ODELAY ポー ト

ドキュメント内 7 シリーズ FPGA SelectIO リソース ユーザー ガイド (UG471) (Page 130-133)

FPGA OLOGICE2/OSERDESE2 か ら のデー タ 入力 - ODATAIN

ODATAIN 入力は、OLOGICE2/OSERDESE2 で駆動 さ れます。ODATAIN は、IOB へ接続 さ れて い る DATAOUT ポー ト を ODELAY_VALUE で設定 さ れた遅延で駆動 し ます。

ク ロ ッ ク バ ッ フ ァ ーか らの ク ロ ッ ク 入力 - CLKIN

CLKIN 入力は、 ク ロ ッ ク バ ッ フ ァ ー (BUFIO、BUFG、 ま たは BUFR) か ら 駆動 さ れ ま す。 こ の ク ロ ッ ク は、DATAOUT ポー ト を介 し て ODELAY_VALUE で設定 さ れた遅延で FPGA ロ ジ ッ ク へ戻 り ます。

デー タ 出力 - DATAOUT

2 つのデー タ 入力ポー ト のいずれか一方か ら の遅延デー タ です。DATAOUT は IOB へ接続 し ます。

ク ロ ッ ク 入力 - C

ODELAYE2 プ リ ミ テ ィ ブのすべての制御入力 (LD、CE、INC) は、 ク ロ ッ ク 入力 (C) に同期 し ま す。ODELAY を VARIABLE、VAR_LOAD、 ま たは VAR_LOAD_PIPE モー ド に設定 し た場合、

ク ロ ッ ク は必ず こ のポー ト に接続 し て く だ さ い。C は ロ ーカル反転可能で、 グ ロ ーバルま たは リ ー ジ ョ ナルク ロ ッ ク バ ッ フ ァ ーか ら 供給す る 必要があ り ます。 こ の ク ロ ッ ク は、SelectIO ロ ジ ッ ク リ ソ ー ス で 使 用 し て い る も の と 同 じ ク ロ ッ ク に 接 続 し な け れ ば な り ま せ ん。 た と え ば、

OSERDESE2 を使用す る 場合、C は CLKDIV と 同 じ ク ロ ッ ク に接続 し ます。

モ ジ ュ ール ロー ド - LD

VARIABLE モー ド の場合、ODELAY の ロ ー ド ポー ト LD は、ODELAY_VALUE 属性で設定 し た 値を遅延プ リ ミ テ ィ ブに ロ ー ド し ます。 こ れ ら の属性が指定 さ れていない場合は、0 を想定 し ます。

LD は入力 ク ロ ッ ク 信号 (C) に同期 し た ア ク テ ィ ブ High の信号です。

VAR_LOAD モー ド の場合、ODELAY の ロ ー ド ポー ト LD は、CNTVALUEIN 属性で設定 し た値 を遅延プ リ ミ テ ィ ブに ロ ー ド し ま す。CNTVALUEIN[4:0] に現れ る 値が新 し い タ ッ プ値 と な り ま す。 こ のため、ODELAY_VALUE 属性は無視 さ れます。

VAR_LOAD_PIPE モー ド の場合、IDELAY の ロ ー ド ポー ト LD は、 パ イ プ ラ イ ン レ ジ ス タ にあ る 値を ロ ー ド し ます。 パ イ プ ラ イ ン レ ジ ス タ に現れ る 値が新 し い タ ッ プ値 と な り ます。

パイ プ ラ イ ン レ ジ ス タ のロー ド - LDPIPEEN

こ の入力が High にな る と CNTVALUEIN ピ ン の現在の値をパ イ プ ラ イ ン レ ジ ス タ に ロ ー ド し ま す。

CLKIN 入力 1 ODELAY の ク ロ ッ ク 入力 (I/O CLKMUX か ら)。

ODATAIN 入力 1 OLOGICE2/OSERDESE2 か ら ODELAY へのデー タ 入力。

LDPIPEEN 入力 1 CNTVALUEIN か ら パ イ プ ラ イ ン レ ジ ス タ へのデー タ の ロ ー ド を 有効 にす る 。

DATAOUT 出力 1 2 つのデー タ 入力ポー ト (ODATAIN お よ び CLKIN) のいずれかの遅延デー タ 。 CNTVALUEOUT 出力 5 タ ッ プ値を モニ タ リ ン グす る ために FPGA へ渡す現在の遅延値。

表 2-13 : ODELAYE2 プ リ ミ テ ィ ブポー ト (続き)

ポー ト 名 方向 幅 機能

出力遅延 リ ソ ース (ODELAY) ― HR バン ク では使用不可

パイ プ ラ イ ン レ ジ ス タ の リ セ ッ ト - REGRST

こ の入力が High にな る と パ イ プ ラ イ ンレ ジ ス タ の値をすべて 0 に リ セ ッ ト し ます。

C ピ ンの極性切 り 替え - CINVCTRL

CINVCTRL ピ ン を使用 し て C ピ ンの極性を動的に切 り 替え ます。 こ の機能は、 グ リ ッ チが問題に な ら な い ア プ リ ケ ー シ ョ ン で 使用 し ま す。 極性 を 切 り 替 え る 場合、2 ク ロ ッ ク サ イ ク ル間は ODELAY 制御ピ ン を使用 し ないで く だ さ い。

カ ウ ン ト 値の入力 - CNTVALUEIN

CNTVALUEIN ピ ンは LD ピ ン と 併用 し て、 ロ ー ド 可能な タ ッ プ値を動的に切 り 替え る 場合に使用 し ます。

カ ウ ン ト 値の出力 - CNTVALUEOUT

CNTVALUEOUT ピ ンは、 ロ ー ド さ れたな タ ッ プ値を読み出す場合に使用 し ます。

イ ン ク リ メ ン ト/デ ク リ メ ン ト 信号 - CE、INC

イ ン ク リ メ ン ト/デ ク リ メ ン ト 機能は、 イ ネーブル信号 (CE) で制御 さ れます。 こ の イ ン タ ーフ ェ イ ス は ODELAY が VARIABLE、VAR_LOAD、 ま たは VAR_LOAD_PIPE モー ド の場合のみ使用 で き ます。

CE が High を維持 し てい る 間、ODELAY は 1 ク ロ ッ ク (C) サ イ ク ルご と に TIDELAYRESOLUTION 分 イ ン ク リ メ ン ト ま たはデ ク リ メ ン ト し ます。INC の ス テー ト に よ り 、ODELAY の イ ン ク リ メ ン ト ま たはデ ク リ メ ン ト が決定 さ れ ます。INC = 1 の と き イ ン ク リ メ ン ト 、INC = 0 の と き デ ク リ メ ン ト し ます。 いずれの場合 も ク ロ ッ ク (C) に同期 し ます。CE が Low の場合は、INC の ス テー ト に 関係な く ODELAY を通過す る 遅延は変化 し ません。

CE が High にな る と 、 ク ロ ッ ク の次の立ち上が り エ ッ ジか ら イ ン ク リ メ ン ト/デ ク リ メ ン ト が開始 し ます。CE が Low にな る と 、 ク ロ ッ ク の次の立ち上が り エ ッ ジで イ ン ク リ メ ン ト/デ ク リ メ ン ト が終了 し ます。

ODELAYE2 プ リ ミ テ ィ ブのプ ロ グ ラ マブル遅延 タ ッ プは ラ ッ プア ラ ウ ン ド し ます。 つま り 、 遅延 タ ッ プの最後 (タ ッ プ 31) に到達す る と 、 次の イ ン ク リ メ ン ト 機能は タ ッ プ 0 に戻 り ます。 デ ク リ メ ン ト 機能について も 同様で、 タ ッ プ 0 に到達す る と タ ッ プ 31 に戻 り ます。

VAR_LOAD_PIPE モー ド のパ イ プ ラ イ ンレ ジ ス タ 機能は、 バ ス構造デザ イ ンにおいて非常に有効 です。LDPIPEEN を使用 し て一つずつ個別に遅延を ロ ー ド (パ イ プ ラ イ ン) で き 、LD ピ ン を使用 し て同時にすべての遅延を新 し い値にア ッ プデー ト で き ます。

ODELAY 属性

表2-14 に、ODELAY 属性を示 し ます。

ODELAY_TYPE 属性

FIXED に設定す る と 、ODELAY_VALUE 属性で設定 し た タ ッ プ数が遅延値 と し て固定 さ れ ます。

こ の値はあ ら か じ め設定 さ れ、 コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン後は変更で き ません。

VARIABLE に設定する と 、 可変 タ ッ プ遅延が選択 さ れます。 タ ッ プ遅延は、CE = 1 お よび INC = 1 と 設定 し て イ ン ク リ メ ン ト を実行、 ま たは CE = 1 お よび INC = 0 と 設定 し てデ ク リ メ ン ト を実行 し ます。 こ の イ ン ク リ メ ン ト/デ ク リ メ ン ト の動作は、C に同期 し ます。

表 2-14 : ODELAY属性のま と め

属性 値 デ フ ォル ト 値 説明

ODELAY_TYPE 文字列 : FIXED、

VARIABLE、 VAR_LOAD VAR_LOAD_PIPE

FIXED タ ッ プ遅延 ラ イ ンの タ イ プ を設定す る 。 FIXED : 固定遅延値を設定。

VAR_LOAD : 動的に タ ッ プ値を ロ ー ド 。 VARIABLE : 動的に遅延値を調整。

VAR_LOAD_PIPE : VAR_LOAD モー ド と 同 じ 機 能 を 備 え る ほ か、 次 の ア ッ プ デ ー ト に 備 え て CNTVALUEIN の値を格納で き る 。

ODELAY_VALUE 整数 : 0 ~ 31 0 固定モー ド の遅延タ ッ プ数を指定する、ま たは可変

モー ド の最初の タ ッ プ数 を 指定す る (出力パ ス)。 ODELAY_TYPE が VAR_LOAD ま た は VAR_LOAD_PIPE モ ー ド に 設 定 さ れ て い る 場 合、 こ の属性値は無視 さ れ る 、 ま たは 0 と みな さ れ る 。

HIGH_PERFORMANCE_MODE ブール値 : FALSE ま たは TRUE

FALSE こ の属性を TRUE にす る と 、出力ジ ッ タ ーが削減 さ れ る 。 消費電力の差は、 ザ イ リ ン ク ス の Xilinx Power Estimator ツールに よ っ て定量化 さ れ る 。

SIGNAL_PATTERN 文字列 : DATA

ま たは CLOCK

DATA Timing Analyzer での タ イ ミ ン グ解析に、 デー タ パ ス や ク ロ ッ ク パ ス 上の遅延チ ェ ー ン に生 じ る ジ ッ タ ーの適切な値が加味 さ れ る 。

REFCLK_FREQUENCY 実数 : 190 ~ 210 ま たは 290 ~ 310

200 Timing Analyzer が ス タ テ ィ ッ ク タ イ ミ ン グ解析 用に使用す る タ ッ プ値 (MHz) を設定す る 。いずれ の ス ピー ド グ レー ド で も 290.0 310.0 の範囲は 使用で き ない。『7 シ リ ーズ FPGA デー タ シー ト 』 を参照 し て く だ さ い。

CINVCTRL_SEL ブール値 : FALSE

ま たは TRUE

FALSE CINVCTRL_SEL ピ ン を有効に し て、C ピ ンの極 性を動的に切 り 替え る 。

PIPE_SEL ブール値 : FALSE

ま たは TRUE

FALSE パ イ プ ラ イ ン モ ー ド を 選 択 す る 。 VAR_LOAD_PIPE 動作モー ド を使用す る 場合の み こ の属性を TRUE に設定す る 。

DELAY_SRC 文字列 :

ODATAIN CLKIN

ODATAIN ODELAY ブ ロ ッ ク のデー タ 入力 ソ ー ス を選択す る 。

出力遅延 リ ソ ース (ODELAY) ― HR バン ク では使用不可

VAR_LOAD ま たは VAR_LOAD_PIPE に設定す る と 、 可変 タ ッ プ遅延を動的に ロ ー ド し て変更で き ます。 タ ッ プ遅延は、CE = 1 お よ び INC = 1 と 設定 し て イ ン ク リ メ ン ト を実行、 ま たは CE = 1 お よ び INC = 0 と 設定 し てデ ク リ メ ン ト を実行 し ます。 イ ン ク リ メ ン ト/デ ク リ メ ン ト の動作は C に同期 し ます。 こ のモー ド の LD ピ ンは、CNTVALUEIN に現れた値を ロ ー ド し ます。 こ の場合、

タ ッ プ値を動的に設定で き ま す。VAR_LOAD_PIPE モー ド の場合、LD ピ ンは、 出力遅延に ロ ー ド さ れ る パ イ プ ラ イ ン レ ジ ス タ 内の現在の値を有効に し ます。

ODELAY_VALUE 属性

ODELAY_VALUE 属性は、 タ ッ プ遅延の値を指定 し ます。 有効な値は、0 か ら 31 ま での整数で す。 デフ ォ ル ト 値は 0 です。LD 信号を アサー ト す る こ と で タ ッ プ遅延を リ セ ッ ト す る と 、 その値 は ODELAY_VALUE 属性で指定 し た値に戻 り ます。VAR_LOAD ま たは VAR_LOAD_PIPE モー

ド の場合、 こ の属性値は 0 と みな さ れます。

HIGH_PERFORMANCE_MODE 属性

こ の属性を TRUE にす る と 、 出力ジ ッ タ ーが削減 さ れ る 。 こ れに よ り 、ODELAYE2 プ リ ミ テ ィ ブ の電力消費がわずかに増加 し ます。

SIGNAL_PATTERN 属性

ク ロ ッ ク 信号 と デー タ 信号は異な る 電気特性を持つため、ODELAY チ ェ ーン に累積す る ジ ッ タ ー の量は異な り ます。 こ の属性を設定す る と 、 タ イ ミ ン グ を計算す る と き に、 タ イ ミ ン グ解析ツール が適切なジ ッ タ ー量を加味 し て解析を実行 し ます。 ク ロ ッ ク 信号は本来規則的であ り 、1 や 0 が長 い間連続す る シーケ ン スは含まれません。 こ れに対 し てデー タ は ラ ン ダ ム であ る ため、1 や 0 が長

く 続 く シーケ ン スや短 く 続 く シーケ ン ス を含む こ と があ り ます。

ドキュメント内 7 シリーズ FPGA SelectIO リソース ユーザー ガイド (UG471) (Page 130-133)