第3分科会 子どもの権利

Top PDF 第3分科会 子どもの権利:

上越市子どもの権利に関する条例逐条解説書 子どもの権利の尊重・保障  上越市ホームページ

上越市子どもの権利に関する条例逐条解説書 子どもの権利の尊重・保障 上越市ホームページ

5号) ○ 本号は、日本国憲法ですべて国民に保障されている「思想、良心自由」と「信教 自由」に基づき、子ども自身思想、良心、宗教等が大切にされ、これらを理由として差 別されたり、軽んじられたりしないことが、子どもが自信を持って生きることにつながる と考え、これを権利として明らかにしたものである。なお、保護者等は、成長過程におけ る子どもが健全な判断ができるように導いていかなければならないものである。また、「 宗教等」「等」とは、すべて人が宗教を信仰しているわけではないことから、宗教を 信仰しないことも含んだ意味とするためものである。
さらに見せる

27 さらに読み込む

PDF版 法務省:第3分科会 第4回会議(平成30年2月2日開催)

PDF版 法務省:第3分科会 第4回会議(平成30年2月2日開催)

続いて,手続ですけれども,現行法ものと比べて権利制約程度が強いとは思われませ んので,現行法更生保護法52条1項から6項までにそれぞれ判断主体や手続が定め られていますが,それに対応したものでよろしいではないかと考えられます。 ○田鎖幹事 この「民間施設が実施するミーティングへ参加」ということは,一つ前「検 討課題」「1」「 (2) 」議論とも共通する部分があろうと思います。やはり特別遵守 事項として義務付けると当然不利益措置があるということを前提として制度を考えなければ なりませんので,かつ,この場合はプログラムやミーティング実施主体が民間施設である ということも考え併せますと,後々論点とも関わってきますけれども,民間に言わば委託 するような形で特別遵守事項内容であるプログラム実施をお願いするということになる わけでして,これはかなり特別遵守事項というもの性格ということを考えたときには,慎 重にならざるを得ないではないかと,むしろ生活行動指針ような形で改善更生に資する ということで,参加を促していくようなこと方がふさわしいではないかと考えます。 ○今福幹事 ただいま御指摘点でございますが,現行更生保護法を前提としましたとき
さらに見せる

33 さらに読み込む

第1分科会(分科会報告,大会報告 会務報告)

第1分科会(分科会報告,大会報告 会務報告)

  3 報告は,金子浩一会員による「学習指導要領改 訂に関する商業高校教諭へアンケート調査」である。 科学研究費補助金による平成 25 年度に始まる商業高 校新課程に関するアンケート調査研究結果報告で ある。新課程科目特徴を紹介された上で,アン ケート結果から抽出された内容が報告された。結論と しては,(1)商業課程でも上昇している大学へ進学 を意識した内容必要性,(2)「ビジネス経済」科目 における経済学概念,内容を教えること難しさ, (3)アンケート時期問題から来る調査限界などが 示された。フロアから質問では,簿記や現実商業 分科報告
さらに見せる

2 さらに読み込む

資料2 児童福祉専門分科会(子ども・子育て会議)について

資料2 児童福祉専門分科会(子ども・子育て会議)について

子ども・子育て会議(子ども・子育て支援法) ・ 特定教育・保育施設(認定こども園、幼稚園、保育所)利用定員設定に ついて意見を述べること。 ・ 特定地域型保育事業(小規模保育、家庭的保育等)利用定員設定につい て意見を述べること。

9 さらに読み込む

第1分科会(分科会報告,大会報告 会務報告)

第1分科会(分科会報告,大会報告 会務報告)

  1 報告では,水野勝之会員(明治大学)と福岡英 典会員(明治大学)が「ソーシャルビジネス教育試 行」を報告した。東京都千代田区神田地区高齢化 現状とその現状から生じる高齢者買い物難民問題 を指摘したうえで,大学生が高齢者買い物代行を行 うことでその問題解決を目指す試みを説明した。こ 実践活動は無報酬ボランティア活動としてではな く,利益を伴う継続的かつ成功的な事業活動であると 主張された。出席者からは,外出しない高齢者デー タがなくデータに偏りがあること,なぜ単なるビジネ スではなくソーシャルビジネスでなければならない か,代行ではなく随行サービスという方法もある,な どの質問や意見が出された
さらに見せる

1 さらに読み込む

第9分科会(分科会報告,大会報告 会務報告)

第9分科会(分科会報告,大会報告 会務報告)

的な報告となった。  この EXCAMPUS 進化によって,財務データを 直接買うことができない大学などにおいても,これか らデータ蓄積によって,学生に直接,EXAM- PUS をとおして日経指標に準拠した財務データに触 れさせることができるようになったことは特筆にあた いすると思われる。EXCEL 出力によるデータ活用も さることながら,拡大扇型散布図や三色三角バブルグ ラフや三次元図などといった,視覚的な教育資料を提 供できる XCAMPUS 利用範囲が広がったこと意 味は大きいと思われる。
さらに見せる

1 さらに読み込む

資料3 子どもの貧困対策のこどもみらいプランへの位置付けについて 平成28年度第3回社会福祉審議会児童福祉専門分科会(子ども・子育て会議)資料及び議事録 | いわき市役所

資料3 子どもの貧困対策のこどもみらいプランへの位置付けについて 平成28年度第3回社会福祉審議会児童福祉専門分科会(子ども・子育て会議)資料及び議事録 | いわき市役所

(削除) ※ 子ども貧困対策推進に関する法律、子ども貧困対策推進に関する大綱制定に 伴う対応 国では、貧困状況にある子ども健全育成に係る環境整備や、教育機会均等を図るた め、子ども貧困対策を総合的に推進することを目的に、平成25年6月に「子ども貧困対 策推進に関する法律」が成立し、平成26年8月には基本的な方針や、教育支援、生活支援、 保護者就労支援、経済的支援に関する事項等を盛り込んだ「大綱」を定めたところです。 この法律は、都道府県において、子ども貧困対策について計画を定める努力義務が規定さ れており、この計画は、本市子ども・子育て支援事業計画においても取り入れることとな っている「次世代育成支援対策推進法」に基づく計画とも調和を図るものとなっています。 しかし、貧困を軸とした重点施策がさまざまな分野において、多岐に渡っている中で、その 役割等が不明確な状況にあることから、今後は国県動向を見極めながら、適切に対応する
さらに見せる

5 さらに読み込む

第5分科会(分科会報告,大会報告 会務報告)

第5分科会(分科会報告,大会報告 会務報告)

派遣留学生,自費留学生,高校生など 12 名で,ゼ ミ生全員研究報告と日露専門講師による日露関係 講義,モスクワ駐在企業トップ講義など。「モ スクワゼミ」が問いかけたものとして,女性優位性, モチベーション意義,モスクワ地の利と冬期タ イミングなどが上げられ,とくに女性エネルギッ シュな活躍から日本将来へ希望と日露交流発展 へ期待が指摘された。出席者からは,ゼミ生報告 中身,ゼミ生集まり方など質問が出され,報告 中身が紹介され,ゼミ生は自然発生的に集まったと
さらに見せる

1 さらに読み込む

資料8 いわきっ子入学支援(保幼小連携)システムの中間報告について 平成29年度第3回社会福祉審議会児童福祉専門分科会(子ども・子育て会議)資料及び議事録 | いわき市役所

資料8 いわきっ子入学支援(保幼小連携)システムの中間報告について 平成29年度第3回社会福祉審議会児童福祉専門分科会(子ども・子育て会議)資料及び議事録 | いわき市役所

平成 28 年度に、「入学支援システム運用会議」を設置するとともに、『いわきっ子入学 支援(保幼小連携)システム運用手引き』(市、市教育委員)を作成し、本格実施。 なお、平成 29 年度からは、「療育支援地域連絡会議」及び「入学支援システム運用 議」を発展的解消し、「市こども発達支援連絡会議」を設置し、総合的かつ連続的な発達支 援推進を図る。

2 さらに読み込む

参考資料4 児童福祉専門分科会委員名簿 平成25年度第2回社会福祉審議会児童福祉専門分科会(子ども・子育て会議)資料 | いわき市役所

参考資料4 児童福祉専門分科会委員名簿 平成25年度第2回社会福祉審議会児童福祉専門分科会(子ども・子育て会議)資料 | いわき市役所

4 樫村 かしむら 友弘 ともひろ S55.3.20 いわき市保育所(園)保護者連合 長 979-0141 いわき市勿来町窪田十条3-8-23 090-7326-9071 5 草野 くさ 祐 香利 ゆかり S40.6.9 助産師(公募) 979-3124 いわき市小川町上小川字北赤沼46-2 090-4632-1999 6 強口 こわぐち 暢子 のぶこ S22.11.22 いわき市社会福祉協議 会長 970-1153 いわき市好間町上好間字内ノ草107 090-7562-7135 23-3320

3 さらに読み込む

資料6 待機児童数(4月1日現在)について 平成29年度第3回社会福祉審議会児童福祉専門分科会(子ども・子育て会議)資料及び議事録 | いわき市役所

資料6 待機児童数(4月1日現在)について 平成29年度第3回社会福祉審議会児童福祉専門分科会(子ども・子育て会議)資料及び議事録 | いわき市役所

4 待機児童解消に向けた今後取組み 複数私立幼稚園が「認定こども園」へ移行を検討していることなども踏まえ、教育・保育施設 利用ニーズ動向等を的確に把握しながら、計画的な受け皿確保について検討を進めます。 また、これまでも保育所等に勤務する保育士処遇改善を図るため支援策を実施しております が、今後とも保育関係者と意見交換等を行いながら、就労環境改善等を通じて、保育人材拡充 を図り、待機児童解消につなげて参ります。
さらに見せる

1 さらに読み込む

第5分科会(分科会報告,大会報告 会務報告)

第5分科会(分科会報告,大会報告 会務報告)

  3 報告は,太田正行会員により「高等学校商業科 における経済学習 ─ 社会科・公民科と関連 ─ 」報 告である。太田会員は都立高等学校公民科教員として 長く教鞭をとっていたが,今回は後期中等教育経済 教育において重要な位置を占める商業科について,精 密な調査を行った。少子化が進む中,高校生普通科 志向が強まり職業高校減少は全国的なものとなって いる。しかし,商業科はその役割変化を遂げながら重 要度を増している。企業経営活動に必要なコミュニ ケーション能力育成や地域経済理解を通して流通 経済を理解させる内容が加わったことは大きい。商業 科はビジネスに必要な経済に関する知識を習得させる ことが目標であり,あくまでも企業経営者や企業組織 一員として経済について考察させること主眼であり, 公民科それらと大きく異なることが示された。これ により,経済教育において不可欠な公民科や家庭科と 連携方向性を示すべく基礎が明らかとなった。   4 報告は,奥田修一郎会員により「経済的な見 方・考え方を養う中学校社会科歴史的分野教材開発 ─ 貨幣・通貨から流通経済史を着眼点にして ─ 」 報告である。奥田会員は中学校社会科における経済教 育目標は,子どもたちに経済学成果を理解させる ことではなく,経済的な見方や考え方育成に力点が あるとしている。まず,歴史教科書なかから,流通 経済史に関する記述を 18 挙げ(江戸幕末まで),中学 校社会科歴史的分野と経済学習関連性を明確にして いる。その上で,「貨幣」とは何だろうかと問いか けを続けていく姿勢を大切にする授業展開を強く意識 しながら 2 つ授業案が紹介された。中学校社会科公 民的分野で行われるべき経済学習ではあるが,実際に は 3 年生夏休みまで,歴史学習が行われている現状 から,歴史で経済学習導入は大きな評価を得た。 (文責:高橋勝也)
さらに見せる

2 さらに読み込む

第3分科会(分科会報告,大会報告 会務報告)

第3分科会(分科会報告,大会報告 会務報告)

  2 報告は,高橋勝也会員による「中高生を経済好 きにさせる授業実践」報告である。高橋会員は,中 高一貫勤務校で中学 3 年生向け公民授業で実 践をもとにして,授業開始時アンケートでは経済 が好きという生徒はわずか 1 名でスタートした経済 授業を討論やシミュレーションを通して経済好きにし てゆく 2 つ授業例を介された。その 1 つは,国民 半分が年収 900 万円と残り半分が 100 万円 A 国と, 半分が 400 万円,のこり半分も 400 万円 B 国とど ちらを選ぶかと言う問いかけから始まる授業である。 受験で勝ち抜いてきた生徒は A 国を良しとする生徒 が多いが,討論なかで揺さぶることで経世済民が経 済であることを納得させる興味深い事例であった。も う 1 つは,川用水整備費用をだすかださないかと いう囚人ディレンマを下敷きにしたシミュレーショ ンゲームで,そのなかで経済における競争や対立と合 意,効率と公正を考えさせる授業実践である。これを 通して生徒は,利己的個人行動をいかに社会全体 利益に調和をさせるかに気づき,政府など第三者が 調整役割を果たすことにも気づくようになった事例 を紹介された。質疑では,試験問題はどうするか, 2 事例で農村設定は無理ではないか,共有地 ような事例がよいではないか,しっぺ返し戦略など も視野にいれた振り返りはできなかったかなど質問 がだされた。それに対して,テストはこの授業ではや らない,モデル背景に関しては環境問題を最初に扱 うことに新指導要領ではなっているので検討したいと 回答があった。経世済民思想,概念を生徒に理解 させたい,学習指導要領にも反映させたいという報告 者熱い思いが感じられる報告であった。
さらに見せる

2 さらに読み込む

第2分科会(分科会報告,大会報告 会務報告)

第2分科会(分科会報告,大会報告 会務報告)

単元案である。フロアから「事例がむずかしい」 「人間は損失ではなく,儲かるという利殖話に騙され やすいでは」「11 時間という単元数で,どこまで行 動経済学を取り入れられるか」といった質問や疑問 が発せられたが,発表者からは「行動経済学概念 学習が目標ではないので,中学生対象ならこの単元案 でも可能だと思う」「家庭科教員とコラボや総合学 習時間利用可能性を探りたい」と回答があった。   3 発表は,力丸剛会員(横浜市立潮田中学校) 「自作デジタル教材を活用した,経済が見える化授 業」で,発表者が授業中で実際に使用している自作 デジタル教材を画面に映しながら,教室で授業展 開例を解説した。発表者問題意識は,経済学習に対 する生徒関心を高め,その理解を促すことにあるが, それを実現するために採用したが,基礎的な経済知 識・概念と概念的枠組みとして経済的な見方・考え 方を教えることであり,写真・イラスト・図表など ICT を用いた授業視覚化である。一例として円高・ 円安を教える際には,生徒身近なトレーディング・ カード交換を引合いに出して理解させるという手法 を紹介した。この後フロアからは「デジタル教材を作 る時間がない」「黒板使い方は?」等意見・質問 があり,それに対して発表者から「ファイルや図表 見せ方について他教員が助けてくれるようになっ た」「データや図表を示すために黒板をこう使う」と 説明があった。
さらに見せる

2 さらに読み込む

第6分科会(分科会報告,大会報告 会務報告)

第6分科会(分科会報告,大会報告 会務報告)

  1 報告は,炭谷英一会員により「『ポスト新古典 派意思決定教育試論』初等教育段階から基本文法 ─ 経済学参照基準から視座から ─ 」報告である。炭 谷会員は「ポスト新古典派意思決定教育試論」という 試論を展開した。日本学術会議で「経済学参照基準 問題」から,合理的経済人や希少性をどうとらえるべ きかと問題提起し,2005 年が経済教育元年,金融教 育元年とされ,そこから展開された「経済教育」や 「金融教育」迷走は,合理的経済人育成を教育目標 とする新古典派意思決定論たるものが要因であり,誤 謬であると指摘している。よって,新古典派経済学 一般均衡理論は,需要曲線と供給曲線交点で価格と 数量が決定する中学校社会科以来,教え続けられてい る概念は変更を迫られるとしている。彼いう「ポス ト新古典派意思決定教育試論」では,教育目標を利他 的人間育成であるとし,変革方向性も具体的に示 され,ワーキンググループによる提案必要性を強く 訴えた。
さらに見せる

1 さらに読み込む

第8分科会(分科会報告,大会報告 会務報告)

第8分科会(分科会報告,大会報告 会務報告)

 授業では,新聞記事を使い,万引き,いたずら書き, ホームレス殺害三つ事例で,その時費用(機会 費用)を実際に計算させる中で,行為コストを自覚 させるという構成をとって実践が行われた。結果とし て,直接的な問題行動が減ったわけではないが,授業 なかで生徒とコミュニケーションが深まり,生 徒へ働きかけが格段にしやすくなった,生徒が他者 痛みや思いを感じるようになったと報告された。  質疑では,経済計算と同時に,権利学習も必要で ないかと意見や,計算実際はどうだったか,倫 理観は所得階層別にとらえる方が有効ではないかと 意見などがだされ,活発な意見交流が行われた。   3 報告は,箕輪京四郎会員(元横浜商業高等学 校)「長野県阿智村経済 ─ その歩みと日本経済」 である。
さらに見せる

2 さらに読み込む

第4分科会(分科会報告,大会報告 会務報告)

第4分科会(分科会報告,大会報告 会務報告)

  3 報告佐々木優理「EU 加盟をどのように高校 生に教えるか」では,ECSC,EEC,EURATOM が フランスによるドイツ封じ込め政策であるとこと, EFTA 中心国であったイギリス EC へ加盟理 由,南欧諸国加盟は独裁政権崩壊により可能と

1 さらに読み込む

第6分科会(分科会報告,大会報告 会務報告)

第6分科会(分科会報告,大会報告 会務報告)

 なお,当日,大会プログラム記載座長名に変更が あり,新里泰孝(富山大学)と柴田透(新潟大学)が 座長を務めた。   1 報告は,金子能呼会員(松本大学松商短期大学 部)による「「出席レポート」 を活用したコンピテン ス育成」である。大学講義における実践と効果に ついて報告であった。「出席レポート」とは,講義 内容を受講生にメモさせて次回講義に出席レポー トとして提出させ,それを次回で返却するという方法 である。この効果は,講義に集中するなど受講態度に 変化をもたらせると同時に,授業理解程度を教員が 把握することができ,さらに講義内容をまとめて文 章にするという力育成他,さまざまな効果を持つ という。金子氏は,出席レポートによる様々な力量 育成をコンピテンス育成と呼んでいる。
さらに見せる

1 さらに読み込む

第4分科会(分科会報告,大会報告 会務報告)

第4分科会(分科会報告,大会報告 会務報告)

  1 報告は,水野勝之会員(明治大学)と井草剛 員(明治大学)による「震災復興コミュニティビジネ ス実践教育」であった。「コミュニティビジネスを 学ぶとともに,実際に震災復興に貢献する」という教 育実践について,浦安市と千代田区神田で被災地サ ポートマルシェなど活動における,学生による企画 と実践について報告された。出席者からは,この活動 について企業から評価はどうだったか,このプログ ラム結果をどのように評価するか,教員側がどこま でセットするか,自由に設計させるか,など質問が 出された。外部資金を得るなど外部から客観的評価 があったこと,学生を育てる上で実践による変化が育 つ機会となること,教員側がレールを引き誘導する中 で大学生発想が発揮されることなど回答があった。   2 報告は,金子能呼会員(松本大学松商短期大学 部)による「ゼミナールにおける実践的マーケティン グ活動による教育効果」であった。担当するゼミナー ルで地元 JA から依頼で 2009 年から始まったおにぎ り専門店マーケティング活動実践について,あら ゆるマーケティング活動に挑戦した経過が示された。 その中で,学生は困難に向き合うことで主体的・能動 的に活動する姿勢を身に付け,就職で成果にもつな がること,モチベーションに個人差があることや短大 ため引き継ぎに困難があることが課題であると指摘 された。出席者からは,意欲を持たせるために気をつ けたこと,アウトキャンパスでかかるお金について 補助はあるか,うまく行かない時が学ぶチャンスだが, 行きづまった場面はあったか,など質問が出された。 意欲を持たせるためには,周り学生に相談し「みん なでやっていこう」という雰囲気をつくること,学校 からアウトキャンパスには補助が出ること,行きづま ることは多々あったなど回答があった。
さらに見せる

2 さらに読み込む

第1分科会(分科会報告,大会報告 会務報告)

第1分科会(分科会報告,大会報告 会務報告)

ング,商品差別化,価格設定,販売戦略,利潤など について考えさせる学習活動が,生徒グループワー ク光景とともに示された。質疑討論ではフロアから, 「自分学校で取り入れるは無理」「T シャツは有効

2 さらに読み込む

Show all 10000 documents...