MODBUS/TCP マスタと I/O モジュール間のデータ交換

ドキュメント内 untitled (Page 83-86)

7 機能説明

7.3 データ交換

7.3.3 MODBUS/TCP マスタと I/O モジュール間のデータ交換

75      機能説明    ワゴ I/O システム 750  ETHERNET プログラマブルフィールドバスコントローラ 750-880、750-880/025-000 

ワゴ I/O システム 750    機能説明      76  ETHERNET プログラマブルフィールドバスコントローラ 750-880、750-880/025-000 

プログラマブルフィールドバスコントローラ(PFC)

MODBUS マスタ

I/O モジュール

入力 出力

入力プロセスイメージ 出力プロセスイメージ PII

PIO

43MODBUSマスタとI/Oモジュール間のデータ交換

アドレス0x1000以降にはレジスタ機能があります。.各レジスタ機能は、MODBUSマ

スタからMODBUS機能コード(リード/ライト)を実行することによりアドレス指定

ができます。特定のレジスタアドレスはモジュールのチャンネルアドレスを置き換えて 入れます。

詳細情報 追加情報:

MODBUSアドレス指定の詳細は第12.2.4節「MODBUSレジスタマッピング」を参照

してください。

77      機能説明    ワゴ I/O システム 750  ETHERNET プログラマブルフィールドバスコントローラ 750-880、750-880/025-000 

7.3.3.1 Ethernet/IPマスタとI/Oモジュール間のデータ交換

EtherNet/IPマスタとI/Oモジュールの間のデータ交換はオブジェクト指向です。ネッ

トワークの各ノードはオブジェクトの集まりとみなされます。

データ転送のためのオブジェクト構造は assembly オブジェクトによって定義します。

assemblyオブジェクトにより、データ(I/Oデータなど)は結合してブロックに(マッ

ピング)され、1 本のメッセージコネクションを使って送信されます。このマッピング により、ネットワークへのアクセスを少なくすることが必要になります。

入力アセンブリと出力アセンブリでは機能が異なります。

入力アセンブリは、ネットワークを介してアプリケーションからデータを読み出すか、

またはネットワークに対してデータをproduce(送信)します。

一方、出力アセンブリはアプリケーションにデータを書き込むか、またはネットワーク から得たデータをconsume(受信)します。

フィールドバスコントローラには各種のアセンブリインスタンスが既存品として予めプ ログラムされています(スタティックアセンブリ)。

電源を投入すると、アセンブリオブジェクトはプロセスイメージにあるデータを組み立 てます。コネクションが確立され次第、マスタは「クラス」「インスタンス」「アトリビ ュート」によりデータをアドレス指定すると共に、I/O コネクションを用いてアクセス するか、またはデータの読み書きを行うことができます。

データのマッピングは、選択したスタティックアセンブリのアセンブリインスタンスに よって異なります。

詳細情報 追加情報:

ス タ テ ィ ッ ク ア セ ン ブ リ の ア セ ン ブ リ イ ン ス タ ン ス に つ い て は 第 12.3 節

「Ethernet/IP」に記載されています

ワゴ I/O システム 750    機能説明      78  ETHERNET プログラマブルフィールドバスコントローラ 750-880、750-880/025-000 

ドキュメント内 untitled (Page 83-86)