トップPDF biochem 120626 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120626 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120626 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

リボース 5- リン酸 5- ホスホリボシル -1- ピロリン酸 PRPP シンターゼ. ATP 、マグネシウムイオン[r]

73 さらに読み込む

biochem 100518 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100518 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

→フ ルク ト ースビスホスフ ァ タ ーゼ -1(FBP-1) 活性上昇 →フ ルク ト ース 1,6 ビスリ ン酸から フ ルク ト ース 6- リ ン酸へ反応がすすむ。 フ ルク ト ース 1,6- ビスリ ン酸 フ ルク ト ース 6- リ ン酸

36 さらに読み込む

biochem 100601 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100601 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 5 . NADPH から 水素をも ら っ て 3 番目炭素ケト ン基が還 元さ れる • 6 . 水が抜けて2 番目と 3 番目炭素間が2 重結合になる • 7 . NADPH から 水素をも ら っ て6 . 2 重結合が1 重結合に なる。 こ と き、 ACP には炭素4 つ脂肪酸ブチル酸が結合 し ている。

55 さらに読み込む

biochem 100525 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100525 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 多く 組織がこ 酵素をも つ • UDP- ガラ ク ト ースに変換さ れる – ガラ ク ト ース 1- リ ン酸ウリ ジルト ラ ンスフ ェ ラ ーゼ • UDP- グルコ ースに変換さ れ、 グリ コ ーゲン分 解系に入る

35 さらに読み込む

biochem 100427 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100427 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

21 TCA 回路まと め( 1 ) 1 周する間に、 1 分子アセチル CoA から 3 分子 NADH, 1 分子 FADH2 ができる。 また、 1 分子 GTP ができる。 アセチル CoA 炭素は2 分子 CO2 と し て 消滅する。

35 さらに読み込む

biochem 100420 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100420 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

乳酸デヒ ド ロゲナーゼ 血管に乏し い、 あるいはミ ト コ ン ド リ アを欠く 組織では、 ピルビン 酸多く は最終的に乳酸になる。 たと えば、 眼レンズと 角膜、 腎 臓髄質、 精巣、 白血球、 赤血 球など。

43 さらに読み込む

biochem 100406 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100406 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

生化学知識を薬剤感受性遺伝的 要因探索に利用する 生化学的知見 パスウェ イ ( 代謝物質 受け渡し に重点を 置いた、 遺伝子・ タ ン パク 質・ 物質相互 関係) と し て統合的に 表現する

33 さらに読み込む

biochem 100615 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100615 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

アミ ノ 酸分類 • 脂肪族アミ ノ 酸 – 中性アミ ノ 酸 • グリ シン、 アラ ニン、 バリ ン、 ロイ シン、 イ ソ ロイ シン、 セリ ン、 ト レオニン、 アスパラ ギン、 グルタ ミ ン

63 さらに読み込む

biochem 100713 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100713 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

2 型糖尿病: 慢性的経過 高血糖を是正するほど、 合併症 頻度が低く なる 左図( 図2 5 . 1 1 ) は、 高血糖 改善結果 HbA1c が低下すると 、 網膜症発症が低下するこ と を 示し ている。

26 さらに読み込む

biochem 100622 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100622 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 精神発達遅滞( スク リ ーニングプログラ ム普及結果、 典型的な症状を有する患者は激減し た) • 色素減少症 – チロシンを原料と し てメ ラ ニン( 色素) がつく ら れる。

69 さらに読み込む

biochem 100608 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100608 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 腎尿細管にはたら き、 Na+ 再吸収を促進、 K+ 再吸収を抑制 • アンド ロゲン – 副腎皮質網状層( 内層) から 分泌 – 末梢組織でテスト ステロンまたはエスト ロゲンに変換さ れる

52 さらに読み込む

homework biochem 120710 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120710 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

復習用資料 基礎生化学 ( 2012.7.10 ) 1.1型糖尿病と2型糖尿病類似点と違いを述べよ。 2.ケトアシドーシスとは何か。1型糖尿病と2型糖尿病どちらで起こりやすいか。 3.糖尿病における高脂血症(高リポタンパク血症)主な原因は何か。どのようなリポ タンパク質が増えるか。

1 さらに読み込む

biochem 120417 2 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120417 2 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

飽和脂肪酸 • 種類によって、血中コレステロール値を上げ るはたらきが違う – 炭素数14(ミリスチル酸)、16(パルミチン酸) 脂肪酸が、最も血漿コレステロール上昇効果が ある。

43 さらに読み込む

homework biochem 120424 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120424 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

6.ガラクトースとグルコースように、特定ひとつ炭素まわり立体的な配置が 異なるものどうしを何というか?また、2個以上炭素まわり立体的な配置が異なる が、鏡像関係でないものどうしを何というか? 7. D- グルコースと L- グルコースように、立体構造が鏡像関係にあり、しかも重ね合 わせることができないものどうしを何というか?

1 さらに読み込む

homework biochem 120501 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120501 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

14.ピルビン酸キナーゼ欠損によって、とくにどのような細胞どのような機能が損 なわれるか。また、それによってどのような症状が生じるか。 15.グリコーゲンを生成する主な器官を挙げよ。グリコーゲン代謝でそれら臓器は どのような違いがあるか。

1 さらに読み込む

homework biochem 120410 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120410 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

基礎生化学 復習資料 (第1回 生体内エネルギー産生 2012/04/10 ) 1.イラストレイテッド生化学第6章「生体エネルギー学と酸化的リン酸化」をよく読み、 次に示す生体内エネルギー産生と利用について文章に対して、空欄にあてはまる言 葉を答えよ。

1 さらに読み込む

homework biochem 120703 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120703 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

15.摂食時肝臓代謝変化について説明せよ。 16.摂食時脂肪組織代謝変化について説明せよ。 17.摂食時代謝変化について説明せよ。 18.摂食時代謝変化について説明せよ。

1 さらに読み込む

homework biochem 120605 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120605 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

復習用資料 基礎生化学 ( 2012.06.05) 1. NADPH 主な役割について説明せよ。それら機能はどの器官と関係があるか? 2. NADPH は過酸化水素処理においてどのように使われるか? 3.チトクローム P450 モノオキシゲナーゼはたらきについて説明せよ。 4.白血球による食作用について説明せよ。

1 さらに読み込む

homework biochem 120515 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120515 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

復習用資料 基礎生化学 ( 2012/5/15 ) 1. TCA サイクルは細胞どこで行われるか? 2.炭水化物は、どのような化合物として TCA サイクルに投入されるか。 3. TCA サイクルでエネルギー産生について述べよ。1分子ピルビン酸からどのよう なエネルギー源ができるか?1分子グルコースに換算するとどれだけか。

1 さらに読み込む

intro medicine 120626 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

intro medicine 120626 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 9日:羊膜腔、卵黄嚢、胚盤形成 – 胚盤:この時点では外胚葉と内胚葉 • 16日:脊索と中胚葉 – 中胚葉は、外胚葉が窪んでできる「原始線条」とよばれる溝底から分化して できる

51 さらに読み込む

Show all 10000 documents...