者への水中トレッドミルを用いた歩行練

Top PDF 者への水中トレッドミルを用いた歩行練:

皮質網様体路の残存が確認された歩行不能な脳卒中重度片麻痺者に対する長下肢装具を用いた前型歩行練習と歩行および下肢近位筋の回復経過

皮質網様体路の残存が確認された歩行不能な脳卒中重度片麻痺者に対する長下肢装具を用いた前型歩行練習と歩行および下肢近位筋の回復経過

症 例 紹 介  症例は AVM 破裂による右前頭葉皮質下出血発症し 10 歳代後半男性であっ。意識障害と左片麻痺が 出現し近院救急搬送され,AVM 破裂による脳出血と 診断され入院加療となっ。発症当日 CT 図 1 に示 し。前頭葉から頭頂葉,特に中心前回から中心後回 皮質下に広範な高吸収域認め,脳室穿破も認め。 CST および感覚路(sensory tract:以下,ST)損傷, ならびに側脳室体部スライスでは病巣が側方に大きく広 がり,上縦束や上後頭前頭束中心とし右半球連合 線維損傷も考えられ。CST および ST 損傷は左 上下肢重度運動麻痺と感覚障害出現が,また上縦束 や上後頭前頭束広範な損傷は右頭頂葉から前頭葉に かけて連絡遮り,半側空間無視や注意障害など高 次脳機能障害出現が予測され。31 病日に AVM 摘出術目的として当院入院し,40 病日に術前評価 として DTI が撮像され。56 病日と 68 病日に AVM 塞栓術が施行され,71 病日に開頭 AVM 摘出術および 頭蓋形成術が施行され。AVM 破裂による脳出血発症 前 ADL はすべて自立されており,Functional Ambu- lation Category(以下,FAC)は 5 であっ
さらに見せる

8 さらに読み込む

パーキンソン病患者に対する部分免荷装置を用いた床上歩行練習の影響

パーキンソン病患者に対する部分免荷装置を用いた床上歩行練習の影響

Results: Patients didn't need modification of medications in the follow-up period. After BWSOT and 4 weeks after BWSOT, patients with Parkinson's disease showed significant improveme[r]

5 さらに読み込む

回復期脳卒中片麻痺患者に対する部分免荷型トレッドミル歩行練習の即時効果

回復期脳卒中片麻痺患者に対する部分免荷型トレッドミル歩行練習の即時効果

腰椎棘突起部に装着することで左右・上下・前後加速 度それぞれ感知・記録する 17) 。そして付属ソフト (LSI メディエンス社製,ゲイトビュー TM )用いるこ とで,任意範囲歩行速度,歩幅,歩行率,左右・上 下重心移動距離等算出することが可能である。また本 研究ではさらに,得られ加速度データから上下・左右 Root Mean Square(以下,RMS)と 1 歩行周期変動 係数(coeffi cient of variation:以下,CV)評価し。 RMS はそれぞれ方向で得られ加速度図 3 計算 式に代入することで求められ,歩行におけるその方向
さらに見せる

6 さらに読み込む

油圧制動付短下肢装具を用いた歩行練習を継続し歩容の異常と歩行速度の改善に至った重度の運動失調を呈した頭部外傷後遺症例

油圧制動付短下肢装具を用いた歩行練習を継続し歩容の異常と歩行速度の改善に至った重度の運動失調を呈した頭部外傷後遺症例

低下してい。田代ら 18) は邦人脳卒中片麻痺屋外 実用的に歩行するために必要な快適歩行速度は約 36 m/min と報告しており,また,Perry ら 19) は,脳 卒中患者地域で制約なく活動するために必要な歩行速 度は 48 m/min であると報告している。本症例快適歩 行速度は 27.04 m/min であり,先行研究で示されてい る値よりも大きく低下しており,活動範囲拡大してい くためには歩行速度増大させる必要があると考え。 観察され主たる歩容異常は右下肢 ETP であっ。 右立脚期で膝関節軽度屈曲位で保持するように指示す ると,運動失調により膝関節が激しく動揺し,この状態 で歩行継続は困難であっことから,本症例は,こ 膝関節動揺抑えるために,床反力ベクトル膝関 節前面に通し,膝関節伸展位にすることで骨性支 持得る ETP で歩行選択していると考えられ。 この歩容では,膝関節動揺は抑えられるが,下 が前 方推進せず股関節は床反力ベクトルよりも後方に留ま
さらに見せる

10 さらに読み込む

倒立振子モデルの形成をめざした下肢装具を用いた歩行トレーニングの実践により歩行能力が向上した片麻痺を呈した2 症例

倒立振子モデルの形成をめざした下肢装具を用いた歩行トレーニングの実践により歩行能力が向上した片麻痺を呈した2 症例

肢筋力強化練習と起居動作練習は滞りなく実施でき が,歩行練習に関しては,軟性膝装具では支持性補い きれず,麻痺側下肢荷重促し際に装具内で膝関節 が過剰に屈曲し,麻痺側立脚期短縮と非麻痺側ステッ プ長低下が目視にて認められ,IP 形成できなかっ 。そのため,本人用 KAFO 作製検討しが,こ 時点で回復期病棟転棟となり,筆者から専従スタッ フ担当理学療法士が変更となっ。担当変更後,新 担当判断で本人用 KAFO は作製されず,備品 下肢装具による前型歩行練習が継続され。その後,62 病日に移乗時膝折れが軽減しことから,麻痺側下肢 支持性が向上しと専従スタッフが判断し,軟性膝装 具装着せず,GSD のみで歩容平行棒内にて評価 し。その際,専従スタッフより相談受けため,筆 もともに評価し。GSD のみで歩容は IC 時に膝関 節屈曲位で全足底接地し,荷重応答期(Loading Res- ponse:以下,LR)から立脚中期(Mid Stance:以下,
さらに見せる

9 さらに読み込む

脳卒中重度片麻痺者の歩行再建をめざした急性期の理学療法

脳卒中重度片麻痺者の歩行再建をめざした急性期の理学療法

ングに及ぼす影響 24) については,早期に長下肢装具 作製し群は非作製群よりも FIM 歩行が改善するタイ ミングが早く,最終評価時における FIM 階段昇降自 立度が高いという衝撃的な結果が得られ。後方視的研 究で具体的な介入内容調査までは不可能であり,長下 肢装具作製群がなぜ早期に改善しか,その要因追 求することは難しいが,長下肢装具は高い支持性が得ら れるため,早期から十分な立位および歩行練習時間が 確保できると考えられる。このことが歩行自立度早 期に改善させる要因になっものと思われる。また,早 く歩行能力が高まれば,さらに応用的な歩行や階段昇降 などにも挑戦できる機会が生まれる。その機会増大が 関与し,退院時階段昇降自立度差が生じと推察 される。高額な立替払いなどが必要となる長下肢装具 作製だが,在院日数短縮が求められる昨今医療事情 において,早期歩行自立獲得するうえでは有力な治 療手段ひとつとなると考えられる。自立度向上に至る
さらに見せる

9 さらに読み込む

慢性期脳卒中片麻痺患者に対する体重免荷トレッドミル歩行練習の即時効果および経時効果

慢性期脳卒中片麻痺患者に対する体重免荷トレッドミル歩行練習の即時効果および経時効果

Conclusion: We suggested that the improvement of walking speed by the BWSTT intervention for chronie stroke patients with hemiparesis were brought by expanded step length at immediate ph[r]

8 さらに読み込む

進行性核上性麻痺患者に対する部分体重免荷トレッドミル歩行トレーニングを含んだ短期集中練習

進行性核上性麻痺患者に対する部分体重免荷トレッドミル歩行トレーニングを含んだ短期集中練習

The illfluence on walking abi]ity of partial body weight supported treadmill training was examined for a 69-vear-old tnan with progressive supranuctear palsy. When training intervention[r]

5 さらに読み込む

ソルフェージュを用いた初心者へのバイエル指導法

ソルフェージュを用いた初心者へのバイエル指導法

丹羽裕紀子 Yukiko NIWA 要旨 初心ピアノ演奏指導教材として日本では、バイエル教則本(以下バイエル)が広く用い られている。ピアノ初心入門教材はバイエル以外にも数多く存在するが、幼児・初等教育 目指す学生や子どもピアノ初心指導に広く活用されている。バイエル使用する対象 は主にピアノ初心であるが、ピアノ演奏技術高めていくためには、効率よく弾く練習と、 読譜力や暗譜力、基礎的な音楽知識身につけることが必須である。しかし、ピアノ初心は 大譜表読譜経験がない場合が多く、読譜が困難なために自学練習が進まないという問題が生 じる。そこで本論文では、ソルフェージュ用い初心ピアノ指導に活用し、読譜行い やすくする方法「ドレミ唱、音源聴取、数え読み、ブロックよみ」示す。
さらに見せる

18 さらに読み込む

回復過程の脳卒中片麻痺者への部分免荷トレッドミル歩行練習の特徴

回復過程の脳卒中片麻痺者への部分免荷トレッドミル歩行練習の特徴

analysis compared the change in walking speed, walking distance, single stance ratio, symmetry among the condition of training,. Results: The change in walking speed was no significant d[r]

7 さらに読み込む

慣性センサを用いた3次元運動計測による脳卒中麻痺者の歩行中の異常運動検出法に関する研究

慣性センサを用いた3次元運動計測による脳卒中麻痺者の歩行中の異常運動検出法に関する研究

第5章 座標系校正が不要な大腿部異常運動検出法開発 第 5 章では,臨床現場で利便性重視し,座標系校正が不要な,大腿部 3 次元異常運動検出 するため指標として, 1 ストライドベクトル軌跡に対して補助線引き,補助線とベクトル軌跡 各点と距離 d 求め,その最大値である d_max 利用すること提案し.最初に,d_max 有効性健常歩行データで検証し,ベクトル軌跡左右方向動作適切に定量化できること確 認し. 次に,歩行大腿部異常動作検出する指標として,d_max に関連する指標である d_stance_max, d_swing_max, d_stance_max_t, d_swing_max_t 提案し,健常と片麻痺で比 較行い,これら指標が大腿部異常運動検出に利用可能であることが示唆され.また, d_max となる歩行事象タイミング示す指標 d_stance_max_t, d_swing_max_t に関しては,d_max が小さ く,軌跡が直線状であっ場合と d_max が大きく軌跡がふくらみもつ形状であっ場合に意味が 異なる可能性があることから,単独で異常検出指標として使用するではなく, d_max 大きさに関 連する指標と組み合わせて異常検出指標として使用する必要性が示唆され
さらに見せる

6 さらに読み込む

第 38 回日本 IVR 学会総会 技術教育セミナー 宮田哲郎 表 下肢慢性虚血の重症度分類 Rutherford 等級 カテゴリー 無症状 トレッドミル歩行テスト 充血テスト正常 1 軽度の跛行 トレッドミル歩行テストを完遂でき 運動後の足関節圧 5mmHg だが 安静時値より 2mmHg 以上低

第 38 回日本 IVR 学会総会 技術教育セミナー 宮田哲郎 表 下肢慢性虚血の重症度分類 Rutherford 等級 カテゴリー 無症状 トレッドミル歩行テスト 充血テスト正常 1 軽度の跛行 トレッドミル歩行テストを完遂でき 運動後の足関節圧 5mmHg だが 安静時値より 2mmHg 以上低

虚血が重症であるほど生命予後が不良である(図 2)。 ASO 患者は,また,高齢が多く,肺機能,悪性疾 患合併評価する必要もある。  ASO 治療目的は生命予後と下肢症状改善し患 QOL向上目指すことである。禁煙徹底させ, 血圧,糖尿病,脂質代謝異常,ホモシステイン血症と いっアテローム血栓症危険因子コントロールす ることで,虚血性心疾患,脳血管障害,末梢血管疾患 増悪抑えることが治療基本となる。特に重症下 肢虚血患者は心脳血管障害合併頻度が高く,リスク ファクター改善より積極的に行う必要がある。そ 上で下肢機能改善・救肢ため治療行う。  さらに,ASO患者は高齢で社会的にも複雑な要因 抱えている場合が多く,日常生活肉体的,精神的
さらに見せる

15 さらに読み込む

トレッドミル上における視覚的情報の変化が健常成人の快適歩行速度に及ぼす影響

トレッドミル上における視覚的情報の変化が健常成人の快適歩行速度に及ぼす影響

【 まとめ 】 健常成人男性における 30 分間中強度有酸素運動 は、末梢循環血流中 BDNF 有意に増加させず、運動に よる BDNF 変化には、交感神経活動や中枢神経活動は関連 しないことが示唆され

1 さらに読み込む

水中及び陸上カメラと録画遅延再生機による動作確認手法を用いたシンクロナイズドスイミング動作の向上

水中及び陸上カメラと録画遅延再生機による動作確認手法を用いたシンクロナイズドスイミング動作の向上

バラクダ構成要素一つで①両脚が水面に垂直なバックパイク姿勢から始める②身 体はアンロールし,同時に両脚,腰素早く上方につきあげ垂直姿勢になる③高い方 がよい)のみ追跡。演技行っ直後に評価やアドバイス与えて水中と水面 カメラで自身演技確認してもらっ。適宜,アメリカナショナル選手水中映像 (Junior Training Video US Synchronized Swimming)スラストと,選手水中 動作映像,SliconCOACH PRO(Clarion Building, 286 Princes Street, Dunedin, New Zealand, ㈱フォーアシスト,東京千代田区)で比較してアドバイス与え,ど 局面で加速するか,身体どの筋肉使う指示。一方,選手2人 (小学6年2人AとC)は9月以降中学生グループに移行し為に他高校生中学生 と通常練習行っ。いずれも1回目と45回目にそれぞれ5回バラクダ演技し てもらい水上カメラ(水上30センチに設置)と水中カメラで撮影して測定に用い。 この測定実験(前報にて報告)で5人全員が TDS 使用しことより,5人 全員が TDS で練習経験があっ
さらに見せる

6 さらに読み込む

脳卒中重度片麻痺者の歩行再建をめざした生活期の理学療法

脳卒中重度片麻痺者の歩行再建をめざした生活期の理学療法

脳卒中重度片麻痺歩行再建めざし生活期理学療法 497 。そのため,TSt における股関節伸展強調し非麻 痺側下肢ステップと,前側下肢荷重切り替え および後方蹴り出し(push off )意識し麻痺側 下肢ステップ歩行前段階として繰り返し行い,そ 後,膝関節が伸展し状態で踵接地(Heel Contact: HC)が可能となるように,大きな歩幅とできるだけ速 いスピード維持し歩行繰り返すトレーニング継 続し。症例は,通所リハ年間で約 40 回(1 回/週) 利用しており,トレーニング開始から 2 年が経過するこ ろには,歩行速度が 48.9 m/min まで改善し。この頃 歩容図 8 に示す。利用開始直後と比較すると歩行 速度は約 3 倍,重複歩幅は約 2 倍になっている(表 1)。 通所リハ利用中は 90 分程度歩行が可能となり,屋外 歩行も自立し。最終的には足部採型し GSD 作 製し,片側 3 車線道路横断や大型ショッピングセン ター内歩行で移動することも可能となっ
さらに見せる

8 さらに読み込む

JAIST Repository: 股関節二分機構を用いて上体を付加した劣駆動2脚ロボットの動歩行解析

JAIST Repository: 股関節二分機構を用いて上体を付加した劣駆動2脚ロボットの動歩行解析

劣駆動仮想受動歩行と目標股関節軌道追従制御性能比較 通して,前者は受動歩行器として生来的にもつ自然な遊脚振 り運動活用し歩容,後者は倒立振子として動特性に強く 依存し歩容,であることが分かっ.ただし,いずれも半円 足転がり効果利用することで初めて実現されるものである こと付記しておく.ここで注意しなければならないは,い ずれもダイナミクスベーストな歩行運動である,という点であ る.後者ように目標軌道追従ために部分的に動特性キャ ンセルしても,ダイナミクスベーストでなくなっということ ではなく,システム全体として別動特性に移行し,と理解 すべきである.そして,倒立振子モードにおける性能大幅な 悪化は上体モーメント力による負荷ためであり,目標軌道 追従が直接原因ではない,ということも記憶に留めておくべ き重要な事実である.
さらに見せる

13 さらに読み込む

1M5-4 ミツバチ歩行軌跡の複数個体同時追跡アルゴリズムを用いた尻振りダンス軌跡の抽出

1M5-4 ミツバチ歩行軌跡の複数個体同時追跡アルゴリズムを用いた尻振りダンス軌跡の抽出

基づき比較し距離であり,0~1 とる.ま 𝑑(𝑖, 𝑗)は,検出領域中心座標間ユークリッ ド距離示し,第2項指数部で距離制限与え ている.なおσ値はミツバチ移動速度考慮 し 7 とし.以上処理すべてフレームに対 して行っ後,対応付けされそれぞれ領域 順にたどることで,複数軌跡同時追跡行う (図 3).このとき,類似度0で対応付けされ 領域は,軌跡追跡対象外とする.
さらに見せる

4 さらに読み込む

Powered by TCPDF ( Title Sub Title Author Publisher Solense : 足裏の感覚を拡張する靴を用いた視覚障害者の安心な歩行体験のデザイン Solense : designing safer walking experi

Powered by TCPDF ( Title Sub Title Author Publisher Solense : 足裏の感覚を拡張する靴を用いた視覚障害者の安心な歩行体験のデザイン Solense : designing safer walking experi

関 連 研 究 2.5 本章まとめ 2.5. 本章まとめ 本章では,本コンセプトに関連する領域として「視覚障害生活支援」 「視覚 障害歩行支援」「靴と歩行」「触覚拡張」技術やプロダクト,サービスに ついて論じ,本研究研究領域について述べ.視覚障害支援,特に歩行支 援については様々なアプローチが行われているが,靴など日常的に使うものに付 加する形で支援行うことが本研究主旨である.靴で歩行支援でも視覚障 害に対してはデジタル技術使っアプローチは多いが,アナログ技術利用, 中でも視覚障害触覚拡張して支援する研究は少ない.触覚拡張研究 見てみると.触覚コンタクトレンズようなアナログ技術使って手触覚拡 張する研究はなされており,それ視覚障害足裏拡張として利用できると 考える.こうして視覚障害歩行支援ため,足裏感覚触覚コンタクト レンズようなアナログ技術で拡張する靴という本研究研究領域確認し. 次章においては,実際に視覚障害フィールドワーク行い,そこで見つけ デザイン要素と本章で論じアプローチに基づいてコンセプト設計し,視 覚障害体験とそのビジネス展開について論じる.
さらに見せる

81 さらに読み込む

パーキンソン病患者に対するトレッドミル後進歩行運動が平地歩行能力に及ぼす即時効果

パーキンソン病患者に対するトレッドミル後進歩行運動が平地歩行能力に及ぼす即時効果

Purpose: The purpose of this study was to examine the effect o'r the backw・ard treadmill exercise on the gait ability in Parkinson's disease patients.. Methods/ The $ubject.s were six Pa[r]

7 さらに読み込む

歩行者シミュレーションを用いた避難訓練の評価

歩行者シミュレーションを用いた避難訓練の評価

 学校における防災・減災対策として,避難訓練は主たる 手段である . 一方で,例えば時間割によって利用が集中す る校舎や,机配置など条件が多様な教室,歪みや崩壊 により利用できない出口など不測事態に対して,今日 実施されている避難訓練では十分対応できるとも言い難 い . 一方で,コンピュータによる群集歩行シミュレーショ ンは,現実では実測が困難な状態で歩行流動視覚的に 予測・分析できるため,有用な方法一つとされてい る . 本研究では,歩行シミュレーションソフト一つで ある SimTread 用いて複数避難方法検討し,避難時 に起こる諸問題抽出することで,学校避難計画物理 的側面と人的側面双方から問題点抽出し,避難訓練方 法評価・改善につなげること目的とする .
さらに見せる

7 さらに読み込む

Show all 10000 documents...