トップPDF biochem 120417 2 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120417 2 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120417 2 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 細胞質ピルビン酸が NADH から水素原子を受け取って乳酸となる。 – NADH は細胞質からミトコンドリアに「シャトル」(リンゴ酸-アスパラギン 酸シャトル)を用いて運ばれる。細胞質オキサロ酢酸が消費される。 • NADH過剰状態 →細胞質オキサロ酢酸、ピルビン酸減少 →糖新生抑制

43 さらに読み込む

biochem 100608 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100608 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

にするまで過程。 – L D L は末梢組織細胞にも 、 肝細胞にも 取り 込まれる • [1] 細胞表面被覆小窩に 存在する LDL レセプタ ー ( Apo B-100/Apo E レセプ タ ー) に LDL が結合する。

52 さらに読み込む

biochem 100615 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100615 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

体を構成するたんぱく 質量 • 7 0 k g 男性でおよそ1 2 k g • 「 アミ ノ 酸プール」 へ主要な供給源 • 1 日におよそ4 0 0 g タ ンパク が分解さ れ、 同 じ 量が合成さ れている

63 さらに読み込む

biochem 100601 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100601 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 遊離脂肪酸2 分子と 1 分子 2- モノ アシルグルセロール • C-2. コ レステロールエステル( コ レステロールと 脂肪 酸と がエステル結合し たも 分解 – コ レステロールエステラ ーゼ

55 さらに読み込む

biochem 100622 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100622 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 例: 葉酸類似物質 – 葉酸代謝を阻害→プリ ン生成を阻害 – メ ト ト レキセート : がん細胞成長をコ ント ロール – ト リ メ ト プリ ム: 細菌ジヒ ド ロ葉酸リ ダク タ ーゼを

69 さらに読み込む

biochem 110406 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 110406 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 燃料電池は方式ごとに水素や水素原料となる化石燃料等利用が検討 されている。直接水素を用いる場合は化石燃料を改質することにより取 り出した水素を利用する。 • 水素を反応させ電気を取り出す仕組みとしては水電気分解逆反応 である 2H2 + O22H2O による場合が多い。反応時に熱を伴うだけで なく、発電効率高いものほど反応に高温を必要とする傾向があり、

26 さらに読み込む

biochem 110412 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 110412 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

40 日本国民栄養調査(平成 19(2007) 年) にみる成人主要栄養素摂取量 ただし、 BMI 18.5 未満がやせ、 BMI25 以上 が肥満。米国と基準違いに注意。女性 やせ割合増加傾向、男性「肥満」 割合急増に注意。

55 さらに読み込む

biochem 100713 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100713 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• 初期段階: 遺伝的素因を持つ人がウイ ルスや毒素 にさ ら さ れるこ と でβ 細胞崩壊が始まる • ゆっ く り と し たβ 細胞破壊段階: • 臨床的な糖尿病段階: イ ンスリ ン分泌能力が閾値以

26 さらに読み込む

biochem 100525 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100525 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

モノ オキシゲナーゼ:   酸素分子から 原子1 個を基質に与え、 水酸基をつく る。 も う 1 個原子で水を作る。 チト ク ローム P450 モノ オキシゲナーゼサイ ク ル ヘム( 鉄イ オンと 構

35 さらに読み込む

biochem 100518 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100518 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

→フ ルク ト ースビスホスフ ァ タ ーゼ -1(FBP-1) 活性上昇 →フ ルク ト ース 1,6 ビスリ ン酸から フ ルク ト ース 6- リ ン酸へ反応がすすむ。 フ ルク ト ース 1,6- ビスリ ン酸 フ ルク ト ース 6- リ ン酸

36 さらに読み込む

homework biochem 120515 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120515 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

7.カルシウムイオンがピルビン酸デヒドロゲナーゼ複合体を活性化するしくみを答えよ。 8.α-ケトグルタル酸デヒドロゲナーゼ複合体調節について答えよ。 9. TCA サイクル調節において、エネルギー物質充足・不足はどのような方法で調節 に反映されているか?

1 さらに読み込む

homework biochem 120605 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120605 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

復習用資料 基礎生化学 ( 2012.06.05) 1. NADPH 主な役割について説明せよ。それら機能はどの器官と関係があるか? 2. NADPH は過酸化水素処理においてどのように使われるか? 3.チトクローム P450 モノオキシゲナーゼはたらきについて説明せよ。 4.白血球による食作用について説明せよ。

1 さらに読み込む

homework biochem 120501 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120501 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

復習用資料 基礎生化学 ( 2012.5.1 ) 1.炭水化物は最終的にどこでどのようにして単糖にまで分解されるか。 2.小腸粘膜上皮が単糖を吸収するしくみについて説明せよ。 3.乳糖不耐症原因、発症誘引、ならびに症状について説明せよ。 4.細胞は何によってグルコースを取り込むか。

1 さらに読み込む

homework biochem 120703 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120703 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

11.グルカゴン分泌を何が促進または抑制するか。 12.グルカゴン代謝へ効果を説明せよ。 13.グルカゴンレセプターは細胞内にどのように刺激を伝えるか。 14.摂食時酵素活動変化と、それによってどのような代謝変化がおきるか調べ よ。

1 さらに読み込む

homework biochem 120424 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120424 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

4.炭素数が3アルデヒドとケトン例を挙げ、それぞれ構造式を書け。また、それ ら化学式を書け。 5.グルコースとフルクトースように、化学式が同じだが構造式が異なるものどうしを 何というか?

1 さらに読み込む

biochem 100420 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100420 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– A.   グルコ ース乳酸へ変換には酵素が必要である – B.   ヘキソ キナーゼは肝臓におけるグルコ ース代謝にお いて、 糖質を含む食餌をと っ たあと 吸収期において重 要な役割をはたす

43 さらに読み込む

biochem 100427 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100427 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

21 TCA 回路まと め( 1 ) 1 周する間に、 1 分子アセチル CoA から 3 分子 NADH, 1 分子 FADH2 ができる。 また、 1 分子 GTP ができる。 アセチル CoA 炭素は2 分子 CO2 と し て 消滅する。

35 さらに読み込む

biochem 100406 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100406 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

PTE ) • 主に下肢深部静脈( 大腿静脈・ 膝窩静脈など、 体深 部にある静脈) に形成さ れた血栓が遊離し て血流に乗っ て肺に運ばれ、 肺動脈を閉塞し て急性呼吸循環障害を

33 さらに読み込む

homework biochem 120710 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120710 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

復習用資料 基礎生化学 ( 2012.7.10 ) 1.1型糖尿病と2型糖尿病類似点と違いを述べよ。 2.ケトアシドーシスとは何か。1型糖尿病と2型糖尿病どちらで起こりやすいか。 3.糖尿病における高脂血症(高リポタンパク血症)主な原因は何か。どのようなリポ タンパク質が増えるか。

1 さらに読み込む

biochem 110419 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 110419 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

35 単糖環化(1) • アルドースもっとも末端キラル中心炭素(つまり、 端から2番目ヒドロキシ基)についているヒドロキ シ基は、アルデヒド炭素に接近しやすい位置にある。

61 さらに読み込む

Show all 10000 documents...