I/V -N のノイズゲイン

Top PDF I/V -N のノイズゲイン:

年ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム Computing Symposium HPCS // v i R n λ i [], [], [], [] 3 BI [6] MRRR (Multiple Relatively Robust Representation

年ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム Computing Symposium HPCS // v i R n λ i [], [], [], [] 3 BI [6] MRRR (Multiple Relatively Robust Representation

化付きブロック逆反復法を提案する.逆反復法による固有ベクトル計算における再直交化計算では,従来, ベクトル演算や行列 - ベクトル乗算といった並列化粒度比較的小さい演算を用いたアルゴリズムが中心で あった.また,逆反復法改良アルゴリズムとして Multiple Relatively Robust Representation ( MRRR )法 が提案されているが,計算対象行列固有値分布によっては,固有ベクトル直交性が失われてしまう ことが知られている.本論文で提案する再直交化付きブロック逆反復法は,行列乗算中心実装が可能な 同時逆反復法を基にした,大粒度並列性を持つアルゴリズムである.更に,提案アルゴリズムにより,
さらに見せる

11 さらに読み込む

K a i. t w / a v g g e, l w t h / j e v n L a o d i k e i, a e v k k l h s i, a j gra,yon T a, d e le,gei o` VAmh,n( o` ma,rtuj o` pisto.j

K a i. t w / a v g g e, l w t h / j e v n L a o d i k e i, a e v k k l h s i, a j gra,yon T a, d e le,gei o` VAmh,n( o` ma,rtuj o` pisto.j

14.また、ラオデキヤにある教会御使いに書き送れ。 『アーメンである方、忠実で、真実な証人、神に造られたものの根源である方がこう言われる。 Kai. tw/| avgge,lw| th/j evn Laodikei,a| evkklhsi,aj gra,yon . Ta,de le,gei o` VAmh,n( o` ma,rtuj o` pisto.j kai. avlhqino,j( h` avrch. th/j kti,sewj tou/ qeou/ .

14 さらに読み込む

S n Lie sl n (C) :={ n n } C (i) (ii) V V {} Specht Lie sl n (C) -p Hecke - Lie 98 -Drinfeld Lie - Hecke Lie () - v, q Hecke H n (q) C U v (sl n ) C L

S n Lie sl n (C) :={ n n } C (i) (ii) V V {} Specht Lie sl n (C) -p Hecke - Lie 98 -Drinfeld Lie - Hecke Lie () - v, q Hecke H n (q) C U v (sl n ) C L

対しても, graded representation theory は量子展開環作用を込めた記述を与えることに成功しており,満足 いく形で establish されている. affine Hecke 環 A 型 affine Hecke 環は, A 型 Hecke 環のみならず cyclotomic Hecke 環を商にもつ無限次元代数であるが,そ C 上表現はすべて有限次元で,パラメータが 1 冪根であるか否かによらず表現圏は完全可約ではない. 有木による証明は,まずこの A 型 affine Hecke 環において LLTA 型理論枠組みを構成することによってなさ れた.その際, affine Lie 環や量子展開環表現として, L(Λ 0 ) 代わりに,下三角部分環 U v − (" sl ! ) とその結晶
さらに見せる

56 さらに読み込む

1 s t A n n i v e r s a r y

1 s t A n n i v e r s a r y

記念日ご宿泊に相応しい演出をはじめ、周辺観光案内やレストラン予約など パーソナルなサービスをご提供いたします。どうぞお気軽にお問い合わせください。 Guests having full-length treatments (80 minutes or more) will receive a limited-edition evian SPA TOKYO towel.

9 さらに読み込む

exp( β i z i ) survreg() R survival library(survival) require(survival) 3 survfit() t 1, t 2,... t 1 d 1 t 2 d 2 t 1, t 2,... n 1, n 2,... n i t i n 1

exp( β i z i ) survreg() R survival library(survival) require(survival) 3 survfit() t 1, t 2,... t 1 d 1 t 2 d 2 t 1, t 2,... n 1, n 2,... n i t i n 1

a 出典: Miller RG: Survival Analysis. John Wiley and Sons, 1981. 元々は,Embury SH, Elias L, Heller PH, Hood CE, Greenberg PL, Schrier SL: Remission maintenance therapy in acute myelogenous leukaemia. Western Journal of Medicine, 126, 267-272, 1977. データ。研究デザインは Gehan と似ている。 µ ´

14 さらに読み込む

v v c(v) d(v) v 2 d(v)(d(v) )/2 2 2 v v : API G(V, E) V = {v, v 2,..., v n } ( ) n = V E v V N(v) = w V : (v, w) E v d(v) = N(v) 2. 2

v v c(v) d(v) v 2 d(v)(d(v) )/2 2 2 v v : API G(V, E) V = {v, v 2,..., v n } ( ) n = V E v V N(v) = w V : (v, w) E v d(v) = N(v) 2. 2

本研究では,クエリ数基準グラフサンプリングを考える時 着目点を示した後に,従来サンプルサイズ基準とクエリ 数基準で特徴量推定精度差異を実験により示した.ま た, MHRW と Counting Triangles 法組み合わせによる新 規クラスタ係数推定手法に対して,クエリ数基準実験を 行う例を示した.従来グラフサンプリング手法である SRW- rw , NBRW-rw , MHRW に関しては,サンプルサイズ基準で は NBRW-rw , SRW-rw , MHRW 順に精度が良いという評 価だったが,クエリ数基準に変えることで各手法間差が縮ま り,対象グラフと推定する特徴量によっては逆転が起きる可能 性を示した.また,特徴量推定関数 f (v) を手法別に変えた 場合もサンプルサイズ基準とクエリ数基準で結果が逆転する例 を示した.
さらに見せる

8 さらに読み込む

v 1 v 2 e g ˆ Š Œ Ž p š ~ m n u { i 1, i 2, i 3, i 4 } { i 1, i 5 } v 1 v 2 v 3 v 4 v 5 v 6 { i 1, i 2, i 4 } { i 1, i 2, i 3, i 5 } { i 1, i 3, i 4 }

v 1 v 2 e g ˆ Š Œ Ž p š ~ m n u { i 1, i 2, i 3, i 4 } { i 1, i 5 } v 1 v 2 v 3 v 4 v 5 v 6 { i 1, i 2, i 4 } { i 1, i 2, i 3, i 5 } { i 1, i 3, i 4 }

図 2 に,図 1(A)(B) データを用いて, COPINE で探索を 進めていく様子を表した.ここでは共通アイテムセット大き さ閾値を 2 とする.探索は,辞書順で 1 番小さいノード v 1 から始まり,深さ優先探索アイテムセット木に v 1 と,そのア イテムセット {i 1 , i 2 , i 3 , i 4 } を持つノード n 1 が根子どもとし て追加される.深さ優先で v 2 に探索が進み, n 1 子どもに v 2 と, v 1 と v 2 共通アイテムセット {i 1 } を持つ n 2 が追加され る. n 2 における部分ネットワーク持つ共通アイテムセットは {i 1 } のみであり,共通アイテムセット大きさ閾値 2 を満た さない.単調減少性質により, n 2 より先には閾値を満たす共 通アイテムセットを持つ部分ネットワークは存在しないので, 探索終了となる.同様にして,図 2 点線で囲まれたノードが 探索された場合,探索終了となる.
さらに見せる

5 さらに読み込む

2 n d A n n i v e r s a r y 2

2 n d A n n i v e r s a r y 2

アイナメとイカバスケーズ Greenling and squid, tomato, bacon and paprika, basil paste 真鯛アロスカルドソ : スペイン風鉄鍋ご飯 Arroz Caldozo: sea bream, clam, bamboo shoots, Carnaroli rice, thyme flavor オマール海老と貝類フリカッセ Lobster and scallops, crustacean cream sauce and seasonal vegetables 国産牛モモ肉タジン 柚子胡椒風味 Roasted Japanese beef round, seasonal vegetables, gravy, yuzu pepper and miso

8 さらに読み込む

2 T(x - v τ) i ix T(x + v τ) i ix x T = ((dt/dx),, ) ( q = c T (x i ) v i ( ) ) dt v ix τ v i dx i i ( (dt = cτ ) ) v 2 dx ix,, () i x = const. FIG. 2

2 T(x - v τ) i ix T(x + v τ) i ix x T = ((dt/dx),, ) ( q = c T (x i ) v i ( ) ) dt v ix τ v i dx i i ( (dt = cτ ) ) v 2 dx ix,, () i x = const. FIG. 2

m ∗ δt (167) となり、時間とともに増大する。 電子散乱が起こるとどうなるだろうか?散乱されて ” 遷移する先状態 ”はどこだろうか?遷移する先状態は、 電場影響によって空になった状態である。図 22 参照。す なわち、散乱は電子分布を元に引き戻す役割を果たす。 実際には電場によって電子分布が動かされる効果と散乱 によって電子分布が元に戻る効果が釣り合って、定常的 な分布が実現し電流が流れ続ける。電子が τ 時間だけ加 速された後に散乱されると考えると、定常的な電流大き さは式 167 δt に τ を代入することによって得られる。 結局、
さらに見せる

25 さらに読み込む

T o p I n t e r v i e w Q1 A1 4

T o p I n t e r v i e w Q1 A1 4

16.5 % *1 2007年度予想数値は、2007年4月27日現在ものです。 *2 ARPUとは、契約者1人当たり各サービスにおける平均的な月間営業収益を計るために使われます。ARPUは無線通信サービス収入うち各サービス提供により得られる収入 (毎月発生する基本料、通話料/ 通信料) を、当該サービス稼動契約数で割って算出されます。従ってARPU算定からは各月平均的利用状況を表さない契約事務手数料などは除いています。こうして得られたARPUは各月お客さま平 均的な利用状況を把握するうえで有用な情報を提供するものであると考えています。ARPU分子に含まれる収入は米国会計基準により算定しております。
さらに見せる

10 さらに読み込む

2 P r i m e S t r a t e g y C o., L t d. W o r d P r e s s F u l l y M a n a g e d S e r v i c e D i v i s i o n 1. 今 日 お 話 しすること

2 P r i m e S t r a t e g y C o., L t d. W o r d P r e s s F u l l y M a n a g e d S e r v i c e D i v i s i o n 1. 今 日 お 話 しすること

なぜWordPress高速化が必要とされるか? 3.このような背景中でオウンドメディアやサービス サイトでは (1)PV獲得機会を失わないという観点 (2)ユーザーエクスペリエンス向上観点 (3)検索エンジン最適化観点

53 さらに読み込む

5 1.2, 2, d a V a = M (1.2.1), M, a,,,,, Ω, V a V, V a = V + Ω r. (1.2.2), r i 1, i 2, i 3, i 1, i 2, i 3, A 2, A = 3 A n i n = n=1 da = 3 = n=1 3 n=1

5 1.2, 2, d a V a = M (1.2.1), M, a,,,,, Ω, V a V, V a = V + Ω r. (1.2.2), r i 1, i 2, i 3, i 1, i 2, i 3, A 2, A = 3 A n i n = n=1 da = 3 = n=1 3 n=1

と表される. ここで, M は単位質量あたりベクトル合計であり, 添字 a は 慣性系から観測される速度や加速度を表している. しかしながら, これら量は宇 宙空間を移動する地球上で観測されるので, 地球と相対的に測られた変数を使って, 運動を記述するが望まれる. この場合, 考慮されるべき重要な運動は地球自転 であり, 公転といった他運動は無視してよいだろう. 地球自転角速度ベクトル を Ω とすれば, 流体要素絶対速度 V a は地球に対する相対速度 V と自転による
さらに見せる

25 さらに読み込む

A g ( v x ) i i { v ( m m) }{ v ( m m) } v i vav ( m m)( m m) i ( m m)( m m) v ( m m)( m m) SS within g ( v x v x ) i g { v ( X ) m v ( m m) } g { v (

A g ( v x ) i i { v ( m m) }{ v ( m m) } v i vav ( m m)( m m) i ( m m)( m m) v ( m m)( m m) SS within g ( v x v x ) i g { v ( X ) m v ( m m) } g { v (

リスト 2.1 出力ファイル内容 Variables = Group ID ==> G-Var Subject ID ==> Subj-Var Var 1 ==> Var-1 Var 2 ==> Var-2 Var 3 ==> Var-3 Var 4 ==> Var-4 Var 5 ==> Var-5 Var 6 ==> Var-6 Var 7 ==> Var-7 Var 8 ==> Var-8 Var 9 ==> Var-9 Var 10 ==> Var-10 Var 11 ==> Var-11 Var 12 ==> Var-12 Var 13 ==> Var-13 Var 14 ==> Var-14 Var 15 ==> Var-15 Data =

16 さらに読み込む

2 3 v v S i i L L S i i E i v L E i v 3. L urren (A) approx. 60% E = V = 0 Ω L = 00 mh urren (A) app

2 3 v v S i i L L S i i E i v L E i v 3. L urren (A) approx. 60% E = V = 0 Ω L = 00 mh urren (A) app

コンデンサは,二つ電極が向かい合ったものであ る.これに電流が流れ込むと,蓄積された電荷量に比 例した電圧が発生する.抵抗が直列に接続されている場 合には,本章で学習したように,C 電圧が印加電圧と 同じになるまでに時間を要する.これは有限速度で電 荷が蓄積されるからである.一方,抵抗が無い C だけ を考えた場合には,所要時間ゼロでその電圧になる.こ れは,無限速度で電荷が蓄積されることを意味する. 見方を変えると,電荷がコンデンサに向かって (あるい は,コンデンサ方へ),無限速度で移動することを意 味する.これは,抵抗ゼロであることに相当する.従っ て,スイッチを入れた瞬間や,切った瞬間コンデンサ は,短絡 (short) と同じであると想定するである.
さらに見せる

19 さらに読み込む

J N C T e c h n i c a l R e v i e w JNC Technical Review

J N C T e c h n i c a l R e v i e w JNC Technical Review

いては,これより減少し5 0∼6 0%が可能だとして おり, 「どちらでもない」 と態度を保留した回答が 2 0∼3 0%を占めている。このことから,地層処分 に対する理解を得るためには,地層処分における 安全確保仕組み等情報を分かりやすい形で繰 り返し提供することが必要であると考えられる。 社会に対してより広く情報提供を行っていく上 では,特に原子力関係者以外参加を得てい くことが重要であり,そのため開催周知に用い る広告媒体種類や規模,頻度などについて,開 催場所地域性を考慮して検討するなど一層 工夫が必要である。とくに,学生等若い世代へ 周知には,携帯電話やパソコン普及を背景とし て,E メールメーリングリストをより積極的に活 用することなどが効果的であると考えられる。ま た,電気という暮らしに密着したテーマであると いう切り口で,女性参加者を増やすため方策 を検討することも重要である。また,今後,市民 団体や大学と共催等を検討することも重要であ ると考える。
さらに見せる

191 さらに読み込む

: : : : ) ) 1. d ij f i e i x i v j m a ij m f ij n x i =

: : : : ) ) 1. d ij f i e i x i v j m a ij m f ij n x i =

であり、その集計は、藤川 (1999) 「付加 価値基準国産化率」であり、秋山 (1999) 「誘発輸入係数」である。また、尾崎࡮相 良 (1972) 「必要誘発輸入量」は、ある産 業「付加価値額 100 万相当を生む生産活動 を行ったとき、経済全体としてどれだけ必 要誘発輸入量」 (尾崎࡮相良、1972: 55) である. 明らかにある産業 1 単位最終生産物を提 供する際「輸入品比率」と「誘発輸入係数」 は「必要誘発輸入量」を係数化したものであ り、同じ対象を反映している。しかし、「輸 入品比率」と「誘発輸入係数」と「必要誘発 輸入量」はいずれも「輸入品ユニット࡮スト ラクチャー」要素集計であるため、「輸入 品ユニット࡮ストラクチャー」ように輸入 に関する構造的な情報がなにも得られない。 4. 産業生産結合構造と結合労働生産性
さらに見せる

17 さらに読み込む

留学生およびその親族による国内観光行動の特性分析 ~ 出身国や留学動機に注目して ~ A n a l y s i s o f F o r e i g n S t u d e n t s a n d t h e i r R e l a t i v e s T r a v e l B e h a v i

留学生およびその親族による国内観光行動の特性分析 ~ 出身国や留学動機に注目して ~ A n a l y s i s o f F o r e i g n S t u d e n t s a n d t h e i r R e l a t i v e s T r a v e l B e h a v i

使 用 し た サ ン プ ル で は 、 そ 74.6% が 宿 泊 旅 行 を 経 験 し 、 50.7% が 近 畿 地 方 、46.3% が 箱 根 や 日 光 な ど 関 東 地 方 を 訪 問 し て お り 、一 般 訪 日 観 光 客 に 比 べ 各 活 動 経 験 率 が 高 い 。 始 め に 、 留 学 生 を 出 身 地 域 別 に 、 1)短 期 交 換 留 学 生 多 い 欧 米 留 学 生 、2)日 本 留 学 生 大 半 中 国・ 台 湾・ 韓 国 出 身 留 学 生 、3)奨 学 生 が 多 い 東 南 ア ジ ア ・ そ 他 地 域 留 学 生 3グ ル ー プ に 分 類 し た 場 合 観 光 行 動 特 性 を 分 析 し 、差 異 に つ い て は 統 計 的 に 検 定 を 行 っ た 。欧 米 留 学 生 は 、留 学 目 的 一 つ で あ る 異 文 化 体 験 に 積 極 的 な こ と に 加 え 、留 学 生 向 け 体 験 プ ロ グ ラ ム に ア ク セ ス し や す い 環 境 に あ り 、日 本 人 学 部 学 生 国 際 交 流 サ ー ク ル か ら も 観 光 体 験 を サ ポ ー ト さ れ て お り 、短 期 間 滞 在 で も 観 光 体 験 経 験 率 が 高 い 傾 向 が あ る 。中 国・台 湾・韓 国 留 学 生 は 、人 数 が 多 く 同 胞 友 人 や 情 報 を 入 手 し や す い が 、留 学 生 向 け 観 光 体 験 が 提 供 さ れ に く い 環 境 に あ り 、留 学 生 と し て 異 文 化 体 験 を 求 め る 観 光 行 動 は 活 発 と は 言 え な い 。東 南 ア ジ ア・そ 他 地 域 留 学 生 は 、人 数 も 少 な く 文 化 宗 教 的 背 景 も 相 互 に 異 な る が 、大 学 を 超 え た 同 胞 ネ ッ ト ワ ー ク が 確 立 さ れ て お り 、そ 存 在 が 観 光 行 動 を 誘 引 し て い る 他 、大 学 入 学 前 予 備 教 育 で 提 供 さ れ る 留 学 生 用 プ ロ グ ラ ム も 観 光 体 験 を 促 進 し て い る 。ま た 、本 調 査 で は 熱 帯 気 候 出 身 が 大 半 を 占 め た こ 属 性 は 、 沖 縄 へ 訪 問 が 少 な く 寒 冷 地 へ 訪 問 が 多 い 。次 に 留 学 動 機 に よ る 影 響 を 分 析 し た が 、そ 影 響 は 限 定 的 で「 留 学 先 と し て 日 本 を 選 択 」し 、「 日 本 文 化 に 関 心 」 が あ る グ ル ー プ が 、 活 動 実 施 率 が や や 高 い 傾 向 が 見 ら れ た 。
さらに見せる

119 さらに読み込む

F u k u o k a W o m e n s U n i v e r s i t y Greeting

F u k u o k a W o m e n s U n i v e r s i t y Greeting

 FYSは、研究する力、つ まり問いをたて、情報を収 集・解析し、発表する力を 身につけるため1年次必 修科目である。研究する力 を身につけるため、「香椎 商店街活性化ため、女 子大寮生商店街利用を 促進させるにはどうすれば よいか」という問いをたて、私はチームで研究を行った。まず、 女子大寮生に対して商店街へ意識調査を行った。その結 果、商店街正しい情報、良さが分かれば、寮生商店街利 用増えると考え、寮生向けにチラシを発行することにした。 チラシを発行することが、私たちFYS最終目標と考え、 研究を進めていった。しかし、実際にチラシを完成させ、寮生 や香椎商工会方にチラシを配った後も、この研究が終わっ たという感覚がなかった。なぜなら、新たな問いや改善点が まだまだたくさんあったからだ。研究というは、簡単に終わ る(答えを手に入れる)ことはできないと感じた。このように、 私にとってFYSは、実践を通して、研究基礎的な力を身に つけ、簡単に答えは手に入らないという研究本質を感じと るため授業であった。
さらに見せる

12 さらに読み込む

2.5 (Gauss) (flux) v(r)( ) S n S v n v n (1) v n S = v n S = v S, n S S. n n S v S v Minoru TANAKA (Osaka Univ.) I(2012), Sec p. 1/30

2.5 (Gauss) (flux) v(r)( ) S n S v n v n (1) v n S = v n S = v S, n S S. n n S v S v Minoru TANAKA (Osaka Univ.) I(2012), Sec p. 1/30

これは,閉曲面 S 上電場とその内部電荷と関係を表わす. 一般に電荷と面は離れていてもよいから (§§2. 5. 2 例 ) ,近接相 互作用考え方になっていない. ◦ ガウス定理を用いると,

30 さらに読み込む

Show all 10000 documents...