メモリ領域

ドキュメント内 untitled (Page 74-77)

7 機能説明

7.3 データ交換

7.3.1 メモリ領域

フィールドバス マスタ

プログラマブルフィールドバスコントローラ(PFC)

入力データ用メモリ領域

ワード0 入力 モジュール ワード255 ワード256 MODBUS PFC 入力変数 ワード511

ワード512 入力 モジュール ワード1275

ワード1276 EtherNet/IP PFC入力変数 ワード1531

出力データ用 メモリ領域

ワード0 出力 モジュール ワード255

IEC 61131 プログラム

ワード256 MODBUS PFC出力変数

ワード511 ワード512

出力 モジュール ワード1275 ワード1276 EtherNet/IPの PFC出力変数 ワード1531

I/Oモジュール

  図40:メモリ領域とデータ交換

コントローラのプロセスイメージには、ワード0から255とワード512から1275の各々 のメモリ空間に実装I/Oモジュールの物理データが入っています。

①  入力モジュールデータの読み出しは、コントローラのCPUおよびフィールドバスマ スタの両方からできます。

② 同様に、出力モジュールデータの書き込みも、コントローラの CPU およびフィー ルドバスマスタの両方から行えます。

MODBUS PFC変数は、入出力の各メモリ領域のワード256〜511に格納されます。

③ MODBUS PFC入力変数は、フィールドバス側から入力メモリ領域に書き込まれ、

CPUによって読み出して処理されます。

④ IEC61131-3プログラムを用いてCPUで処理される変数は出力メモリ領域に置かれ、

マスタが読み出すことができます。

67      機能説明    ワゴ I/O システム 750  ETHERNET プログラマブルフィールドバスコントローラ 750-880、750-880/025-000 

EtherNet/IP PFC変数はワード1276〜1531のメモリ領域にあり、実装I/Oモジュール

データに隣接します。

ワード1532より後のメモリ領域は、将来プロトコルが拡張された場合や他のPFC変数 のために空けてあります。

また MODBUS TCP/IPプロトコルを使う場合、すべての出力データは0x0200または

0x1000をアドレスオフセットとするメモリ領域にミラーイメージをもちます。したがっ

て出力データの値は、MODBUSのアドレスに0x0200または0x1000を加算することで 読み出すことができます。

コントローラは上記以外にもメモリ空間を保有していますが、中にはフィールドバスマ スタがアクセスできない領域もあります。

• データメモリ、1024 kB

データメモリは変数作成に使われる揮発性RAM で、インタフェースとの通信には 必要でなく、内部処理(結果の計算など)に必要とされるものです。

• プログラムメモリ、1024 kB

プログラムメモリにはIEC 61131–3プログラムが格納されます。このプログラムメ モリはフラッシュメモリです。電源を投入するとプログラムがフラッシュメモリか らRAM に転送されます。コントローラが正常に起動したとき、モード選択スイッ チが上端位置にあるか、または CoDeSys から起動コマンドが送られた場合、PFC サイクルが開始されます。

• NVRAMリテインメモリ、32kB

リ テ イ ン メ モ リ と し て 不 揮 発 性 メ モ リ (NVRAM) が 用 い ら れ ま す 。“VAR RETAIN“で明確に定義したフラグや変数値は、電源を切断しても全ての値が保持さ れます。メモリ管理は自動的に行われます。32kBのメモリ領域(ワード0〜12288)

は、通常16kBのアドレッシング可能なフラグ用領域(%MW0〜%MW8191)と16kB の変数保持領域に分けられます。変数保持領域はメモリ領域のアドレス指定がなく、

“var retain“で定義されます。

使用注意

マーカなどのビットデータは“VAR RETAIN“で定義したときのみ保持されます!

ビットメモリは、“VAR RETAIN“の下で宣言した場合のみ保持されることにご注意くだ さい。

ワゴ I/O システム 750    機能説明      68  ETHERNET プログラマブルフィールドバスコントローラ 750-880、750-880/025-000 

41:“VAR RETAIN“による保持フラグの宣言例

このメモリ分割は変更することができます(以下を参照)。

使用注意

NVRAMメモリの割り付けはCoDeSysで変更することができます!

NVRAMの割り付けは、必要に応じてCプログラミングソフトウェアで変更できます。

Resources タブ上のリストから Target Settings を選択し、ダイアログボックス内で

Memory Layoutを選びます。

フラグ領域のスタートアドレスは16#20000000に固定されます。領域のサイズや保持 メモリのスタートアドレスは可変です。

領域内のデータのオーバーラップを避けるためには、設定をデフォルトに保つことをお 薦めします。

デフォルト設定では、フラグ領域のサイズは16#4000 にセットされており、続いてリ テインメモリのスタートアドレスは16#20004000、サイズは16#4000となっています。

69      機能説明    ワゴ I/O システム 750  ETHERNET プログラマブルフィールドバスコントローラ 750-880、750-880/025-000 

ドキュメント内 untitled (Page 74-77)