コンフィグレーション、診断プロトコル

ドキュメント内 untitled (Page 194-200)

12 フィールドバス通信

12.1 実装プロトコル

12.1.2 コンフィグレーション、診断プロトコル

12.1.2.1 BootP(ブートストラッププロトコル)

BootP(Bootstrap Protocol)はTCP/IPネットワークで、フィールドバスカプラ/コン

トローラにIPアドレスと他のパラメータ割り当てるのに使用することができます。サブ ネットマスクとゲートウェイも、このプロトコルを用いて転送することができます。プ ロトコル通信はフィールドバスカプラ/コントローラからのクライアント要求と PCか らのサーバ応答とから成り立ちます。

ブロードキャスト要求はフィールドバスカプラ/コントローラのハードウェアアドレス

(MAC ID)の入ったプロトコルにより、ポート67(BootPサーバ)に送信されます。

このときBootPサーバはこのメッセージを受信します。サーバにはMAC IDとIPアド

レスがお互いに割り当てられているデータベースがあります。ある MAC アドレスが見 つかったとき、ブロードキャスト応答がネットワーク上で送信されます。

フィールドバスカプラ/コントローラはBootPサーバからの応答のために、規定したポ

ート 68 でListen(待ち受け)状態になります。受信パケットには、フィールドバスカ

プラ/コントローラのIPアドレスとMAC IDのような情報が含まれます。

フィールドバスカプラ/コントローラは MAC アドレスにより、そのメッセージが特定 のフィールドバスカプラ/コントローラに送られ、送信したIPアドレスがネットワーク で取得されることを認識します。

使用注意

IPアドレスはWindowsやLinux上のBootPにより割り当てることができます!

IPアドレスを設定するために、WAGO-BootPサーバをWindowsやLinuxなどのオペ レーティンシステム上で使用することができます。WAGO-BootP サーバ以外に他の

BootPサーバも使用することができます。

詳細情報

WAGO-BootPサーバについての詳細情報:

WAGO-BootPサーバを使用してアドレスを設定する手順は、第 8.2.4節「BootP サー

バによるIPアドレスの割り当て」に記載されています。

BootP クライアントは、ネットワークパラメータを動的に設定する手助けをします。

Ethernet TCP/IPフィールドバスコントローラはBootPクライアントを内蔵しており、

デフォルトの「IPアドレス」オプションに加え、次のオプションをサポートします。

187      フィールドバス通信    ワゴ I/O システム 750  ETHERNET プログラマブルフィールドバスコントローラ 750-880、750-880/025-000 

85:BootPオプション

オプション 意  味

[OPT1] Subnet mask 32ビットのアドレスマスクを使うことにより、IPア ドレスのビット列の中で、どのビットがネットワーク で、どのビットがホストなのかを識別します。

[OPT2] Time zone 現地時間とUTC(協定世界時)間の時間差

[OPT3] Gateway 他のネットワークヘのアクセスを許すルータの IP ア ドレス

[OPT6] DNS server 名前をIPアドレスに変換するネームサーバのIPアド レス。最大2個のDNSサーバを設定できます。

[OPT12] Host name ホスト名はネットワーク内のコンピュータに対する 特定の名前です。ホスト名は最大 32文字からなりま す。

[OPT15] Domain name ドメイン名はネットワークに対する特定の名前です。

ドメイン名は最大32文字からなります。

[OPT42] NTP server ネットワークタイムサーバのIPアドレスです。NTP サーバを設定したとき、SNTPクライアントがコント ローラで自動的に有効になります。

WBMページ“Features“は、“BootP Request before static OP“オプションを選択する前 に使用することもできます。再スタート後、BootP問い合わせが5回送られます。この 問い合わせのいずれにも応答がなかった場合、フィールドバスコントローラは、

EEPROMにセーブされたIPパラメータを用いて自身を設定しようとします。

ネットワークパラメータ(IP アドレス、その他)は、ノードを設定するのに BootP を 使用したときEEPROMに保管されます。

詳細情報

BootP設定はEEPROMにセーブされます:

ネットワーク設定は、DHCPによる設定と対照的に、BootPを使用したときEEPROM に保管されます。

デフォルトでは、BootPプロトコルはコントローラで有効になっています。

BootPプロトコルが有効な場合、コントローラはBootPサーバが恒久的に存在するもの

と想定します。

もし電源ONでリセット後にBootPサーバが存在しなかった場合、ネットワークは非ア クティブ状態のままになります。

EEPROM に保存された IP設定でコントローラを動作させるには、設定後に BootPプ

ロトコルを無効にする必要があります。

WEBベース管理システムを使用して、各フィールドバスコントローラの内部HTMLペ ージ“Port“画面上で、BootPプロトコルを非アクティブにします。

BootPが非アクティブの場合、フィールドバスコントローラは次に立ち上がったとき、

EEPROMにセーブされたパラメータを使用します。

セーブされたパラメータにエラーがあった場合、I/O LEDは点滅コードで知らせ、BootP による設定が自動的に駆動されます。

ワゴ I/O システム 750    フィールドバス通信      188  ETHERNET プログラマブルフィールドバスコントローラ 750-880、750-880/025-000 

12.1.2.2 DHCP (Dynamic Host Configuration Protocol)

リンク先”Port”で開いたコントローラの内部HTMLページでは、ネットワークを設定す るために、BootP プロトコルの代わりにEEPROM にセーブしたデータを使用するか、

またはDHCPを利用するかのオプションを選択することができます。

DHCP (Dynamic Host Configuration Protocol)はBootPを発展させたもので、BootP とは後方互換性があります。

BootP と DHCP の両方とも、スタート時にフィールドバスノード(クライアント)に

IPアドレスを割り当てます。手順はBootPの場合と同じです。

ブロードキャスト要求は、フィールドバスカプラ/コントローラのハードウェアアドレ ス(MAC ID)が入ったプロトコルにより、ポート67(DHCPサーバ)に送信されます。

このときDHCPサーバはこのメッセージを受信します。サーバにはMAC IDとIPア ドレスがお互いに割り当てられているデータベースがあります。ある MAC アドレスが 見つかったとき、ブロードキャスト応答がネットワーク上で送信されます。

フィールドバスカプラ/コントローラはDHCPサーバからの応答のために、規定したポ

ート68でListen状態になります。受信パケットには、フィールドバスカプラ/コント

ローラのIPアドレスとMAC IDのような情報が含まれます。

フィールドバスカプラ/コントローラは MAC アドレスにより、そのメッセージが特定 のフィールドバスカプラ/コントローラに送られ、送信したIPアドレスがネットワーク で取得されることを認識します。

応答がない場合、問い合わせが、4秒後、8秒後、16秒後に再び送られます。

全ての問い合わせに対し応答がない場合、I/O LED により点滅コードが表示されます。

パラメータはEEPROMから取り出すことはできません。

使用注意

DHCP設定はEEPROMにセーブされません!

ネットワークの設定は、BootP による設定と対照的に、DHCP を使用したとき

EEPROMに保管されません。

BootPとDHCPの違いは両方とも異なった設定方法を用いており、DHCPによる設定

は時間制限があることです。DHCPクライアントは時間が経過した後、常に設定を更新 しなければなりません。通常同じパラメータは、サーバによって連続的に確認されます。

BootP は各クライアントに対して固定 IP を設定するのに使用できます。そのクライア

ントではアドレスと予約がBootPサーバデータベースに恒久的にセーブされます。

189      フィールドバス通信    ワゴ I/O システム 750  ETHERNET プログラマブルフィールドバスコントローラ 750-880、750-880/025-000  この時間に依存することにより、DHCPはクライアントリース(その後にクライアント が新しいアドレスを要求するリース期間)により可能なIPアドレスを動的に割り当てる のにも使用されます。クライアントリースでは、各DHCPクライアントのアドレスはサ ーバのデータベースで一時的にセーブされます。

更に DHCPクライアントは、DHCPサーバで設定をリバインドまたは更新するために システムの再スタートを要求しません。その代わりクライアントは、DHCPサーバでリ ースされたアドレス割り当てを更新するために、設定した時間間隔でリバインドステー トに自動的に入ります。この処理はバックグランドで行われ、ユーザに対してはトラン スペアレントです。

DHCPサーバには3種類の異なった動作モードがあります。

• 手動割り当て

このモードではIPアドレスは、DHCPサーバ上で特定のMACアドレスに永久に 割り当てられます。このアドレスはMACアドレスに無制限の間割り当てられます。

手動割り当ては主に、DHCPクライアントが固定アドレスの元で到達できることを 保証するのに使用されます。

• 自動割り当て

自動割り当てではIPアドレスの範囲がDHCPサーバ上で割り当てられます。

一旦アドレスがこの範囲からあるDHCPクライアントに割り当てられた場合、この アドレスはそのクライアントに無制限の間属することになります。割り当てられた IPアドレスはMACアドレスにも結合しているからです。

• 動的割り当て

この処理は自動割り当てと同様です。しかしDHCPサーバは設定ファイルにステー トメントを持っています。そこでは、クライアントがサーバに再びログインし、「延 長」を要求する前に、クライアントにどれぐらいの期間特定のIPアドレスをリース することができるかを規定します。

このクライアントがログインしない場合、アドレスが配布され、別の(または同じ)

クライアントに割り当てることができます。管理者によって定義された時間はリー ス期間と呼ばれます。

数台のDHCPサーバもまたMACアドレスに基づいてIPアドレスを割り当てます。

すなわち1台のクライアントは、ネットワークが長期間存在せず、リース期間(当 面IPアドレスが割り当てられない限り)が経過した後、前と同じIPアドレスを受 け取ります。

DHCPは、ネットワークパラメータを動的に設定する手助けをします。Ethernet TCP/IP フィールドバスコントローラはDHCPクライアントを内蔵しており、デフォルトの「IP アドレス」オプションに加え、次のオプションをサポートします。

ドキュメント内 untitled (Page 194-200)