トップPDF biochem 120410 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120410 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120410 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

酸化炭素と水(とエネルギー) – 火力発電:燃焼(急激な酸化)によって高温を発生さ せる。 • 高温高圧ガスそのもので、あるいは高温によって高温高 圧水蒸気を作りタービンを回して電気を作る。

26 さらに読み込む

homework biochem 120410 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120410 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

代謝においては、体さまざまな燃料分子(例えばグルコース)から( ①)が(②)イオ ン形ではぎ取られ、 (③)や(④)等補酵素に受け渡され、それぞれ(⑤)や(⑥)を 生成する。 これら還元型補酵素が受け取ったものは細胞内小器官( ⑦)(⑧)に存在するタン パク質複合体間で伝達され、最終的に( ⑨)と結合し、水を生成する。このプロセスに かかわるタンパク質複合体群を(⑩)という。
さらに見せる

1 さらに読み込む

biochem 100525 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100525 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– ステロイ ド 環水酸化: 疎水性→可溶性に • コ レステロール水酸化によっ て、 ステロイ ド ホルモン生成中 間体をつく る: 胎盤、 卵巣、 精巣、 副腎皮質 • 胆汁酸合成: 肝臓

35 さらに読み込む

biochem 100601 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100601 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• ヒ ト 成人では、 脂肪酸合成は主に肝臓と 授乳期 乳腺でおこ なわれる。 • より 小規模だが、 脂肪組織でも おこ なわれる。 • 脂肪酸合成はアセチル CoA 炭素を脂肪酸 炭素鎖にと り こ んで伸長さ せるこ と によっ ておこ な う 。

55 さらに読み込む

biochem 100518 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100518 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

→フ ルク ト ースビスホスフ ァ タ ーゼ -1(FBP-1) 活性上昇 →フ ルク ト ース 1,6 ビスリ ン酸から フ ルク ト ース 6- リ ン酸へ反応がすすむ。 フ ルク ト ース 1,6- ビスリ ン酸 フ ルク ト ース 6- リ ン酸

36 さらに読み込む

biochem 100427 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100427 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

21 TCA 回路まと め( 1 ) 1 周する間に、 1 分子アセチル CoA から 3 分子 NADH, 1 分子 FADH2 ができる。 また、 1 分子 GTP ができる。 アセチル CoA 炭素は2 分子 CO2 と し て 消滅する。

35 さらに読み込む

biochem 100615 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100615 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

肝臓へアンモニア輸送 (2) 筋では、 グルタ ミ ン酸デヒ ド ロゲナーゼでアンモニアと α - ケト グ ルタ ル酸から グルタ ミ ン酸を作り 、 さ ら にアラ ニンアミ ノ ト ラ ンス フ ェ ラ ーゼでピルビン酸と 反応さ せてアラ ニンをつく る

63 さらに読み込む

biochem 100608 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100608 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 腎尿細管にはたら き、 Na+ 再吸収を促進、 K+ 再吸収を抑制 • アンド ロゲン – 副腎皮質網状層( 内層) から 分泌 – 末梢組織でテスト ステロンまたはエスト ロゲンに変換さ れる

52 さらに読み込む

biochem 100420 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100420 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– A.   グルコ ース乳酸へ変換には酵素が必要である – B.   ヘキソ キナーゼは肝臓におけるグルコ ース代謝にお いて、 糖質を含む食餌をと っ たあと 吸収期において重 要な役割をはたす

43 さらに読み込む

biochem 100622 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100622 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 例: 葉酸類似物質 – 葉酸代謝を阻害→プリ ン生成を阻害 – メ ト ト レキセート : がん細胞成長をコ ント ロール – ト リ メ ト プリ ム: 細菌ジヒ ド ロ葉酸リ ダク タ ーゼを

69 さらに読み込む

biochem 100713 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100713 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

2 型糖尿病: 慢性的経過 高血糖を是正するほど、 合併症 頻度が低く なる 左図( 図2 5 . 1 1 ) は、 高血糖 改善結果 HbA1c が低下すると 、 網膜症発症が低下するこ と を 示し ている。

26 さらに読み込む

homework biochem 120710 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120710 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

4.糖尿病は長期的にはどのような合併症をもたらすか。 5.1型糖尿病では低血糖に対して糖分補給以外に何投与が必要か。 6.2型糖尿病頻度、原因、症状を1型糖尿病と比較して説明せよ。 7.インスリン抵抗性とはどのような状態か。

1 さらに読み込む

homework biochem 120515 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120515 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

4. TCA サイクルを構成する代謝物質を順に答えよ。 5. TCA サイクル反応で、非可逆的なものを答えよ。また、それらはどのような酵素に よって行われるか。 6.ピルビン酸デヒドロゲナーゼ複合体に必要な補酵素を述べよ。また、どのようなビタ ミンが関わっているか。

1 さらに読み込む

biochem 120417 2 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120417 2 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 主食は1食につき、ご飯茶わん に軽く1膳。6枚切り食パンな ら1枚。1日にとる動物性たんぱ く質は、肉類60~70グラムと魚 介類80グラム。さらに卵1個、牛 乳コップ1杯(200ミリ・リットル)。 大豆、海藻、イモ類、果物、油脂、 緑黄色野菜もとる。

43 さらに読み込む

homework biochem 120424 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120424 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

13.フルクトースが環状化する場合、立体構造にどのようなヴァリエーションが生じる か述べよ。 14.二糖例と、構成する単糖について述べよ。 15.グリコシド結合はどのような官能基間でおこなわれるか、つまり、一方はどのよう な炭素に結合したどのような官能基で、もう一方はどのような官能基か、答えよ。

1 さらに読み込む

homework biochem 120501 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120501 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

14.ピルビン酸キナーゼ欠損によって、とくにどのような細胞どのような機能が損 なわれるか。また、それによってどのような症状が生じるか。 15.グリコーゲンを生成する主な器官を挙げよ。グリコーゲン代謝でそれら臓器は どのような違いがあるか。

1 さらに読み込む

biochem 100406 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100406 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

PTE ) • 主に下肢深部静脈( 大腿静脈・ 膝窩静脈など、 体深 部にある静脈) に形成さ れた血栓が遊離し て血流に乗っ て肺に運ばれ、 肺動脈を閉塞し て急性呼吸循環障害を

33 さらに読み込む

homework biochem 120605 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120605 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

18.糖尿病において血中グルコース濃度に続き細胞内グルコース濃度が上昇することで 生じる副産物とその害について答えよ。 19.ガラクトースから UDP グルコースに至る代謝パスウェイを説明せよ。 UDP グルコ ース用途を答えよ。

1 さらに読み込む

homework biochem 120703 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120703 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

15.摂食時肝臓代謝変化について説明せよ。 16.摂食時脂肪組織代謝変化について説明せよ。 17.摂食時代謝変化について説明せよ。 18.摂食時代謝変化について説明せよ。

1 さらに読み込む

biochem 110406 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 110406 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

化学エネルギー • 化学反応で放出されるエネルギー – 反応前後でエネルギーが高い状態から低い状態になったとき – 自由エネルギー変化(エンタルピー変化-温度 * エントロピー変化)

26 さらに読み込む

Show all 10000 documents...