懸念により先行きに対する不安感が拭いきれ

Top PDF 懸念により先行きに対する不安感が拭いきれ:

マーケットの全体観 ~ 世界経済に対する懸念は不安先行の側面も過度な業績懸念が薄らぐかが焦点に~ 2

マーケットの全体観 ~ 世界経済に対する懸念は不安先行の側面も過度な業績懸念が薄らぐかが焦点に~ 2

 投資信託をお取引していただく際に、銘柄ごとに設定された販売手数料および運用管理費用(信託報酬)等の諸経費、等をご負担いただきます。また、各 商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれあります。 ご投資にあたっての留意点  取引コースや商品毎に手数料等およびリスクは異なりますので、上場有価証券等書面、契約締結前交付書面、目論見書、等をよくお読みください。  外国株式、外国債券の銘柄には、我が国の金融商品取引法に基づく企業内容の開示行われていないものもあります。
さらに見せる

42 さらに読み込む

想いを伝える方法に 生命保険をおすすめする理由 最も力を入れたい保障準備は? 死亡保障 20.0% 1 2 いま そなえたい あなたにとっての 万一 を ご存知ですか? 死亡時の遺族の生活に対する不安の有無自分の介護に対する不安の有無 不安感あり 死亡 介護 ( 公財 ) 生命保険文化センター 平成

想いを伝える方法に 生命保険をおすすめする理由 最も力を入れたい保障準備は? 死亡保障 20.0% 1 2 いま そなえたい あなたにとっての 万一 を ご存知ですか? 死亡時の遺族の生活に対する不安の有無自分の介護に対する不安の有無 不安感あり 死亡 介護 ( 公財 ) 生命保険文化センター 平成

・三菱UFJ銀行は「終身保険Neo」の引受保険会社であるPGF生命の支払能力を保証するものではありません。 ・法令により、銀行保険募集を行う際には、 「構成員契約規制」の対象となるお客さま、 「銀行等保険募集制限先」に該当されるお客さま、事業の ための融資をお申し込み中のお客さまへの募集について規制あります。 三菱UFJ銀行では、法令を遵守し公正な保険募集を行うために、お客さまのお勤め先や三菱UFJ銀行への事業のための融資のお申し込みの有無等に ついて、あらかじめお客さまからお伺いし、万一「規制に該当しないこと」確認できない場合には保険募集をしませんのでご了承ください。
さらに見せる

22 さらに読み込む

事業の経過及び成果 当連結会計年度におけるわが国経済は 新興国経済の成長鈍化や原油価格の下落 年度末にかけての円高の進行などの不安要素により先行き不透明感が強まり 個人消費の停滞が目立ちました 広告業界においても市況は低調に推移し 平成 27 年日本の総広告費 (1~12 月 電通発表 ) はインタ

事業の経過及び成果 当連結会計年度におけるわが国経済は 新興国経済の成長鈍化や原油価格の下落 年度末にかけての円高の進行などの不安要素により先行き不透明感が強まり 個人消費の停滞が目立ちました 広告業界においても市況は低調に推移し 平成 27 年日本の総広告費 (1~12 月 電通発表 ) はインタ

「ヒューマンコンシャス~生命を愛し、つながる心」の行動理念の実践の象徴として、東 日本大震災発生直後からレギュラー番組「LOVE&HOPE」(月~金曜 6:30~6:40 全国ネット) を通じて被災地の復興への想いを伝える取材活動を現在も継続する中、5年目を迎え FM 仙台 (Date fm)との共同制作によるドキュメンタリードラマ「ライターのつぶやき~河北新報の 5年~」(3月6日 19:00~19:55 全国ネット)を放送。また平成 23 年から継続している番 組出演者 SEKAI NO OWARI と共同で制作した東日本大震災復興支援チャリティ・リストバンド 「STAY STRONG」の販売による募金総額 2,500 万円を超え、JFN ヒューマンコンシャス募金 を通じて「瓦礫を活かす森の長城プロジェクト」へ寄付され、復興に役立てられています。
さらに見せる

10 さらに読み込む

ソーシャルスキルの現実―理想自己の差異と否定的評価懸念の対人不安への影響

ソーシャルスキルの現実―理想自己の差異と否定的評価懸念の対人不安への影響

○中村 小海 1) 、本岡 寛子 2) 、佐藤 健二 3) 1 )徳島大学総合科学教育部、 2 )近畿大学総社会学部総合社会学科、 3 )徳島大学大学院社会産業理工学研究部 目 的 高校生から大学生へと環境変化するとともに,コ ミュニケーションの形にも大きな変化訪れる。しか し,大学生のコミュニケーションにおいて大きな障壁 となっているものとして,対人不安ある。対人不安 とは,自分他者にどう見られ,どのように評価され ているかについての不安である。本研究では,対人不 安に関連する要因としてソーシャルスキルにおける自 己受容と否定的評価懸念に注目した。ソーシャルスキ ルとは,相川(2000)の定義によると, 「対人場面に おいて適切かつ効果的に反応するために用いられる言 語的・非言語的対人行動と,そのような対人行動の実 現を可能にする認知過程との両方を包含する概念」と されており,ソーシャルスキルの自己評価低い人ほ ど対人不安を感じやすいと報告されている(原田・島 田,2002) 。自己受容とは,ありのままの自分をその まま受け入れることと定義されており,理想自己と現 実自己の差異大きい人ほど対人不安大きいと報告 されている(松井,1990) 。しかし,対人不安の発生・ 維持過程を表したモデルによると,対人不安者は「他 者の評価重要である」という信念をもつ(Rapee & Heimberg,1997) 。このことから,現実―理想自己の 差異大きいことだけではなく,他者からの否定的評 価懸念(以下FNE)働くことによって,対人不安 発生している可能性あると考えられる。よって,本 研究では,ソーシャルスキルにおける現実―理想自己 の差異大きいとき,否定的評価懸念高い人は低い 人より,対人不安高くなるという仮説の下,調査・ 分析を行った。
さらに見せる

2 さらに読み込む

月次レポート 2018 年 12 月 28 日現在 運用担当者コメント 市況動向 今月の国内株式市況は 世界的な景気減速懸念や米国の政治不安が拡大したことなどを受けて下落しました 今月前半の国内株式市況は 米国の長短金利差が縮小し景気減速懸念が強まったことや中国大手通信機器メーカーの幹部がカナダ当局

月次レポート 2018 年 12 月 28 日現在 運用担当者コメント 市況動向 今月の国内株式市況は 世界的な景気減速懸念や米国の政治不安が拡大したことなどを受けて下落しました 今月前半の国内株式市況は 米国の長短金利差が縮小し景気減速懸念が強まったことや中国大手通信機器メーカーの幹部がカナダ当局

●本資料は、三菱UFJ国際投信作成した資料です。投資信託をご購入の場合は、販売会社よりお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)の内容を必ず ご確認のうえ、ご自身でご判断ください。●本資料の内容は作成時点のものであり、将来予告なく変更されることあります。●本資料は信頼できると判断した情報等 に基づき作成しております、その正確性・完全性等を保証するものではありません。●本資料中のグラフ・数値等は、過去の実績・状況であり、将来の市場環境等 や運用成果等を示唆・保証するものではありません。また税金・手数料等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。●投資信託は、 預金等や保険契約とは異なり、預金保険機構、保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。銀行等の登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資 者保護基金の補償の対象ではありません。●投資信託は、販売会社お申込みの取扱いを行い委託会社運用を行います。
さらに見せる

5 さらに読み込む

月次レポート 2018 年 12 月 28 日現在 運用担当者コメント 市況動向 今月の国内株式市況は 世界的な景気減速懸念や米国の政治不安が拡大したことなどを受けて下落しました 今月前半の国内株式市況は 米国の長短金利差が縮小し景気減速懸念が強まったことや中国大手通信機器メーカーの幹部がカナダ当局

月次レポート 2018 年 12 月 28 日現在 運用担当者コメント 市況動向 今月の国内株式市況は 世界的な景気減速懸念や米国の政治不安が拡大したことなどを受けて下落しました 今月前半の国内株式市況は 米国の長短金利差が縮小し景気減速懸念が強まったことや中国大手通信機器メーカーの幹部がカナダ当局

<今後の運用方針> 当ファンドでは、中小型成長株を取り巻く環境を注意深く見極めながら、個別企業へのボトムアップリサーチにより、株価の割 安強まっていると判断される優良な中小型成長株への注目度を高めていくとともに、ファンダメンタルズ以上に株価上昇 みられる銘柄及び短期間で株価大幅に上昇したと判断される銘柄については、利益確定の売却やウエイトの調整などを 行い、比較的株価割安水準にあって成長期待の大きい中小型成長銘柄への入替えを継続することでパフォ-マンスの向 上に努めていく方針です。
さらに見せる

6 さらに読み込む

はじめに 近年 全国的に急速な少子化や核家族化の進行により 地域のつながりが希薄化し 家庭や地域において 大人と子どもがふれあう機会が減少しています また 子育て世代にあっては 日々の子育てに対する支援や協力を得ることが困難な状況となり 子育ての孤独感や不安感が増加するなど さまざまな課題が顕在化し

はじめに 近年 全国的に急速な少子化や核家族化の進行により 地域のつながりが希薄化し 家庭や地域において 大人と子どもがふれあう機会が減少しています また 子育て世代にあっては 日々の子育てに対する支援や協力を得ることが困難な状況となり 子育ての孤独感や不安感が増加するなど さまざまな課題が顕在化し

本 市 で は 、こ の 計 画 を 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 に 基 づ く「 大 網 白 里 市 次 世 代 育 成 支 援 対 策 地 域 行 動 計 画 」 の 後 継 計 画 と し て 位 置 付 け 、“ す べ て の 子 ど も 主 役 ! 地 域 で 支 え 未 来 へ つ な ぐ あ ん し ん 子 育 て 大 網 白 里 市 子 育 ち 支 援 プ ラ ン ” を 基 本 理 念 と し て 掲 げ ま し た 。 今 後 、 す べ て の 子 ど も に 良 質 な 生 育 環 境 を 保 障 す る と と も に 、妊 娠 ・ 出 産 か ら 切 れ 目 の な い 子 育 て 支 援 を 地 域 全 体 で 行 い 、 幼 児 期 に お け る 質 の 高 い 教 育 ・ 保 育 の 提 供 や 、 子 ど も の 健 や か な 成 長 の た め の 教 育 環 境 の 整 備 な ど さ ま ざ ま な 施 策 や 事 業 の 展 開 に 努 め て ま い り ま す 。
さらに見せる

103 さらに読み込む

いるものの 引き続き年前半に比べて先行きの不透明感は強い こうした状況下で懸念されるのは 米国経済が景気後退に陥る確率 ( 以下 景気後退確率 ) がどの程度かという点であろう 米国のエコノミストの予測を集計する Blue Chip Economic Indicators(9 月 1 日号 ) では

いるものの 引き続き年前半に比べて先行きの不透明感は強い こうした状況下で懸念されるのは 米国経済が景気後退に陥る確率 ( 以下 景気後退確率 ) がどの程度かという点であろう 米国のエコノミストの予測を集計する Blue Chip Economic Indicators(9 月 1 日号 ) では

モデルのパフォーマンスを示す McFadden の決定係数を見ると、LCIのみを用いたベンチマークモ デルは 0.59 と、国債利回りスプレッドのみを用いたモデルの 0.26 と比べて高く、LCIを用いたモ デルのパフォーマンス良好であることを示している。さらに、ベンチマークモデルに実体経済の動 きを表す指標を説明変数として加えたモデル 1~5 は、概ね決定係数 0.6 以上と比較的高く、また各 説明変数の符号条件も背景とするメカニズムと整合的である。ただしモデル 2 とモデル 5 は、それぞ れLCI以外の説明変数として用いたニューヨーク連銀景況指数とカンファレンスボード消費者信頼 指数の係数有意でなく、説明力ないという結果得られた。残ったモデルのうち、フィラデル フィア連銀景況指数を用いたモデル 3 の決定係数 0.70 と最も高いパフォーマンスを示し、松本 (2011)の決定係数 0.72 と比較しても遜色のない結果となったため、本稿ではモデル 3 の結果を用い て先行きの景気後退確率の推計を行うこととした。
さらに見せる

8 さらに読み込む

月次レポート 2018 年 12 月 28 日現在 運用担当者コメント 市況動向 今月の国内株式市況は 世界的な景気減速懸念や米国の政治不安が拡大したことなどを受けて下落しました 今月前半の国内株式市況は 米国の長短金利差が縮小し景気減速懸念が強まったことや中国大手通信機器メーカーの幹部がカナダ当局

月次レポート 2018 年 12 月 28 日現在 運用担当者コメント 市況動向 今月の国内株式市況は 世界的な景気減速懸念や米国の政治不安が拡大したことなどを受けて下落しました 今月前半の国内株式市況は 米国の長短金利差が縮小し景気減速懸念が強まったことや中国大手通信機器メーカーの幹部がカナダ当局

<今後の運用方針> 当ファンドでは、中小型成長株を取り巻く環境を注意深く見極めながら、個別企業へのボトムアップリサーチにより、株価の割 安強まっていると判断される優良な中小型成長株への注目度を高めていくとともに、ファンダメンタルズ以上に株価上昇 みられる銘柄及び短期間で株価大幅に上昇したと判断される銘柄については、利益確定の売却やウエイトの調整などを 行い、比較的株価割安水準にあって成長期待の大きい中小型成長銘柄への入替えを継続することでパフォ-マンスの向 上に努めていく方針です。
さらに見せる

6 さらに読み込む

柔道選手における膝損傷後に不安感や痛みを呈する動作

柔道選手における膝損傷後に不安感や痛みを呈する動作

旋を安定させること、膝の内外反を補助的に安定させることと説明され 12) 、また MCL の機能は膝関節の過 度な外反を防ぐことである。したがって、損傷側への足払、小外刈動作による直達外力は ACL、MCL いず れの靭帯構造に対しても伸張ストレスを増大させること考えられる。さらに、膝関節の外反強制は外側半 月板への圧縮ストレスを強めることも予想できる。これらのストレス、膝損傷後の柔道選手有する不安 と関連している可能性ある。また、本研究では統計学的に有意差は認められなかったものの、本動作に より痛み「ある」と回答した対象全体の約半数を占めた。すなわち多くの対象で、膝外反の強制、スト レス増大によって生じる痛み同時に不安を生み出す要因となっていると推察される。さらに、先行研究
さらに見せる

12 さらに読み込む

益にかなうと論じた 独の欧州経済センター (ZEW) の 10 月景気期待指数は 予想以上に悪化 米中貿易摩擦の激化や英国の合意なき EU 離脱に対する懸念で先行きが不透明になっていることが背景 また独バイエルン州議会選で メルケル首相率いるキリスト教民主同盟 (CDU) の姉妹政党である保守与党の

益にかなうと論じた 独の欧州経済センター (ZEW) の 10 月景気期待指数は 予想以上に悪化 米中貿易摩擦の激化や英国の合意なき EU 離脱に対する懸念で先行きが不透明になっていることが背景 また独バイエルン州議会選で メルケル首相率いるキリスト教民主同盟 (CDU) の姉妹政党である保守与党の

RBA は、政策金利を過去最低の 1.5%に据え置いた。据え置きは 26 カ月連続。 インフレと賃金伸び悩み、信用状況もタイト化しているため、政策金利は長 期にわたって低水準にとどまるとの観測強まっている。インターバンク金利 先物市場で最も期先の先物は 2020 年 3 月物で、0.2%の利上げしか織り込まれ ていない。ただロウ総裁は豪経済については引き続き楽観的。最近は、金利を 巡る次の一手引き上げになる可能性の方高いとの見方を繰り返し表明して いる。
さらに見せる

8 さらに読み込む

月次レポート 2018 年 12 月 28 日現在 運用担当者コメント 市況動向 今月の国内株式市況は 上旬は カナダ当局が中国の大手通信機器メーカーの幹部を逮捕したことを契機に米中関係の悪化懸念が強まったことや米国の雇用統計が事前の市場予想を下回り景気の先行き懸念が強まったことなどを背景に下落しま

月次レポート 2018 年 12 月 28 日現在 運用担当者コメント 市況動向 今月の国内株式市況は 上旬は カナダ当局が中国の大手通信機器メーカーの幹部を逮捕したことを契機に米中関係の悪化懸念が強まったことや米国の雇用統計が事前の市場予想を下回り景気の先行き懸念が強まったことなどを背景に下落しま

・今月の主な投資行動は、「トヨタ自動車」などを買い付けた一方で、「ヤフー」などを売却しました。 【今後の運用方針】 ・当面の国内株式は、戻りをためす動きを想定しています。国内株式市場の調整は思いのほか長引いているものの、米中貿 易戦争の長期化や世界経済のピークアウト懸念についてはもはや新しい材料ではなくなりつつあり、株価への織り込みはあ る程度済んだと見られ、今後は各国の景気テコ入れ政策への期待高まる局面と考えているためです。これらのことを踏まえ、 独自の成長要因を持ち着実に利益成長を遂げる確度高いと判断した銘柄や、中小型銘柄などに引き続き注目していきます。 ・日本株式については、(1)高い環境・安全・燃費技術に関わる自動車・電子部品関連銘柄、(2)インターネットを活用したサー ビスやデータ量拡大に対応するための情報通信関連銘柄、(3)バイオ・医療機器を含むヘルスケア関連銘柄などに注目して います。外国株式についても、情報通信関連銘柄やヘルスケア関連銘柄などに注目しています。(運用担当者:内田)
さらに見せる

6 さらに読み込む

月次レポート 2018 年 12 月 28 日現在 運用担当者コメント 市況動向 今月の国内株式市況は 上旬は カナダ当局が中国の大手通信機器メーカーの幹部を逮捕したことを契機に米中関係の悪化懸念が強まったことや米国の雇用統計が事前の市場予想を下回り景気の先行き懸念が強まったことなどを背景に下落しま

月次レポート 2018 年 12 月 28 日現在 運用担当者コメント 市況動向 今月の国内株式市況は 上旬は カナダ当局が中国の大手通信機器メーカーの幹部を逮捕したことを契機に米中関係の悪化懸念が強まったことや米国の雇用統計が事前の市場予想を下回り景気の先行き懸念が強まったことなどを背景に下落しま

【今後の運用方針】 中長期的な成長性高い企業に投資する方針です。 当面の株式市況は、引き続き米国発の貿易摩擦懸念残る中で、不透明要因も多く、やや上値の重い展開を想定します。米 中貿易摩擦の問題実体経済や製造業を中心に個別企業の業績動向に与える影響にも注意必要と考えます。加えて、米 国の金融政策に関しても不透明あり、警戒必要と考えます。ただし、従来の想定よりも世界経済の鈍化ペースは速い 可能性はあります、景気全体として崩れる程の悲観シナリオは考えておりません。米国経済も加速は見込み難いものの 堅調に推移すると想定しています。米国法人税減税の効果やIoT需要、省力化投資の増加など、世界的に良好な経済環境は 継続すると考えます。また、国内企業の投資意欲も潜在的には高いことに加え、国内の労働市場環境も良好な状況続いて いるため、徐々に消費への波及効果期待されます。また政府も消費税引き上げに向けて、様々な景気刺激策を策定してく ると考えます。こうした投資環境から、中期的に見れば国内株式市況は堅調な展開を想定しています。
さらに見せる

5 さらに読み込む

撃のリスクが 全ての地域と加盟国に影響する可能性があることに懸念を表明し 民間航空に対するテロ攻撃について深刻な懸念を表明しそしてそのような攻撃を強く非難し 民間航空が 外国人テロ戦闘員による輸送手段として用いられる可能性があることにまた懸念を表明し そして 1944 年 12 月 7 日にシカゴで

撃のリスクが 全ての地域と加盟国に影響する可能性があることに懸念を表明し 民間航空に対するテロ攻撃について深刻な懸念を表明しそしてそのような攻撃を強く非難し 民間航空が 外国人テロ戦闘員による輸送手段として用いられる可能性があることにまた懸念を表明し そして 1944 年 12 月 7 日にシカゴで

条約(東京、 1963 年)により、航空機の不法な奪取の防止に関する条約(ハーグ、1970 年)により、 民間航空の安全に対する不法な行為の防止に関する条約(モントリオール、 1971 年)により、民間航 空の安全に対する不法な行為の防止に関する条約を補足する国際民間航空に使用される空港における 不法な暴力行為の防止に関する議定書(モントリオール、 1988 年)により、可塑性爆薬の探知のため の識別措置に関する条約(モントリオール、 1991 年)により、国際民間航空についての不法な行為の 防止に関する条約(北京、 2010 年)により、航空機の不法な奪取の防止に関する条約を補足する議定 書(北京、 2010 年)により、航空機内で行われた犯罪その他ある種の行為に関する条約を修正する議 定書(モントリオール、 2014 年)によりそしてそのような行為を防止するための二国間協定により、 対処されていることに留意し、
さらに見せる

6 さらに読み込む

海外投資家が売り越しに転じた理由としては 海外及び国内それぞれの要因が指摘できる 海外要因としては 米国の経済指標が寒波の影響もあって予想を下回るものが相次いだこと 米量的緩和縮小に伴う新興国からの資金流出やシャドーバンキング問題などを抱える中国経済の減速などに対する懸念から新興国不安が高まったこと

海外投資家が売り越しに転じた理由としては 海外及び国内それぞれの要因が指摘できる 海外要因としては 米国の経済指標が寒波の影響もあって予想を下回るものが相次いだこと 米量的緩和縮小に伴う新興国からの資金流出やシャドーバンキング問題などを抱える中国経済の減速などに対する懸念から新興国不安が高まったこと

海外投資家売り越しに転じた理由としては、海外及び国内それぞれの要因指摘できる。海外要 因としては、米国の経済指標寒波の影響もあって予想を下回るもの相次いだこと、米量的緩和縮 小に伴う新興国からの資金流出やシャドーバンキング問題などを抱える中国経済の減速などに対する 懸念から新興国不安高まったことなどである。国内要因としては、安倍首相の靖国神社参拝を契機 に高まった右傾化懸念や最近のTPPに関する議論などを受けてアベノミクスに対する期待後退し ている可能性、金融政策の効果や物価目標達成に自信を示す黒田総裁の発言などを受けた日銀の追加 緩和期待の後退など挙げられる。海外要因については、米国経済は寒波の影響一巡すれば回復基 調に回帰する見込みである。また、新興国不安は当面燻り続ける可能性はある、今のところリスク シナリオの範疇を出ていないことを踏まえれば、海外投資家の日本株買い続くという見方を修正す るものではないであろう。気がかりなのは国内要因である。グローバル投資家による主要国の指導者 投資環境に与える影響を尋ねた投資家信頼アンケートでは、安倍首相の直近の評価大きく後退 している(図表2)。日銀については、2月の金融政策決定会合における貸出支援制度の拡充を受けて、 投資家の見方に変化見られ始めている可能性はある、昨年後半に比べて早期の日銀による追加緩 和決定を予想する見方減っているのは事実であろう。
さらに見せる

6 さらに読み込む

マーケットの全体観 ~ 世界経済に対する懸念は不安先行の側面も過度な業績懸念が薄らぐかが焦点に~ 2

マーケットの全体観 ~ 世界経済に対する懸念は不安先行の側面も過度な業績懸念が薄らぐかが焦点に~ 2

 債券を募集・売出し等により、又は当社との相対取引により売買する場合は、その対価(購入対価・売却対価)のみを受払いいただきます。円貨建て債券 は、金利水準の変動等により価格上下し、損失生じるおそれあります。外貨建て債券は、金利水準の変動に加え、為替相場の変動等により損失生 じるおそれあります。また、債券の発行者または元利金の支払いを保証する者の財務状況等の変化、およびそれらに関する外部評価の変化等により、損 失生じるおそれあります。
さらに見せる

53 さらに読み込む

分娩期における熟練助産師の実践知 ―痛みに対して強い不安・恐怖感を表出している産婦へのケア―

分娩期における熟練助産師の実践知 ―痛みに対して強い不安・恐怖感を表出している産婦へのケア―

助産師は,妊娠期の関わりによって,妊婦もつ分 娩時の痛みに対する恐怖少なくなるように努めて いる(廣野他,2015)。しかし,分娩前にそのような ケアを行っても,産婦実際に痛みを体感することに よって不安や恐怖非常に高まることあり,実際 に,痛みによってパニックのようになっている産婦に 出会うことある。助産師は,そのような場面でも, 産婦にとって満足な分娩になるようにケアを行おうと する,どのような場合にどのようなケアを行えば良 いか明確ではないため,その場その場で試行錯誤を しながら対応せざるを得ないこと多い。先行研究で は,過度な不安や恐怖からパニック状態に至った要素 ・要因の研究(湊谷他,1996)や,パニックとなった 産 婦 に 対 す る 事 例 研 究(伊 藤 他, 2005; 西 川 他,
さらに見せる

12 さらに読み込む

社交不安傾向者に対する注意訓練とマインドフルネス瞑想および慈悲の瞑想の効果比較研究

社交不安傾向者に対する注意訓練とマインドフルネス瞑想および慈悲の瞑想の効果比較研究

社交不安症(Social Anxiety Disorder : SAD)に 対する心理社会的介入法として、自身の注意(意識) を向ける対象異なる 3 つの方法あげられる。 1 つ 目は、SADの人は動悸や震えといった自分の身体反応 や後ろ向きな思考などに注目しやすく、他者の様子や 課題内容などの外部の情報にはあまり注意を向けない というSADの認知モデル(Clark & Wells, 1995)に基 づいた、注意を外部に向ける注意訓練(Wells, 1990) あげられる。 2 つ目は、身体感覚に注意を向け、変 化を観察するためにマインドフルネスを用いた介入で ある(Kocovski et al., 2013) 。 3 つ目は、他者への 思いやりや共感という向社会的・利他的な行動に着目 し、慈悲の瞑想を行って外部に注意を向ける介入であ る。先行研究では、他者への親切行動をとった群統 制群と比較してポジティブ感情高まり、恐れている 対人場面を回避したい気持ち弱まること示されて いる(Alden & Trew, 2012) 。
さらに見せる

2 さらに読み込む

ドル 円 (2) 週末の海外市場 週末のドル円は 日銀総裁が金融政策からの出口戦略の検討に言及 (2019 年度ごろに出口戦略を検討するのは間違いない ) し 日欧市場で円高が進んだ流れを引き継いだ 米国の保護主義的な貿易政策が米景気の先行き不透明感を招き 円など主要通貨に対するドル売りが続き 一時

ドル 円 (2) 週末の海外市場 週末のドル円は 日銀総裁が金融政策からの出口戦略の検討に言及 (2019 年度ごろに出口戦略を検討するのは間違いない ) し 日欧市場で円高が進んだ流れを引き継いだ 米国の保護主義的な貿易政策が米景気の先行き不透明感を招き 円など主要通貨に対するドル売りが続き 一時

に強い不満「為替レートでの調整一つの重要な機能になる」示されており、 ドルの上値・NY金の下値は、それぞれ限定的と見る。地政学リスクも、金の下 値支持要因≫とした、先週のNY金(4月限)は、ドル安を受けて反発して始 まった、パウエルFRB議長による初の議会証言で、「昨年末から経済の力強 さ増し、インフレ率目標に向かうとの自信深まった」と発言。利上げペー スの加速もあり得るとの観測浮上し米長期金利上昇したことから円売り・ド ル買い先行し、NY金は急落。その後、堅調な米経済指標を受けてドル買い 進み、NY金は2017年12月29日以来の安値を付けた。しかし、トランプ 大統領鉄鋼に25%、アルミニウムに10%の関税を課す意向を表明、貿易戦 争の激化を懸念し、米株価急落。リスク回避の高まりから円高ドル安急速に 進んだ。
さらに見せる

17 さらに読み込む

1. 先月の回顧と今後の相場見通し ( 要旨 ) < 先月の回顧 > 1 株式市場日経平均株価は前月比 1,657 円と大幅に下落 ( 騰落率 7.45% 月末終値 20,601 円 ) 米中貿易交渉の難航を受け 米国の中国輸入品に対する関税引き上げ発表から米中貿易摩擦への先行き不安が再燃 月末には

1. 先月の回顧と今後の相場見通し ( 要旨 ) < 先月の回顧 > 1 株式市場日経平均株価は前月比 1,657 円と大幅に下落 ( 騰落率 7.45% 月末終値 20,601 円 ) 米中貿易交渉の難航を受け 米国の中国輸入品に対する関税引き上げ発表から米中貿易摩擦への先行き不安が再燃 月末には

② ユーロ円相場は、円高ユーロ安一段と進行(月末気配:1ユーロ 120.96 円)。米中貿易摩擦や英国のEU離脱を 巡る情勢の悪化、欧州議会選挙で勢力細分化などからユーロの上値重い展開継続。 ③ 新興国通貨は対円で全般的に軟調で推移。米中貿易摩擦の激化および欧州政治の混迷により、世界景気の鈍化懸念か らリスク回避姿勢による円買いの展開。月末に米国メキシコに対し、不十分な不法移民対策を理由にメキシコ製品 への 5%関税を発表したため、メキシコペソ安進行。
さらに見せる

8 さらに読み込む

Show all 10000 documents...