トップPDF 平成23年度 原子核物理学

平成23年度  原子核物理学

平成23年度 原子核物理学

電子メールアドレス: miyachi @ sci.kj.yamagata-u.ac.jp. ホームページ: http://www.quark.kj.yamagata-u.ac.jp/~miyachi/[r]

8 さらに読み込む

平成23年度  原子核物理学

平成23年度 原子核物理学

質量数 A + 1 の原子核が形成 質量数 A の原子核に中性子を照射 1938年 エンリコ・フェルミ 中性子衝撃による新放射性元素の発見と熱中性子による原子核反応の発見 中性子を原子核に衝突させる事で、新しい原子核を生成

40 さらに読み込む

平成23年度  原子核物理学

平成23年度 原子核物理学

原子核が人の大きさ程度だとすると。。。 原子:  山形市 (~20 km) 原子核: バランスボール (1 m) 陽子・中性子: ソフトボール (10 cm) 電子・クォーク: 花粉以下 (< 0.1 mm)

24 さらに読み込む

平成23年度  原子核物理学

平成23年度 原子核物理学

Q 2 =4 GeV 2  ~0.1 fm Q 2 =400 GeV 2  ~0.01 fm 核子の構造: パートン(部分子)模型 1990年 ジェローム・アイザック・フリードマン、ヘンリー・ケンドール、リチャード・E・テイラー 素粒子物理におけるクォーク模型の決定的重要性をもった、

33 さらに読み込む

平成23年度  原子核物理学

平成23年度 原子核物理学

Subatomic physics より.. 元素の存在比..[r]

16 さらに読み込む

平成23年度  原子核物理学

平成23年度 原子核物理学

Particle Data Book から.. Particle Data Book より.[r]

28 さらに読み込む

平成23年度  原子核物理学

平成23年度 原子核物理学

1932年、コッククロフトとウォルトンにより開発 最高加速電圧はコンデンサーと整流器の 絶縁耐性によって決まる。 → 数MeV程度 陽子を700 keVに加速し、原子核反応を観測 加速器を用いて観測した、最初の原子核反応

15 さらに読み込む

平成23年度  原子核物理学

平成23年度 原子核物理学

原子核の束縛エネルギー 陽子と中性子が束縛され原子核を作る → 束縛状態がより安定 原子核の束縛エネルギーの大きさと、その源(相互作用)を考える 核子をつなぎ止める力とは?

46 さらに読み込む

平成23年度  原子核物理学

平成23年度 原子核物理学

第 1励起回転モード2 + 状態(<100keV) < 核子対を壊して出来る2 + 励起状態(1~2 MeV) 回転モードの励起準位測定から慣性モーメントを決定する 180 Hfの回転バンド 裳華房 「原子核物理入門」より抜粋

37 さらに読み込む

原子核物理学概論 物理 原子核理論研究室大西明 第二回 (11/12): 原子核の構造と元素合成 原子核の基本的な構造である Shell 構造と 宇宙における元素合成について解説します あわせて 量子力学 についてお話します Shell 構造 量子力学とシュレディンガー方程式 原子の Shell 構

原子核物理学概論 物理 原子核理論研究室大西明 第二回 (11/12): 原子核の構造と元素合成 原子核の基本的な構造である Shell 構造と 宇宙における元素合成について解説します あわせて 量子力学 についてお話します Shell 構造 量子力学とシュレディンガー方程式 原子の Shell 構

その星がいつ生まれたか、どのように進化したか 推定することができる 原子核の魔法数が大きく関連する (s-process, r-process) → 魔法数は知られているから元素合成の模型の検証ができる 多くの不安定核(中性子が普通の核よりもずっと多い原子核等)が 関係する

15 さらに読み込む

平成23年度  発見の歴史(物理学)

平成23年度 発見の歴史(物理学)

素粒子の分類およびその相互作用に関する発見 1990年 ジェローム・アイザック・フリードマン、ヘンリー・ケンドール、リチャード・E・テイラー 素粒子物理におけるクォーク模型の決定的重要性をもった、 陽子および中性子標的による電子の深非弾性散乱に関する先駆的研究

30 さらに読み込む

平成23年度  発見の歴史(物理学)

平成23年度 発見の歴史(物理学)

1932 年にローレンスによって開発された サイクロトロン ( 陽子を 1MeV 以上に加速 ) The Physical Review 40 19 (1932). Rutger 大学のサイクロトロン[r]

34 さらに読み込む

平成23年度  発見の歴史(物理学)

平成23年度 発見の歴史(物理学)

The Nobel Prize in Physics 2010 Andre Geim, Konstantin Novoselov for.. “for groundbreaking experiments.[r]

30 さらに読み込む

平成23年度  発見の歴史(物理学)

平成23年度 発見の歴史(物理学)

Baltimore, MD, USA, Space Telescope Science Institute, Birth. Affiliation.[r]

43 さらに読み込む

原子核物理学入門 1. はじめに 原子核物理学の広がり, 中性子星の構造と組成 2. 原子核の大きさ 微分断面積と散乱振幅, ラザフォード散乱と構造因子, 原子核の密度分布, 不安 定原子核 3. 原子核の質量 質量公式, フェルミガス模型 4. 核物質の状態方程式 対称核物質の状態方程式, 対称エ

原子核物理学入門 1. はじめに 原子核物理学の広がり, 中性子星の構造と組成 2. 原子核の大きさ 微分断面積と散乱振幅, ラザフォード散乱と構造因子, 原子核の密度分布, 不安 定原子核 3. 原子核の質量 質量公式, フェルミガス模型 4. 核物質の状態方程式 対称核物質の状態方程式, 対称エ

質量・半径(MR)曲線は状態方程式と 1 対 1 対応し、近年発見され た重い中性子星はハイペロン・パズルを投げかけている。 大学の学部で学ぶ物理の科目(力学・電磁気・熱統計力学・量子 力学・物理数学)は最先端の研究を進める上での基礎となる。しっ かり勉強してほしい。

62 さらに読み込む

クォークから超新星爆発へ --- 原子核物理学から探る宇宙の相転移と元素合成 --大西 明 京都大学 基礎物理学研究所 Introduction: 物質の構成要素と宇宙の歴史 ビッグバンとクォーク物質の相転移 元素の起源と超新星爆発 まとめ クォークから超新星爆発へ 1

クォークから超新星爆発へ --- 原子核物理学から探る宇宙の相転移と元素合成 --大西 明 京都大学 基礎物理学研究所 Introduction: 物質の構成要素と宇宙の歴史 ビッグバンとクォーク物質の相転移 元素の起源と超新星爆発 まとめ クォークから超新星爆発へ 1

クォークから超新星爆発へ --- 原子核物理から探る宇宙の相転移と元素合成 --- 大西 明 (京都大・基礎物理研究所) Introduction: 物質の構成要素と宇宙の歴史 ビッグバンとクォーク物質の相転移

43 さらに読み込む

目次 序 年度物理学教室談話会... 3 研究報告物性物理学講座超低温物理学研究室... 4 光物性物理学研究室...10 生体 構造物性研究室...13 素励起物理学研究室 超伝導物理学研究室 電子相関物理学研究室 宇宙 高エネルギー講座宇宙

目次 序 年度物理学教室談話会... 3 研究報告物性物理学講座超低温物理学研究室... 4 光物性物理学研究室...10 生体 構造物性研究室...13 素励起物理学研究室 超伝導物理学研究室 電子相関物理学研究室 宇宙 高エネルギー講座宇宙

我々をとりまく世界で起こるあらゆる事象は、クォークとレプトンそしてヒッグス粒子と 呼ばれる素粒子の相互作用として理解できると考えられています。相互作用には、重力相互 作用、電磁相互作用、弱い相互作用、強い相互作用の4つが知られており、これらの相互作 用はゲージ粒子とよばれる粒子が媒介すると考えられています。重力相互作用を除く3つの 相互作用に関しては、すでにその存在は実験的に確かめられていますが、重力相互作用を媒 介するゲージ粒子だけは、間接的にその存在は確かめられてはいますが未だに直接観測はな されていません。また、重力相互作用だけが未だに量子論的な枠組みでの記述に成功してい ません。その理由は、重力相互作用が他の相互作用と比べて極端に弱く、そのためにその量 子論的な性質を実験的に確認することが極めて困難だからです。一番身近な力でありながら、 実験的にも理論的にも未だに未知の部分が多い重力相互作用は、21世紀に残された物理 における最大のテーマの一つといえます。この研究室では、この重力相互作用を中心に様々 な研究を行っています。2011年度に行った研究は以下の通りです.
さらに見せる

84 さらに読み込む

Taro-平成23年度 生活科 第1学

Taro-平成23年度 生活科 第1学

生活科 公開授業Ⅱ 学びの構造図 内容項目『動植物の飼育・栽培』 <第1学年 単元「きれいなはなをさかせよう」 (4/12) 1年ろ組 指導者 岩本 博裕> 授業の主張について ~あさがおを観察する楽しさを体全体で味わって・・・~ 子どもの気付きをつなぐために →観察の途中や後に,紹介する場の設定,ワークシートの工夫をします。 他教科との関連(理科)のために →見付けて[r]

6 さらに読み込む

平成23年度  発見の歴史(物理学)

平成23年度 発見の歴史(物理学)

1990年 ジェローム・アイザック・フリードマン、ヘンリー・ケンドール、リチャード・E・テイラー 素粒子物理におけるクォーク模型の決定的重要性をもった、 陽子および中性子標的による電子の深非弾性散乱に関する先駆的研究 1990年 ジェローム・アイザック・フリードマン、ヘンリー・ケンドール、リチャード・E・テイラー

47 さらに読み込む

Show all 10000 documents...