トップPDF biochem 120612 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120612 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120612 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

未熟キロミクロン生成 • キロミクロン構成:90%以上がトリアシル グリセロール(TAG) • 小腸粘膜細胞で吸収されたTAG、コレステ ロール、脂溶性ビタミン、コレステリルエステ ルを末梢に運ぶ

74 さらに読み込む

biochem 100518 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100518 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 脳、 赤血球、 腎髄質、 レンズ、 角膜、 精巣、 運動 時筋肉 • グルコ ースは肝臓にグリ コ ーゲンと し て貯蔵 さ れるが、 炭水化物を摂取し ないと 10-18 時 間後には、 不足するよう になる。

36 さらに読み込む

biochem 100601 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100601 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 5 . NADPH から 水素をも ら っ て 3 番目炭素ケト ン基が還 元さ れる • 6 . 水が抜けて2 番目と 3 番目炭素間が2 重結合になる • 7 . NADPH から 水素をも ら っ て6 . 2 重結合が1 重結合に なる。 こ と き、 ACP には炭素4 つ脂肪酸ブチル酸が結合 し ている。

55 さらに読み込む

biochem 100525 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100525 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 多く 組織がこ 酵素をも つ • UDP- ガラ ク ト ースに変換さ れる – ガラ ク ト ース 1- リ ン酸ウリ ジルト ラ ンスフ ェ ラ ーゼ • UDP- グルコ ースに変換さ れ、 グリ コ ーゲン分 解系に入る

35 さらに読み込む

biochem 100427 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100427 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

21 TCA 回路まと め( 1 ) 1 周する間に、 1 分子アセチル CoA から 3 分子 NADH, 1 分子 FADH2 ができる。 また、 1 分子 GTP ができる。 アセチル CoA 炭素は2 分子 CO2 と し て 消滅する。

35 さらに読み込む

biochem 100420 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100420 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

乳酸デヒ ド ロゲナーゼ 血管に乏し い、 あるいはミ ト コ ン ド リ アを欠く 組織では、 ピルビン 酸多く は最終的に乳酸になる。 たと えば、 眼レンズと 角膜、 腎 臓髄質、 精巣、 白血球、 赤血 球など。

43 さらに読み込む

biochem 100608 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100608 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– キロミ ク ロンレムナント 、 IDL, LDL • HMG-CoA リ ダク タ ーゼ活性を低下さ せる – その結果、 コ レステロール新規合成が低下する。 • LDL レセプタ ータ ンパク が作ら れる量を低下さ せる

52 さらに読み込む

biochem 100406 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100406 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

PTE ) • 主に下肢深部静脈( 大腿静脈・ 膝窩静脈など、 体深 部にある静脈) に形成さ れた血栓が遊離し て血流に乗っ て肺に運ばれ、 肺動脈を閉塞し て急性呼吸循環障害を

33 さらに読み込む

biochem 100615 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100615 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

肝臓へアンモニア輸送 (2) 筋では、 グルタ ミ ン酸デヒ ド ロゲナーゼでアンモニアと α - ケト グ ルタ ル酸から グルタ ミ ン酸を作り 、 さ ら にアラ ニンアミ ノ ト ラ ンス フ ェ ラ ーゼでピルビン酸と 反応さ せてアラ ニンをつく る

63 さらに読み込む

biochem 100622 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100622 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 例: 葉酸類似物質 – 葉酸代謝を阻害→プリ ン生成を阻害 – メ ト ト レキセート : がん細胞成長をコ ント ロール – ト リ メ ト プリ ム: 細菌ジヒ ド ロ葉酸リ ダク タ ーゼを

69 さらに読み込む

homework biochem 120710 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120710 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

4.糖尿病は長期的にはどのような合併症をもたらすか。 5.1型糖尿病では低血糖に対して糖分補給以外に何投与が必要か。 6.2型糖尿病頻度、原因、症状を1型糖尿病と比較して説明せよ。 7.インスリン抵抗性とはどのような状態か。

1 さらに読み込む

biochem 120417 2 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120417 2 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 過剰摂取と過小摂取リスク合計が最小になる点 • タンパク質: 60g (男性)、 50g (女性) ( いずれも推奨量 ) • 総脂質:  20-30 % 総エネルギー ( 男女 , 18-29 歳)(目 標量)

43 さらに読み込む

homework biochem 120424 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120424 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

4.炭素数が3アルデヒドとケトン例を挙げ、それぞれ構造式を書け。また、それ ら化学式を書け。 5.グルコースとフルクトースように、化学式が同じだが構造式が異なるものどうしを 何というか?

1 さらに読み込む

homework biochem 120501 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120501 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

5.解糖系では1分子グルコースから差し引き何分子 ATP と NADH を生じるか。 6.解糖系を構成する酵素うち、反応が1方向であるはどれか。 7.ヘキソキナーゼとグルコキナーゼ違いは何か。それは生体にとってどのような意味 があるか。

1 さらに読み込む

homework biochem 120410 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120410 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

基礎生化学 復習資料 (第1回 生体内エネルギー産生 2012/04/10 ) 1.イラストレイテッド生化学第6章「生体エネルギー学と酸化的リン酸化」をよく読み、 次に示す生体内エネルギー産生と利用について文章に対して、空欄にあてはまる言 葉を答えよ。

1 さらに読み込む

homework biochem 120703 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120703 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

11.グルカゴン分泌を何が促進または抑制するか。 12.グルカゴン代謝へ効果を説明せよ。 13.グルカゴンレセプターは細胞内にどのように刺激を伝えるか。 14.摂食時酵素活動変化と、それによってどのような代謝変化がおきるか調べ よ。

1 さらに読み込む

biochem 100713 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100713 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 多く 患者は数週間間多尿症、 多渇症を呈する。 • 特徴: 高血糖、 イ ンスリ ン抵抗性、 イ ンスリ ン分泌 相対的不全 • 生命維持ためにイ ンスリ ンを必要と するこ と は

26 さらに読み込む

homework biochem 120515 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120515 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

7.カルシウムイオンがピルビン酸デヒドロゲナーゼ複合体を活性化するしくみを答えよ。 8.α-ケトグルタル酸デヒドロゲナーゼ複合体調節について答えよ。 9. TCA サイクル調節において、エネルギー物質充足・不足はどのような方法で調節 に反映されているか?

1 さらに読み込む

homework biochem 120605 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120605 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

復習用資料 基礎生化学 ( 2012.06.05) 1. NADPH 主な役割について説明せよ。それら機能はどの器官と関係があるか? 2. NADPH は過酸化水素処理においてどのように使われるか? 3.チトクローム P450 モノオキシゲナーゼはたらきについて説明せよ。 4.白血球による食作用について説明せよ。

1 さらに読み込む

biochem 120626 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120626 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

リボース 5- リン酸 5- ホスホリボシル -1- ピロリン酸 PRPP シンターゼ. ATP 、マグネシウムイオン[r]

73 さらに読み込む

Show all 10000 documents...