• 検索結果がありません。

第 3 章 子どもの基礎的人間力を養成する実証的研究 1 (中学校)

第 2節 子どもの基礎的人間力尺度による評価

1 .子どもの基礎的人間力尺度による f社会的スキルの授業jの評価 ( 1 ) 目的

どもの基礎的人間力に関する意識を検証するために、子どもの基礎的人間力尺度 18)

得点を分析する。質問は、「人間関係、調整力j、「学校生活適応力」、「自己肯定感j、「人間 関係構築力J、「キャリア感j、「共感性j

6

因子から構成され、質問項目は合計

3 8

項目

(次頁、表立合幽6)である。

( 2 )調査対象者

束中学校に在籍するすべての生徒を調査対象とした。

( 3 )調査実施時期

2006 

(平成

1 8 )

年度の調査は

7

月中旬からスキル教育の授業が終わる

1 2

月中旬ま での 5回、毎月定期的に行われた。

2007 

(平成

1 9 )

年度の調査は、 1年生のスキル教育が年度当初の4月から開始さ れたことを受けて、

6

月、

1 0

月、

1 2

月の

3

回行われた。

(4 )調査手続き

子どもの基礎的人間力尺度は、

2003

(平成

1 5 )

年から

2004

(平成

1 6 )

年の問、定期 的に全ての子どもを対象として実施された(第日部第2章)。そこでは、 4段階評定で回 答を求めたが、「全くそう思うJ

r

少しそう思う」の中間に印を付けて回答する生徒や、「あ まり思わないJ

r

全然そう忠わなしリの中間に印を付けて回答する生徒が多かった。また、

無回答の生徒もみられた。このことをふまえて、本調査では、各質問項目(表II‑2.2、

9 7

頁参照)について、 7段階評定で回答を求めた(r7.全くそう思う」から

r

1 .全然そう思 わなしリの一つを選択させることによって測定)。

γ段階評定では、 r4.どちらともいえなしリが選択肢に含まれる。そこで、 4項自(表 立乞乞、

97

頁参照、)、

r V 2 .

私は、人の意見と違うと自分の意見を言うことができません。J

1 2 4

因子

調

j

rV15.私は、話し合いに参加することができません。JrV38.私は、嫌なことを、うまく 断ることができません。JrV33.私は、自分の考えがとおらないと、がまんすることがで きません。Jを逆転項目(lieitems) とした。また、質問の文章表現を見直し、子どもが 分かりやすし とするために加除修正を行った。

どもの基礎的人間力尺度の調査は、各学級担任に依頼し、学級単位の集合調査法に より実施した。調査用紙はすべて記名式とし、記入後は所定の封筒に入れて回収した。

回収後は、筆者が集約してデータ入力および分析を行った。

表ll‑36 子どもの基礎的人間力尺度因子別質問項目

因子

、l土、人に密分の考えを言えます。 l土、友達と協力して作業することができます。

私[士、人に頼みたいことが点るときは、頼むことができます。 私;士、友達との約束を守ることができますの l士、困ったときには、人に助けを求めることができますの i士、友達の話を聞くことができます。

、l士、わからないときは、人に質問できます。 間 私;士、失敗したら、謝ることができますρ

l士、人の意見と違うと自分の意見を言うことができません。 係 布、は、友達と仲良く遊ぶことができますの

、l土、悩み事が去るときは、人に椅談できますη 築 私は、8分の考えがとおらないと、がまんすることができませんわ

、l土、話し合いに参加することができません。 私は、友達と何かを決めるとき、自分と違う意見七大切にしますわ i士、嫌なことを、うまく断ることができませんの

彩、は、自分の気持ちを、人に伝えることができます。

l士、友達とおしゃべりをしないで授業に参加できます。 私は、大人になったら何になるかそ考えています。

l士、自習時間は静かに自習できます。 私は、将来やりたい仕事があります。

i土、廊下を静かに歩きます。 私は、自分の将来に希望をもっています。

i士、時簡を守ります。 私J士、将来自分に適した職業につくつもりでいます。

l士、忘れ物をしないようにしていますの リ私は、この先 2~3生存の計薗や目標があります。

l士、始まりのチャイムが鳴ったら席に着くことがで、きます。 l土、身の回りの整理繋頼(せし、りせいとん)を自分でします。

l士、靴箱に靴をそろえて入れますハ 、l士、最後まで仕事をやり過すことができますの

私 にi士、ょいところがありますの 私l土、悲しんでいる人を見ると、悲しい気持ちになりますσ

私;土、自分のことが好きです。 私l土、罰っている人を見ると心配になりますの

、l士、人の役に立ィてし、ると思いますの 感 布、は、楽しそうな人を見ると、楽しい気持ちになりますσ

布、;士、自信をもってやれることがあります。

私{士、やる気になれば、だいたいのことはできると思L、ますっ

125

2.  2年間の実践の結果

2006 (平成 18)年7月以降に実施した子どもの基礎的人間力尺度の各国子得点に基づい て、 17.全くそう思うjに7点から、 11 .全然そう忠わないjに1点を与え、得点化した0

5つの時期要因 (γ月、 9月、 10月、 11月、 12月)および学年(中学1年、中学2年、 中学

3

年)、男女別の平均値を整理したものが表

l l ‑ 3

膚?である。

I I‑ 3 ‑ 7

のデータに基づき各因子得点について、

2

(性別)

x  3 

(学年)

x  5 

(時期) の

3

要因混合計画法による分散分析を行った。各因子の分析結果を表

I I‑ 3 ‑ 8

、表

l l ‑ 3

9

に、 各因子における時期待の得点の変動を折れ線グラフで図立働

3 ‑ 1 ‑ l l ‑ 3

6

2

に示した。

時期待の得点の変動をグラフ化するにあたり 各困子の項呂数が異なることから因子合 計得点を質問項目数で割ることにより最小値と最大値をそろえた(各国子ともに最小値1 点 最大値γ点の範留となる)。交互作用が有意な因子については、どこに差があるのかを 分かりやすく示すために棒グラフで図耳合企‑1"""'‑'立‑362に示した。

主効果に有意な差がみられた要因については、多重比較(Thkey法)を行った。多重比 較の結果については表にまとめAppendix耳‑311に示した。

‑126

表IT‑37 子どもの基礎的人間力尺度因子得点

人 間 関 係 調 整 学 校 生 活 適 応

自己肯定感 人間関係構築平 均 纏 so  平 均 値 so  平 均 値 so  平 均 櫨

40.56  6.62  44.47.92  23.17  6.25  35.4 42.42 84 45.42 7.30  24.1489 37.51  45.00  7.38  51.17  7.71  23.04  6.82  38.24  42.71  6.76  46.97  8.08  23.52  6.27  37.15  41.27  6.10  46.807.10  21.295.34  38.11  42.02  4.04  47.70  5.75  21.14 3.75  37.39  44.97 91 52.72  6.11  23.87  6.08  40.41  43.01  5.77  49.51  6.90  22.33  5.45  38.88  40.97  6.30  45.81  7.51  22.0979 36.96  42.25  5.13  46.40 6.75  22.85  5.28  37.46  44.98  6.50  52.11  6.79  23.55  6.37  39.56  42.87  6.24  48.3456 22.88  5.87  38.08  44.10  8.39  41.56  8.12  21.73  5.35  36.4 45.07  8.49  44.42  8.06  24.24  5.36  37.41  46.22  11.20  50.07  9.87  23.41  7.26  38.50  45.16  9.37  45.40  9.27  23.27  6.07  37.4 43.09  7. 78  45.36  6.98  20.67  5.24  39.09  45.23  6.66  46.64  5.45  21.23  4.24  38.64  48.00  8.89  51.79  6.42  23.82  5.75  41.27  45.69  8.24  48.38  6.99  22.1340 39.88  43.52  8.02  43.74  7.68  21.13  5.29  37.97  45.14  7.72  45.37 7.12  22.955.12  37.93  47.30  9.85  51.11  7.96  23.66  6.36  40.18  45.45  8.77  47.00  8.24  22.66  5.74  38.78  45.68  9.26  45.20  7.91  22.7689 38.07  45.44  8.41  45.36  7.81  23.90  5.36  37.75  47.26  11.14  51.35  8.13  23.50  6.76  39.91  46.08  9.55  47.20  8.38  23.4596 38.52  45.45  8.18  47.36  6.67  21.93  5.58  40.33  45.25  6.65  47.27  6.02  21.45  4.98  39.4 48.82  8.75  53.06  6.70  23.35  5.67  41.97  46.81  8.20  49.72  7.08  22.40 5.50  40.78  45.55  8.62  46.47.27  22.28  5.70  39.36  45.36  7.67  46.17  7.14  22.8532 38.4 48.21  9.74  52.38  7.31  23.41  6.09  41.1 46.47  8.84  48.55  7.80  22.89  5.73  39.73  44.10  8.56  44.44  7.56  22.44  4.90  36.49  46.4955 46.73  8.01  24.59  5.36  37.97  49.11  11.97  53.46  8.77  24.63  8.75  40.87  46.64  9.55  48.21  8.89  24.00  6.54  38.4 46.67  8.11  49.33  6.28  22.55  5.00  41.05  46.55  6.26  48.43 5.86  21.61  4.87  39.73  49.59  9.02  54.93  6.38  24.79  6.13  42.83  47.86  8.18  51.44 6.87  23.24  5.60  41.45  45.57  8.36  47.24  7.24  22.50  4.93  39.10  46.51  6.99  47.47.19  23.32  5.34  38.72  49.40 10.24  54.35  7.41  24.73  7.24  42.06  47.30  8.85  49.94  8ρ 23.59  6.06  40.07  45.71  8.65  46.07  7.20  23.9046 37.07  46.64  7. 77  46.68  7.89  24.27  5.50  37.93  47.93  12.21  52.00  9.00  24.26  7.78  40.80  46.79  9.58  48.18  8.44  24.16  6.26  38.60  47.87  8.26  50.04  6.48  22.96  5.95  42.00  46.82  7.05  48.34  5.62  21.07  4.59  40.16  49.69  8.58  54.39  5.91  24.23  5.86  43.03  48.36  8.15  51.42  6.54  23.0070 41.95  46.95  8.45  48.34  7.04  23.36  5.73  39.90  46.72  7.44  47.39  7.03  22.90  5.35  38.88  49.00  10.15  53.47.34  24.24  6.65  42.15  47.63  8.86  49.92  7.64  23.54  5.98  40.40 

共感性

127

フ 一

8 1 0

一 一

0a42651

5 3

41