PRIMEQUEST の設定

In document 設計ガイド (Page 88-95)

第8章 サーバ環境の決定と設定

8.2 サーバ環境の設定

8.2.3 PRIMEQUEST の設定

電源操作の監視タイムアウト値

電源操作の監視タイムアウト値を変更する場合、「運用ガイド CE」の「付録A 運用時の留意点」の「物理サーバの電源操作の監視 タイムアウト値の変更」を参照してください。

注意

異なるシャーシ間でサーバ切替え、クローニングを行う場合、各シャーシのSNMPコミュニティー名に同じ値を使用してください。

8.1.2 ラックマウント型サーバとタワー型サーバの設定値

本製品では、サーバを管理するために、以下のリモートマネジメントコントローラーを利用しています。

・ PRIMERGYの場合

iRMC

・ HPサーバの場合

iLO2(integrated Lights-Out)

・ DELL/IBMサーバの場合

BMC(Baseboard Management Controller)

リモートマネジメントコントローラーの設定値

リモートマネジメントコントローラーに設定する以下の値を用意します。

IPアドレス

管理サーバと通信できるIPアドレスです。

ユーザー名

リモートマネジメントコントローラーから管理対象サーバを操作するために使用する認証用ユーザー名です。

リモートマネジメントコントローラーで管理者以上の権限を持つユーザー名を指定します。

半角英数字と記号(ASCII文字(0x20~0x7e))で構成された16文字以内の文字列です。

すでに17文字以上のユーザー名を登録済みの場合、新規ユーザーを追加するか、16文字以内に再設定してください。

パスワード

上記のユーザー用の認証用パスワードです。

半角英数字と記号(ASCII文字(0x20~0x7e))で構成された16文字以内の文字列です。

すでに17文字以上のパスワードを登録済みの場合、新規ユーザーを追加するか、16文字以内に再設定してください。

SNMPトラップ送信先

リモートマネジメントコントローラーから発行されるSNMPトラップの送付先になる管理サーバのIPアドレスです。

電源操作の監視タイムアウト値

電源操作の監視タイムアウト値を変更する場合、「運用ガイド CE」の「付録A 運用時の留意点」の「物理サーバの電源操作の監視 タイムアウト値の変更」を参照してください。

サーバ管理ソフトウェア(ServerView Agents)の設定値

サーバがPRIMERGYの場合、サーバ管理ソフトウェア(ServerView Agents)経由で状態監視ができます。以下の値を用意します。

SNMPコミュニティー名

管理対象サーバ上のサーバ管理ソフトウェア(ServerView Agents)とSNMP通信を行うためのSNMPコミュニティー名です。

半角英数字、アンダースコア("_")およびハイフン("-")で構成された32文字以内の文字列です。

電源操作の監視タイムアウト値

電源操作の監視タイムアウト値を変更する場合、「運用ガイド CE」の「付録A 運用時の留意点」の「物理サーバの電源操作の監視 タイムアウト値の変更」を参照してください。

注意

サーバ切替え、クローニングを行う場合、各サーバのSNMPコミュニティー名に同じ値を使用してください。

8.1.3 PRIMEQUESTの設定値

マネジメントボードに設定する以下の値を用意します。

シャーシ名

管理サーバ上でPRIMEQUESTのシャーシを特定するための名前で、システム全体で一意な名前です。

先頭文字を英字とし、半角英数字とハイフン("-")で構成された10文字以内の文字列です。

管理用IPアドレス(マネジメントボードの仮想IPアドレス) 管理サーバと通信できるIPアドレスです。

ユーザー名

リモートサーバマネジメントから管理対象サーバを操作するために使用する認証用ユーザー名です。

リモートサーバマネジメントで管理者以上の権限を持つユーザー名を指定します。

半角英数字で構成された8文字以上16文字以内の文字列です。

パスワード

上記のユーザー用の認証用パスワードです。

半角英数字で構成された8文字以上16文字以内の文字列です。

SNMPコミュニティー名

半角英数字、アンダースコア("_")およびハイフン("-")で構成された32文字以内の文字列です。

SNMPトラップ送信先

管理サーバのIPアドレスを設定します。

電源操作の監視タイムアウト値

電源操作の監視タイムアウト値を変更する場合、「運用ガイド CE」の「付録A 運用時の留意点」の「物理サーバの電源操作の監視 タイムアウト値の変更」を参照してください。

注意

・ 異なるシャーシ間でクローニングを行う場合、各シャーシのSNMPコミュニティー名に同じ値を使用してください。

・ PRIMEQUEST 2000シリーズの場合、以下のパーティションが管理対象サーバとして登録できます。

- "Extended Partitioning Mode"がDisableのPPARパーティション

- "Extended Partitioning Mode"がEnableのPPARパーティション上に構成されたExtended Partition

サーバの登録後に、Extended Partitioning Mode、またはPPARのExtended Partition構成を変更しないでください。

サーバ登録後にExtended Partitioning ModeをEnableに変更したPPARは、"Extended Partitioning Mode"と表示されますが、その ままでは使用できません。

Extended Partitioning Mode、またはExtended Partition構成を変更する場合は、RORコンソールで管理対象サーバからサーバを削 除したあとに行ってください。Extended Partitioning Mode、またはExtended Partition構成を変更したあと、サーバを再登録してくだ さい。

8.1.4 SPARC Enterprise M3000/T5120/T5140/T5220/T5240/T5440、および SPARC M10-1/M10-4/M12-2の設定値

本製品では、SPARC Enterpriseのサーバを管理するために、リモートマネジメントコントローラーとしてM3000はXSCF、Tシリーズは ILOMを利用しています。

SPARC Enterprise M3000

SPARC M10-1/M10-4/M12-2

の場合

M3000では、XSCFに設定する以下の値を用意します。

IPアドレス

管理サーバと通信できるIPアドレスです。

XSCFのlan#0に設定してください。

ユーザー名

XSCFから管理対象サーバを操作するために使用する認証用ユーザー名です。

XSCFでplatadm権限を持つユーザー名を指定します。

先頭文字を英字とし、半角英数字、アンダースコア("_")およびハイフン("-")で構成された31文字以内の文字列です。

システムに予約されているユーザー名は使用できません。別のユーザー名を作成してください。

詳細はXSCFのマニュアルを参照してください。

パスワード

上記のユーザーの認証用パスワードです。

半角英数字、空白(" ")および以下の記号で構成された32文字以内の文字列です。

"!"、"@"、"#"、"$"、"%"、"^"、"&"、"*"、"["、"]"、"{"、"}"、"("、")"、"-"、"+"、"="、"~"、","、">"、"<"、"/"、"'"、"?"、";"、":"

SNMPトラップ送信先

XSCFから発行されるSNMPトラップの送付先になる管理サーバのIPアドレスです。

SNMPコミュニティー名

XSCFとSNMP通信を行うためのSNMPコミュニティー名です。

半角英数字、アンダースコア("_")およびハイフン("-")で構成された32文字以内の文字列です。

電源操作の監視タイムアウト値

電源操作の監視タイムアウト値を変更する場合、「運用ガイド CE」の「付録A 運用時の留意点」の「物理サーバの電源操作の監視 タイムアウト値の変更」を参照してください。

Tシリーズの場合

Tシリーズでは、ILOMに設定する以下の値を用意します。

IPアドレス

管理サーバと通信できるIPアドレスです。

ユーザー名

ILOMから管理対象サーバを操作するために使用する認証用ユーザー名です。

ILOMでAdmin権限を持つユーザー名を指定します。

先頭文字を英字とし、半角英数字、アンダースコア("_")およびハイフン("-")で構成された4文字以上16文字以内の文字列です。

パスワード

上記のユーザーの認証用パスワードです。

半角英数字、空白(" ")および以下の記号で構成された8文字以上16文字以内の文字列です。

"!"、"@"、"#"、"$"、"%"、"^"、"&"、"*"、"["、"]"、"{"、"}"、"("、")"、"-"、"+"、"="、"~"、","、">"、"<"、"/"、"'"、"?"、";"、":"

SNMPトラップ送信先

ILOMから発行されるSNMPトラップの送付先になる管理サーバのIPアドレスです。

SNMPコミュニティー名

ILOMとSNMP通信を行うためのSNMPコミュニティー名です。

半角英数字、アンダースコア("_")およびハイフン("-")で構成された32文字以内の文字列です。

電源操作の監視タイムアウト値

電源操作の監視タイムアウト値を変更する場合、「運用ガイド CE」の「付録A 運用時の留意点」の「物理サーバの電源操作の監視 タイムアウト値の変更」を参照してください。

8.1.5 SPARC Enterprise M4000/M5000/M8000/M9000、およびSPARC M10-4S/

M12-2Sの設定値

本製品では、SPARC Enterprise M4000/M5000/M8000/M9000、およびSPARC M10-4S/M12-2Sのサーバを管理するために、リモート マネジメントコントローラーとしてXSCFを利用しています。

XSCFに設定する以下の値を用意します。

シャーシ名

管理サーバ上でSPARC Enterprise M4000/M5000/M8000/M9000、およびSPARC M10-4S/M12-2Sのシャーシを特定するための 名前で、システム全体で一意な名前です。

先頭文字を英字とし、半角英数字とハイフン("-")で構成された10文字以内の文字列です。

管理用IPアドレス

管理サーバと通信できるIPアドレスです。

XSCFのlan#0に設定してください。

ユーザー名

XSCFから管理対象サーバを操作するために使用する認証用ユーザー名です。

XSCFでplatadm権限を持つユーザー名を指定します。

先頭文字を英字とし、英小文字、数字、ハイフン("-")およびアンダースコア("_")で構成された31文字以内の文字列です。

システムに予約されているユーザー名は使用できません。別のユーザー名を作成してください。

詳細はXSCFのマニュアルを参照してください。

パスワード

上記のユーザーの認証用パスワードです。

半角英数字、空白(" ")および以下の記号で構成された32文字以内の文字列です。

"!"、"@"、"#"、"$"、"%"、"^"、"&"、"*"、"["、"]"、"{"、"}"、"("、")"、"-"、"+"、"="、"~"、","、">"、"<"、"/"、"'"、"""、"?"、";"、":"

SNMPトラップ送信先

XSCFから発行されるSNMPトラップの送付先になる管理サーバのIPアドレスです。

SNMPコミュニティー名

XSCFとSNMP通信を行うためのSNMPコミュニティー名です。

半角英数字、アンダースコア("_")およびハイフン("-")で構成された32文字以内の文字列です。

SPARC M10-4S/M12-2Sの電源操作の監視タイムアウト値の変更

SPARC M10-4S/M12-2Sの場合、Building Block構成の規模が大きくなるにつれて、電源操作開始から完了までの時間が増加しま す。このため、Building Block構成の環境構築後に実機で電源操作を行い、実測値をもとにタイムアウト値を見積ってください。

マネージャーが管理するすべてのM10-4S/M12-2Sに対してタイムアウト値が変更されます。複数のBuilding Block構成のサーバが存 在する場合、規模が一番大きいBuilding Block構成の環境でタイムアウト値を見積もってください。

タイムアウト値を変更する場合、以下の定義ファイルを作成してください。

定義ファイルの格納場所

【Windowsマネージャー】

インストールフォルダー\SVROR\Manager\etc\customize_data

In document 設計ガイド (Page 88-95)