システム構成の設計

In document 設計ガイド (Page 55-61)

注意

ブレードサーバで物理L-Serverを作成する場合、ServerView Virtual-IO Managerもインストールしてください。

【VMware】

VMware ESXiを利用する場合、ServerView Operations Managerに対象のVMware ESXiを登録してください。

【Hyper-V】

管理対象サーバでHyper-Vを利用する場合、管理サーバのOSはWindowsだけサポートします。

【Xen】

管理対象サーバでRHEL5-Xenを利用する場合、管理サーバのOSはLinuxだけサポートします。

管理対象サーバ

業務を運用するサーバです。管理サーバによって管理されます。

管理対象サーバは、以下の環境で動作している運用サーバです。

・ Windows環境

・ Linux環境

・ Solaris環境

・ サーバ仮想化ソフトウェア環境

サーバ仮想化ソフトウェアの種別は、「11.1 サーバ仮想化ソフトウェアの決定」を参照してください。

管理対象サーバには、エージェントをインストールしてください。

なお、サーバ仮想化ソフトウェアの環境では、VMホストだけにエージェントをインストールしてください。

注意

VMware ESXiの場合、VMとゲストOSの管理は管理サーバから直接行うため、管理対象サーバに本製品のエージェントをインストー ルする必要はありません。

ServerView ESXi CIM Providerをインストールしてください。

他社サーバ上のVMware ESXiの場合、または、当社ラックマウント型サーバ上のVMware ESXiでServerView ESXi CIM Providerを利 用しない場合は、「導入ガイド CE」の「8.1.5 他社サーバ上のVMware ESXiを利用して仮想L-Serverを作成する場合、または、当社ラッ クマウント型サーバ上のVMware ESXiでServerView ESXi CIM Providerを利用しないで仮想L-Serverを作成する場合の定義ファイ ル」を実施してください。

【Windows】

・ ドメインタイプによって、バックアップ・リストア、クローニング、およびバックアップ・リストア方式のサーバ切替えが利用できない場合 や、管理対象サーバ上で追加の操作が必要になる場合があります。

表4.1 ドメインタイプごとの機能の制約

ドメインタイプ バックアップ・リストア クローニング バックアップ・リストア方式のサーバ切替 え

ドメインコントローラー × × ×

メンバーサーバ (注1) △ (注2) △ (注2、注3) △ (注2、注4)

ワークグループ ○ ○ ○

○: 利用できます。

△: 追加の操作が必要です。

×: 利用できません。

注1) Windows NTドメインまたはActive Directoryのメンバーサーバです。

注2) 操作のあとにWindows NTドメインまたはActive Directoryに参加し直してください。

注3) クローニングイメージを採取する前に、Windows NTドメインまたはActiveDirectoryに参加していない状態にしてください。

注4) 自動リカバリを利用して切り替えた場合も、業務を開始する前にWindows NTドメインまたはActive Directoryに参加し直してく ださい。

・ ドメインタイプがドメインコントローラーの場合、ドメインコントローラーに昇格した状態ではエージェントをインストールできません。

・ ドメインタイプがメンバーサーバ、ワークグループの場合、Administrators(権限)グループに所属するローカルアカウントでログイン している状態の場合、エージェントをインストールできます。

管理クライアント

管理サーバに接続し、システム全体の構成や状態をGUIから確認、操作するクライアント端末です。

管理クライアントは、Windows環境で動作します。

管理クライアントには、Webブラウザをインストールしてください。

管理クライアントにサーバ仮想化ソフトウェアのクライアントがインストールされている場合、本製品のクライアント画面から起動できま す。

ストレージ管理製品のサーバ

複数のストレージ装置を管理するストレージ管理製品を動作させるサーバです。

管理サーバとの共存は、利用するストレージによって異なります。

・ ETERNUSストレージを利用する場合

- ETERNUS SF Storage Cruiserは管理サーバと共存させてください。

管理サーバとストレージ管理製品が動作する両方のリソースが必要になるため、注意してください。

- ETERNUS SF AdvancedCopy Manager Copy Control Moduleは管理サーバと共存させてください。

・ NetAppストレージを利用する場合

本製品では、Data ONTAPをストレージ管理製品として利用しますが、Data ONTAPは、NetAppストレージのOSであるため、ストレー ジ管理製品のサーバは必要ありません。

・ EMC CLARiXストレージまたはEMC VNXストレージを利用する場合

本製品では、Navisphereをストレージ管理製品として利用しますが、Navisphereは、EMC CLARiXストレージまたはEMC VNXスト レージのStorage Processor (以降、SP)で動作するソフトウェアであるため、ストレージ管理製品のサーバは必要ありません。

・ EMC Symmetrix DMXストレージまたはEMC Symmetrix VMAXストレージを利用する場合

本製品では、Solutions Enablerをストレージ管理製品として利用します。ストレージ管理製品のサーバと管理サーバは共存できま すが、ストレージ管理製品はFC-HBAでEMC Symmetrix DMXストレージまたはEMC Symmetrix VMAXストレージと接続されてい る必要があります。共存する場合、管理サーバとストレージ管理製品が動作する両方のリソースが必要になるため、注意してくださ い。

・ FalconStor NSSが動作するStorage Serverを利用する場合

本製品では、FalconStor NSSをストレージ管理製品として利用します。FalconStor NSSはStorage Serverにインストールします。スト レージ管理製品のサーバと管理サーバは共存できません。

VM管理製品のサーバ

複数のサーバ仮想化ソフトウェアを統合管理するVM管理製品を動作させるサーバです。

本製品に登録できるVM管理製品は、「操作ガイドインフラ管理者編 (リソース管理) CE」の「5.2 VM管理製品の登録」を参照してください。

管理サーバと共存させて使用できます。

なお、管理サーバと共存させる場合、管理サーバとVM管理製品が動作する両方のリソースが必要になるため、注意してください。

サーバ管理製品のサーバ

複数のサーバを管理するサーバ管理製品を動作させるサーバです。

・ BMC BladeLogic Server Automation を利用する場合【Solaris ゾーン】【OVM for SPARC】

- 「第11章 サーバ仮想化ソフトウェアの決定と設定」の「表11.6 サーバ仮想化ソフトウェアによる機能の違い」に"△"が付いてい る機能をを利用する場合に必要です。

- マネージャーと同じサーバ上(推奨)にも、異なるサーバ上にも配置できます。

マネージャーをクラスタ運用する場合には、異なるサーバ上に配置してください。

SMTPサーバ

電子メールによる利用者への情報通知を行う場合に必要です。

管理サーバと同じサーバ上にも、異なるサーバ上にも配置できます。

PXEブート用サーバ

OSのインストールなどを目的に、独自のPXEサーバを用意し、物理L-ServerをPXEブートする場合に必要です。

管理サーバと異なるサーバに設置してください。

注意

タグVLAN設定を使用するネットワーク上でPXEブートは利用できません。

PXEブート用サーバにはタグVLANを設定しないでください。

HBA address rename

設定サービス用サーバ

HBA address rename設定サービスを動作させるサーバです。

HBA address renameを使用したI/O仮想化で物理L-Serverを作成する場合に必要です。

ブレードサーバで物理L-Serverを作成する場合、必要ありません。

管理サーバと管理対象サーバが通信できない場合、管理サーバに代わって管理対象サーバの起動時に必要なWWNの設定を行います。

HBA address rename設定サービス用サーバは、Windows環境とLinux環境で動作します。

本サーバには、HBA address rename設定サービスをインストールしてください。

なお、HBA address rename設定サービス用サーバは、管理サーバまたは管理対象サーバと兼用できません。

本サーバは、管理サーバの故障や通信異常に備えて、常に電源ON状態にしてください。

詳細は、「10.1.3 HBA・ストレージ装置の設定値」と「C.2 HBA address rename設定時のWWNの割当て順序」を参照してください。

管理LAN

管理対象サーバとストレージを管理サーバから管理するためのLANです。

管理対象サーバで業務を行うための業務LANとは別に設置します。

サーバ上でネットワーク冗長化ソフトウェアを利用することで、管理LANや業務LANを冗長化できます。ネットワーク冗長化ソフトウェア の設定は、手動で行ってください。

物理L-Serverを利用する場合、管理LANとして利用できるデフォルトの物理ネットワークアダプター番号は以下のとおりです。

・ 冗長化しない場合、"1"

・ 冗長化する場合、"1"と"2"

注意

デフォルトのNIC以外を使用する場合、物理サーバ登録時とL-Server作成時の設定を合わせる必要があります。このため、設計上で は、同じサーバプールに登録する物理サーバは、同じNIC indexを使用することをお勧めします。

参考

管理LANとして使用できる1番目のNICを、変更できます。

詳細は、「操作ガイド インフラ管理者編 (リソース管理) CE」の「5.4.2 ブレードサーバの登録」を参照してください。

iSCSI LAN

「9.1.3 業務LANとiSCSI LANの物理ネットワークの設計」を参照してください。

L-Serverの設計

L-Platformを構成する物理L-Serverと仮想L-Serverでは、前提条件が異なります。

詳細は、以下を参照してください。

・ 物理L-Serverの場合

「D.1 システム構成」を参照してください。

・ 仮想L-Serverの場合

【VMware】

「E.1.1 システム構成」を参照してください。

【Hyper-V】

「E.2.1 システム構成」を参照してください。

【Xen】

「E.3.1 システム構成」を参照してください。

【OVM for x86 2.2】

「E.4.1 システム構成」を参照してください。

【KVM】

「E.5.1 システム構成」を参照してください。

【Solarisゾーン】

「E.6.1 システム構成」を参照してください。

【OVM for SPARC】

「E.7.1 システム構成」を参照してください。

【Citrix Xen】

「E.8.1 システム構成」を参照してください。

【OVM for x86 3.x】

「E.9.1 システム構成」を参照してください。

L-Platformのネットワークの設計

L-Platformのネットワークの設計は、「9.1 ネットワーク環境の決定」を参照してください。

In document 設計ガイド (Page 55-61)