ノード状態の診断−I/O LED(点滅コード表)

ドキュメント内 untitled (Page 177-185)

11 診断

11.1 LED 表示

11.1.2 ノード状態の診断−I/O LED(点滅コード表)

ノードの状態、すなわち内部バスの通信状態はI/O LEDの点灯や点滅回数によって示さ れます。

64:ノード状態の診断−エラー時の対処

LED状態 意  味 対  処

I/O

緑 フィールドバスノードは正常に動作 しています。

正常動作 橙の点滅 内部バスが初期化中です。1〜2 秒の

高速点滅により立上りを示します。

赤 コントローラのハードウェア故障 フィールドバスコントローラを交換し てください。

赤の点滅 一般的内部バスエラー 以降に記載した点滅シーケンスをご覧 ください。

赤の周期的 点滅

最大 3 回の連続点滅シーケンスによ り、内部データバスのエラーを示しま す。各シーケンス間では短い休止時間 があります。

以降に掲げた点滅コード表に基づい て、点滅シーケンスを診断してくださ い。

点滅により、エラーコードとエラー引 数とからなるエラーメッセージを表し ます。

消灯 内部バス上にデータ処理サイクルが 存在しません。

フィールドバスコントローラの電源が OFFです。

電源をONした後デバイスの立上り処理が行われます。I/O LEDは橙色を示します。

エラーが起きずに立ち上がったとき、I/O LEDは緑色に点灯します。

エラーが起きた場合、I/O LEDは赤色の点滅を続けます。点滅コードにより、詳細のエ ラーメッセージが示されます。一つのエラーは、最大3回の点滅シーケンスにより周期 的に表示されます。

エラーを除去した後に、デバイスの電源を OFFして再度ON することにより、ノード を再スタートしてください。

ワゴ I/O システム 750    診断      170  ETHERNET プログラマブルフィールドバスコントローラ 750-880、750-880/025-000 

電源の投入

コントローラが始動 I/O LEDは点滅(赤)

診断OK? No Yes

I/O LEDは点灯(緑)

動作可能

I/O LED(赤)

1回目の点滅パターン

(エラー表示の開始)

1回目の休止 I/O LED(赤)

2回目の点滅パターン エラーコード

(点滅回数)

2回目の休止 I/O LED(赤)

3回目の点滅パターン エラー引数

(点滅回数)

78:ノード状態−I/O LED表示

1回目点滅シーケンス 休止 2回目点滅シーケンス 休止 3回目点滅シーケンス

(約10Hz)

(エラー表示の開始)

(約1Hz)

エラーコードx

(x=点滅回数)

(約1Hz)

エラー引数y

(y=点滅回数)

79:エラーメッセージのコード化

モジュールエラーの例:

• I/O LEDは最初の点滅シーケンス(毎秒約10回)でエラー表示の開始を示します。

• 1回目の休止に続いて、2番目の点滅シーケンス(毎秒約1回)が開始します。点 滅回数を数えるとエラーコードがわかります。例えば4回点滅するとエラーコード は「4」で、「内部データバス上のデータエラー」を表します。

• 2回目の休止の後、3番目の点滅シーケンス(毎秒約1回)が現れます。点滅回数 を数えるとエラー引数がわかります。例えば12回点滅するとエラー引数は「12」で、

「内部データバスが12番目のI/Oモジュールの後で遮断している」という意味にな ります。

この場合、13番目のI/Oモジュールが故障しているか、アセンブリから抜けているかの どちらかになります。

171      診断    ワゴ I/O システム 750  ETHERNET プログラマブルフィールドバスコントローラ 750-880、750-880/025-000 

65:I/O LED点滅コード表、エラーコード1

エラーコード1:ハードウェア障害およびコンフィグレーションエラー エラー引数 エラー内容 対処方法

1 接続I/Oモジュール用内部バッフ ァメモリのオーバーフロー

1. ノードの電源をOFFします。

2. I/Oモジュール数を減らし、その後電源を再びONします。

3. エラーがなくならない場合はコントローラを交換しま す。

2 不明なデータタイプのI/Oモジュ ールあり

1. エラーのI/Oモジュールを判定するために、最初に電源 OFFします。

2. 終端モジュールをノードの中間に置きます。

3. 電源を再びONします。

4. ーLEDがまだ点滅している場合

電源を切り、終端モジュールをノードの前半分の中間に 置きます。

―LEDが点滅しない場合

電源を切り、終端モジュールをノードの後ろ半分の中間 に置きます。

5. 電源を再投入します。

6. この手順を故障I/Oが検出されるまで繰り返します。

7. 故障モジュールを交換します。

8. コントローラに問題がある場合はファームウェアを更新 するよう要請してください。

3 コントローラのパラメータ領域の チェックサムエラー

1. ノードの電源をOFFします。

2. コントローラを交換します。

3. 電源を再投入します。

4 EEPROMへのデータ書き込み時の

エラー

1. ノードの電源をOFFします。

2. コントローラを交換します。

3. 電源を再投入します。

5 EEPROMからのデータ読み出しエ

ラー

1. ノードの電源をOFFします。

2. コントローラを交換します。

3. 電源を再投入します。

6 AUTORESET後のI/Oモジュール

のコンフィグレーションが、コント ローラが前回立ち上がったときに 判定したコンフィグレーションと 異なる

1. 電源を一旦切り、再投入することによりコントローラを 再スタートしてください。

7 現ハードウェアに対しファームウ ェアが適合しない

1. ノードの電源をOFFします。

2. コントローラを交換します。

3. 電源を再投入します。

8 EEPROMへのデータ書き込み時に

タイムアウトが発生

1. ノードの電源をOFFします。

2. コントローラを交換します。

3. 電源を再投入します。

9 バスコントローラの初期化エラー 1. ノードの電源をOFFします。

2. コントローラを交換します。

3. 電源を再投入します。

10 RTCのバッファ電源障害 1. クロックをセットします。

2. キャパシタの充電のために最低15分間はコントローラ の電源を入れたままにして置いてください。

11 RTCからの時間読み出しエラー 1. クロックをセットします。

2. キャパシタの充電のために最低15分間はコントローラ の電源を入れたままにして置いてください。

12 RTCへの時間書き込みエラー 1. クロックをセットします。

2. キャパシタの充電のために最低15分間はコントローラ の電源を入れたままにして置いてください。。

13 クロック割り込みのエラー 1. クロックをセットします。

2. キャパシタの充電のために最低15分間はコントローラ の電源を入れたままにして置いてください。

14 ゲートウェイまたはメールボック I/Oモジュールの接続最大数を 超えた

1. ノードの電源を切ります。

2. ゲートウェイまたはメールボックスI/Oモジュールの数 を減らした後電源を再投入します。

ワゴ I/O システム 750    診断      172  ETHERNET プログラマブルフィールドバスコントローラ 750-880、750-880/025-000 

66:I/O LED点滅コード表、エラーコード2 エラーコード2:未使用

エラー引数 エラー内容 対処方法

未使用

67:I/O LED点滅コード表、エラーコード3 エラーコード3:内部バスのプロトコルエラー

エラー引数 エラー内容 対処方法

内部バス通信上の動作不良:故障モ ジュールは識別できない

―ノード内に750-613電源入力モジュールが存在するかどう か確認してください。

―ノード内に750-613電源入力モジュールが使われていた場 合、

1. このモジュールへの電源が正常に供給されていることを 確認してください。

2. これは対応するLEDの表示によって判断します。

―全てのI/Oモジュールが正しく接続されているか、またはノ

ードに750-613が使用されていない場合はエラーI/Oモジュ

ールを次のように検出することができます。

1. ノードの電源を切ります。

2. ノードの中間に終端モジュールを置きます。

3. 電源を再投入します。

4. ―LEDがまだ点滅している場合

電源を切り、終端モジュールをノードの前半分の中間に 置きます。

―LEDが点滅しない場合

電源を切り、終端モジュールをノードの後ろ半分の中間 に置きます。

5. 電源を再投入します。

6. この手順を故障I/Oが検出されるまで繰り返します。

7. 故障モジュールを交換します。

8. コントローラのファームウェアがアップデートされてい るかどうかを確認してください。

173      診断    ワゴ I/O システム 750  ETHERNET プログラマブルフィールドバスコントローラ 750-880、750-880/025-000 

68:I/O LED点滅コード表、エラーコード4 エラーコード4:内部バスの物理的エラー

エラー引数 エラー内容 対処方法

内部バスのデータ通信エラーまた はコントローラにおける内部バス の中断エラー

1. ノードの電源をOFFします。

2. 終端モジュールをコントローラの後に置きます。

3. 電源をONします。

4. 示されたエラー引数を観察してください。

―I/O LEDでエラー引数が示されなかった場合 5. コントローラを交換してください。

―I/O LEDでエラー引数が示された場合

5. ノードの電源を切り、故障したI/Oモジュールを識別し ます。

6. ノードの中間に終端モジュールを置きます。

7. 電源を再投入します。

8. ―LEDがまだ点滅している場合

電源を切り、終端モジュールをノードの前半分の中間に 置きます。

―LEDが点滅しない場合

電源を切り、終端モジュールをノードの後ろ半分の中間 に置きます。

9. 電源を再投入します。

10. この手順を故障I/Oモジュールが検出されるまで繰り返 します。

11. 故障I/Oモジュールを交換します。

12. モジュールが1個だけ残り、LEDがまだ点滅している場 合はこのモジュールまたはコントローラが故障している とみなされます。

13. 当該モジュールを交換してください。

n* (n>0) プロセスデータを有するn番目の I/Oモジュールの後段にて内部バス が中断した

1. ノードの電源を切ります。

2. プロセスデータを持ったn+1番目のI/Oモジュールを交 換します。

3. 電源を再投入します。

*点滅回数(n)はI/Oモジュールの位置を示します。データを持たないI/Oモジュールは数 に入れません(例:診断なしの電源入力モジュール)。

69:I/O LED点滅コード表、エラーコード5 エラーコード5:内部バス初期化エラー

エラー引数 エラー内容 対処方法 n* 内部バス初期化中のレジスタ通信

エラー

1. ノードの電源を切ります。

2. プロセスデータを持ったn+1番目のI/Oモジュールを交 換します。

3. 電源を再投入します。

*点滅回数(n)はI/Oモジュールの位置を示します。データを持たないI/Oモジュールは数 に入れません(例:診断なしの電源入力モジュール)。

ドキュメント内 untitled (Page 177-185)