次のいずれかを選択します。

ドキュメント内 ViewStation EX/ViewStation FX/ VS4000 システムの概要 (Page 93-98)

シリアル V. 35/RS-449/RS-530 ネットワークインターフェースの設定

カスケード接続通話に 3 か所以上の他サイトを接続する

3. 次のいずれかを選択します。

[

はい

] — 通話に自動的に応答します。

[

いいえ

] — 通話に手動で応答します。

[

着信拒否

] — 着信通話を自動的に拒否します。相手側は、サイトが応答しな

いことを示すメッセージを受け取ります。

AES 暗号化の設定

通話を暗号化するには、AES 暗号化ソフトウェアの登録キーの入力が必要な場合があ ります。

1. [

システム情報

] >[

管理者設定

] > [

ソフト/ ハード] > [ システムオプション]

の順に

選択します。

2. AES 暗号化キーを入力します。

3. [

システム情報

] >[

管理者設定

] > [

セキュリティ

] の順に選択します。

4. [

暗号化]

で、以下のオプションを設定します。

AES 暗号化オプションの購入については、Polycom 製品の販売元にお問い合わせください。

設定 説明

必須 すべての通話を暗号化する場合に指定します。相手側が暗号化を サポートしていない場合は、通話は接続されません。

使用不可 通話に暗号化のオプションを必要としない場合に指定します。

使用可の場合 相手側のシステムでサポートされているときは暗号化を使用する場 合に指定します。暗号化されていない通話も問題なく接続されます。

パスワードとセキュリティのオプションの設定

管理者パスワードとミーティングパスワードを入力または変更できるほか、システム へのリモートアクセスを許可するかどうかを指定できます。

1. [

システム情報

] > [

管理者設定

] > [

セキュリティ

] の順に選択します。

2.

次のオプションを設定します。

設定 説明

システム管理パスワード システム管理パスワードを入力または変更します。

システム管理パスワードを設定すると、次の操作でそのパス ワードの入力が必要となります。

[ユーザー設定] 画面以外での設定変更

ソフトウェアのアップデート

Web インターフェースを使用したシステム管理 ミーティングパスワード 以下の場合にユーザーが入力するパスワードを指定します。

内部 MCU を使用した多地点通話に参加する

Web インターフェースでスライドを表示する

Web インターフェースでストリーミングを表示する

Web インターフェースでクローズドキャプション機能にア クセスする

このフィールドには、このシステムの通話先システムのパス ワードを格納することもできます。パスワードがこのフィール ドに格納されていれば、通話時の入力は不要になります。パス ワードは、使用しているシステムから自動的にパスワードを求 めているシステムに提供されます。

ソフトウェアアップ デートパスワード

他のサイトから ISDN ネットワーク経由でシステムソフトウェ アをアップデートするときのパスワードを指定します。

暗号化

([シ ステムオプション] 画面で有効にした場合)

AES 暗号化をサポートする他の端点との通話を暗号化するかど うかを指定します。

リモートアクセスの可否 次のアプリケーションからシステムへのリモートアクセスを許 可するかどうかを指定します。

FTP

Web

Telnet

SNMP

これらのアプリケーションは任意で選択できます。また、自由 に組み合わせることもできます。

メモ:リモートアクセスの設定を変更した場合は、システムを再 起動します。

暗号再同期 システムに V.35/RS-449/RS-530 ネットワークインターフェー スモジュールが接続されている場合に利用できます。

暗号再同期の設定方法については、3-17ページの「シリアル V.35/RS-449/RS-530 ネットワークインターフェースの設定」

を参照してください。

第 4 章 - システムのカスタマイズ

システムの時間設定

システムの時間を設定すると、通話記録レポートに各地域の日時を表示できます。

1. [

システム情報

] >[

管理者設定

] > [LAN/H.323] > [NTP

設定

] の順に選択します。

2.

次のオプションを設定します。

設定 説明

時間サーバー システムの自動時間設定のために、時間サーバーに接続するかどう かを指定します。独自の時間サーバーを指定する場合は、[手動] を 選択し、以下のフィールドに DNS 名または IP アドレスを入力し ます。

サーバー IP アドレス 必要に応じて、独自の時間サーバーを指定します。

夏時間 現在のシステムの時間が夏時間に調整されている場合に指定し ます。

GMT との時差 システムの設置場所と GMT (グリニッジ標準時) との時差を指定 します。

ユーザーに対するヘルプ

システムのインストールとネットワーク設定を完了し、動作のデザインも終えました。

これでユーザーが通話を開始できます。必要であれば、ユーザーが通話の基本的なタ スクに慣れるまで、ヘルプを提供できます。

ユーザーは次のリソースを使用できます。

❑ 『ViewStation EX/ViewStation FX/VS4000 クイックヒント』

通話中に参照できる 2

ページのクイックリファレンスです。

ViewStation システムで通話を行う場合の基

本事項を記載しています。

『入門ガイド』

— 初心者から経験者まで、あらゆるユーザーを対象としています。

このマニュアルには、会議の基礎、通話のさまざまな発信方法、リモコンの使い 方、プレゼンテーションの実施方法などが記載されています。

各製品の最新マニュアルについては、www.polycom.com/videodocumentationでテレビ会議の マニュアルを参照してください。

5

システムのリモート管理

リモートコンピュータからシステムの設定、管理、監視を行うには、システムの Web インターフェース、

Polycom Management Access (PMAC) ウィザード、Polycom Global

Management System

、SNMP のいずれかを使用します。

使用する管理ツールは、ネットワーク環境に合わせて選択します。

Web インターフェースを利用する場合は、Web ブラウザを準備するだけでシステ

ムを管理できます。

PMAC ウィザードと Address Book Utility は、www.polycom.com/videosoftware

でダウンロードできます。

Polycom Global Management System (GMS) を利用する場合は、GMS アプリケー

ションをネットワークにインストールする必要があります。

SNMP を利用する場合は、ネットワーク管理ステーションにネットワーク管理ソ

フトウェアをインストールする必要があります。

この章の内容 ページ

Web インターフェースの使い方 5-2

PMAC ウィザードの使い方 5-3

Address Book Utility の使い方 5-4

GMS を使用しているシステムの使い方 5-6

SNMP の設定 5-8

Web インターフェースの使い方

Web インターフェースを使用して、ローカルシステムで行うほとんどの通話と設定の

操作を実行できます。

Web

インターフェース用にブラウザを設定するには、次の手順に従います。

1. Web ブラウザには、次のいずれかのソフトウェアバージョンを使用してください。

Microsoft Internet Explorer 5.5 以降

Netscape 6.0 以降

ドキュメント内 ViewStation EX/ViewStation FX/ VS4000 システムの概要 (Page 93-98)