トップPDF 東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔 CCC2012 sato

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔 CCC2012 sato

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔 CCC2012 sato

民 東松島市大曲浜地 東松島市大曲浜地 全世帯 世帯 東松島市 水道施設被害 関 国土交通省 東日 大震災 起因 施設 害 瘠生 全処理場 ヶ所 青森 岩手 宮城 福島 茨城 水道施設被害 関 国土交通省 東日 大震災 起因 施設 害 瘠生 全 場 ヶ所 青森 岩手 宮城 福島 茨城 水道施設被害 関 国土交通省 東日 大震災 起因 被害 瘠生 災害査 自 体 ヶ所 青森 岩手 宮城 福島 茨城

38 さらに読み込む

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔 DPRI2011 sato etal

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔 DPRI2011 sato etal

佐藤 林春男 村圭子 〇 Shosuke SATO, Haruo HAYASHI, Keiko TAMURA Frequent and heavy rainfall in recent years has result into spontaneous damage in Japan. In this paper, we analyzed the open-ended answer text data of questionnaire survey from the municipal government officials who had experienced evacuation advisory or order publishing among heavy rain disasters in 2009. We applied a text mining system (TR: TRENDREADER) to analyze the text data. The characteristics of these extracted learnt lessons and found issues suggest that, the local responders in heavy rainfall regions should reinforce their emergency response, decision-making of evacuation advisory and communication to the residents.
さらに見せる

1 さらに読み込む

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔 isss2013sato etal

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔 isss2013sato etal

The number of assisting staffs from outside affected area, volunteers and temporary inflowing population as the index of human resource support at each city and town have been evaluate[r]

11 さらに読み込む

PDF 東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

PDF 東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

謝辞 研究 東 大学災害科学国際研究所 24-25 度特 定 ェ 研究 拠点研究 研究種目 A 生 力 何 ~ 震 災 時 行 動 認 知 科 学 的 析 研 究 代 表 者 : 杉 浦 元 亮 科学研究費補助金 手研究 (B) 膨大

9 さらに読み込む

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

営住宅整備計画 11 ) では,閖上地区と下増田地区に 整備される災害公営住宅は,それぞれの地区にもと もと居住していた被災市民が優先的な募集の対象と なっている.それ以外の市民は,入居に関する優先 順位が低くなっていることから,再建においてきが かりなこととして,災害公営住宅の申込方法が不明, 災害公営住宅の入居時期が不明,災害公営住宅に関 する情報が少ない,希望する災害公営住宅に入居で きるかなどが挙げられていることが想像される. 先行研究において,名取市を中心とする借り上げ仮設 住宅の居住世帯と,すでに再建済みで借り上げ仮設住宅 への居住を経験している世帯,加えて仙台市の生活再建 支援員を対象にしたたエスノグラフィー調査では,借り 上げ仮設住宅世帯が再建する上での課題として,適当な 住宅が見つからない(災害公営住宅に当選しない),身 体面・精神面での健康の問題,単身者(独居)であるこ と,男性であること,母子家庭であること,障がいをも った家族がいること,震災で失業したことが挙げられて
さらに見せる

10 さらに読み込む

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

An Analysis of Reconstruction Grant Project on the 2011 Great East Japan Earthquake Disaster Focus on the Projects of Coastal Municipalities in Iwate and Miyagi Prefectures.. at the Fi[r]

11 さらに読み込む

第 26 回 日本婦人科がん検診学会 総会 学術講演会 プログラム 抄録集 テーマ 婦人科がん検診を鳥瞰する 会 期 会 場 2017 年 9 月 2 日 土 3 日 日 仙台国際センター 会議棟 2 階 萩 会 長 伊藤 潔 東北大学災害科学国際研究所 災害医学研究部門 災害産婦人科学分野 教授

第 26 回 日本婦人科がん検診学会 総会 学術講演会 プログラム 抄録集 テーマ 婦人科がん検診を鳥瞰する 会 期 会 場 2017 年 9 月 2 日 土 3 日 日 仙台国際センター 会議棟 2 階 萩 会 長 伊藤 潔 東北大学災害科学国際研究所 災害医学研究部門 災害産婦人科学分野 教授

子宮頸がん検診の有用性は科学的に証明されており、検診プログラムの成否を決める最も重要な要 素は検診受診率である。2007 年に成立したがん対策基本法では、がんの早期発見のためにがん検診 受診率 50% を目標に掲げている。しかし、平成 21 年度から子宮頸がん検診クーポンが配布されたに もかかわらず、平成 25 年国民生活基礎調査によれば、子宮頸がん検診受診率は 40% に留まっている。 子宮頸がん検診の障壁となっているのは羞恥という感情的な問題のみならず、地方では医療施設・検 診施設が限られることや検査の為に仕事を休まねばならないという現実的な問題の存在である。この 問題を解決するためには、採取方法の改良と検診にアクセスできる体制の抜本的改善が必要である。 自己採取 HPV 検査は受診者の心理的負担が少なく、在宅で実施可能であり、受診施設がない地域 でも可能な感度の高い検診方法である。そのため、今年度(2017 年)から、オーストラリアおよび オランダでは HPV 自己採取法が国の検診プログラムに正式に導入される。さらにカナダでは、自己 採取器具のひとつである Herswab が個人利用として認可を受けた。
さらに見せる

67 さらに読み込む

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

ても,「保存」とはならず,早期に「解体」となる 可能性が高い.対象物がもつストーリーの内容(ポ ジティブかネガティブか)は,災害発生後に操作す ることは実質不可能であることから,今後の災害に おいても,保存・解体を決める大きな規定因となる であろう.他方,ネガティブなストーリーをもつ対 象物は, 「検討中」 であることも多く (表 1 , 図 4 ) , 議論が長引き,早期に解体とならない傾向も有して いる.ネガティブかつ早期に話題になった対象物に ついて,早期に「解体」, 5 年後もなお「検討中」を 分かつ規定因は,今後明らかにしていきたい.
さらに見せる

9 さらに読み込む

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

(3) 復興に関する行動の意向 東日本大震災の復興に関する行動の意向を図2に, 想定南海トラフ地震が発生した場合の復興に関する 行動の意向の図3に示した.東日本大震災の復興に 関する行動の意向については「何かしたいが,何を すればいいか分からない」(図2),想定南海トラフ 地震災害については「何かしたい・何をするかはそ のとき考える」 (図3)が最も多い.講義を受講して, 復興について関心をもち,何か貢献したいと思うよ うになったものの,具体的には何をすればいいか現 段階では定まっていないことが分かる.これは,講 義の中で,復興に従事する具体的な組織・個人・仕 事に関する教示が不足していたことが原因だと考え られる.
さらに見せる

7 さらに読み込む

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

イルの丹念な取組み 6) ,過去の地震災害における 恒久住宅への移行促進策の整理 7) ,東日本大震災 における仮設住宅の解消策の整理 8) などが一部報 告されているものの,なぜ住まいの再建方針が定 まらないのかという,そもそもの問題側の要因は 詳細には明らかにされていない。東日本大震災の 発生から約 3 年の時点で,岩手県内の借り上げ仮 設住宅居住者を対象に行われた調査では,調査時 点で住まい再建の見通しが立たない世帯が 7 割以
さらに見せる

15 さらに読み込む

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

災害発生直後の避難者への支援 量的充足 ま 求め ます 、 避難生活の長期化 に伴いその質 課題 、 被災者の健康面の 次災害防止 視野に入 た被害低減対 策 事前に必要 います 日本災害食学会 、 自然災害多発時代の被災生活の備え、 特に被災時の食生活のあ 方をテ マ し ます 被災時の食 」 日間のみ 対象 く、 災害の種類に る特性、 あるい 地域性、 さ に被災者の生活特性 被災生活に大 影響を与 える 、 さ に減災のための備え方 転換 必要 あ 、 普段の生活 のシ ムレス
さらに見せる

110 さらに読み込む

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

東北大学 災害科学国際研究所 佐藤翔輔

➨஧࡟ࠊ㑊㞴ࡋ࡞࠸ࡇ࡜ࡢཎᅉࢆࡓࡔ༢⣧࡟┣┠ⓗ࡟ ࠕ 㸦࠸ࢃࡺࡿ㸧༴ᶵព㆑ࡢḞዴࠖࡢࡳ࡟ồࡵࡿㄗゎ࣭ᛮ࠸ ㎸ࡳ࡛࠶ࡿࠋࡇࡢࡇ࡜࡟ࡘ࠸࡚㛵㇂㸦2012㸧ࡣࠕ͆㑊㞴͇ ࡢㄢ㢟ࢆேࠎࡢ㜵⅏ព㆑࡟ᖐ⤖ࡍࡿ⢭⚄୺⩏ࠖ࡜⛠ࡋ࡚ ᢈุࡋ࡚࠾ࡾࠊ༴ᶵឤࡀ࠶ࡿ࠿ࡽࡇࡑࡍࡄ࡟ࡣ㑊㞴ࡋ࡞ ࠸࡜࠸࠺ᚰ⌮ࡀᏑᅾࡋᚓࡿࡇ࡜ࡶ෭㟼࡟ὀどࡍ࡭ࡁ࡜ᣦ ᦬ࡋ࡚࠸ࡿࠋࡇࡢࡇ࡜࡟㛵㐃ࡋ࡚ࠊࡓ࡜࠼ࡤ࣮࣊ࣥࣜࡽ 㸦2013㸧ࡣࠊ⅏ᐖࡢⓎ⏕ࢆ᫂☜࡟ㄆ㆑ࡍࡿ࡯࡝㸦᥮ゝࡍ ࡿ࡜ࠊ༴ᶵឤ࣭༴ᶵព㆑ࡀ㧗࠸࡯࡝㸧 ࠊ⅏ᐖ࡟ࡼࡿ⮬㌟ࡢ ேⓗ⿕ᐖࡢ㍍ῶ⾜ື࡜ྠ➼ࡶࡋࡃࡣࡑࢀ௨ୖ࡟ࠊᐙᒇ࣭ ᐙ㈈➼ࡢ≀ⓗ⿕ᐖࡢಖ඲࣭㍍ῶ⾜ືࢆඃඛࡍࡿഴྥࡀぢ ཷࡅࡽࢀࠊࡑࢀᨾ࡟ពᅗⓗ࡟⮬Ꮿ࡟␃ࡲࡿഴྥ㸦᥮ゝࡍ ࡿ࡜ࠊ㑊㞴ࡋ࡞࠸ഴྥ㸧ࡀ࡜ࡾࢃࡅ㏵ୖᅜࡢ♫఍ⓗᙅ⪅ ᒙ࡟࠾࠸࡚ከࡃほᐹࡉࢀࡿ᪨ࡢゝཬࢆࡋ࡚࠸ࡿࠋᮏ✏࡛ ╔┠ࡍࡿࠕ᭕᫕ࡉ㍍ῶࡢࡓࡵࡢ᝟ሗ᳨⣴⾜ືࢆඃඛࡍࡿ ࡀࡺ࠼࡟⤖ᯝ࡜ࡋ࡚㑊㞴ࡋ࡚࠸࡞࠸≧ἣ࡟␃ࡲࡿࠖ⌧㇟ ࡶࠊࡲࡉ࡟ࠕ༴ᶵឤࡀ࠶ࡿࡀᨾ࡟ࠊ୍ᐃࡢ⌮ᒅࢆకࡗ࡚ ͆㑊㞴ࡋ࡚࠸࡞࠸͇≧ែ࡟␃ࡲࡿࠖ⌧㇟࡛࠶ࡿ࡜఩⨨࡙ ࡅࡽࢀࡼ࠺ࠋࡇࡢࡼ࠺࡞ࠕ㑊㞴࡜➇ྜࡍࡿ࡯࠿ࡢ┠ᶆࠖ 㸦⏣୰ 2012㸸p.136㸧ࡢ㐩ᡂࢆពᅗ࡜ࡋࡓ⾜ືࡣࠊ ࠕ㑊㞴 ࠶ࡾ㸭㑊㞴࡞ࡋࠖࡢࡼ࠺࡞༢⣧㸰ᢥ໬ࡢ㆟ㄽࡢࡶ࡜࡛ࡣ ࠸ࡎࢀࡶࠕ㑊㞴࡞ࡋ୍࡛ࠖᣓࡾ࡟ࡉࢀ࡚ࡋࡲ࠸ࠊ ࠕ 㸦ఱࡽ ␲࠸ࡶ࡞ࡃ㸧᪥ᖖࡢ⏕άࢆᬑ㏻࡟⥅⥆ࡋ࡚࠸ࡿ㸦㑊㞴ࡋ ࡚࡞࠸㸧ఫẸࠖ࡜ྠ୍ࡢࡶࡢ࡜ࡋ࡚ᢅࢃࢀ࡚ࡋࡲ࠸࠿ࡡ ࡞࠸ࠋ
さらに見せる

77 さらに読み込む

平成14年3月 東北大学附属図書館について東北大学附属図書館

平成14年3月 東北大学附属図書館について東北大学附属図書館

)として,附属図書館では,情報教育用 端末 台,パソコン 台, 端末 台 ほかの情報機器を設置することにより,利用時間の制約が少なくオープンに使える学内共同 利用施設として,情報リテラシー教育を間接的に支援している。 )として,入学式直後の学務部主催のオリエンテーションにおいて館長が図書館及び情 報環境について紹介を行うとともに,図書館としての新入生オリエンテーションを入学式後 の 日間( 日 回,約 時間 回,平成 年度参加者 名)実施している。また,主に川 内地区の 学部・研究科と協力し授業の一環として文学部,教育学部,経済学部,国際文化 研究科等で図書館職員による利用教育を実施している(平成 年度受講者 名) 。更に,個 別の検索技術講習会として,雑誌記事索引の使い方,新聞記事の探し方,初めて利用する電 子ジャーナル(初・中級編) , 検索実習等を行っている(平成 年度参加者
さらに見せる

37 さらに読み込む

チラシ 東北大学附属図書館創立百周年記念サイト東北大学附属図書館

チラシ 東北大学附属図書館創立百周年記念サイト東北大学附属図書館

講演者の瀬名秀明氏は、処女作『パラサイト・イヴ』以来、最新の科学知識をとりこみつつ、 人間の未来に希望をあたえる物語を描きつづけています。また、最前線の科学者の研究活動を 見つめるとともに、科学ノンフィクションの書き手としても活躍しています。 この百周年記念講演会では瀬名氏に、「科学と人間の未来」そして「物語の力」について語って いただき、これから科学とどのように向き合っていくのかを考える機会にしたいと思います。
さらに見せる

1 さらに読み込む

平成29年3月 東北大学附属図書館について東北大学附属図書館

平成29年3月 東北大学附属図書館について東北大学附属図書館

基盤的学術情報環境を維持しつつ経費を抑制す いう困難 課題 が、購読内容を不断 に見直し、購入の必要性を厳密に評価して、全体予算 の兼 合い ら購入の 否を決定す 選 定シス ムを再構築し くては ら い。 、アンケ ト 不 の多 った学外 らの電子 ャ ナル等へのアク スについては、 成 28 度に学術認証フ レ ション 世界標準の認証シス ム) を導入したこ に 、 東北 大学 ID に 認証 アク スが容易に 能 ってい 。

245 さらに読み込む

チラシ 東北大学附属図書館創立百周年記念サイト東北大学附属図書館

チラシ 東北大学附属図書館創立百周年記念サイト東北大学附属図書館

平成23年 10 月 7 日 ∼ 11 月 5 日 東北大学附属図書館 Tel: 022-795-5911 (代表) Email: kikakuten@library.tohoku.ac.jp Web: http://www.library.tohoku.ac.jp/ 宮城県 宮城県教育委員会 仙台市 仙台市教育委員会 朝日新聞仙台総局 毎日新聞仙台支局 読売新聞東北総局 産経新聞社東北総局 日本経済新聞社仙台支局

2 さらに読み込む

平成29年3月 東北大学附属図書館について東北大学附属図書館

平成29年3月 東北大学附属図書館について東北大学附属図書館

東日本大震災からの復旧がほぼ完了した平成 24 年度に,自己点検・評価のためのア ンケート調査を実施しましたが, その後図書館本館の大規模な改修工事を実施すること となり,自己点検・評価活動を一旦休止せざるを得ませんでした。 そこで平成 26 年 10 月の本館リニューアルオープンをまって,平成 27 年度に再度アンケートを実施した上 で, 平成 28 年 9 月に 「東北大学附属図書館自己点検 ・ 評価報告書」 を完成させました。 外部評価の基礎資料となるこの自己点検・評価報告書の概要については, 本報告書の巻 末に収録しています。
さらに見せる

51 さらに読み込む

自然科学研究機構分子科学研究所点検評価規則(3ページ) 分子研リポート2012 | 分子科学研究所

自然科学研究機構分子科学研究所点検評価規則(3ページ) 分子研リポート2012 | 分子科学研究所

六 研究支援及び事務処理に関すること。 七 国立大学法人総合研究大学院大学との連係及び協力に関すること。 八 施設設備等研究環境及び安全に関すること。 九 国際共同研究に関すること。 十 社会との連携に関すること。 十一 学術団体との連携に関すること。 十二 管理運営に関すること。

3 さらに読み込む

資料 分子研リポート2012 | 分子科学研究所

資料 分子研リポート2012 | 分子科学研究所

③. 痛覚・掻痒・視覚等の感覚・認知や四肢・眼球の運動制御等の脳内機構に関する研究,これらが障害された病態生理や治療法 に関する研究,及び判断・感情や対人関係などヒトの高次機能や社会的行動等の神経科学的基盤を明らかにする研究を進める。 ④. ウィルスベクターを用いた遺伝子発現によって特定神経回路機能を操作して機能を解析する研究手法を用いて,脳機能の解析 を行う。ブレイン・マシン・インタフェースを応用し,脳神経系障害や神経疾患の病態と代償・回復メカニズムについて調べる。 ⑤. 分子・細胞から個体に至る各レベルでの生体機能の可視化に関する研究を進める。可視化のためのプローブ・ベクターの作製, イメージング技術開発・改良等を行う。新たに設置したミクロトーム組込み型の三次元走査型電子顕微鏡(3D - S E M)を用いた 神経結合の網羅的解析(コネクトミクス)等を行う。
さらに見せる

25 さらに読み込む

研究所の目的(1ページ) 分子研リポート2012 | 分子科学研究所

研究所の目的(1ページ) 分子研リポート2012 | 分子科学研究所

1973..10.. 31. . 学術審議会は, 「分子科学研究所」 (仮称)を緊急に設立することが適当である旨, 文部大臣に報告した。 1974.. 4.. 11. . 文部大臣裁定により,東京大学物性研究所に分子科学研究所創設準備室(室長:井口洋夫前東京大学 物性研究所教授,定員3名)及び分子科学研究所創設準備会議(座長:山下次郎前東京大学物性研究所 長,学識経験者3 5人により構成)が設置された。

1 さらに読み込む

Show all 10000 documents...