RS-449/RS-530 イ ンターフェースを使用

ドキュメント内 ViewStation EX/ViewStation FX/ VS4000 システムの概要 (Page 127-137)

シリアル V. 35/RS-449/RS-530 ネットワークインターフェースの設定

最大 4 つの ISDN ネットワーク回線インジケータ ( 各 BRI チャネルに 1 つずつ ) が表示 されます。 BRI ネットワーク回線インジケータはすべて緑の上向きになっている必要

V.35/ RS-449/RS-530 イ ンターフェースを使用

しているシステムが特 定の速度の通信を着信 できない。

全体 V.35/RS-449/RS-530 システムで

は、56 と 64 の両方で割れる通話 速度 (448K: 8 x 56 K、7 x 64 K な ど) の帯域を割り当てる方法を 決められないため、通話が正常に 接続されません。

こちら側から発信するか、相手側に別 の通話速度で再発信してもらいます。

ボンディング通話で、

112 または 128 の速度 を選択できない。

全体 これらの速度は速度アイコンを 選択しても表示されません。

[管理者設定] > [ビデオネットワーク]

> [ダイヤル速度]画面で回線速度を追 加します。

暗号化を使用していな いサイトへの通話を確 立できない。

全体 暗 号 化 が必 要 な こと を 告 げ る メッセージがシステムから表示 されます。

こちら側のシステムの設定ではすべて の通話に暗号化が必要ですが、相手側 システムで暗号化を利用できません。

症状 システム 原因 解決策

中程度の問題

ここで説明する問題が発生すると、通話での会話に支障が出たり、会話が行えなくなっ たりします。

症状 システム 原因 解決策

通話中に音声が聞こえ ない。

全体 相手側の音声がミュートされて います。

相手側の[ミュート]アイコンを確認し

ます。相手側にマイクのミュートを解 除してもらいます。

メモ: こちら側で相手側の[ミュート] アイコンが表示されていなくても、相 手側のマイクがミュートされている場 合があります。

モニターまたは外部オーディオ システムの音量レベルが最低に なっています。

モニターまたは外部オーディオシステ ムの音量設定を確認します。次に、[診 断] > [音声]から [スピーカーテスト] 画面を使用して、システムの音声出力 を確認します。400 Hz のトーンが聞こ えるはずです。

システムの音声出力が正しく接 続されていません。

システムとモニター (または外部オー ディオシステム) の音声接続を確認し ます。

システムがモニターの音声コネクタ に正しく接続されていることを確認 します。

相手側のマイクが正しく配置さ れていません。

各発言者はマイクに向かい、離れすぎ ないようにします。

相手側のマイクが接続されてい ないか、マイクに電源が供給さ れていません。

相手側にマイクのケーブルを確認して もらいます。

回線エラーが多すぎます。 時間を置いて通話を再発信します。

多地点通話で、システ ムに特定の相手側サイ ト の 画 像 が 表 示 さ れ ず、電話機の画像が表 示される。

全体 相手側サイトが音声通話で接続 しています。

相手側のシステムが正しい帯域 で接続できない場合、この状態 になります。

該当するサイトに通話速度を変えて通 話を発信するか、そのサイトからこち ら側に別の通話速度で通話を発信して もらいます。

こちら側の音声が相手 側に聞こえない。

全体 マイクがミュートされています。 マイクのミュートを解除してください。

マイクが接続されていないか、

正しく接続されていません。

マイクが正しく設置されていることを 確認します。

マイクが機能していない。 Polycom 製品のリセラーに連絡してく ださい。

リモコンを使用しても モニター画面に何も表 示されない。

全体 モニターの電源コードが接続さ れていません。

モニターの電源コードを接続して、モニ ターの電源スイッチをオンにします。

モニターの電源がオフになって います。

モニターの電源スイッチをオンにし ます。

モニターがシステムに正しく接 続されていません。

2-5ページの「メインモニター」の設 置手順に従って、モニターが正しく接 続されていることを確認します。

第 7 章 - 診断と一般的なトラブルシューティング

軽微な問題

ここで説明する問題によって会話に支障が出ることはありませんが、テレビ会議の質 が低下します。

1 つ以上のシステムコ ンポーネントが正常に 動作しない。

全体 コンポーネントの電源が入って いません。

コンポーネントの電源コードがコンセ ントに接続されていて、電源が入って いることを確認します。

コンポーネントが正しく接続さ れていません。

2-1ページの「システムハードウェア のセットアップ」の設置手順に従って、

ケーブルが正しく接続されていること を確認します。

症状 システム 原因 解決策

症状 システム 原因 解決策

ブラウザからシステム にアクセスできない。

全体 [DHCP クライアント] がオンで

あ る に も か か わ ら ず、DHCP サーバーを利用できません。

ネットワーク管理者に連絡してくだ さい。

システムまたはコンピュータが LAN に接続されていません。

シ ス テム 背 面の LAN ポ ー トに LAN ケーブルが接続されているかどうか確 認します。

コンピュータに LAN ケーブルが接続 されているかどうか確認します。

LAN ケーブルに問題があります。 システム背面のランプをチェックしま す。LAN に接続中であることを示す緑 のランプが点灯し、LAN トラフィック がある場合は、オレンジのランプが点 滅するはずです。

コンピュータが別のサブネット 上にあり、システムとコンピュー タの間にルーターが存在します。

コンピュータとシステムの LAN また はサブネットが同じになるように、ど ちらかのサブネットマスクと IP アド レスを変更します。

コンピュータとシステムの間に ファイアウォールがあります。

ネットワーク管理者に相談してくだ さい。

通話中の音量が低い。 全体 システムに設定されている音量 が低すぎます。

リモコンを使用して音量を上げます。

モニターまたは外部オーディオ システムに設定されている音量 が低すぎます。

モニターまたは外部オーディオシステ ムの音量を上げます。

マイクポッドが発言者から遠す ぎます。

マイクポッドを発言者に近づけます。

着信音やその他の効果 音が大きすぎるか、小さ すぎる。

全体 効果音の音量が適切なレベルに 設定されていません。

[音声設定] 画面で効果音の音量を調整 します。効果音を消したい場合は、音 量を 0 に設定します。

システムの内蔵スピー ViewStation EX モニターケーブルの音声コネク 2-5ページの「メインモニター」の設

会話中にこちら側でエ コーが聞こえる。

全体 相 手 側 のマ イ ク が音 声 ス ピ ー カーに近すぎます。

相手側のマイクが音声スピーカーから 離れた位置に配置されていることを確 認します。

相手側の音量が大きすぎます。 相手側で音量を下げます。

システムのモニターま たは外部オーディオシ ステムからこちら側の 音声が聞こえる。

全体 モニターまたは外部オーディオ システムが VCR 音声出力に接 続されています。

2-1ページの「システムハードウェア のセットアップ」の設置手順に従って、

すべての機器が正しく接続されている ことを確認します。

発言者がワイヤレスマ イクを使用すると音声 が歪む。

ワイヤレスマイクの出力がシス テムの音声入力の許容範囲を超 えています。

ワイヤレスマイクの音量を下げます。

VCR で再生されている 内容を、通話の参加者が 視聴できない。

全体 VCR が選択されていません。 VCR (カメラ 3) を選択します。

[こちら側]を 2 回押し、VCR アイコン を選択します。

VCR が正しく設定されていま せん。

VCR が 2-21ページの「VCR」 (「オプ ション機器のセットアップ」内) の手順 に従って接続されていることを確認し ます。

メーカーから提供されるマニュアル に従って、VCR を正しく設定してくだ さい。

メインモニターに何も 表示されない。

全体 一 定 時間 使 用 さ れな か っ た た め、システムがスリープモード になっています。

リモコンでシステムのスリープモード を解除します

通話中に画像が頻繁に 停止する。

全体 ネットワーク回線に伝送エラー が多すぎるか、ネットワーク上に トラフィックが多すぎます。エ ラー数は、[診断] > [通話情報] 画面で確認できます。

通話を再発信します。

ネットワークインターフェース ケーブルに問題があります。

ケーブルを交換します。

画像が遅いか、ぎごち ない。

全体 通話中に 64 Kbps チャネルが 1

つしか接続されていません。

相手側の ISDN 番号をチェックします。

相手側から通話を発信してもらいます。

相手側からの画像に動きの多い 画像が含まれています。

動きの少ない背景を使用すると、滑ら かで美しい画像が得られます。

モニターを 2 台使用し ているとき、1 台めのモ ニターと 2 台めのモニ ターに同じ画像が表示 される。

全体 モニターが 1 台しか有効になっ ていません。

[管理者設定] > [画像設定] > [テレビモ ニタ]画面で、システムでの 2 台のモ ニターの使用を有効にします。

2 台めのモニターが VCR ビデ オ出力に接続されています。

モニター 2 を、システムの背面パネル にあるモニター 2 接続に接続します。

VS4000 2 台のモニターが同じ出力に接

続されています。モニターには、

コンポジット出力と S ビデオ出 力があります。

モニター 2 を、システムの背面パネル にあるモニター 2 接続に接続します。

症状 システム 原因 解決策

第 7 章 - 診断と一般的なトラブルシューティング

グラフィックスを表示 したときに画像の端が 切れる。

全体 相手側からのグラフィックスが

NTSC モニターに表示されてい

ます。

この問題は、RADVision MCU を 使用して多地点通話を行う場合 に発生する可能性があります。

VGA モニターを使用して、グラフィッ クスを表示します。

PIP ウィンドウが青い 画面になる。

全体 ビデオ入力がありません。 選択された入力にビデオソースが接続 されているかどうかをチェックします。

カ メラ の選 択 が正 しく あり ま せん。

正しいカメラを選択します。 [カ メラ]ボタンを押してから、使用するカ メラの番号を押してください。

旧型のリモコンを使用している場合は、

[こちら側]を 2 回押してから使用 するカメラの番号を押してください。

VCR 入力が選択されているに もかかわらず、VCR が動作して いません。通常、VCR でテープ が再生されていないときには、

青い画面が表示されます。

別のカメラを選択するか、VCR でテー プを再生します。

こちら側のカメラでパ ンまたはチルトができ ない。

全体 パン/チルト/ズーム機能のない カメラを動かそうとしています。

パン/チルト/ズーム機能のあるカメラ を選択していることを確認してくだ さい。

カメラ制御ケーブルが正しく接 続されていません。

カメラが2-3ページの「メインカメラ」

または2-16ページの「書画カメラまた はその他の追加カメラ」の手順に従っ て接続されていることを確認します。

こちら側のカメラを 選択できない。

VS4000 [システム情報] > [管理者設定] >

[画像設定] > [カメラ]画面で、カ メラが無効になっています。

カメラを有効にします。

症状 システム 原因 解決策

ドキュメント内 ViewStation EX/ViewStation FX/ VS4000 システムの概要 (Page 127-137)