DHCP による IP アドレスの割り当て

ドキュメント内 untitled (Page 104-108)

8 コミッショニング

8.2 IP アドレスのフィールドバスノードへの割り当て

8.2.2 DHCP による IP アドレスの割り当て

IPアドレスの割り当てにDHCPを使用した場合、ネットワーク上のDHCPサーバによ って割り当てが自動的に行われます。

使用注意

ネットワークに2台のDHCPサーバがあると、ネットワーク全体がエラー!

ネットワークエラーを防ぐために、DHCP サーバが設置されているグローバルネット ワークにPCを接続しないでください。大規模のネットワークでは通常DHCPサーバ は既に存在し、これが衝突を引き起こし、結果としてネットワークエラーにつながりま す。

使用注意

コンフィグレーションを追加するためには、ネットワークにDHCPサーバがなければ なりません!

DHCP サーバがローカルネットワークにまだ存在しない場合は、ネットワーク上のク ライアントPCにDHCPサーバをインストールしてください。DHCPサーバは以下の サイトからダウンロードすることができます。

例:http://windowspedia.de/dhcp-server_download/

使用注意

クライアントPCに固定IPアドレスを割り当てて、また共通サブネットに注意してく ださい!

DHCPサーバが適用されるクライアントPCは、固定IPアドレスを持っていなければ なりません。またフィールドバスノードとクライアントPCは、同じサブネットになけ ればならないことにご注意ください。

次節以降で以下の説明をします。

• DHCPの有効化

• DHCPの無効化

8.2.2.1 DHCPの有効化

使用注意

ソフトウェアコンフィグレーションを起動するために、アドレス選択スイッチを 255 にセットしてください!

DIP スイッチを無効化し、DHCP を有効にするために、アドレス選択スイッチを 255 にセットしてください。

アドレス選択スイッチを合わせてコンフィグレーション変更を適用した後、フィールド バスノードを再スタートしてください。

97      コミッショニング    ワゴ I/O システム 750  ETHERNET プログラマブルフィールドバスコントローラ 750-880、750-880/025-000 

使用注意

DHCP はWEBページ上で有効化しなければなりません(このときアドレス選択スイ ッチは0にする必要があります)!

DHCPはWBMの内部WEBページ(HTMLページ“Port configuration“)上で有効化 しなければなりません。

IPアドレスは、フィールドバスノードを再スタートした後自動的に割り当てられます。

8.2.2.2 DHCPの無効化

使用注意

アドレスを恒久的に割り当てるときは、BootPを無効化する必要があります!

フィールドバスコントローラにIPアドレスを恒久的に設定するためには、BootPを無 効化しなければなりません。

これによりフィールドバスコントローラは、新しい BootP 要求を受け取ることを防ぎ ます。

DHCPを無効化するのには、以下の3種類の方法があります。

• アドレス選択スイッチによるDHCPの無効化

• WEBベース管理システム上でのDHCPの無効化

アドレス選択スイッチによるDHCPの無効化

使用注意

アドレス選択スイッチを0または255に再度セットしないでください!

アドレス選択スイッチを 0または255 に再度セットしないでください。もしそうした 場合、自動的に DIP スイッチが無効となり、ソフトウェアコンフィグレーション経由 でのIPアドレスの割り当てを有効化することになります。

1. アドレス選択スイッチを使用して1〜254の値を設定してください。このときフィー ルドバスコントローラに保存されたアドレス(変更ホストID=DIPスイッチ設定値)

が有効になります。

例:コントローラにアドレス10.127.3.15が保存されていた場合、スイッチを50(バ イナリコード=00110010)にセットすると、コントローラのアドレスは10.127.3.50 になります。

2. コンフィグレーション変更を適用するようにアドレス選択スイッチを合わせた後、

フィールドバスコントローラを再スタートしてください。

ワゴ I/O システム 750    コミッショニング      98  ETHERNET プログラマブルフィールドバスコントローラ 750-880、750-880/025-000 

WEBベース管理システム上でのDHCPの無効化

使用注意

ソフトウェアコンフィグレーションを起動するときは、アドレス選択スイッチを 0 に セットしてください!

DIPスイッチによるアドレス選択またはDHCPを無効にするためには、アドレス選択 スイッチを0にセットしてください。

1. アドレス選択スイッチを0にセットしてください。

2. WEBブラウザ(MS Internet ExplorerやMozillaなど)を立ち上げ、アドレスバ ーに自分のフィールドバスノードに対して割り当てたIPアドレスを入力します。

3. [Enter]キーを押して確認します。

WEBベース管理システムのスタートページが表れます。

4. 左メニューバーで“Port“を選択します。

5. 問い合わせ画面でユーザ名とパスワードを入力してください。

  デフォルト:user=“admin“ 、password=“wago“

  または      user=“user“ 、password=“user“

HTMLページの“Port configuration“が表示されます。

99      コミッショニング    ワゴ I/O システム 750  ETHERNET プログラマブルフィールドバスコントローラ 750-880、750-880/025-000 

50:WBMページ“Port“

6. オプションの“BootP“または“use IP from EEPROM“を選択してDHCPを無効化し ます。

7. [SUBMIT]をクリックして、フィールドバスノードに変更を適用します。

8. WEBインタフェースの設定を適用するために、フィールドバスノードを再スタート してください。

ワゴ I/O システム 750    コミッショニング      100  ETHERNET プログラマブルフィールドバスコントローラ 750-880、750-880/025-000 

ドキュメント内 untitled (Page 104-108)