シリアルサービスポートによる転送

ドキュメント内 untitled (Page 138-141)

9 CODESYS による PFC のプログラミング

9.6 IEC プログラムのコントローラへの転送

9.6.1 シリアルサービスポートによる転送

使用注意

コントローラにアクセスするときは、モード選択スイッチの位置に注意してくださ い!

フィールドバスコントローラにアクセスするためには、コントローラの動作モードスイ ッチが中央または上端位置にあることが必要となります。動作モードスイッチはコント ローラのカバーの内側で、サービスインタフェースの隣にあります。

シリアルサービスポートによって物理的接続を行うためには、ワゴ通信ケーブルを使用 してください。このケーブルはCoDeSysプログラミングツール(型番759-333)パッケ ージに含まれています。一方、アクセサリ品の型番750-920としてご購入することもで きます。

通告

通電中に750-920通信ケーブルを接続しないでください!

通信インタフェースの損傷を防ぐために、通電中は 750-920 通信ケーブルの接続また は切断をしないでください。これを行うときは、フィールドバスコントローラの電源は OFFにしなければなりません。

1. コントローラのモード選択スイッチが、中央または上端位置にセットされているこ とを確認してください。

もし上記の位置に置かれていなかった場合は、モード選択スイッチを中央または上 端位置に移動してください。

2. ワゴ通信ケーブルを使用して、PCのCOMポートとコントローラの通信ポートを接 続してください。

シリアルデータ転送をするためには通信ドライバが必要になります。このドライバとパ ラメータは、CoDeSys 内のダイアログボックス“Communication parameter“にて入力 しなければなりません。

3. スタートメニューから、すべてのプログラム>WAGO Software>CoDeSys for Automation Alliance>CoDeSys V2.3>CoDeSys V2.3を順にクリックし、CoDeSys を起動します。

4. メニューからOnlineをクリックし、Communication parametersを選択します。

ここでダイアログボックス“Communication parameters“が表示されます。現在接続し ているゲートウェイサーバのチャンネルがダイアログボックスの左側に、また既にイン ストールされている通信ドライバが下側に表示されます。この画面はデフォルト設定で は空の状態です。

5. 通信リンクを設定するためにNewをクリックし、名前(例:RS-232 Connection)

を入力します。

131      CoDeSys による PFC のプログラミング    ワゴ I/O システム 750  ETHERNET プログラマブルフィールドバスコントローラ 750-880、750-880/025-000 

62:ダイアログボックス“Communication parameters“

6. 選択画面にて、ウィンドウの右側で必要なドライバを指定します。PCとコントロー ラ間にシリアルリンクを構成するためには、“Serial(RS-232) 3S Serial RS-232 driver“を選びます。

シリアルポートに対しては、以下のプロパティが中央のダイアログボックスに表示され ます。

• Port: COM1

• Baud rate: 19200

• Parity: Even

• Stop-bits: 1

• Motorola byte order: No

7. 必要ならば各々の値の所でクリックし、編集をすることにより上記の値を変更して ください。

8. OKをクリックして上記の設定を確認してください。

ここでRS-232ポートはアプリケーションの転送用に構成されます。

9. Onlineを選択し、メニューからLoginをクリックするとコントローラにログインし

ます。

CoDeSysサーバはオンライン動作中アクティブになっています。通信パラメータはこの

期間中呼び出すことができません。

プログラムが既にコントローラに存在するかどうかによって、プログラムをロードすべ きかどうかを尋ねるウィンドウが現れます。

10. 現在のプログラムをロードするためには、Yesを押して応答します。

11. メニューからOnlineを選択し、Create Boot projectをクリックします。

コントローラを再スタートした場合、または電源断が起きた場合、コンパイルしたプロ ジェクトもまた実行されます。

ワゴ I/O システム 750    CoDeSys による PFC のプログラミング      132  ETHERNET プログラマブルフィールドバスコントローラ 750-880、750-880/025-000 

12. プログラムがロードされたならば、メニューからOnlineを選び、項目Startをクリ ックしてプログラム処理をスタートしてください。

このコマンドにより、制御システムまたはシミュレーションにおけるプログラムの処理 を開始します。

“ONLINE“および“RUNNING“メッセージがステータスバーの右側に表示されます。

13. オンライン動作を終了するときは、メニュー上のOnlineを選択し、項目Log offを クリックします。

133      CoDeSys による PFC のプログラミング    ワゴ I/O システム 750  ETHERNET プログラマブルフィールドバスコントローラ 750-880、750-880/025-000 

ドキュメント内 untitled (Page 138-141)