トップPDF 第3回小テスト lecture Shinya Sugawara(菅原慎矢)

第3回小テスト lecture  Shinya Sugawara(菅原慎矢)

第3回小テスト lecture Shinya Sugawara(菅原慎矢)

3 標本分散 1 母分布を N(0, 2) とする大きさ n = 21 の無作為標本 {X 1 , ..., X 21 } を考える。 ¯ X, S 2 を標 本平均, 標本分散を求めた。χ 2 , t 分布表は後半に添付している。 7. P (S 2 ≥ 1) の最大値と最小値の近似値を求めよ。回答の記法としては、最小値が a,

7 さらに読み込む

第6回補助資料スライド lecture  Shinya Sugawara(菅原慎矢)

第6回補助資料スライド lecture Shinya Sugawara(菅原慎矢)

警察がある家を捜索し、多くの USB メモリーを確保した。これらはすべて 純正品か、すべて偽物かのどちらかである。しかし、外見からでは区別がつ かない ここで確保したうちの 1 つを取り出しテストしたところ、不良品であった。 では、これらがすべて偽物である確率はいくらか

7 さらに読み込む

補助資料スライド lecture  Shinya Sugawara(菅原慎矢)

補助資料スライド lecture Shinya Sugawara(菅原慎矢)

Kinjo and Sugawara “Predicting Empirical Patterns in Viewing Japanese TV Dramas Using Case-Based Decision Theory,” accepted in B.E.Journal of. Theoretical Economics : Web 調査データによって、月 9 ド[r]

8 さらに読み込む

配付資料スライド lecture  Shinya Sugawara(菅原慎矢)

配付資料スライド lecture Shinya Sugawara(菅原慎矢)

平均の検定: σ 2 既知, 両側検定 3 上記は Z を検定統計量とする検定であったが、 ¯ X を検定統計量とする検定にす ることも出来る。以下では ⇔ は、これを挟む二つの式が同値であることを示す |Z| > R α/2 ⇔ Z > R α/2 or Z < −R α/2 (7)

40 さらに読み込む

第3回スライド lecture  Shinya Sugawara(菅原慎矢) 3rd lecture

第3回スライド lecture Shinya Sugawara(菅原慎矢) 3rd lecture

• ex. TRIMMEAN(Data, 0.2) 統統統統統統 10%, 統統統 10% 統統統統統統統統統統 • cf. COUNT 統統統統統統統 • COUNT(DATA): DATA 統統統統統統統統 • → TRIMMEAN(Data, 2/COUNT) 統統統統統統統統統統統統統統統統統統 Trimmed mean • ex. 統統統統 6 統統統統統統 2/COUNT=1/3 統統統統統統統 1/6, 統統統 1/6 統統統統統統統統統統

54 さらに読み込む

第一回小テスト lecture  Shinya Sugawara(菅原慎矢)

第一回小テスト lecture Shinya Sugawara(菅原慎矢)

1. {w 1 , ..., w n }, {z 1 , ..., z n } の標本平均 ¯ w, ¯ z 2. {w 1 , ..., w n }, {z 1 , ..., z n } の標本分散 S ww , S zz 3. {(w 1 , z 1 ), ..., (w n , z n )} の標本共分散 S wz 4. {(w 1 , z 1 ), ..., (w n , z n )} の相関係数 r wz 2.

6 さらに読み込む

第4回クッキーテスト研究会研究報告集(PDF)

第4回クッキーテスト研究会研究報告集(PDF)

液状ブドウ糖による偽性反応性低血糖も一部含まれる。これは、通常の食事では再現出 来ないので、注意が必要である。筆者らは最近、繰り返す本態性反応性低血糖症の一例 を経験したので紹介する。胃腸手術などの既往のない症例で、繰り返す低血糖に対し、 摂食で対応し肥満を生じていた(表2) 。トレーランG負荷では、血糖は97より1h 276へ6時間後45の低血糖を示した。インスリンは2hで163と遅延高反応を示 した(図2) 。体重を66kgより、58kgへ減量し、高蛋白、低糖質食とし、さら にセイブル(新しいα―グルコシダーゼ阻害薬、三和化学社)50mg 3錠分散3毎 食前で過血糖を抑制し、クッキーテストを施行した(図3) 。血糖は78から106へ と過血糖はみごとに抑制されインスリンも2hで88へと半減した。4hでの血糖は5 2へと改善したが尚、低血糖症状(空腹感、冷汗)は存在した。
さらに見せる

34 さらに読み込む

小テストNo1 14Seika2 quiz1wans

小テストNo1 14Seika2 quiz1wans

ii. オレイン酸とリノレンリノール酸の二重結合が持つ,共通のある性質を説明しなさい。 iii. 「1-パルミトイル-2-パルミトイル-3-リノレオイルグリセロール」と「1-ステアロイル, 2- ステアロイル-3-リノレオイルグリセロール」はともに「 ① 」という脂質の 仲間です。空欄①に適当な言葉を答えるとともに,生物における「 ① 」の役 割を説明しなさい。また,上の2つの「 ① 」のうち,融点の低いものを,そ う判断する根拠とともに答えなさい。
さらに見せる

4 さらに読み込む

Microsoft PowerPoint lecture-3.ppt

Microsoft PowerPoint lecture-3.ppt

ロバート・ノイス マサチューセッツ工科大学を卒業したノイスは、 ウィリアム・ショックレー博士の直接の誘いを受けて、 1956 年からショックレー研究所に勤めた。 しかしショックレーとの方針の違いが顕著になると、 ゴードン・ムーアらと共に同研究所を去り、 1957 年、新たに Fairchild Semiconductor 社を創立。 Fairchild 社で半導体メモリ[r]

66 さらに読み込む

第6回クッキーテスト研究会研究報告集(PDF)

第6回クッキーテスト研究会研究報告集(PDF)

2)2 型 DM で血糖コントロールの状態(HbA1c(%) 5.8∼6.4、6.5∼7.9、8.0 ∼ 9.9、10 以上)で ROM 値(U.CARR)はそれぞれ 372±78*、374±79*、363±58*、 415±61**で対照に比べそれぞれ有意(*p<0・05、**p<0.01)に高値であった(図3)。 3)DM 群で ROM 値と、各因子(血糖値(食後)、HbA1c 値、血圧、TG、HDL-C、 LDL-C、BMI、腹囲)との回帰分析は、血糖値、HbA1c 値、腹囲に関してそれぞれ有 意な正の相関( r=0.27、r=0.28、r=0.32、p<0.05)を認めた(表1)。
さらに見せる

37 さらに読み込む

IUHWvol.93 April 2013 CONTENTS 特集1 2 4 了概 北島政樹 金澤郎 矢 義雄総 特集 概 津久井富雄祝 邦 北島政樹 金澤郎 第26回 小 第16回 第30回 第8回 塩谷 オ ピ 16 NS 4 FD ORT 議 SHM 試直策講義&壮

IUHWvol.93 April 2013 CONTENTS 特集1 2 4 了概 北島政樹 金澤郎 矢 義雄総 特集 概 津久井富雄祝 邦 北島政樹 金澤郎 第26回 小 第16回 第30回 第8回 塩谷 オ ピ 16 NS 4 FD ORT 議 SHM 試直策講義&壮

ア も 交 え な が ら 熱 く 語 っ て い た だ い た 。 久 常 先 生 は 本 当 に パ ワ フ ル な 方 で 、 私 は 終 始 圧 倒 さ れ て し ま っ た が 、 ﹁ 看 護 を 何 と か し た い ﹂ と い う 熱 い 思 い に 溢 れ て い て 、 こ ん な 方 が 本 学 大 学 院 副 大 学 院 長 に い ら っ し ゃ る と い う こ と が 、 と て も 心 強 く 感 じ ら れ た 。   午 後 の 部 は 、 関 連 病 院 や 大 田 原 ・ 田 原 キ ャ ン パ ス の 先 生 か ら の 研 究 発 表 が 行 わ れ た 。 臨 床 か ら の 研 究 発 表 は 、 ど の 発 表 も 日 頃 の 業 務 の 中 か ら 生 じ た 疑 問 や 問 題 点 を 基 に し た 研 究 テ ー マ を 設 け て い て 、 と て も 興 味 深 く 拝 聴 で き た 。 臨 床 で 毎 日 多 忙 で あ る に も か か わ ら ず 、 こ れ だ け の 問 題 意 識 を 持 ち 、 さ ま ざ ま な 手 法 で 研 究 を 行 い 、 本 日 の 発 表 会 に 至 っ た こ と に 心 か ら 敬 意 の 念 を 抱 い た 。 大 学 の 先 生 か ら の 研 究 発 表 は 、 研 究 の あ り 方 ・ 看 護 界 の 発 展 を 願 う よ う な も の で 非 常 に 刺 激 的 で あ っ た 。 ま た 、 臨 床 で 実 際 に 直 面 し て い る 問 題 が 研 究 テ ー マ と な り 、 大 学 の 先 生 方 が 研 究 発 表 し て く れ て い る こ と に 、 大 学 と 臨 床 の 連 携 を 感 じ 、 自 分 も 研 究 に 取 り 組 ん で い き た い と い う 思 い が 湧 い て き た 。 質 疑 応 答 で は 活 発 な 意 見 交 換 が 飛 び 交 い 、 と て も 有 意 義 な 会 に な っ た と 感 じ た 。
さらに見せる

11 さらに読み込む

第 1 章 はじめに 第 6 回合不合判定テスト参加者配布資料 2016 年 12 月 11 日実施 2017 年入試予想 2016 第 6 回合不合判定テスト 2008 年 7 月 13 日実施第 2 回合不合判定予備テスト参加者配布資料 合不合判定テストも第 5 回を終え いよいよ最終回を迎える

第 1 章 はじめに 第 6 回合不合判定テスト参加者配布資料 2016 年 12 月 11 日実施 2017 年入試予想 2016 第 6 回合不合判定テスト 2008 年 7 月 13 日実施第 2 回合不合判定予備テスト参加者配布資料 合不合判定テストも第 5 回を終え いよいよ最終回を迎える

Ꮫᰯྡ ヨ㦂᪥ 㻠㻤㻚㻥 ᒣ⬥Ꮫᅬ䠟 㻞㻛㻠 㻠㻣㻚㻠 ୰ኸ኱㝃ᒓ䠎 㻞㻛㻠 㻡㻞㻚㻞 㡴ᰤዪᏊᏛ㝔䠎 㻞㻛㻡 㻠㻣㻚㻟 ἲᨻ኱Ꮫ䠏 㻞㻛㻡 㻠㻡㻚㻠 ᫛࿴⚽ⱥ䠏 㻞㻛㻠 㻡㻟㻚㻜 ᬑ㐃ᅵᏛᅬ䠏 㻞㻛㻠 㻡㻝㻚㻣 ရᕝዪᏊᏛ㝔䠏 㻞㻛㻠 ᅜᗓྎዪᏊᏛ㝔䠎 㻠㻤㻚㻝 㻞㻛㻡 㻠㻢㻚㻠 ᕷᕝ䠎 㻞㻛㻠 㻠㻥㻚㻤 ᾆ࿴᫂䛾ᫍዪᏊ䠎 㻞㻛㻠 ᚿᮃ⪅ᖹᆒ೫ᕪ್.. 㻠㻥㻚㻤 㻡㻝[r]

30 さらに読み込む

lecture_rev3

lecture_rev3

Connectome Hagmann, Patric, et al. "Mapping the structural core of human cerebral cortex." PLoS biology 6.7 (2008): e159. Gigandet, Xavier, et al. "Estimating the confidence level of white matter connections obtained with MRI tractography." PLoS One 3.12 (2008): e4006.

39 さらに読み込む

234_lecture3

234_lecture3

リスニングれんしゅう2(3) 日本語234 13課 リスニング練習 1. Canvas > Japan 234A > Home > Chapter 13 > Ch. 13 Potential のファイルをつかってください。 Exchange students are making a movie. Who does which task? Why?

59 さらに読み込む

小テストNo1 15Seika2 quiz1 wans

小テストNo1 15Seika2 quiz1 wans

問題 2.講義で紹介した 3 タイプのタンパク質(ミオグロビンとヘモグロビン,アクチンとミオシン,抗体) を説明するためのキーワードが数個,以下の語群にまとめられています(ボックス内)。これらのキーワード を利用して,それぞれのタンパク質の特徴を説明する文章を作成しなさい。なお,答案を作成するとき「キ ーワードの意味を理解している」ことをアピールすることが重要です。

3 さらに読み込む

小テストNo2 14Seika1quiz2 wans

小テストNo2 14Seika1quiz2 wans

i. 以下の酢酸のイオン化反応式(式 1)において,Brønsted・Lowry の定義に従って「酸」 と呼べるもの,「塩基(アルカリ)」と呼べるものをすべて答えなさい。ただし,H3 O + =H + とみなしてよい。 CH 3 COOH + H2 O ⇄ CH3 COO

4 さらに読み込む

小テストNo1 17Seika1 quiz1wans

小テストNo1 17Seika1 quiz1wans

k B :ボルツマン定数 T:温度, q: 変化に伴う熱の出入り W:あるシステムが取る微視的状態の数 iii.ΔG の式をΔH とΔS, 及び温度 T を用いて記しなさい。また,先の問 i.の a.及び b.で示した 現象において,ΔG の値は正の値,負の値,いずれになるのか,答えなさい。

4 さらに読み込む

小テストNo2 15Seika1 quiz2wans

小テストNo2 15Seika1 quiz2wans

iv. アミノ酸①∼⑭の中で 1 文字略語表記が「R」であるものを選び,その番号と名前を答 えなさい。 v. 問 i.~iv.にて答えたアミノ酸以外のアミノ酸の構造を1つ選び,その番号と名前,3文 字・1文字略語表記,そしてそのアミノ酸の特徴を一つ,挙げなさい。なお,この問題 では問 i~iv の答えに該当するアミノ酸を選んで回答した場合,評価されませんので注 意して下さい。

4 さらに読み込む

小テストNo1 15Seika1 quiz1wans

小テストNo1 15Seika1 quiz1wans

iv. 問題 i.のΔH と iii.のΔS を組み合わせて「反応の自発性」を評価する「自由エネルギー変化ΔG」 を表す式を答えなさい。また,自発的な反応ではΔG が満たす条件を答えなさい。 問題 3.下に示すのは, 「ヴォートの生化学」,図2­2に表示された2分子の水のモデル図である。 この図に関連する問題 i~v に答えなさい。

4 さらに読み込む

小テストNo1 17Seika2 quiz1wans

小テストNo1 17Seika2 quiz1wans

17Seika2-quiz1 問題 3.酵素はタンパク質の結合能力を高めた結果,「化学反応の触媒」として機能するようにな ったものです。酵素に関する以下の問いに答えなさい。 i) 「触媒」とは,どのような定義を満たす物質ですか?正しく説明しなさい。

4 さらに読み込む

Show all 10000 documents...