トップPDF biochem 120619 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120619 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120619 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

50 グルタミン酸デヒドロゲナーゼ調節 • 1.基質・生成物濃度関係による – タンパク質を含む食餌を摂取したあとは、肝臓で グルタミン酸濃度が高いので、アミノ基を外 す方向にすすむ

66 さらに読み込む

biochem 100601 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100601 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 5 . NADPH から 水素をも ら っ て 3 番目炭素ケト ン基が還 元さ れる • 6 . 水が抜けて2 番目と 3 番目炭素間が2 重結合になる • 7 . NADPH から 水素をも ら っ て6 . 2 重結合が1 重結合に なる。 こ と き、 ACP には炭素4 つ脂肪酸ブチル酸が結合 し ている。

55 さらに読み込む

biochem 100406 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100406 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

PTE ) • 主に下肢深部静脈( 大腿静脈・ 膝窩静脈など、 体深 部にある静脈) に形成さ れた血栓が遊離し て血流に乗っ て肺に運ばれ、 肺動脈を閉塞し て急性呼吸循環障害を

33 さらに読み込む

biochem 100420 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100420 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

値は 13.5g/dL 以上) であっ た。 患者から 採取し た赤 血球では乳酸産生が異常に低下し ていた。 どの代 謝経路異常が考えら れるか? • 以下酵素のう ち、 どの酵素欠損がこ 患者 貧血原因である可能性がも っ と も 高いか?

43 さらに読み込む

biochem 100427 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100427 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

21 TCA 回路まと め( 1 ) 1 周する間に、 1 分子アセチル CoA から 3 分子 NADH, 1 分子 FADH2 ができる。 また、 1 分子 GTP ができる。 アセチル CoA 炭素は2 分子 CO2 と し て 消滅する。

35 さらに読み込む

biochem 100518 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100518 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

30 グリ コ ーゲン生成・ 分解調節( 1 ) 肝臓 筋 グリ コ ーゲンフ ォ スフ ォ リ ラ ーゼ( 分解酵素) を抑 制: グルコ ース、 ATP 、 グルコ ース 6- リ ン酸 グリ コ ーゲンシンタ ーゼ ( 合成酵素) を促進: グル コ ース 6- リ ン酸

36 さらに読み込む

biochem 100525 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100525 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– ステロイ ド 環水酸化: 疎水性→可溶性に • コ レステロール水酸化によっ て、 ステロイ ド ホルモン生成中 間体をつく る: 胎盤、 卵巣、 精巣、 副腎皮質 • 胆汁酸合成: 肝臓

35 さらに読み込む

biochem 100622 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100622 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 精神発達遅滞( スク リ ーニングプログラ ム普及結果、 典型的な症状を有する患者は激減し た) • 色素減少症 – チロシンを原料と し てメ ラ ニン( 色素) がつく ら れる。

69 さらに読み込む

biochem 100615 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100615 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

グルタ ミ ン酸デヒ ド ロゲナーゼ調節 • 1 . 基質・ 生成物濃度関係による – タ ンパク 質を含む食餌を摂取し たあと は、 肝臓で グルタ ミ ン酸濃度が高いので、 アミ ノ 基を外 す方向にすすむ

63 さらに読み込む

biochem 100608 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100608 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 脂肪細胞で貯蔵 – 筋肉でエネルギー源 – 遊離脂肪酸と し てアルブミ ンに結合し て血流で運ばれる • グリ セロール: 肝臓に運ばれ、 T A G 合成やエネルギー源になる • リ ポプロテイ ン  リ パーゼまたは Apo C-II 欠損症では:

52 さらに読み込む

homework biochem 120710 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120710 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

4.糖尿病は長期的にはどのような合併症をもたらすか。 5.1型糖尿病では低血糖に対して糖分補給以外に何投与が必要か。 6.2型糖尿病頻度、原因、症状を1型糖尿病と比較して説明せよ。 7.インスリン抵抗性とはどのような状態か。

1 さらに読み込む

homework biochem 120424 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120424 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

4.炭素数が3アルデヒドとケトン例を挙げ、それぞれ構造式を書け。また、それ ら化学式を書け。 5.グルコースとフルクトースように、化学式が同じだが構造式が異なるものどうしを 何というか?

1 さらに読み込む

homework biochem 120410 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120410 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

電子伝達とリン酸化共役はミトコンドリア内膜に存在する (①) や、 (②) あるいは (③) 等薬剤によって脱共役され、電子伝達で生じたエネルギーは( ④)合成に利用されず に(④)として放出される。 3.電子伝達系タンパク質複合体以外で、膜内外でプロトン濃度差をつくり ATP 産 生に利用することができるものを調べて答えよ。

1 さらに読み込む

biochem 120417 2 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120417 2 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 主食は1食につき、ご飯茶わん に軽く1膳。6枚切り食パンな ら1枚。1日にとる動物性たんぱ く質は、肉類60~70グラムと魚 介類80グラム。さらに卵1個、牛 乳コップ1杯(200ミリ・リットル)。 大豆、海藻、イモ類、果物、油脂、 緑黄色野菜もとる。

43 さらに読み込む

homework biochem 120501 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120501 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

14.ピルビン酸キナーゼ欠損によって、とくにどのような細胞どのような機能が損 なわれるか。また、それによってどのような症状が生じるか。 15.グリコーゲンを生成する主な器官を挙げよ。グリコーゲン代謝でそれら臓器は どのような違いがあるか。

1 さらに読み込む

homework biochem 120605 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120605 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

復習用資料 基礎生化学 ( 2012.06.05) 1. NADPH 主な役割について説明せよ。それら機能はどの器官と関係があるか? 2. NADPH は過酸化水素処理においてどのように使われるか? 3.チトクローム P450 モノオキシゲナーゼはたらきについて説明せよ。 4.白血球による食作用について説明せよ。

1 さらに読み込む

homework biochem 120703 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120703 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

復習用資料 基礎生化学 ( 2012.7.3 ) 1.血糖値と低血糖症状と関係について説明せよ。 2.アルコールによる糖新生阻害しくみについて説明せよ。 3.インスリンとグルカゴン機能ならびに分泌する細胞について、それぞれ簡潔に説明 せよ。

1 さらに読み込む

homework biochem 120515 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120515 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

復習用資料 基礎生化学 ( 2012/5/15 ) 1. TCA サイクルは細胞どこで行われるか? 2.炭水化物は、どのような化合物として TCA サイクルに投入されるか。 3. TCA サイクルでエネルギー産生について述べよ。1分子ピルビン酸からどのよう なエネルギー源ができるか?1分子グルコースに換算するとどれだけか。

1 さらに読み込む

biochem 100713 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100713 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

2 型糖尿病: 慢性的経過 高血糖を是正するほど、 合併症 頻度が低く なる 左図( 図2 5 . 1 1 ) は、 高血糖 改善結果 HbA1c が低下すると 、 網膜症発症が低下するこ と を 示し ている。

26 さらに読み込む

biochem 120612 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120612 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 末梢(脂肪組織、筋肉など)で TAG はリポプロテインリ パーゼによって分解される • キロミクロン場合と同様 • 脂肪肝:肝臓で作り出す TAG 量と、 VLDL で運び 出す量とがバランスがとれず、肝臓に脂肪がたまる 状態

74 さらに読み込む

Show all 10000 documents...