プロセスデータ構造

In document untitled (Page 67-72)

7 機能説明

7.2 プロセスデータ構造

7.2.1 基本構造

コントローラの電源を入れると、ノードの配下でデータの送受信を行うすべての I/Oモ ジュールを識別します(データ幅/ビット幅>0)。

ノードには、アナログおよびデジタルモジュールを混在して使用することができます。

使用注意

バス延長モジュールを使用すると最大250枚のI/Oモジュールが接続可能!

ワゴのバス延長カプラモジュール750-628およびバス延長終端モジュール750-627を 使用すると、750-880、750-880/025-000のコントローラに対して最大250枚のI/Oモ ジュールが接続できます。

詳細情報 追加情報:

個々のI/Oモジュールの入出力ビット数ないしバイト数については、対応するモジュー ルの取扱説明書をご覧ください。

コントローラは、データ幅およびI/Oモジュールのタイプとノードにおける位置から内 部ローカルプロセスイメージを生成します。このプロセスイメージは入力部分と出力部 分に分かれます。

デジタルI/Oモジュールのデータはビット単位です(データ交換がビット単位で行われ ます)。それに対し、アナログI/Oおよび多くの特殊モジュール(カウンタモジュール、

エンコーダモジュール、通信モジュールなど)のデータはバイト単位であり、データ交 換はバイト単位で行われます。

入力、出力両方のプロセスイメージに対しては、I/O モジュールのデータは各々のプロ セスイメージの中で、コントローラの後に配置された順序で保管されます。

プロセスイメージには、まずバイト型(アナログなど)I/O モジュール全てのデータが 保管され、次にビット型(デジタル)I/O モジュールが入ります。デジタル I/O モジュ ールのビットはバイト単位にまとめられます。デジタルI/Oの数が8ビットを超えると、

自動的に次のバイトに移ります。

使用注意

ハードウェアの変更はプロセスイメージの変更につながります!

データ幅が0ビット以上のI/Oモジュールを追加、変更、削除することにより、ハード ウェアの構成を変えた場合、プロセスイメージの構造が新しくなります。この場合、プ ロセスデータのアドレスも変わります。モジュールを追加した場合には、既存のモジュ ール全てのプロセスデータを考慮する必要があります。

ワゴ I/O システム 750    機能説明      60  ETHERNET プログラマブルフィールドバスコントローラ 750-880、750-880/025-000 

物理的な入出力データに対するプロセスイメージは、メモリの最初の256ワードに格納 されます(ワード0〜255)。

MODBUS PFC変数のプロセスイメージに対しては、ワード256〜511のメモリ領域が

用意されています。すなわちMODBUS PFC変数のプロセスイメージは、I/Oモジュー ルのプロセスイメージの後に作られます。

I/Oデータが256ワードを超え場合、全ての物理的な入出力データは、メモリ領域内で 現在のプロセスイメージの最後(MODBUS PFC変数の後ろ、ワード512〜1275)に追 加されます。

残りの物理I/Oデータの後ろにはEtherNet/IP PFC変数が来ます。このメモリ領域はワ ード1276〜1531です。

この後のワード1532以降の領域は、将来のプロトコル拡張用と今後追加されるPFC変 数のために空けてあります。

PFCからプロセスデータへのアクセスは、ワゴの全てのフィールドバスコントローラに おいて、フィールドバスシステムの種類とは無関係に行われます。アクセス処理は必ず アプリケーションに対応したIEC 61131-3プログラムによって行われます。

しかし、フィールドバス側からどのようにデータがアクセスされるかは、そのフィール ドバスによって異なります。

750-880、750-880/025-000 フィールドバスコントローラに対しては、MODBUS/TCP

マスタから実装されたMODBUS機能を経由してアクセスすることができます。そこで

は10進または16進のMODBUSアドレスが使われます。

オプションとして、データはオブジェクトモデルを用いてEtherNet/IPからアクセスす ることができます。

詳細情報 追加情報:

フィールドバス固有のデータアクセス方法の詳細は、12.2節「MODBUSの機能」およ び12.3節「EtherNet/IP(Ethernet/Industrial Protocol)」を参照してください。。

詳細情報 追加情報:

I/O モジュールのフィールドバス固有プロセスイメージの詳細は、「プロセスデータの 構造」を参照してください。。

61      機能説明    ワゴ I/O システム 750  ETHERNET プログラマブルフィールドバスコントローラ 750-880、750-880/025-000 

7.2.2 入力プロセスイメージの例

下の図は入力プロセスイメージの一例です。コンフィグレーションには 16 点のデジタ ル入力と8点のアナログ入力があります。そのためプロセスイメージは全体で9ワード 長になります(アナログデータが8ワード、デジタル入力が1ワード)。

入力モジュール

ビット

ワード ワード ワード

ワード ワード

ワード ワード ワード

ワード ワード ワード ワード ワード ワード ワード ワード

アドレス

入力プロセスイメージ

(ワード)

DI:デジタル入力 AI:アナログ入力 入力プロセスイメージ

(ビット)

アドレス 上位バイト 下位バイト

ビット

38:入力プロセスイメージの例

ワゴ I/O システム 750    機能説明      62  ETHERNET プログラマブルフィールドバスコントローラ 750-880、750-880/025-000 

7.2.3 出力プロセスイメージの例

下の図は出力プロセスイメージの一例です。コンフィグレーションには2点のデジタル 出力と4点のアナログ出力があります。そのためプロセスイメージは全体で5ワード長 になります(アナログデータが4ワード、デジタル出力が1ワード)。MODBUSプロト コルを使用している場合は、出力データはMODBUSアドレスに200h(0x0200)のオ フセットを加算して読み出すことができます。

使用注意

256ワード以上のデータはオフセットを追加して読み出します!

出力データが256ワードを超え、メモリ領域6000h(0x6000)〜 66F9h(0x66F9)

にある場合は、MODBUS アドレスに 1000h(0x1000)のオフセットを加算して読み 出すことができます。

入力モジュール

ビット1

ワード1 ワード2

ワード1 ワード2 ワード1 ワード2

MODBUS アドレス 出力プロセスイメージ

(ワード)

DO:デジタル出力 AO:アナログ出力 入力プロセスイメージ

(ワード)

上位バイト

ワード1 ビット2 ワード2

下位バイト

上位バイト 下位バイト

MODBUS アドレス

ワード1 ワード2 ワード1 ワード2

MODBUS アドレス 出力プロセスイメージ

(ビット)

MODBUS アドレス 入力プロセスイメージ

(ビット)

  図39:出力プロセスイメージの例

63      機能説明    ワゴ I/O システム 750  ETHERNET プログラマブルフィールドバスコントローラ 750-880、750-880/025-000 

7.2.4 MODBUS/TCP、Ethernet/IP のプロセスデータ

一部のI/Oモジュール(派生品を含む)では、フィールドバスの種類によってプロセス データの構成が異なります。

750-880、750-880/025-000コントローラはMODBUSおよびEthernet/IP機能付で、

プロセスイメージはワード毎に構築されます(ワード単位で並べられます)。1バイトを 超えるデータの内部マッピング方法は、インテルフォーマットに準拠しています。

詳細情報 追加情報:

ワゴI/Oシステム750(または753)シリーズ内の全I/Oモジュールに対するフィール

ドバスに応じたプロセスデータ構成は、13.2節「MODBUS/TCPプロセスデータ構成」

および13.3節「EtherNet/IPプロセスデータ構成」を参照してください。

ワゴ I/O システム 750    機能説明      64  ETHERNET プログラマブルフィールドバスコントローラ 750-880、750-880/025-000 

In document untitled (Page 67-72)