H.323 設定の指定

In document ViewStation EX/ViewStation FX/ VS4000 システムの概要 (Page 53-56)

ゲートキーパーを使用しているネットワークでは、H.323 名と内線番号を自動的に登 録できます。

こうしておくと、IP アドレスではなく H.323 名または内線番号を使って

このシステムに電話することができます。

H.323

設定を指定するには、次の手順に従います。

1. [

システム情報

] > [

管理者設定

] > [LAN/H.323] > [H.323] > [

設定

] の順に選択します。

2.

次のオプションを設定します。

設定 説明

本システムの H.323 名 ゲートキーパーとゲートウェイがシステムの識別に使用する名 前を指定します。発信側と着信側のシステムがどちらもゲート キーパーに登録されていれば、H.323 名を使って 1 地点通話を発 信できます。

H.323 名のデフォルト値はシステム名と同じですが、変更できま

す。組織によっては、使用できる名前が規定されている場合があ ります。各システムの名前は一意である必要があります。

この設定を変更すると、システムが再起動します。

H.323 内線番号 ゲートキーパーとゲートウェイがシステムの識別に使用する内

線番号を指定します。

デフォルトの H.323 内線番号はシステムのシリアル番号に基づ いていますが、変更できます。組織によっては、使用できる内線 番号が規定されている場合があります。各システムの内線番号は 一意である必要があります。

この設定を変更すると、システムが再起動します。

H.323 自動ダイヤル 入力したダイヤル情報の形式に基づいて、システムで自動的に通

話タイプが検出されます。 [テレビ通話] 画面には、ISDN フィー ルドと IP フィールドは表示されません。

IP ダイヤルで 内線番号を表示

[テレビ通話] 画面に入力フィールドを追加し、ゲートウェイ ID

とは別に H.323 内線番号を入力できるようにします。

内線番号用の入力フィールドを追加しない場合、ユーザーはゲー トウェイ番号の後に内線番号を追加するか、ゲートウェイからの 要求があったときにトーンパッドを使用して内線番号を入力で きます。

ダイヤル速度の設定

ダイヤル速度の設定では、通話の発信時やディレクトリへのエントリ追加時にユー ザーが使用できる速度を定義できます。

ユーザーが使用できるダイヤル速度を設定するには、次の手順に従います。

1. [

システム情報

] > [

管理者設定

] > [LAN/H.323] > [H.323] > [

ダイヤル速度

] の順に

選択します。

2.

ユーザーは、ここで選択された通話レートを通話発信時に使用できます。

ISDN 通話では、Nx56 と Nx64 のレートを使用できます。

IP 通話では、IPX56 と IPX64 のレートを使用できます。

ゲートキーパーを使用するためのシステム設定

ゲートキーパーは、ネットワークトラフィックを監視し、帯域制御や接続許可制御な どの機能を管理します。

また、ゲートキーパーにはアドレス変換を処理する役割もあ

ります。この機能により、ユーザーは日によって変わる可能性のある IP アドレスでは なく、静的なエイリアスを使って通話を発信できます。

ゲートキーパーが使用されるようにシステムを設定するには、次の手順に従います。

1. [

システム情報

] > [

管理者設定] > [LAN/H.323] > [H.323] > [ ゲートキーパー

] の順

に選択します。

2.

次のオプションを設定します。

設定 説明

H.323 名 ゲートキーパーとゲートウェイがシステムの識別に使用する名前

を指定します。発信側と着信側のシステムがどちらもゲートキー パーに登録されていれば、H.323 名を使って1地点通話を発信で きます。

H.323 名のデフォルト値はシステム名と同じですが、変更できます。

組織によっては、使用できる名前が規定されている場合がありま す。各システムの名前は一意である必要があります。

この設定を変更すると、システムが再起動します。

H.323 内線番号 ゲートキーパーとゲートウェイがシステムの識別に使用する内線

番号を指定します。

デフォルトの H.323 内線番号はシステムのシリアル番号に基づい ていますが、変更できます。組織によっては、使用できる内線番号 が規定されている場合があります。各システムの内線番号は一意で ある必要があります。

この設定を変更すると、システムが再起動します。

第 3 章 - ネットワークオプションの設定

ゲートウェイを使用するためのシステム設定

ゲートウェイは、IP ネットワークと ISDN ネットワークとの間でプロトコルの変換を 行い、異なるネットワーク上のユーザーが通話できるようにします。

ゲートウェイが

使用されるようにシステムを設定した場合は、ゲートキーパーも使用されるようにす る必要があります。

ゲートウェイが使用されるようにシステムを設定するには、次の手順に従います。

1. [

システム情報

] > [

管理者設定

] > [LAN/H.323] > [H.323] > [

ゲートウェイ

] の順に

選択します。

2.

次のオプションを設定します。

ゲートキーパー使用 ゲートキーパーを使用するかどうかを指定します。IP ネットワーク

と ISDN ネットワークの間の通話には、ゲートウェイとゲートキー

パーが必要です。

オフ — 通話にゲートキーパーを使用しません。

アドレス指定 — 指定されたゲートキーパーを使用します。

ゲートキーパーの IP アドレスまたは名前

(例: 「gatekeeper.companyname.usa.com」、

「255.255.255.255」) を入力します。

自動 — 使用可能なゲートキーパーが自動的に検出されます。

この設定を変更すると、システムが再起動します。

ゲートキーパー IP アドレス

ゲートキーパーの IP アドレスを表示します。ゲートキーパーの指 定を選択した場合は、ここに IP アドレスを入力します。

この設定を変更すると、システムが再起動します。

外部発信ルート ゲートキーパーを使用しているシステムでは、システムから発信す る通話を、ゲートウェイ経由で送信される IP 通話として処理する

か、ISDN 通話として処理するかを指定します。

多地点通話を PathNavigator から ダイヤルしますか?

多地点通話を行うときにシステム内部の多地点通話機能と PathNavigator の Conference on Demand 機能のどちらを使用する か指定します。この機能は、次の場合にのみ使用できます。

システムが多地点通話用に設定されている。

システムに PathNavigator のゲートキーパーが登録されている。

設定 説明

設定 説明

ゲートウェイ番号 種別

このシステムに電話をかけるためにユーザーが入力する番号のタ イプを指定します。

ダイヤルイン (DID) — 内線番号を入力してこのシステムに直接 電話します。

メモ: このオプションを選択した場合は、電話番号を E.164 エイ

リアスとしてゲートキーパーに登録しておく必要があります。

電話番号 + 内線番号 — ゲートウェイ番号とシステムの内線番号 を入力してこのシステムに電話します。

3. [

次へ

] を選択して、ゲートウェイ通話に使用する各帯域に対して識別番号を入力

します。

ゲートウェイの設定には、システムに対して定義した識別番号と同じ番号を使用してくだ さい。

In document ViewStation EX/ViewStation FX/ VS4000 システムの概要 (Page 53-56)