• 検索結果がありません。

後頭骨との間の関節は動かない

児童におけるしゃがみ動作の可不可および関節間協調性に関連する要因

児童におけるしゃがみ動作の可不可および関節間協調性に関連する要因

... 名を対象に,踵接地でしゃがみ動作可不可を確認した。動作中関節に対する股関節屈曲角度変化率が一定であることを表す直線から偏差を二乗平均平方根で計算 し,この値を関節協調性指標した。独立変数として,年齢,性,疼痛・傷害歴,スポーツ活動,生 ...

8

はじめに 顎関節は 体にある関節の中でも最も複雑な関節の一つで 蝶番のように開閉できるだけでなく 前方に動かすこともできます 食べものをかんでいるとき ( 咀嚼中 ) は 顎関節には大きな圧力がかかりますが 頭蓋骨と下顎骨の間には関節円板と呼ばれる特殊な線維板がクッション装置として働いて 骨同士がこ

はじめに 顎関節は 体にある関節の中でも最も複雑な関節の一つで 蝶番のように開閉できるだけでなく 前方に動かすこともできます 食べものをかんでいるとき ( 咀嚼中 ) は 顎関節には大きな圧力がかかりますが 頭蓋骨と下顎骨の間には関節円板と呼ばれる特殊な線維板がクッション装置として働いて 骨同士がこ

... 中)、顎関節大きな圧力がかかりますが、頭蓋骨下顎骨関節円板 呼ばれる特殊な線維板がクッション装置として働いて、骨同士がこすれ合わない ようになっています。さらに関節円板があることで、滑らかに顎が動きます。 ...

24

問題 5 55 歳の女性.5 年前に右肩関節周囲炎の既往がある. 約 1か月前に階段を踏みはずし右肩を強打した. 以来, 運動痛, 夜間痛が持続している. 肩関節は他動的に挙上可能であるが, 自動的には外側挙上は45 度までにとどまる 最も考えられる疾患名はどれか. 1. 五十肩 2. 上腕骨骨頭骨

問題 5 55 歳の女性.5 年前に右肩関節周囲炎の既往がある. 約 1か月前に階段を踏みはずし右肩を強打した. 以来, 運動痛, 夜間痛が持続している. 肩関節は他動的に挙上可能であるが, 自動的には外側挙上は45 度までにとどまる 最も考えられる疾患名はどれか. 1. 五十肩 2. 上腕骨骨頭骨

... 2.歩行開始時,下腿三頭筋筋腹に疼痛が出現する. 3.階段前足部に荷重し踵を浮かせて上がることができる. 4.損傷部に隆起した硬結を触知する. 問題71 20歳男性.テニス試合中,足を踏ん張ったとき右足部内がえしを強制され,右足関節疼痛 ...

20

肩関節周囲炎後例における肩峰骨頭間距離と肩関節可動域制限の関連についての検討

肩関節周囲炎後例における肩峰骨頭間距離と肩関節可動域制限の関連についての検討

... We measured the AHI in subjects with shoulder pain with limited range of motion of the shoulder joint, and examined the correlation between AHI and limited range of motion of the shoulde[r] ...

4

不動終了後のラットヒラメ筋に対する間歇的伸張運動が関節可動域と筋線維におよぼす影響

不動終了後のラットヒラメ筋に対する間歇的伸張運動が関節可動域と筋線維におよぼす影響

... The purpose of this stud}, was to examine whether intermittent strctching accelerates amelioration on limitation of ankle joint mobiLity and disuse muscle atrophy in immobilized ra[r] ...

9

感じる 手指の好発部位は 近位指節間 (PIP:proximal interphalangeal) 関節 中手指節 (MCP : metacarpophalangeal ) 関節 足趾の好発部位は 中足趾節 (MTP : metatarsophalangeal) 関節であり 腫脹 圧痛をしばしばきた

感じる 手指の好発部位は 近位指節間 (PIP:proximal interphalangeal) 関節 中手指節 (MCP : metacarpophalangeal ) 関節 足趾の好発部位は 中足趾節 (MTP : metatarsophalangeal) 関節であり 腫脹 圧痛をしばしばきた

... ACR 欧州リウマチ学会(EULAR)共同作成による ACR/EULAR 関節リウ マチ分類基準 2010 が提唱された。(図 1)本基準、持続性関節炎や骨びらんを予防す るために、早期に抗リウマチ薬による治療開始が必要な患者を同定することを目標に作ら れた。本基準においてRA診断するために、まず、診察にて 1 ...

17

投球時に加わる肩離開力,前方関節間力および上方関節間力に影響を与える因子の検討

投球時に加わる肩離開力,前方関節間力および上方関節間力に影響を与える因子の検討

... 。また,床反力が大きい球速が大きくなる 報告もある 26)27) 。これら報告下肢パラメー タ,体幹屈曲角度,床反力投球時関節関 係を示唆しており,今後これらをさらに検討する必要が ...

8

リバース型人工肩関節置換術後の肩甲骨機能と術前因子の関連性

リバース型人工肩関節置換術後の肩甲骨機能と術前因子の関連性

... notching 発生リスクなる。 図 3 で示した症例 A 肩甲骨上方回旋角度大きく, 肩甲上腕関節外転角度が小さいことがわかる。これ ,SHR-45 肩甲骨上方回旋割合が大きく,前述し た SHR 値からも大きく逸脱する。この代償パターン ...

7

大学野球選手の投球側肩関節における上腕骨頭-肩甲骨関節窩後縁の骨間距離と外旋角度との関係

大学野球選手の投球側肩関節における上腕骨頭-肩甲骨関節窩後縁の骨間距離と外旋角度との関係

... 節外旋角度が増大する,上腕骨頭肩甲骨関節距離が狭小した。Burkhart ら 9) ,肩関節外旋 角度増大関節上腕靭帯が緊張し,上腕骨頭を後方 移動させる述べており,この解剖学的要因が上腕骨頭 ...

8

人工膝関節全置換術患者の早期退院後のセルフチェックシートを用いた疼痛管理は術後早期の疼痛および関節可動域増悪の防止に有効である

人工膝関節全置換術患者の早期退院後のセルフチェックシートを用いた疼痛管理は術後早期の疼痛および関節可動域増悪の防止に有効である

... 減するまで寒冷療法増加,活動量抑制,患肢挙上で 安静指示を当院パンフレットを用いて指導した。寒 冷療法増加,アイスマッサージを通常よりも 1 日あ たり 1 度増やして行うよう指導した。活動量抑制,で きる限り外出を控え,最小限活動量に留めるよう指導 ...

8

人工膝関節全置換術患者の両下肢間協調性について

人工膝関節全置換術患者の両下肢間協調性について

... F-1)を用いて計測した。計測方法以下 通りである。まず,対象者足底が地面につかない高 さベッドに座る。計測姿位股関節屈曲 90 度,膝関 節屈曲 60 度した。次に,外果から 5 cm 近位側高 さ下 遠位前面にセンサーパッド中心をあて,固定 用ベルトが下 ...

9

人工膝関節全置換術後患者の階段降段動作では同年代健常者の遠心性膝関節伸展モーメントを再現できていない

人工膝関節全置換術後患者の階段降段動作では同年代健常者の遠心性膝関節伸展モーメントを再現できていない

... 3.方法 1)膝関節機能パフォーマンス評価 膝関節機能評価,膝関節可動域および多用途筋機能 評価運動装置(BIODEX Medical 社製,BDX-4)にて 膝屈曲角度 60°等尺性膝関節伸展筋力最大値を体重 で除した大 四頭筋筋力を術側非術側でそれぞれ計測 ...

9

全人工膝関節置換術後のアロディニアと灼熱痛に対し,触覚と温度覚の識別課題により症状の軽減が認められた症例

全人工膝関節置換術後のアロディニアと灼熱痛に対し,触覚と温度覚の識別課題により症状の軽減が認められた症例

... 症 例 紹 介 症例 70 歳代男性。離島にて介護が必要な父 2 人暮らしを行っていた。1 年前頃から介護中や歩行時に 膝痛を認め,友人から「人工膝関節手術をする痛み がなくなる」当院を勧められ手術に至った。術前変 ...

8

在宅生活ハンドブックNo.9 終了後の関節可動域訓練

在宅生活ハンドブックNo.9 終了後の関節可動域訓練

... 私たち関節、日常運動によって柔軟性が維持されています。寝たきりで長時 関節を動かさない状態が続いたり、麻痺などによって日常運動が制限されてしま う関節が硬くなってしまいます。関節が硬くなる、動きが悪くなり動かせる範囲が ...

22

高度内反を伴う大腿骨遠位偽関節に対する膝関節固定術後の一症例

高度内反を伴う大腿骨遠位偽関節に対する膝関節固定術後の一症例

... 5 なった。動作能力に関して 10 m 歩行(最 大) 5.87 秒,6 分間歩行 495 m 若干低下を認 めたが,その修正 Borg スケール 5 減少を示した。 歩行解析で中間評価時に認められた歩行周期ごとバ ラつきほぼすべて波形で減少を示した(図 5 ∼ ...

10

10 第 章 頭頸部の骨 chapter 10 Ⅰ 1 頭蓋冠 頭蓋底 頭蓋腔 図10-3 頭蓋 cranium 脳頭蓋の天蓋部は前頭骨 頭頂骨 後頭骨 側頭骨か 頭部の骨格は 15 種 23 個の多くの骨が複雑に連結し らなり 脳を保護する半球型の頭蓋冠を構成する 一方 ており これらの骨をまとめ

10 第 章 頭頸部の骨 chapter 10 Ⅰ 1 頭蓋冠 頭蓋底 頭蓋腔 図10-3 頭蓋 cranium 脳頭蓋の天蓋部は前頭骨 頭頂骨 後頭骨 側頭骨か 頭部の骨格は 15 種 23 個の多くの骨が複雑に連結し らなり 脳を保護する半球型の頭蓋冠を構成する 一方 ており これらの骨をまとめ

... に咽頭陥凹よばれる切れ込みがみられる.咽頭囊 が両側咽頭陥凹にみられることがある.咽頭囊 胎児や幼若な動物にみられる. 咽頭鼻部を咽頭一部するべきかどうか議論がある.耳 管咽頭口より前方において,上皮多列円柱上皮(下方 ...

7

慢性関節リウマチ患者における人工肘関節置換術後の一症例

慢性関節リウマチ患者における人工肘関節置換術後の一症例

... MP・CM 愛護的他動運動、手関節中間位で母指 IP 自動伸展運動を実施。術後 3 週目 より母指伸展位で関節掌屈運動、 8 週目より手関節掌屈・母指最大屈曲位を除く運動 軽作業が開始されたが、 力仕事禁忌であった。 術後 12 週より復職許可され作業療法終了。 ...

25

グスがうまく働かず 大腿四頭筋が優位でストップしているともいわれています ACL よく起きる足関節捻挫 = 前距腓靭帯 (ATF) 損傷は ACL 損傷と同じ靭帯損傷です しかし 足関節捻挫で手術になったという話はあまり聞かないと思います それは ACLは関節包内靭帯であるのに対して ATFは関節包

グスがうまく働かず 大腿四頭筋が優位でストップしているともいわれています ACL よく起きる足関節捻挫 = 前距腓靭帯 (ATF) 損傷は ACL 損傷と同じ靭帯損傷です しかし 足関節捻挫で手術になったという話はあまり聞かないと思います それは ACLは関節包内靭帯であるのに対して ATFは関節包

... なぜ、ACL損傷重篤な傷害になる か? よく起きる足関節捻挫=前距腓靭 帯(ATF)損傷、ACL損傷同じ 靭帯損傷です。しかし、足関節捻挫 で手術になったという話あまり聞 かない思います。それ、ACL 関節包内靭帯であるに対して、 ...

5

2. 改訂内容 (1) 共通改訂事項 ( 注射剤のみ ) 改訂後 ( 下線部は追加箇所 ) その他の注意因果関係は明らかでないが 外国において術後に本剤を関節内 ( 特に肩関節 ) に持続投与された患者で軟骨融解を発現したとの報告がある その他の注意該当記載なし 改訂前 該当項目のみ記載 < 改訂理

2. 改訂内容 (1) 共通改訂事項 ( 注射剤のみ ) 改訂後 ( 下線部は追加箇所 ) その他の注意因果関係は明らかでないが 外国において術後に本剤を関節内 ( 特に肩関節 ) に持続投与された患者で軟骨融解を発現したとの報告がある その他の注意該当記載なし 改訂前 該当項目のみ記載 < 改訂理

... 3) 異常感覚、知覚・運動障害(0.1~1%未満):注射針 又はカテーテル留置時に神経(神経幹、神経根)に 触れることにより一過性異常感覚が発現することが ある。また、神経が注射針や薬剤あるいは虚血によっ て障害を受ける、まれに持続的な異常感覚、疼痛、 知覚障害、運動障害、硬膜外麻酔及び術後鎮痛で 膀胱直腸障害等神経学的疾患があらわれることが ある。 ...

8

膝関節運動制限による下肢の関節運動と筋活動への影響

膝関節運動制限による下肢の関節運動と筋活動への影響

... COP 前方へ変位している考えられる. 足関節底屈方向傾斜時, COP 前方へ変位を 少なくするために,膝関節屈曲方向へ運動を小 さくする姿勢制御が働く必要がある.この働き 主な要因が RF 活動量増加考えられる.ま ...

6

Show all 10000 documents...

関連した話題