集落地区の生活を維持す

Top PDF 集落地区の生活を維持す:

漁業集落排水施設整備事例 : 有喜 松里地区 ( 長崎県 ) 漁村地域の生活環境の向上を図り 良好な水域環境を保全するため 各自治体が定める汚水処理構想に基づき 漁業集落排水施設の整備を実施 農山漁村地域整備交付金 ( 漁業集落環境整備事業 ) 地区名 : 有喜 松里地区 ( 有喜漁港背後集落 )

漁業集落排水施設整備事例 : 有喜 松里地区 ( 長崎県 ) 漁村地域の生活環境の向上を図り 良好な水域環境を保全するため 各自治体が定める汚水処理構想に基づき 漁業集落排水施設の整備を実施 農山漁村地域整備交付金 ( 漁業集落環境整備事業 ) 地区名 : 有喜 松里地区 ( 有喜漁港背後集落 )

漁港漁場整備事業推進に関する基本方針 Ⅱ.漁港漁場整備事業効率的な実施に関する事項 5.技術開発に関する事項 (1)技術開発・普及 漁港漁場整備事業に関する施策など着実に推進するため、Ⅰ「漁港漁場整備事業推進 に関する基本的な方向」に従い、研究機関などと連携図りつつ、安全で高鮮度水産物 安定的に供給するため漁港における品質・衛生管理技術、海水温上昇等気候変動に対応 るため藻場・干潟・サンゴ礁保全・創造技術、海域基礎生産力増大など目的とした 沖合域で漁場開発技術、地震や津波に対して災害発生後漁業継続や早期再開図るため 防災・減災技術、漁港施設など既存ストック最大限に活用するため維持保全技術、ICT 活用による漁港施設や漁場高度な管理技術など、 優先して取り組む技術課題定め、現場
さらに見せる

6 さらに読み込む

集落活動センター 安心 安全サポート 生活支援 集落支援 集落の支え合い活動の拠点 あったかふれあいセンターのサテライト機能 保健機関 スタッフ 連携 老人クラブ 基本機能 + 付加機能 ( 送る 交わる 学ぶ 等 ) 日中の居場所 見守りの場 高齢者 元気な高齢者や介護認定者の居場所 介護サービス

集落活動センター 安心 安全サポート 生活支援 集落支援 集落の支え合い活動の拠点 あったかふれあいセンターのサテライト機能 保健機関 スタッフ 連携 老人クラブ 基本機能 + 付加機能 ( 送る 交わる 学ぶ 等 ) 日中の居場所 見守りの場 高齢者 元気な高齢者や介護認定者の居場所 介護サービス

PR 毎朝介護予防体操、簡単料理教室、生きがいづくり支援として開催しているものづくり教室(手芸、クラフト等)、各 種講座、放課後支援、子どもたちによる商店街周辺清掃活動、季節行事など様々な取り組み行っています。 また、サテライトとして土佐清水市内3市民センターではそれぞれ地域に合わせた活動実施しています。市街 地にあるセンターは年中無休、サテライトは毎週月曜日~金曜日まで、いつでもどなたでもご利用いただけます。皆 さんと『きずな』深めていきたいと考えておりますので、お気軽にお越しください。
さらに見せる

45 さらに読み込む

埼玉県生活交通路線維持費補助金交付要綱

埼玉県生活交通路線維持費補助金交付要綱

(7)地域キロ当たり標準経常費用 乗合バス事業運賃原価算定基準により算定された補助金交付受けようと する会計年度前々年度(以下「基準年度」という。 )における乗合バス事業標 準原価に基づき算出される地方民営乗合バス事業者当該補助ブロック含む地 域実車走行キロ1キロメートル当たり標準経常費用基礎として、次式によ り計算して得られた額いう。
さらに見せる

5 さらに読み込む

3.「地域資源を活用した地域自らが担う良好な生活環境の維持・創出」(再生時間:43分)

3.「地域資源を活用した地域自らが担う良好な生活環境の維持・創出」(再生時間:43分)

地元活動組織 • 行政関連組織・役職 – 会津坂下町保健推進委員2名 – 会津会津坂下町福祉委員2名 – 坂下町環境美化推進員2名 – 両沼地区保護司(坂下支部)1名 – 会津坂下町消防団(塔寺班長)1名 – スポーツ指導委員4名

88 さらに読み込む

2 川西地域 / 白倉地区新規 a. 構成集落大白倉 小白倉の2 集落 b. 地区が期待する支援業務及び活動 移住者の受入を視野に入れた 山菜採り 稲刈交流 事業の発展的な取組への支援 米 野菜 山菜などの販路拡大に向けた取組への支援 高齢者世帯の巡回や高齢者サロン ( お茶のみ会 ) 等の開催 紅

2 川西地域 / 白倉地区新規 a. 構成集落大白倉 小白倉の2 集落 b. 地区が期待する支援業務及び活動 移住者の受入を視野に入れた 山菜採り 稲刈交流 事業の発展的な取組への支援 米 野菜 山菜などの販路拡大に向けた取組への支援 高齢者世帯の巡回や高齢者サロン ( お茶のみ会 ) 等の開催 紅

E-mail:t-kikaku@city.tokamachi.lg.jp 14.そ 他 (1)「申込用紙」は、下記サイトよりダウンロードいただけます。 十日町市公式ホームページ 「地域おこし協力隊(平成 27 年4月1日付け任用)」募集します http://www.city.tokamachi.lg.jp/page/10030400109.html

6 さらに読み込む

ません 集落のエサ場としての魅力が減 るように 放任果樹などの不要なエサや 遮蔽物を減らし 近づきにくて発見され やすい集落へと集落環境を改善した上で 食い物は柵の中にしかないという状況を 作ります 集落に行ったけど 柵の外に エサは無く 中のエサも喰えなかった という経験をつませてこそ あの集落は

ません 集落のエサ場としての魅力が減 るように 放任果樹などの不要なエサや 遮蔽物を減らし 近づきにくて発見され やすい集落へと集落環境を改善した上で 食い物は柵の中にしかないという状況を 作ります 集落に行ったけど 柵の外に エサは無く 中のエサも喰えなかった という経験をつませてこそ あの集落は

2)獣害対策前提とした見直し 獣害が発生し始めた場合は、獣害対策前提とした圃場設計見直しが必要で 。具体的には、柵外側に維持管理用通路確保できるよう圃場外周路 拡張したり、自家消費用菜園で被害受けにくい側に被害受けやすい品目集 注配置するなど改善が必要です。猿害発生地域小規模菜園で普遍的に見られ る庭先果樹も、果実がエサ源となるだけでなく、家屋屋根や山林と結ぶ侵入 逃走経路としてサルに利用される例も少なくありません。このような場合は思い 切った伐採や移植など見直しが必要です。また、スイカやダイコンなど頻繁な 搬出作業必要とする重量野菜では、ほんの僅かに畝長短くして畝端に畝間連 絡通路確保するだけで柵に設置する出入り口(扉)大幅に少なくできま
さらに見せる

20 さらに読み込む

( 適用範囲 ) 第 3 条この運用基準は 市街化調整区域において定める地区計画 ( 当該地域の良好な環境が維持され又は向上すると認められる場合においては 区域の一部が市街化区域である地区計画を含む ) について適用する ( 基本理念 ) 第 4 条 市街化を抑制すべき区域 という市街化調整区域の基

( 適用範囲 ) 第 3 条この運用基準は 市街化調整区域において定める地区計画 ( 当該地域の良好な環境が維持され又は向上すると認められる場合においては 区域の一部が市街化区域である地区計画を含む ) について適用する ( 基本理念 ) 第 4 条 市街化を抑制すべき区域 という市街化調整区域の基

西風新都地域内にあって、「活力創造都市“ひろしま西風新都”推進計画2013(以下 「西風新都推進計画」という。) 」に計画開発地区として位置づけられている地区 ウ 西風新都計画誘導型 西風新都推進計画に計画誘導地区として位置づけられている地区。ただし、 「西風新都計画 誘導型」うち、住民まちづくりとして地区計画定める地区にあっては「まちづくりタイ プ」に、その他地区については「一般タイプ」に分類し、 「一般タイプ」にあっては、 「市街 化区域隣接型」に準じる。
さらに見せる

10 さらに読み込む

2. 外観悉皆調査の概要 調査対象地区は 伝統構法による木造建築物が多く存在する地域として熊本県上益城郡益城町小谷 ( おやつ ) 地区 熊本県阿蘇郡西原村布田地区を選定した 小谷地区は 集落の中央を木山川の支流が縦断する谷あいの緩傾斜地で 比較的密集した住宅地 一方の布田地区は 周辺を田畑で囲まれ

2. 外観悉皆調査の概要 調査対象地区は 伝統構法による木造建築物が多く存在する地域として熊本県上益城郡益城町小谷 ( おやつ ) 地区 熊本県阿蘇郡西原村布田地区を選定した 小谷地区は 集落の中央を木山川の支流が縦断する谷あいの緩傾斜地で 比較的密集した住宅地 一方の布田地区は 周辺を田畑で囲まれ

また、伝統木造建築物特徴ひとつに石場建て柱脚仕様が挙げられる。石場建て構法では、柱脚基 礎に緊結せず、礎石上に設置するのみであるので、大地震時に柱脚が移動する可能性がある。振動による慣 性力が柱脚-礎石間摩擦力上回って水平方向に滑り生じるケースや敷地地盤変状・基礎崩壊によ って柱脚が移動するケースなどが考えられる。柱脚滑りに着目した既往実験的研究 1) では、滑りが生じ ることで建築物に作用する慣性力が頭打ちになり、柱脚固定した場合に比べて応答変形角が小さくなるこ とが確認されている。また、 2 質点系モデル用いた数値解析による検討 2) でも 2 層先行崩壊となるような ケース除いて、同様に柱脚滑りによる応答変形角減少効果が見られている。ただし、実際地震被害 において柱脚移動状況や原因、上部構造被害程度と関係について詳細な分析はなされていない。
さらに見せる

8 さらに読み込む

北松炭田における炭鉱集落の形成と空間構成に関する事例研究 -大手2鉱が隣接して開発した猪調地区を対象として- [ PDF

北松炭田における炭鉱集落の形成と空間構成に関する事例研究 -大手2鉱が隣接して開発した猪調地区を対象として- [ PDF

4.まとめ  以上,隣接した大手 2 鉱による炭鉱集落見てきた。 猪調地区は狭隘な山間部にあり,両鉱とも鉄道敷設 される緩勾配低平地近くに生産施設配置したた め,農地塗り替えるように炭鉱集落形成していた が,両鉱は対照的な空間構成見せた。すなわち,潜 龍鉱が生産・居住が連続した一体集落建設した に対し,江迎鉱は生産と居住独立して計画し,分散 した集落建設していた。両鉱は,戦後増産策とし て,坑口集約と増加という異なる方針取っており, また,江迎鉱は鉱外人員積極的に活用したが,こ れが炭鉱集落と市街地連続させた要因となっており, 経営方針差が集落形態違いに表れていると言える。  江迎鉱は昭和 26 年に上部層採炭する砂盤坑
さらに見せる

4 さらに読み込む

第3章 長野市の維持向上すべき歴史的風致 長野市歴史的風致維持向上計画  長野市ホームページ

第3章 長野市の維持向上すべき歴史的風致 長野市歴史的風致維持向上計画 長野市ホームページ

れる。   善 光 寺 周 辺 諏 訪 社 系 神 社 は も と よ り、 全 国 各 地 に あ る 諏 訪 神 社 総 本 社 で あ る 諏 訪 大 社 上 社( 諏 訪 市・ 茅 野 市 ) と 下 社( 下 諏 訪 町 ) で は、 御 射 山 と い う 山 に、 穂 屋( ほ や ) と い う ス ス キ で 屋 根 葺 い た 小 屋 作 り、 そ こ で 生 活 し て 神 事 行 っ た。 現 在 で も 御 射 山 祭 日 に、 ス ス キ 穂 で 作 っ た 神 箸 で 食 事 る 習 慣 が あ り、 こ れ は そ 伝 統 踏 ま え た も で あ る。 武 井 神 社 で は、8 月 26 日 に ス ス キ 穂 と 箸 が 頒 布 さ れ る。 ス ス キ 穂 は、 各 々 神 棚 等 に 供 え ら れ、 ス ス キ 箸 で、 翌 朝 27 日 に 小 豆 ご 飯 食 べ る と、 一 年 中 無 病 息 災 で 過 ご せ る と い わ れ る。 ま た、 子 ど も た ち 無 事 育 成、 家 内 安 全、 商 売 繁 盛 祈 願 る 祭 礼 で も あ る。 さ ら に、 こ 祭 り に は、 重 さ 約 2 ト ン と い う 宮 神 輿 も 登 場 る。 東 町 神 輿 は、 問 屋 街 と し て 栄 え て き た 土 地 柄 も 重 な り、 昭 和 40 年(1965) 頃 ま で は、 毎 年、 町 独 自 で 盛 大 に 神 輿 が 担 が れ て き た。 し か し、 そ 後 は 人 口 減 少 や 住 民 高 齢 化 な ど で 担 ぎ 手 が 足 り ず、 神 輿 が 30 年 近 く 蔵 に 眠 っ た ま ま 状 態 で あ っ た。 し か し、 神 輿 復 活 願 う 声 は 年 々 強 ま り、 地 元 以 外 諸 団 体 応 援 も あ っ て、 平 成 8 年(1996) に 神 輿 が 再 び 復 活 し た。 平 成 23 年(2011) 御 射 山 祭 は、 地 元 氏 子 だ け で も 200 人 担 ぎ 手 が 集 ま る ほ ど で、 一 時 中 断 は あ る も 、 現 在 も 熱 気 あ る 祭 り が 続 けられている。
さらに見せる

102 さらに読み込む

第3章 長野市の維持向上すべき歴史的風致 長野市歴史的風致維持向上計画  長野市ホームページ

第3章 長野市の維持向上すべき歴史的風致 長野市歴史的風致維持向上計画 長野市ホームページ

せ、大室古墳群に関して次々と新たな知見が集積される画期的なことであった。特に大室 古墳保存会員にとっては、自分達手で保存してきた古墳によって地元歴史が明らかと なっていく過程目の当たりにし、保存活動意識これまで以上に高めることとなった。  昭和 30 年代以降、庭石へ転用等目的とした古墳石室石材搬出が全国各地で認め られるようになるが、大室古墳群においても例外ではなかった。羨道部主とした石材 引き抜きが頻発し、こうした事態拡大化しないために、昭和 40 年(1965)に「古墳監 視委員会」が設立される。古墳監視委員会はそれまで存続していた大室古墳保存会に代わ って設置された地元組織で、大室区長代表者とする。昭和 20 年代中心に活動してい た大室古墳保存会活動が停滞ぎみとなり、石材転用による古墳破壊目の当たりにしな がら、公立場から古墳保護訴える組織がなかったことに対する地元として危機意識 が、「大室古墳保存会」継続ではなく「古墳監視委員会」という新たな組織へ改編・ 発足選択させることとなった。地元として古墳破壊これ以上認めないという強い姿 勢が「古墳監視委員会」という名称には示されており、大室古墳群監視し、不必要な破 壊抑制する古墳保護に特化している。ただし、昭和 45 年(1970)から昭和 55 年(1980) にかけて、長野市教育委員会が駒沢大学考古学研究室に委託して実施した分布調査に関し、 以前には「大室史蹟保存会」や「大室古墳保存会」が果たしていた地元協力窓口として 役割古墳監視委員会が担った点は、
さらに見せる

102 さらに読み込む

長浜市歴史的風致維持向上計画 ~ 奥琵琶湖に暮らす人々の知恵 ~ 琵琶湖と人々のかかわりは 古くは 1 万年前にあたる縄文時代から確認でき それ以来 人々は琵琶湖とともに生活してきた 中世には供御人として漁を行ってきた菅浦の人々をはじめ 琵琶湖岸の集落では 水田を営みながら漁を行うという 半農半漁を

長浜市歴史的風致維持向上計画 ~ 奥琵琶湖に暮らす人々の知恵 ~ 琵琶湖と人々のかかわりは 古くは 1 万年前にあたる縄文時代から確認でき それ以来 人々は琵琶湖とともに生活してきた 中世には供御人として漁を行ってきた菅浦の人々をはじめ 琵琶湖岸の集落では 水田を営みながら漁を行うという 半農半漁を

重点区域内滋賀県指定等文化財は有形文化財(建造物)が 1 件、有形民俗文化財 1 件、 選定保存技術 1 件、選択無形民俗文化財 1 件があり、また、美術工芸品等で 9 件がある。 本市県指定等文化財約 15%が重点区域内に位置する。 重点区域内長浜市指定文化財は有形文化財(建造物)が 6 件、記念物 4 件があり、ま た、美術工芸品等で 25 件がある。本市市指定文化財約 14%が重点区域内に位置する。 以上、歴史的風致に関連する本市国指定文化財など全体約 15%が重点区域内に分布 している。これら文化財は、重点区域歴史的風致形成する重要な構成要素であり、 歴史的風致維持及び向上図るため積極的な保存・活用図る。文化財保存及び活用 に関しては両立図るため、事前に文化財保護に必要な事項明確にし、保存べき箇所 明らかにしておくことが重要であり、そのためには保存活用計画が必要である。しかし ながら、現在は名勝・慶雲館庭園保存管理計画が作成されているのみであり、今後、重 要文化財(建造物)など個々文化財保存活用計画作成に努め、保存管理、環境保全、 防災、活用に関して計画に基づき適正な実施図るものとする。また、文化財に必要な日 常管理は基本的に所有者又は管理者により実施されているが、長浜市においても適宜文化 財現状把握するなど、文化財適正な維持ため所有者等指導する。
さらに見せる

50 さらに読み込む

集落移転に伴うコミュニティの変容に関する研究 −五島列島のカトリック集落・折島を対象として− [ PDF

集落移転に伴うコミュニティの変容に関する研究 −五島列島のカトリック集落・折島を対象として− [ PDF

 図 2 は 1965 年頃地籍集成図より、土地所有境界 示し、更に血縁関係によって塗り分けた図である。こ 図から、土地はかなり細分化されているが、実は血族 による領域が形成されていることが判る。また、集落形 成初期段階にみられた、一人土地所有者が宅地、畑、 山という全て構成要素持つことによる領域的な完 結性は、時代が下り、世代交代が進むにつれて崩れて いった。つまり、折島集落集落域が島大きさで限定 されるため、当初行われていたような土地均分相続 は継続できなかったといえる。その際、特に生活に関わ る畑のみが相続対象となったため、畑は細分化が進 み、時には個人が飛び地的に所有することもあった。  教会は、島中央に位置し、山道登り詰めたところ 尾根に建っているため、島どこからでも見え、折島 象徴的な空間創り出している(写真 2)。
さらに見せる

4 さらに読み込む

みんなでタイムラインプロジェクトが加速~モデル地区の常総市若宮戸地区でも検討会を開催します~(環境生活部 危機管理課)

みんなでタイムラインプロジェクトが加速~モデル地区の常総市若宮戸地区でも検討会を開催します~(環境生活部 危機管理課)

~モ 地区 常総市若宮戸地区 も検討会 開催し ~ 項目(あ るも チェック) □イベン 会議等 事前周知依頼 □イベン 会議等 取材依頼 ☑イベン 会議以外 事業 周知依頼 □参加者募集 周知依頼

5 さらに読み込む

斜面住宅地における生活環境の維持・改善に関する研究-ゴミステーションの改善試行を通じて- [ PDF

斜面住宅地における生活環境の維持・改善に関する研究-ゴミステーションの改善試行を通じて- [ PDF

 最後に、町会長経験者へアンケート結果からゴミ ステーション移設・新設取り組み方に対する意向 まとめる(図 -9) 。全般的に、まち協支援求め る回答が多い。移設作業労力負担については利用住 民で行うべきという指摘が多いが、高齢者が多いため、 利用住民だけでは作業者確保が困難という指摘も数 件あった。材料費負担は特にまち協支援求める 回答が多い。これは、町会未加入者増加により、加 入者のみ負担では公平性欠くと理由が大きい。 高齢化が今後さらに増加する状況化では、まち協よ うな包括的組織による取り組み支援が重要と考えら れる。
さらに見せる

4 さらに読み込む

埼玉県生活維持路線確保対策費補助金交付要綱

埼玉県生活維持路線確保対策費補助金交付要綱

4 第2項規定による廃止前過疎地域等バス交通対策費補助金交付要綱又は埼玉県市町 村営バス等事業対策費補助金交付要綱により、平成14年度に当該補助金交付対象とな っていた路線に第5条第1項第2号、第13条第1項第2号又は第21条第1項第2号 規定適用する場合補助対象経費額については、原則として、平成14年度に当該路 線に対し県から市町村に交付された当該補助金交付額2倍に相当する額その限度と する。
さらに見せる

13 さらに読み込む

平成 30 年度北海道生活交通路線維持対策事業費補助金交付要綱 目 次 第 1 編 共通事項 1 第 1 章 総 則 1 第 2 章 北海道生活交通路線確保維持計画 3 第 2 編 路線維持費補助金 4 第 1 章 広域生活路線維持費補助金 4 第 2 章 市町村生活バス路線運行費補助金 6 附 則

平成 30 年度北海道生活交通路線維持対策事業費補助金交付要綱 目 次 第 1 編 共通事項 1 第 1 章 総 則 1 第 2 章 北海道生活交通路線確保維持計画 3 第 2 編 路線維持費補助金 4 第 1 章 広域生活路線維持費補助金 4 第 2 章 市町村生活バス路線運行費補助金 6 附 則

なお、補助金等交付申請時に当該補助金等に係る消費税等仕入控除税額(補助対 象経費に含まれる消費税及び地方消費税相当額うち消費税法(昭和63年法律第108 号)規定する仕入れに係る消費税額として控除できる部分金額と当該金額に地方 税法(昭和25年法律第226号)に規定する地方消費税率乗じて得た金額と合計額 に補助率等乗じて得た金額いう。以下同じ。 )があり、かつ、その金額が明らか な場合には、これ減額して申請しなければならない。ただし、交付申請時において、 当該補助金等に係る消費税等仕入控除税額が明らかでない場合については、この限り でない。
さらに見せる

10 さらに読み込む

自分を見つめ直して 2. キッパリ! 自分を変えよう 出典 A 節度, 節制 自分の生活を見直し, 望ましい生活習慣に改善しようとする意欲を高める 基本的な生活習慣の確立は, わたしたちの生活を維持していくために何よりも必要なことの1つである 高学年として望ましい生活習慣の大切さに気づき, 自分自身

自分を見つめ直して 2. キッパリ! 自分を変えよう 出典 A 節度, 節制 自分の生活を見直し, 望ましい生活習慣に改善しようとする意欲を高める 基本的な生活習慣の確立は, わたしたちの生活を維持していくために何よりも必要なことの1つである 高学年として望ましい生活習慣の大切さに気づき, 自分自身

街中に氾濫している「落書き」を通して,住む人々立場や苦労して消している人々気持ち 考えさせ,自分身近なところにもある「軽い気持ちで」という行動考え直すきっかけと するとともに,遵法精神育てていきたい。 評価観点 ①「落書き」で迷惑する人々気持ちや苦労知り,それが犯罪であること認識したか。 ②社会一員として,公徳心もって法やきまり守ろうとしているか。
さらに見せる

37 さらに読み込む

第 5 章地区別構想 < 山田地区 > (1) 地区の概況山田地区は阿武川下流の三角州の西方に位置し 大正 12 年に萩市と合併するまでは山田村として存在していました 現在は 玉江川及び橋本川の河口に開けた平坦地及び国道 490 号沿いを中心として農漁村集落が点在し 農業 水産業を主産業とする地区と

第 5 章地区別構想 < 山田地区 > (1) 地区の概況山田地区は阿武川下流の三角州の西方に位置し 大正 12 年に萩市と合併するまでは山田村として存在していました 現在は 玉江川及び橋本川の河口に開けた平坦地及び国道 490 号沿いを中心として農漁村集落が点在し 農業 水産業を主産業とする地区と

◯ 既存集落においては、農地や山林と一体となった農山村集落自然環境保全と下水道や安全な 生活道路整備等、生活環境向上と保全図ります。 ◯ 良好な営農環境保全するとともに、優良農地については積極的な保全図ります。 ◯ 地区大半占める山林等保全に努めます。

8 さらに読み込む

棚田の担い手に着目した山村集落の持続可能性の検討ー福岡県うきは市の内ヶ原集落を対象に [ PDF

棚田の担い手に着目した山村集落の持続可能性の検討ー福岡県うきは市の内ヶ原集落を対象に [ PDF

2.集落危機的現状 2-1.減少続ける集落住民 2-1-1.人口・世帯数推移  内ヶ原集落では,現在 28 世帯 53 人が暮らしている。 人口は昭和 54 年に最大となり,その後は縮小続け ている。一方で世帯数は,昭和 54 年に急減した後に 大きな変化はなく,平成 19 年ごろまでは一定数が維 持されてきた。これは,集落住民主要な生業であっ た林業が木材輸入自由化による国産材価格下落に より急速に衰退し,若い世代都市部へ流出が進行 して人口が減少する一方で,親世代は集落にとどまり 世帯数維持してきたことによるものである。しか し,近年はその親世代死亡または介護施設等へ転 居が増えはじめ,世帯数も再び減少傾向にある(図 2)。 2-1-2.人口構成
さらに見せる

4 さらに読み込む

Show all 10000 documents...