管理対象のブレードシステムのLANスイッチブレードへの事前設定

In document 設計ガイド (Page 131-137)

第9章 ネットワーク環境の決定と設定

9.3 機器への事前設定

9.3.6 管理対象のブレードシステムのLANスイッチブレードへの事前設定

「9.2.6 管理対象のブレードシステムのLANスイッチブレードへの設定情報」で決定した情報を管理対象のブレードシステムのLANス イッチブレードへ設定します。

情報を管理対象のブレードシステムのLANスイッチブレードへ設定する方法については、LANスイッチブレードのマニュアルを参照し てください。

参考

管理LAN以外のポートに対するVLANの設定は、RORコンソールの[リソース]タブからも設定できます。詳細は、「操作ガイド インフラ 管理者編 (リソース管理) CE」の「5.4.4 LANスイッチブレードのVLAN設定」を参照してください。

注意

・ LANスイッチブレードの設定を行ったあとにLANスイッチブレードの構成定義情報をバックアップしてください。LANスイッチブレー

ドの構成定義情報のバックアップ手順については、使用するLANスイッチブレードのマニュアルを参照してください。

・ 本製品のLANスイッチブレードへの自動設定はtelnetまたはSSHを使用しています。

telnetまたはSSH接続(SSHバージョン2)が無効になっている場合、telnetまたはSSH接続(SSHバージョン2)を有効にしてください。

設定方法については、各機種のマニュアルを参照してください。

また、LANスイッチブレードの機種により同時接続数が制限されているため、本製品のLANスイッチブレードへの設定を行う場合、

ほかの接続をログアウトしておく必要があります。

・ telnet、SSHが使用できない場合、以下の機能は利用できません。

- LANスイッチブレードの登録

- LANスイッチブレードの基本情報の変更

- LANスイッチブレードのVLAN設定と変更(内部接続ポート、外部接続ポート)

- LANスイッチブレードのリストア

- サーバ切替え(サーバ切替え時にネットワークの設定を変更する場合)

・ SSH接続(SSHバージョン2)は、以下のLANスイッチブレードに対して選択できます。

- LANスイッチブレード PY CB Eth Switch/IBP 10Gb 18/8 (1.00版以降)

- LANスイッチブレード PY CB Eth Switch 10/40Gb 18/8+2 (1.00版以降)

- LANスイッチブレード PY CB Eth Switch/IBP 1Gb 36/8+2 (4.16版以降)

- LANスイッチブレード PY CB Eth Switch/IBP 1Gb 36/12 (3.12版以降)

- LANスイッチブレード PY CB Eth Switch/IBP 1Gb 18/6 (3.12版以降)

- LANスイッチブレード PY CB DCB SW 10Gb 18/6/6 (2.1.1_fuj版以降)

・ PY CB Eth Switch/IBP 10Gb 18/8の場合、LANスイッチブレードで未設定の最大VLAN IDがoobポートに使用されています。telnet

接続にoobポートを使用しており、LANスイッチブレードに最大VLAN IDの"4094"を設定している場合、以下の機能は利用できま せん。

- LANスイッチブレードのVLAN設定と変更(内部接続ポート、外部接続ポート)

- LANスイッチブレードのリストア

- サーバ切替え(サーバ切替え時にネットワークの設定を変更する場合)

・ エンドホストモードを使用する場合は、デフォルトのpin-groupを使用して、新しくpin-groupは作成しないでください。また、Automatic VLAN uplink Synchronization(AVS)をdisableに設定してください。

PY CB Eth Switch/IBP 10Gb 18/8は、pin-groupおよびAVSの機能がないため、この設定は必要ありません。

・ 以下のLANスイッチブレードを使用する場合、classic-viewを有効にしないでください。

- LANスイッチブレード PY CB Eth Switch/IBP 1Gb 36/8+2

- LANスイッチブレード PY CB Eth Switch/IBP 1Gb 36/12

- LANスイッチブレード PY CB Eth Switch/IBP 1Gb 18/6

・ PY CB Eth Switch 10/40Gb 18/8+2の場合、oobのIPアドレスまたはファブリック仮想代表IPアドレスを設定してください。

・ PY CB Eth Switch/IBP 1Gb 36/8+2のスイッチIDが1以外の場合、ポートやVLANの情報を正しく表示できません。スイッチIDを1に

設定してください。

・ LANスイッチブレードのスタッキング機能には対応していません。

・ 以下のLANスイッチブレードにおいてリンクアグリゲーション設定したポートに対してVLAN設定を行う場合、その装置に対して以 下の設定を行ってください。

LANスイッチブレード

- PY CB Eth Switch/IBP 10Gb 18/8

- PY CB Eth Switch 10/40Gb 18/8+2(スイッチモード、エンドホストモード)

- PY CB Eth Switch/IBP 1Gb 36/8+2

- PY CB Eth Switch/IBP 1Gb 36/12

- PY CB Eth Switch/IBP 1Gb 18/6 設定

- LLDP(Link layer Discovery Protocol)

なお、LLDPの設定の際、[VLAN名称情報]は無効に設定してください。

その他の項目は有効に設定してください。

・ LANスイッチブレードPY CB 10Gb FEX Nexus B22の場合、LANスイッチブレードにVLAN設定を行えないため、以下の機能は使 用できません。事前に、LANスイッチブレードPY CB 10Gb FEX Nexus B22に接続されたNexus 5000 seriesからVLANを手動で設 定してください。

- LANスイッチブレードのVLAN設定と変更(内部接続ポート、外部接続ポート)

- LANスイッチブレードのリストア

なお、VLAN以外の設定はLANスイッチブレードに対して直接行ってください。

LANスイッチブレードのネットワーク設定(PRIMERGY BXシリーズの場合)

ブレードシステムの環境では、複数サブネットのLAN集約を実現するために、LANスイッチブレードのVLANを使用します。

LANスイッチブレードがPRIMERGY BX900/BX400シリーズであり、かつIBPモードで動作している場合、上記VLANの設定の代わり にIBPのポートグループ設定を行う事で同様のサービスを利用できます。

LANスイッチブレードの各ポートにはVLAN IDが設定できます。

同じVLAN IDが設定されたポート間だけが通信できるようになります。

これにより、1つのスイッチで複数のサブネットを混在できます。

LANスイッチブレードの内部接続ポート(サーバブレード側)と外部接続ポートに設定するVLANを決定します。

・ 内部接続ポート

管理LANに接続するNICに対応するポートには、必ずポートVLANを設定してください。

管理LANに接続するNICを業務LANとしても利用したい場合、タグVLANを設定してください。

業務LANに接続するNICに対応するポートには、サブネットごとのVLAN ID(ポート/タグVLAN)をVLAN ID1(デフォルトVLAN ID) 以外で割り当ててください。VLAN ID1(デフォルトVLAN ID)はセキュリティ観点から推薦できません。

タグVLANを設定する場合、管理対象サーバのネットワークインターフェースにもタグVLANを設定します。本製品では、管理対象 サーバのネットワークインターフェースに対してタグVLANは設定されないため、手動で設定してください。

・ 外部接続ポート

LANスイッチブレードが外部のスイッチと接続するスイッチポートを決定し、管理LANと業務LANのVLAN IDを決定します。

タグVLANを設定する場合、接続先である外部のスイッチのポートに同じVLAN IDを設定します。

リンクアグリゲーション構成のLANスイッチブレードの外部接続ポートにVLANを自動設定する場合、事前にリンクアグリゲーション 構成を設定します。また、LANスイッチブレードによってはLLDPを有効にする必要があります。

リンクアグリゲーション構成の設定およびLLDPの有効にする方法については、対象のLANスイッチブレードのマニュアルを参照し てください。

注意

・ 管理LANのVLAN IDを変更する場合、以下の手順で行ってください。

1. 管理サーバとLANスイッチブレード間の通信を可能にします。

以下の2つの変更を、手動で同時に行ってください。

- 管理LANと接続する外部接続ポートのVLAN IDを変更します。

- LANスイッチブレードの管理IPアドレスのVLAN IDを変更します。

2. 管理対象サーバの管理LANのVLAN IDを変更します。

・ LANスイッチブレードのVLAN設定は、物理サーバのクローニングイメージの採取・配付を行っても、配付先に自動設定されませ ん。クローニングイメージを配付する前に、配付先サーバのVLAN設定を行ってください。

・ 以下の場合、RORコンソールでVLANは設定できません。

- 外部接続ポートの設定 - リンクステートグループ

- ポートバックアップ機能

- LANスイッチブレード PY CB DCB SW 10Gb 18/6/6の場合

- 内部接続ポートの設定

- LANスイッチブレード PY CB DCB SW 10Gb 18/6/6を使用し、内部ポートにAMPPを設定している場合

- 外部接続ポートおよび内部接続ポートの設定 - リンクアグリゲーション

ただし、以下の機種の外部接続ポートは除きます。

・LANスイッチブレード PY CB Eth Switch/IBP 10Gb 18/8

・LANスイッチブレード PY CB Eth Switch 10/40Gb 18/8+2(スイッチモード、エンドホストモード)

・LANスイッチブレード PY CB Eth Switch/IBP 1Gb 36/8+2

・LANスイッチブレード PY CB Eth Switch/IBP 1Gb 36/12

・LANスイッチブレード PY CB Eth Switch/IBP 1Gb 18/6

- 非活性化(機種依存)

- LANスイッチブレードがConverged Fabricモードで動作している場合、またはLANスイッチブレード PY CB 10Gb FEX Nexus

B22の場合

- LANスイッチブレード PY CB DCB SW 10Gb 18/6/6の外部接続ポートの場合

・ 各ポートに設定するVLANは、以下のすべての条件を満たす必要があります。

- 各ポートに2つ以上のポートVLANを定義しないでください。

- ポートVLANとタグVLANで、同じVLAN IDを設定しないでください。

・ 以下のLANスイッチブレードをPRIMERGY BX900シリーズのシャーシで使用する場合、コネクションブレードスロットCB5/6以外に 搭載してください。

- LANスイッチブレード PY CB Eth Switch/IBP 1Gb 36/8+2

- LANスイッチブレード PY CB Eth Switch/IBP 1Gb 36/12

- LANスイッチブレード PY CB Eth Switch/IBP 1Gb 18/6

・ LANスイッチブレード PY CB 10Gb FEX Nexus B22をPRIMERGY BX900シリーズのシャーシで使用する場合、内部ポートが16個

しかないため、スロット17またはスロット18に搭載しているサーバブレードは内部ポートを使用できません。

物理サーバ上のNICに接続するスイッチのポートのVLAN IDとVLANの種類を決定してください。

・ 物理サーバ名

・ NICのindex番号

・ VLAN ID

・ VLANの種類(ポート/タグVLAN)

参考

サーバ上のOSは物理上のNICとインターフェース名(Windowsはローカル エリア接続X、LinuxはethX)を関連付けます。

NICが複数搭載されている場合、OSの種類、またはLANドライバのインストールの順番に応じて、インターフェース名のindex番号(X) が物理上のNICのindex番号(実装順番)と異なることがあります。

OSコマンドやツールなどで確認してください。

詳細は、使用するハードウェアマニュアルを参照してください。

なお、本製品では物理上のNICのindex番号(実装順番)を使用します。

管理対象サーバ(PRIMERGY BXシリーズ)と隣接するネットワーク機器(L2スイッチなど)との接続関係(トポロジ)をネットワークビューア で表示する場合、接続関係を自動検出するため、LANスイッチブレードとネットワーク機器に以下の設定が必要です。

・ LLDP(Link layer Discovery Protocol)

・ CDP(Cisco Discovery Protocol)

注意

・ LANスイッチブレードと接続するネットワーク機器の間では、同じプロトコルの設定が必要です。

・ IBPモードに設定されているLANスイッチブレードと接続したネットワーク機器の接続関係は自動検出できません。

・ 以下のLANスイッチブレードの接続関係を自動検出するために、その装置に対して以下の設定値を一致させてください。

- LANスイッチブレード

- PY CB Eth Switch/IBP 1Gb 36/12 - PY CB Eth Switch/IBP 1Gb 36/8+2 - PY CB Eth Switch/IBP 1Gb 18/6

- 設定値

- hostnameコマンドによるホスト名

- snmp-server sysnameコマンドによるシステム名

swb1で一致させる場合

# hostname swb1

# snmp-server sysname swb1

・ 以下のLANスイッチブレードの接続関係を自動検出するために、その装置に対して以下の設定を行ってください。

- LANスイッチブレード

- PY CB Eth Switch/IBP 10Gb 18/8

- PY CB Eth Switch 10/40Gb 18/8+2(スイッチモード、エンドホストモード)

- 設定

- snmp agent addressコマンドでエージェントアドレスにLANスイッチブレードの管理IPアドレスを設定する。

・ 登録しているネットワーク機器のシステム名(sysName)と重複するシステム名を持つ別のネットワーク機器が存在する場合、接続関 係を正しく表示できないことがあります。

【Windows】【Hyper-V】

本製品で、システムイメージのバックアップ・リストア、またはクローニングを行う場合、管理対象サーバのNetBIOS over TCP/IPを有効 にしてください。

なお、NetBIOS over TCP/IPを有効にしたあと、管理対象サーバの再起動が必要です。

管理サーバ・管理対象サーバ・管理クライアント・VLANのネットワーク構成の例(PRIMERGY BX600の場合)

In document 設計ガイド (Page 131-137)