庁舎建設基金へ積立を行っ

Top PDF 庁舎建設基金へ積立を行っ:

新庁舎建設基本構想

新庁舎建設基本構想

浦安市では、昭和 57 年度から将来の庁舎の増築見据え「浦安市庁舎増築基金条例」制 定し、建設資金の積立行っており、現時点(平成 18 年 7 月)での残高は約 73 億円です。 庁舎建設に当たりましては、庁舎増築基金活用し、不足する部分は地方債など財源と して、他の施策の事業予算に影響与えることなく事業進めていきます。また、計画にあ たっては華美にならない施設とすること前提に簡素化や合理化、独立行政法人新エネルギ ー・産業技術総合開発機構(NEDO)の補助金の活用など、市財政の負担軽減する取 り組み行います。
さらに見せる

20 さらに読み込む

清瀬市新庁舎建設基本計画 < 答申 > 平成 26 年 11 月 清瀬市新庁舎建設基本計画策定委員会

清瀬市新庁舎建設基本計画 < 答申 > 平成 26 年 11 月 清瀬市新庁舎建設基本計画策定委員会

建替えによる新庁舎建設進めるにあたっては、新庁舎のあり方明確にし、庁舎機 能や規模などの基本的な要件の整理が必要となることから、新庁舎建設のための基本計 画策定することとなりました。 基本計画では、 市民や議会の意見聴きながら、 新庁舎に必要となる機能の明確化や、 建設規模、施設計画、事業費、整備スケジュールなどについて定めますが、検討進め るにあたっては、市民や有識者等から構成される「清瀬市新庁舎建設基本計画策定委員 会」設置し、市庁舎のあるべき姿や必要な機能について議論行うとともに、市職員 で構成する「清瀬市新庁舎建設庁内検討委員会」設けて、庁舎機能に係る専門的な内 容の調査・検討行いました。
さらに見せる

56 さらに読み込む

新庁舎建設事業の経緯

新庁舎建設事業の経緯

◆新庁舎建設事業の経緯 年度 検討事項等 昭和 49 年度 本庁舎及び議会棟の建設(想定人口 8 万人に対応した規模) 昭和 57 年度 「浦安市庁舎増築基金条例」制定し、基金積み立て開始

2 さらに読み込む

羽島市新庁舎建設基本構想 基本計画 目 次 第 1 章新庁舎建設について 1. はじめに 2. 関連計画との整合 第 2 章現状と課題の整理 新庁舎建設の必要性 1. 現在の羽島市庁舎の概要 2. 現状と課題の整理 3. 新庁舎建設の必要性 第 3 章新庁舎建設の基本方針 1. 基本方針の前提 2.

羽島市新庁舎建設基本構想 基本計画 目 次 第 1 章新庁舎建設について 1. はじめに 2. 関連計画との整合 第 2 章現状と課題の整理 新庁舎建設の必要性 1. 現在の羽島市庁舎の概要 2. 現状と課題の整理 3. 新庁舎建設の必要性 第 3 章新庁舎建設の基本方針 1. 基本方針の前提 2.

第1章 新庁舎建設について 1. はじめに 羽島市の現本庁舎は、昭和 29 年に 10 町村の合併により誕生した当市の市制施行 5 周年の記念事業 として建設され、昭和 34 年 3 月の竣工から 59 年が経過しております。本来であれば計画的に時代の 変化に対応しながら、拡張・耐震補強・改修等行う必要がありましたが、平成 7 年の阪神淡路大震 災後に実施した、耐震診断の結果(最小Is値 0.32)にも関わらず、耐震補強工事実施しないま ま現在に至っております。このような状況から、執務機能においては 6 庁舎に分かれた分散化による 業務効率の低下及び市民サービスの不便余儀なくされています。また、耐震性能の不足だけでなく 建物の外部・内部双方の老朽化や庁舎の維持管理経費の増大などの様々な課題・問題が山積していま す。特に、災害時の防災拠点庁舎としての機能にも不安があり、抜本的な庁舎体制の見直しが喫緊の 課題であります。
さらに見せる

29 さらに読み込む

府中市庁舎建設基本計画

府中市庁舎建設基本計画

( 14) 新庁舎の規模 ア 新庁舎の規模の積算 ・規模の設定については、平成26年4月1日現在の職員数等基本とした 上で、 事務事業の民間委託等により新庁舎の配置が見込まれる職員数考慮 した数に基づき総務省基準により算定した面積に、 市民協働支えるためのス ペースなどに必要となる固有面積加算する方法により、適正に積算します。 ・表−1中の議会関係諸室の面積及び固有面積については、近隣他市(町田 市、 立川市及び青梅市。 以下 「3市」 といいます。 ) の事例参考としたほか、 本市が必要と考えている内容考慮して積算しています。
さらに見せる

45 さらに読み込む

新庁舎建設に関する市民意向調査と諸計画に係る検証報告 新庁舎建設_経緯 | 稲敷市公式ホームページ

新庁舎建設に関する市民意向調査と諸計画に係る検証報告 新庁舎建設_経緯 | 稲敷市公式ホームページ

る。従って,賛否の結果,市民の多くが新市庁舎建設に反対という結果になる可能性もありうる。実際 過去に実施された他都市での同様な市民意向調査では,新市庁舎建設について市民の多くが反対という 結果もしばしば出ている。そこで,市長の総合的判断でも,新市庁舎の建設の延期,もしくは中止とな る場合は,現在進行中の( 休止しているが) 新市庁舎の基本設計,実施設計作業は中止になる可能性も十

53 さらに読み込む

目 次 はじめに 2 Ⅰ 新たなたな庁舎建設庁舎建設の必要性 3 1 現庁舎の現状 2 現庁舎の課題 問題点 3 結び Ⅱ 新たなたな庁舎庁舎の基本的基本的な考え方 6 1 住民の安全 安心な暮らしを支える防災拠点となる庁舎 2 人にやさしい庁舎 3 環境との共生 周辺との調和のある庁舎 4 住民サ

目 次 はじめに 2 Ⅰ 新たなたな庁舎建設庁舎建設の必要性 3 1 現庁舎の現状 2 現庁舎の課題 問題点 3 結び Ⅱ 新たなたな庁舎庁舎の基本的基本的な考え方 6 1 住民の安全 安心な暮らしを支える防災拠点となる庁舎 2 人にやさしい庁舎 3 環境との共生 周辺との調和のある庁舎 4 住民サ

住民が利用する窓口が本庁舎、御蔵入交流館に分散しているため、利便 性やサービスの低下、行政効率の低下まねいています。さらに、職員に とっても効率的な住民サービス提供するうえで支障きたしています。 また、本庁舎の来庁者用駐車場は、日常的に満車に近い状態であったた め、平成24年3月、庁舎に隣接する旧南会津警察署用地取得し、来庁 者用の駐車場として利用しています。

24 さらに読み込む

目 次 はじめに 2 Ⅰ 新たなたな庁舎建設庁舎建設の必要性 3 1 現庁舎の現状 2 現庁舎の課題 問題点 3 結び Ⅱ 新たなたな庁舎庁舎の基本的基本的な考え方 6 1 住民の安全 安心な暮らしを支える防災拠点となる庁舎 2 人にやさしい庁舎 3 環境との共生 周辺との調和のある庁舎 4 住民サ

目 次 はじめに 2 Ⅰ 新たなたな庁舎建設庁舎建設の必要性 3 1 現庁舎の現状 2 現庁舎の課題 問題点 3 結び Ⅱ 新たなたな庁舎庁舎の基本的基本的な考え方 6 1 住民の安全 安心な暮らしを支える防災拠点となる庁舎 2 人にやさしい庁舎 3 環境との共生 周辺との調和のある庁舎 4 住民サ

住民が利用する窓口が本庁舎、御蔵入交流館に分散しているため、利便 性やサービスの低下、行政効率の低下まねいています。さらに、職員に とっても効率的な住民サービス提供するうえで支障きたしています。 また、本庁舎の来庁者用駐車場は、日常的に満車に近い状態であったた め、平成24年3月、庁舎に隣接する旧南会津警察署用地取得し、来庁 者用の駐車場として利用しています。しかし、町道挟んでの位置にあり、 安全対策や移動距離が長いことから来庁者に不便かけています。
さらに見せる

11 さらに読み込む

平成17年1月 庁舎建設に関する市の考え方への市民意見の概要

平成17年1月 庁舎建設に関する市の考え方への市民意見の概要

情報開示 旧い公設建物から建替えるべき。もし、新庁舎建設が決定した場合には、建設業者の選定、費用 などきちっと情報開示。自分の都合で税金使われては困る。 反対(3 件) 住民の必要とするものが先 建設費は税金使うのであり、その価値があるかどうかである。住民が本当に困っているものが先 ではないか。下水道の整備やイトーヨーカドー近辺の道路混雑、海側の交番設置、高層住宅火災の 際のはしご車など。いろいろ火急的に必要なものが先。立派な箱物はもういらない。
さらに見せる

5 さらに読み込む

広報うらやす庁舎建設特集号2(平成18年5月15日発行) 新庁舎建設に関する広報|浦安市公式サイト

広報うらやす庁舎建設特集号2(平成18年5月15日発行) 新庁舎建設に関する広報|浦安市公式サイト

現在、市では、この数字参考に事業進めていきま すが、今後、新庁舎の事業手法や機能、導入する設備な ど検討進めていくなかで変動していくと考えています。 また、財源は、昭和57年から庁舎建設のために、積み 立て行っている基金(約75億円)と不足する分は地方 債考えています。

2 さらに読み込む

広報うらやす庁舎建設特集号6(平成20年5月1日発行) 新庁舎建設に関する広報|浦安市公式サイト

広報うらやす庁舎建設特集号6(平成20年5月1日発行) 新庁舎建設に関する広報|浦安市公式サイト

 「新庁舎建設基本構想」で取り上げた現状の問題点庁舎建設 基本計画に加筆しました。 ①分散し不便で効率が悪い  現在の本庁舎や議会棟は昭和49年に建設したものですが、その 後の行政需要の増加による狭あい化に対応するために、第2庁舎 や第3庁舎暫定の施設(プレハブ)として整備し、健康センター や集合事務所、文化会館にも行政施設の一部配置してきました。 その結果、市民利用の多い窓口が分散し、利用しにくく、事務処 理の面でも非効率となっています。
さらに見せる

3 さらに読み込む

なぜ新庁舎を建設しなければならないのか 新庁舎建設基本計画(案)のパブリックコメント実施結果|浦安市公式サイト

なぜ新庁舎を建設しなければならないのか 新庁舎建設基本計画(案)のパブリックコメント実施結果|浦安市公式サイト

現状の 問題点 ①分散し不便で効率が 悪い 現在の本庁舎や議会棟は昭和 49 年に建設したものですが、その後の行政需要の増加による狭あい化に対応するために、第二庁舎や 第三庁舎暫定の施設(プレハブ)として整備し、健康センターや集合事務所、文化会館にも行政施設の一部配置してきました。 その結果、市民利用の多い窓口が分散し、利用しにくく、事務処理の面でも非効率となっています。

3 さらに読み込む

町田市新庁舎建設基本計画

町田市新庁舎建設基本計画

本基本計画は、 この基本構想受けて設置された町田市新庁舎建設基本計画策定委員会の検討 経て、 新庁舎建設の基本的な方針として、 さらには設計行う際の指針として策定したもので す。 本基本計画立案する過程で、策定委員会に置かれた市民部会に参画された市民の方々、職員 部会に参画された職員の皆さんには、 膨大な検討課題にもかかわらず、 極めて熱心に討議してい ただき、貴重なご提案・ご意見いただきました。また、アドバイザーグループの方々には、専 門家の立場から多くの有益な示唆と方向付けいただきました。 この場借りて皆様に厚く御礼 申し上げます。
さらに見せる

40 さらに読み込む

草加市新庁舎建設基本計画(概要)

草加市新庁舎建設基本計画(概要)

庁舎建設の事業費については、庁舎建設基金や、将来世代との負担平準化の観点から市債 活用することにより、新庁舎建設事業中の急激な財政負担極力抑えるように財源計画検 討します。 また、国・県等の補助金・地方債等の財政的支援についても、適用条件・期間等検討し、 活用できる支援については積極的に活用図ります。

7 さらに読み込む

遊佐町新庁舎建設基本計画 第 1 章 新庁舎の必要性 1. 現庁舎の現状と課題 3 2. 新庁舎建て替えの必要性 7 第 2 章 新庁舎建設の基本方針 3. 新庁舎建設の基本的考え方 8 4. 新庁舎の基本的機能 9 (1) 防災拠点 (2) 行政 (3) 町民の利便性 (4) ユニバーサルデザイン

遊佐町新庁舎建設基本計画 第 1 章 新庁舎の必要性 1. 現庁舎の現状と課題 3 2. 新庁舎建て替えの必要性 7 第 2 章 新庁舎建設の基本方針 3. 新庁舎建設の基本的考え方 8 4. 新庁舎の基本的機能 9 (1) 防災拠点 (2) 行政 (3) 町民の利便性 (4) ユニバーサルデザイン

CM方式(コンストラクションマネジメント):  建設生産・管理システムの一つであり、発注者の補助者・代行者であるCMRが、技術的な中立性 保ちつつ発注者の側に立って、設計の検討や工事発注方式の検討、工程管理及びコスト管理などの 各種マネジメント業務の全部又一部行うもの。発注者から施工者の工事費の支払については、 CMRが施工者等からの請求書整理して出来高に応じた部分払チェックしたり、共通仮設費等の 実費精算するなどのコスト管理行う。工事発注における体制・能力不足解決する。
さらに見せる

25 さらに読み込む

「新庁舎建設基本計画」の策定について

「新庁舎建設基本計画」の策定について

① 新庁舎の規模について(4.新庁舎の施設整備の考え方 (10)新庁舎の規 模の目安) 新庁舎の規模につきましては、総務省「地方債査定基準」に準拠して算定した執務 スペースに、他市の事例参考に議会施設、市民交流施設加え、全体ユニバーサ ルデザインとすることで、新庁舎建設基本計画(案)において上限値27,000平 方メートル「新庁舎の規模の目安」として示し、その後の基本設計・実施設計にお いて、 他市の事例により算出した面積など庁舎全体の機能や規模について詳細に検討 行い、簡素化や合理化図ることで、上限として示した庁舎面積の縮減図ること ができるものと考えています。
さらに見せる

11 さらに読み込む

大津町新庁舎建設基本計画

大津町新庁舎建設基本計画

②耐震工法の比較検討 ○耐震性能十分に確保するため、 一般的な耐震構造形式である①耐震構造、②免震構造、 ③制震 構造の3工法の比較行いました。 熊本地震の際、免震構造の建物に被害が少なかったといった調査結果が関係機関から報告され、 免震構造の優位性が改めて示されました。 今後、 県内はじめ全国でも免震構造の庁舎が増えて いくものと考えます。大津町の新庁舎においても、災害時に庁舎の安全性・機能性最も維持で きると想定される「免震構造」が望ましいと考えられますが、設計段階における構造、規模、形 状やコストなどの検討踏まえた上で最も適切な工法選定します。
さらに見せる

28 さらに読み込む

質問・意見への市の考え 府中市新庁舎建設シンポジウムの開催結果 東京都府中市ホームページ

質問・意見への市の考え 府中市新庁舎建設シンポジウムの開催結果 東京都府中市ホームページ

43 事業費 おも やと かはなれと が聞いた限り では使い勝手が悪く 、 またぜいたく に思わ れる。 予算的にはどう なのか? 今回設計者が提案し た内容では、 敷地内での建替計画と し て「 おも や」 と 「 はなれ」 活用し た仮設庁舎必要と し ない合理的な手法と なっ ています。 市役所の主な 機能「 おも や」 に配置するこ と で市民は効率的に手続行う こ と ができるこ と から 市民の利便性は向上すると 考えています。 予算と し ては、 基本計画に示し た概算 事業費で納めら れるよう 努めます。
さらに見せる

22 さらに読み込む

- 目次 - 1 役場新庁舎建設の必要性及び検討経過 1 役場新庁舎建設に向けた検討経過 1 2 基本計画の位置付け 1 3 現役場庁舎の概要 1 4 現役場庁舎の課題 2 5 役場新庁舎建設の必要性 3 2 役場新庁舎建設の基本的な考え方 4 3 役場新庁舎建設位置に関する考え方 1 新設避難道路

- 目次 - 1 役場新庁舎建設の必要性及び検討経過 1 役場新庁舎建設に向けた検討経過 1 2 基本計画の位置付け 1 3 現役場庁舎の概要 1 4 現役場庁舎の課題 2 5 役場新庁舎建設の必要性 3 2 役場新庁舎建設の基本的な考え方 4 3 役場新庁舎建設位置に関する考え方 1 新設避難道路

更に、現役場庁舎は、津波浸水区域に位置しているため、津波による浸水のリスクが少ない高台 に移転改築し、「災害に強い庁舎」として、施設の安全性確保することが求められていました。 このような状況踏まえ、町は平成 26 年 4 月に「新庁舎建設準備検討会議」立ち上げ、役場 庁舎整備の在り方について検討行い、一定の方向性示しながら、町議会やまちづくり懇談会な どで議論深めてきました。
さらに見せる

27 さらに読み込む

遊佐町新庁舎建設基本計画 第 1 章基本計画の目的 1. はじめに 2 2. 上位計画等における本計画の位置付け 3 第 2 章新庁舎の必要性 1. 現庁舎の現状と課題 4 2. 新庁舎建て替えの必要性 8 第 3 章新庁舎建設の基本方針 1. 新庁舎建設の基本的考え方 9 2. 新庁舎の基本的機能

遊佐町新庁舎建設基本計画 第 1 章基本計画の目的 1. はじめに 2 2. 上位計画等における本計画の位置付け 3 第 2 章新庁舎の必要性 1. 現庁舎の現状と課題 4 2. 新庁舎建て替えの必要性 8 第 3 章新庁舎建設の基本方針 1. 新庁舎建設の基本的考え方 9 2. 新庁舎の基本的機能

2.新庁舎建て替えの必要性 現庁舎は昭和 36 年に建設され、57 年経過しています。 東日本大震災、熊本地震では庁舎の損壊が多く見受けられました。防災対策拠点となる庁舎の安 全確保の必要があります。平成7年に「建築物の耐震改修の促進に関する法律(耐震改修促進法)」 が施行され、現在の新耐震基準満たさない建築物について積極的に耐震診断や改修進めること とされました。本庁舎は昭和 56 年の建築基準法改正以前に建てられており、震災発生時には役目 が十分に果たせないことが危惧されます。また、耐用年数が過ぎていることや維持管理等踏まえ ると、耐震診断行い補強で延命化図ったとしても抜本的な対策にならないため、建替えが必要 と考えられます。庁舎他の施設移転することも考えられますが、現時点では移転可能な施設は ありません。
さらに見せる

29 さらに読み込む

Show all 10000 documents...