QoS の指定

ドキュメント内 ViewStation EX/ViewStation FX/ VS4000 システムの概要 (Page 56-59)

3. [

次へ

] を選択して、ゲートウェイ通話に使用する各帯域に対して識別番号を入力

します。

ゲートウェイの設定には、システムに対して定義した識別番号と同じ番号を使用してくだ さい。

第 3 章 - ネットワークオプションの設定

ISDN サポートの設定

システムには、オプションのネットワーク インターフェース モジュールを 1 つ追加で

きます。

これにより、システムの機能を拡張して以下のことが行えるようになります。

PRI/T1 ネットワーク (北米) または PRI/E1 ネットワーク (北米以外) 経由で ISDN

通話を発信する。

BRI ネットワーク経由で ISDN 通話を発信する。

❑ シリアル V.35/RS-449/RS-530 インターフェースを使用して、暗号化装置やサード パーティーのネットワーク機器を接続する。

この項では、各オプション ネットワーク インターフェースの設定方法を説明します。

また、特定のネットワークインターフェースでのみ利用できる設定についても取り上 げます。

ネットワークインターフェースを設定できるのは、該当するネットワーク インター フェース モジュールが設置されている場合のみです。 システムによってモジュールが 自動的に検出され、必要な設定画面のみが表示されます。

IMUX の設定

IMUX は、Quad BRI ネットワークインターフェースと PRI ネットワークインター

フェースに対してのみ設定する必要があります。

V.35/RS- 449/RS-530 ネットワーク

インターフェースを使用する場合、この項を参照する必要はありません。

IMUX

を設定するには、次の手順に従います。

1. [

システム情報

] > [

管理者設定

] > [

ビデオネットワーク

] > [IMUX

設定

] の順に選

択します。

2.

各アイコンを選択し、対応する画面で設定を行います。

選択対象 設定

ISDN 番号 1. システムの設置場所に対応した市外局番を指定します。

2. 各回線の B1 チャネルと B2 チャネルに割り当てる番号を指定し ます。

1 回線の 2 つの番号を同じにするかどうかは、使用中のスイッチ プロトコルによって決定されます。

SPID

(NT1 デバイスを使用 する Quad BRI のみ)

1. システムが PBX に接続されている場合は、[PBX] を選択します。

この画面では、これ以上の設定は不要です。

メモ: Web インターフェースでは、[PBX] は選択できません。 PBX に接続されたシステムの設定を Web インターフェースから行う場 合は、この画面をスキップしてください。

2. システムが PBX に接続されていないときに、ISDN スイッチプ ロトコルを AT&T 5ESS Multipoint、NI-1、Nortel DMS-100 のい ずれかに設定した場合は、システムの SPID を指定します。指定 した番号は、システムによって検証されます。入力した SPID をシステムが検証できない場合は、システムが接続されている かどうか、また入力した ISDN 番号に誤りがないかどうかを確 認します。

米国またはカナダにシステムを設置している場合は、SPID を自 動検出することができます。

3. [開始]を選択します。

音質設定 G.722 アルゴリズムを使用した通話に利用する最低帯域を指定しま

す。これよりも低い帯域での通話には、G.728 アルゴリズムが使用 されます。

ダイヤル方式設定 すべての ISDN チャネルを同時にダイヤルするか、1 チャネルずつ ダイヤルするかを指定します。

1 チャネルずつダイヤルする場合、各チャネルは前のチャネルが接 続されるまでダイヤルされません。この設定は、すべてのチャネル を同時にダイヤルすると問題が発生する場合に使用してください。

ダイヤル速度 ユーザーは、ここで指定された通話レートを通話発信時に選択でき ます。

ISDN 通話では、Nx56 と Nx64 のレートを使用できます。

IP 通話では、IPX56 と IPX64 のレートを使用できます。

第 3 章 - ネットワークオプションの設定

ドキュメント内 ViewStation EX/ViewStation FX/ VS4000 システムの概要 (Page 56-59)