成「買年度教育部各課重点事業

Top PDF 成「買年度教育部各課重点事業:

平成19年度文部科学省 専修学校教育重点支援プラン事業

平成19年度文部科学省 専修学校教育重点支援プラン事業

この激しい競争の実態は、「客単価」の下落をもたらしている。1 世帯あたりの支出金額の推移 を観察すると、図 10 に示したとおり、美容室の主要サービスである「パーマネント代」が下落して いることがわかる。「カット代」も上下を繰り返しながら、全体としてはやや下落してきたが、2011 年 度から 2012 年度にかけては上昇している。一方で、「その他の理美容代」は上昇傾向にある。こ れは、美容サロンが行う他のサービス、すなわち、ネイルやエステについての客単価は上昇傾向 にあることを示している(これが具体的に、ネイルなのか、エステなのか、さらにそれ以外なのか、 これらのどれが上昇しているのか、などは、この資料だけでは不明である)。
さらに見せる

10 さらに読み込む

庶務課の評価表 27年度 評価事業一覧表 教育部|豊島区公式ホームページ

庶務課の評価表 27年度 評価事業一覧表 教育部|豊島区公式ホームページ

終了の理由 終了の理由  教育委員会の開催は法律で義務づけられており、多様化する教育の課題に対応するため、必要に応じて適宜開催している。 豊島区教育委員会では、平成27年3月に豊島区における学校教育の振興施策に関する基本計画として 「豊島区教育ビジ ョン2015」 を策 定した。また、同年6月には区長と教育委員会が協議・調整を行い、教育目標や施策の根本となる方針として「 豊島区教育大綱」 を策定し た。
さらに見せる

19 さらに読み込む

1-2. 国際交流基金による日本語普及事業 3. 日本語普及事業の地域別方針 重点地域 重点国 : 東南アジア 中南米 米国 英国 これら重点地域 重点国においては 主に以下の方針に基づいて事業を実施する 英国 : 教師会ネットワークとの連携や日本語教育機関への支援を通じ日本語教育の深化を図るほか

1-2. 国際交流基金による日本語普及事業 3. 日本語普及事業の地域別方針 重点地域 重点国 : 東南アジア 中南米 米国 英国 これら重点地域 重点国においては 主に以下の方針に基づいて事業を実施する 英国 : 教師会ネットワークとの連携や日本語教育機関への支援を通じ日本語教育の深化を図るほか

現地での 活動の様子 ※“日本語パートナーズ”派遣事業とは: 2013年12月に東京で開催された日・ASEAN特別首脳会議において日本政府が表明した新しいアジア文化交流政策「文化のWA(和・環・ 輪)プロジェクト~知り合うアジア~」の一環として平成26年度より開始。ASEAN各国政府との合意のもと、各国の日本語教育支援、双方 向の草の根交流促進を目的として実施(タイ、フィリピン、インドネシアとは基金と相手国教育省等との間で協定を締結。マレーシアとは締 結予定)。(財源:平成25年度補正予算 アジア文化交流強化事業補助金:総額200億円)
さらに見せる

14 さらに読み込む

平成29年度アクションプラン概要版(平成29年度の重点事業)

平成29年度アクションプラン概要版(平成29年度の重点事業)

★小規模校におけるICTを活用した学校づくり事業(就学、指導) ★学校空調設備整備事業(施設) ○PTAにおける人権教育の充実(指導、保幼) ○スクールランチセミナーの充実(保体) ○家庭教育支援事業(生涯) ○絵本の読み聞かせ事業(図書館) ○子育て支援「のびのび親子広場」事業(保幼)

2 さらに読み込む

資料 No.4 平成 29 年度 重点施策 寒川町教育委員会

資料 No.4 平成 29 年度 重点施策 寒川町教育委員会

学校教育の分野では、基礎学力の部分において、国語科の漢字に見られるよ うに、課題のある内容が残されています。課題となる内容に対して、重点的な 取り組みが必要な状況にあります。また、当該学年の内容ではなく過年度に学 習した内容が定着していない状況もありますので、スパイラルな学習も大切で す。書く力を中心とした思考力・判断力・表現力の育成に関しては、依然、課 題が残りますので、引き続き、取り組んで行く必要があります。また、児童・ 生徒を取り巻く情報環境は、大きな変容を続けており、いじめの指導とも関連 づけながら、学校・保護者が一体となって、情報モラル教育の充実を図ってい く必要があります。
さらに見せる

8 さらに読み込む

教育環境の整備(教育環境プロジェクト) 平成21年度教育行政重点施策|岡山市|学び・生涯学習|教育・文化

教育環境の整備(教育環境プロジェクト) 平成21年度教育行政重点施策|岡山市|学び・生涯学習|教育・文化

【 地域協働学校推進事業】 学校園に「運営協議会」を設置し、保護者や地域住民が学校運営に参画する ことで、学校運営を活性化して、家庭や地域社会の教育力向上を図るシステム を作るとともに、中学校区単位で「地域協働学校」の指定を行い 、 「連絡協議 会」を設置して幼・小・中の連携の強化を図ることで、就学前から義務教育修 了までの子どもの育ちを連続的に支援できるシステムを作る。

3 さらに読み込む

すべて 平成21年度教育行政重点施策|岡山市|学び・生涯学習|教育・文化

すべて 平成21年度教育行政重点施策|岡山市|学び・生涯学習|教育・文化

岡山 型一 貫教育 の推 進 【 授業で変わる!いきいき岡山っ 子育成事業】 指導主事と大学とが連携し、発達の各段階を貫く共通課題や学校種間の接続 の課題の解決を効果的に図りながら、学校園全体の教育実践や中学校区で取り 組むべき改善方策を提供・検証する。この過程を通して、子どもの学びを中学 校区で考える岡山型一貫教育を実現し、確かな学力を身に付けた自立する子ど もの育成を目指す。

20 さらに読み込む

学務課の評価表 27年度 評価事業一覧表 教育部|豊島区公式ホームページ

学務課の評価表 27年度 評価事業一覧表 教育部|豊島区公式ホームページ

区立小学校隣接校選択数 区立小学校入学相談会満足度 前年度最終評価 A':経過観察 事業内容 平成13年度から区立小・中学校に入学する予定者を対象に隣接校選択制による通学区域の弾力化を実施している。隣接校選択のため の情報提供の一つとして各校の概要・特色を紹介する学校案内を発行し、対象児童・生徒の保護者に配布。合わせて最も身近な地域の 学校である区立学校をより広く知ってもらうために学校説明会を実施し、保護者が学校に足を運ぶ契機としている。
さらに見せる

35 さらに読み込む

すべて 平成22年度教育行政重点施策|岡山市|学び・生涯学習|教育・文化

すべて 平成22年度教育行政重点施策|岡山市|学び・生涯学習|教育・文化

【 スク ールヘルスリ ーダー派遣事業】 経験の浅い養護教諭の1人配置校に、退職養護教諭を「スクールヘルスリー ダー」として派遣し、メンタルヘルスなど多様化する現代的な健康課題への対 応についての指導助言を行うなどの支援を行い、学校保健の充実を図る。

21 さらに読み込む

平成28年度研究集録(教育支援部) 研究事業|南北海道教育センター | 函館市

平成28年度研究集録(教育支援部) 研究事業|南北海道教育センター | 函館市

○ 個別の 教育支 援計画の 作成,活用 に当たっ ては,家 庭や地域 ,医療や福 祉等の関 係機関と の連 携が不可 欠であ り,医療 機関や福祉 施設等が 作成する 支援計画 等との関係 について も記述す るこ とが必要 である 。 上記の 点を踏 まえ, はこだ て子ども サポートシ ートの 作成に当 たっては , 次の3点 を工夫し た。 < 特別支援 学級在 籍児童・ 生徒用>

17 さらに読み込む

平成28年度研究集録(教育相談部) 研究事業|南北海道教育センター | 函館市

平成28年度研究集録(教育相談部) 研究事業|南北海道教育センター | 函館市

実を図っていくことが必要である。 平成28年度函館市学校教育推進の指針「アプローチ」では,支持的風土を築く学 年・学級経営の一層の充実と検証を重点指導事項として,子ども理解を基盤にしなが ら,集団指導と個別指導の両輪の指導を推進するにあたり,成長を促す指導や予防的

19 さらに読み込む

平成28年度研究集録(教育方法部) 研究事業|南北海道教育センター | 函館市

平成28年度研究集録(教育方法部) 研究事業|南北海道教育センター | 函館市

本市に おいては ,こう した国の動 向を踏 まえ,平 28年 度函館市 の学校 教育推進の 指針「 アプ ローチ」 の中で, 重点指 導事項Ⅰと して「 粘り強さ を育む組 織的な学 習指導 の一層の充 実と検 証」 を掲げ, 学力向上 に向け た授業改善 につい て,問題 解決的な 学習を通 して, 全ての子ど もが思 考し たり判断 したりす る「探 究型の授業 」に積 極的に取 り組むこ とを示し た。

15 さらに読み込む

教育センターの評価表 28年度 評価事業一覧表 教育部|豊島区公式ホームページ

教育センターの評価表 28年度 評価事業一覧表 教育部|豊島区公式ホームページ

正規職員の任用に関しては、慎重に検討していく。 終了の理由 28年度より勤務日数が増加し、16日勤務2名、8日勤務2名の体制となった。関係機関との連携の強化や全小・中学校の不登校対策会議等に出席し学校と連携 を深めるなど成果を上げている。しかし、非常勤職員の体制では、学校からの緊急な派遣申請により迅速に対応することが難しく、また勤務日数で派遣するSSW を決定し、問題解消においてもSSW個々の力量に頼らざるを得ない現状である。本来全てのケースは豊島区教育員会の教育理念に基づき組織的な問題解消に 向けた対応が必要であるが、非常勤職員制度ではそこまで十分には至っていない。
さらに見せる

17 さらに読み込む

目 次 目次, 沿革組織 機構, 歴代所長 1 職員一覧 2 運営の基本方針 3 事業の概要 3 1 研修事業 3 2 研究調査事業 5 3 教育情報事業 6 4 教育相談事業 8 平成 25 年度事業の重点 9 総合教育センター関連の条例 規則等 10 施設 設備 12 総合教育センター案内図 沿

目 次 目次, 沿革組織 機構, 歴代所長 1 職員一覧 2 運営の基本方針 3 事業の概要 3 1 研修事業 3 2 研究調査事業 5 3 教育情報事業 6 4 教育相談事業 8 平成 25 年度事業の重点 9 総合教育センター関連の条例 規則等 10 施設 設備 12 総合教育センター案内図 沿

第 1 条 この要綱は、教育公務員特例法(昭和 24 年法律第 1 号)第 21 条第 2 項、第 23 条第1項及び第 24 条第1項並びに地方公務 員法(昭和 25 年法律第 261 号)第 39 条第 2 項の規定により、県立の高等学校、特別支援学校及び幼稚園の教員並びに市町村立及 び学校組合立の小学校、中学校、高等学校及び幼稚園の教員に対して長野県教育委員会が行う研修(海外派遣研修、内地留学研修 等を除く。以下同じ。)の実施に関して必要な事項を定めるものとする。
さらに見せる

16 さらに読み込む

< 目次 > Ⅰ.2017( 平成 29) 年度事業計画の概要 Ⅱ.2017( 平成 29) 年度事業計画体系 Ⅲ. 重点事業への取り組み

< 目次 > Ⅰ.2017( 平成 29) 年度事業計画の概要 Ⅱ.2017( 平成 29) 年度事業計画体系 Ⅲ. 重点事業への取り組み

・9月以降、2018(平成30)年度全国大会(岐阜)の準備を開始した。 日-16:組織拡充モデル県連盟については、2016(平成28)年度から高知県連盟と山口県連盟を、2017 (平成29)年度からは秋田県連盟を加え、組織拡充を推進している。 秋田では、5月21日の県連盟年次総会に合わせ村田委員長の講演「一人でも多くの青少年にスカウティ ングを」、県教育庁生涯学習課長との面会、翌日には、(訪問順)AKT秋田テレビ、NHK秋田放送局、 秋田市教育委員会、ABS秋田放送、秋田魁新報社、AAB秋田朝日放送を訪問し支援要請を行った。6 月17日にはイオンモール秋田での防災キャラバンにて広報・募集活動の支援を行った。1月の県連盟新 春の集いでは、村田委員長が講演「スカウト運動の浸透と社会的価値の向上を」を行った。また、募集活 動用に秋田県連盟専用のチラシを6千作成し、県連盟事業他で配付を行った。
さらに見せる

35 さらに読み込む

学校施設課の評価表 28年度 評価事業一覧表 教育部|豊島区公式ホームページ

学校施設課の評価表 28年度 評価事業一覧表 教育部|豊島区公式ホームページ

事務事業名 小・中学校大規模環境整備事業 事 務 事 業 を構 す る 予 算 事 業 ①大規模環境整備経費(小学校費) ②一般環境整備経費(小学校費) ③大規模環境整備経費(中学校費) ④一般環境整備経費(中学校費)

7 さらに読み込む

生涯学習の充実(生涯学習プロジェクト) 平成21年度教育行政重点施策|岡山市|学び・生涯学習|教育・文化

生涯学習の充実(生涯学習プロジェクト) 平成21年度教育行政重点施策|岡山市|学び・生涯学習|教育・文化

【 競技スポーツの支援及びスポーツ環境の整備】 岡山市の競技スポーツ振興に資するため、競技力効能に関する各種の事業や 施策を推進する。また、プロスポーツへの支援を通じ、日本各地あるいは世界 に向けて岡山市をアピールし、地域の活性化を図る。

2 さらに読み込む

平成 26 年度 消防局重点事業方針 千葉市消防局

平成 26 年度 消防局重点事業方針 千葉市消防局

・初任科教育において、消防職員に不可欠な規律と団結と併せ、職務倫理を涵養すると ともに基礎教育を通じた知識・技術の修得を図る。 ・専科教育等において、 「年間教育訓練計画」に定める各課程を通じて、職務遂行能力の 向上を図る。なお、新たに開講する「再教育科新人再教育課程」において、自己研鑽 方式を積極的に活用する。

19 さらに読み込む

庶務課の評価表 28年度 評価事業一覧表 教育部|豊島区公式ホームページ

庶務課の評価表 28年度 評価事業一覧表 教育部|豊島区公式ホームページ

学習用パソコンでは、平成26年度にタブレットパソコンへ切替、無線LAN化が完了し、校務用パソコンでは、校務支援システムで先進的な電子認証を導入する など平成27年度から本格的に運用を開始した。引き続き、機器・ソフトの効果的な整備と活用を図っていくとともに、日々複雑化・高度化する情報セキュリティの脅 威に対応し、安全にICT機器を活用できる環境を整備する必要がある。 ICT機器を活用し、授業や校務で有効活用できるよう教員のスキルアップを図り、学習効果の向上や校務の負担軽減を図る。また、情報セキュリティの脅威に 迅速に対応する体制を整備する。
さらに見せる

17 さらに読み込む

指導課の評価表 28年度 評価事業一覧表 教育部|豊島区公式ホームページ

指導課の評価表 28年度 評価事業一覧表 教育部|豊島区公式ホームページ

の 手 段 ①H26年6月及び11月に授業改善リーダー育成として、能代市派遣研修を実施。②11月に事務局を含む教員派遣団18名が能代市を訪問 し、能代市小・中学校での授業参観と意見交流。 ③8月にとしま教育フォーラムを開催。能代市から教員派遣団来訪。④11月に、生徒間交 流で豊島区中学生16名が2泊3日で能代市訪問。⑤H26年1月に能代市より教員派遣団16名来訪、小学校研究発表に参加。区内小・中学 校に授業参観、意見交換会実施。

25 さらに読み込む

Show all 10000 documents...