 さらに読み込む

平成 16 年度研究活動報告書流体融合研究センター Activity Report 2004 Transdisciplinary Fluid Integration Research Center Plasma 東北大学流体科学研究所 Institute of Fluid Science Tohok

平成 16 年度研究活動報告書流体融合研究センター Activity Report 2004 Transdisciplinary Fluid Integration Research Center Plasma 東北大学流体科学研究所 Institute of Fluid Science Tohok

はじめに 東北大学流体科学研究所附属流体融合研究センターは、衝撃波に関する世界的研究拠点として 研究成果を挙げてきた衝撃波研究センターを改組拡充して、平成 15 年 4 月に発足した。本センタ ーの目的は、実験と計算を一体化した新しい研究手法(次世代融合研究手法)を用いて、流体科 学の先端融合領域における諸問題を解決することである。人類社会の永続的発展のためには、環 境・エネルギー、ライフサイエンス、情報通信技術、ナノテクノロジーなどの重点分野に横断的 に関わる流体科学研究が欠かせない。本センターは、流体科学研究所が推進する独創的実験装置 による実験研究とスーパーコンピュータシステムによる大規模計算研究を一体化した研究を行う のが特徴である。これまでの実験や計算だけでは解決が困難だった複雑・多様化した流体科学の 諸問題を次世代融合研究手法を駆使して解決するとともに、異分野の研究者・技術者の協力によ り、新しい研究分野である流体情報学(フルードインフォマティクス、Fluid Informatics)の確立 を目指す。
さらに見せる

37 さらに読み込む

平成29年3月 東北大学附属図書館について東北大学附属図書館

平成29年3月 東北大学附属図書館について東北大学附属図書館

今 は、古典籍や個人文庫 貴 書 の入力を進 もに、世界的 潮流 あ こ の資料そのものの電子 への計画転換を図っていく必要があ 。 )教育 研究成果等の発信 成 18 度 ら運用してい 東北大学機関 ポ ト TOUR は、 成 25 度学 得者 らの博士論文の収録についても、各研究科学務担当 の連携に 滑に進 てい 。 今 は、 内外の政策 してのオ プンアク ス オ プンサイエンスの動向 歩調を合わせて、 オ プンアク スポ シ の策定や ポ ト への 録推奨を 進していく必要があ 。
さらに見せる

245 さらに読み込む

パンフレット(日本語) 留学生住宅総合補償制度 | 留学・国際交流 | 東北大学 工学研究科・工学部

パンフレット(日本語) 留学生住宅総合補償制度 | 留学・国際交流 | 東北大学 工学研究科・工学部

9.その他ご注意いただきたいこと このパンフレットは海外旅行保険・保証人補償基金の内容についてご 紹介したものです。海外旅行保険のご加入にあたっては、必ず「重要 事項説明書」をよくお読みください。ご不明な点等がある場合には、 下記の契約者または引受保険会社までお問い合わせください。 海外旅行保険は(公財)日本国際教育支援協会を保険契約者とし(公 財)日本国際教育支援協会協力校に在籍する留学生で保証人補償基金 に加入する留学生を被保険者とする海外旅行保険包括契約です。保険 証券を請求する権利、保険契約を解約する権利等は(公財)日本国際 教育支援協会が有します。
さらに見せる

8 さらに読み込む

パンフレット(中国語) 留学生住宅総合補償制度 | 留学・国際交流 | 東北大学 工学研究科・工学部

パンフレット(中国語) 留学生住宅総合補償制度 | 留学・国際交流 | 東北大学 工学研究科・工学部

被保险人(保险对象=留学生本人)在 赔偿期限内,因为突然且偶然的外来的 事故而受伤害,并从事故发生日(包括 事故发生当天)起180天内身体产生后 遗症时。自对被保险人造成伤害的事故 发生日(包括事故发生当天)起超过 180天,并且仍需治疗的情况下,根据 自造成伤害的事故发生日(包括事故发 生当天)起第181天医生的诊断来判定 后遗症的程度,支付伤害后遗症保险费。. 根据[r]

8 さらに読み込む

パンフレット(韓国語) 留学生住宅総合補償制度 | 留学・国際交流 | 東北大学 工学研究科・工学部

パンフレット(韓国語) 留学生住宅総合補償制度 | 留学・国際交流 | 東北大学 工学研究科・工学部

현재의 가입을 해약 , 감액하는것을 전제로 새로운 보험계약의 가입을 검토할 경우 , 특히 다음과 같은 점에 주의하시기를 바랍니다. 7.피보험자로부터의 신청에 의한 해약[r]

8 さらに読み込む

平成29年3月 東北大学附属図書館について東北大学附属図書館

平成29年3月 東北大学附属図書館について東北大学附属図書館

学習支援は, 図書館本館を中心に熱心に取り組んでいる様子が見られ, 高く評価でき る. 一方で, 分館においてはトーンが低い. 教育支援から研究支援への方向性について, 東北大学がモデルとして示していただくよう希望したい. 今回外部評価のベースとなったデータに利用者調査がある.まとめられた自己点検・ 評価におけるアンケート調査においては, 質的調査が若干弱いように見受けられる. エ ビデンス調査など様々な手法があるが, 変化に対しては数値による量的調査だけでなく, モニターへの聞き取り調査などによる質的調査も加えていくことが重要であろう. それ らについては,次の評価時期を待たず,定常的に行っていくことが,支援・サービスを 陳腐化させないための重要なデータになるであろう.
さらに見せる

51 さらに読み込む

パンフレット(英語) 留学生住宅総合補償制度 | 留学・国際交流 | 東北大学 工学研究科・工学部

パンフレット(英語) 留学生住宅総合補償制度 | 留学・国際交流 | 東北大学 工学研究科・工学部

Cases where the insured (the person covered under this insurance, namely, the foreign student) develops a disability as a result of a sudden and fortuitous accident during the period [r]

8 さらに読み込む

チラシ 東北大学附属図書館創立百周年記念サイト東北大学附属図書館

チラシ 東北大学附属図書館創立百周年記念サイト東北大学附属図書館

平成23年 10 月 7 日 ∼ 11 月 5 日 東北大学附属図書館 Tel: 022-795-5911 (代表) Email: kikakuten@library.tohoku.ac.jp Web: http://www.library.tohoku.ac.jp/ 宮城県 宮城県教育委員会 仙台市 仙台市教育委員会 朝日新聞仙台総局 毎日新聞仙台支局 読売新聞東北総局 産経新聞社東北総局 日本経済新聞社仙台支局

2 さらに読み込む

Show all 10000 documents...