橡品質報告書.doc

135 

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

Loading....

全文

(1)

大縮尺数値地形図データ作成に関する

調査研究作業報告書

大縮尺数値地形図データ作成に係る仕様書記載

事項

品質要件及び品質評価手順の基準(案)

(第2部)

品質要件及び品質評価手順の基準(案)

平 成14年3月

国 土 交 通 省 国 土 地 理 院

(2)

大 縮 尺数 値地形図デ ー タ作 成に 係 る 仕様書 記 載事項 、品 質要件及び品質評価 手順の基準(案)に関する調査研究作業は、ISO/TC211の規格原案及 び地理情報標準に準拠した大縮尺地形図データの作成に係る製品仕様書記載事 項 並 び に平 成 12 年度に作成された「地図データの品質とその評価に関する指 針 第1 版( 案)」で 示さ れた 付属 書につ い て、ISO/TC211及び地理情報 標 準の 見 直しに併せて 必 要とす る 図書の 作 成と整 備を図るこ とを目 的とする。 第1部は、利用者が空間データを調達する場合に作成する製品仕様書及び付 属書を、国土交通省公共測量作業規程第4編の数値地形測量の大縮尺図図式項 目 を 対象 と して作 成した 。 第2部は、空間データの品質評価手順について、受入検査及びデータ作成者 間で利 用 され るこ とを 前提 とし て 、品質 評 価手法 、品質評価基準等を作成した。 な お、 作 成した 製品仕 様 書 等の調達図書及び品質評価手順書等は、国土総合 開発研究所が行う「道路基盤データ作成実験」との整合を図るため、空間デー タ の 幾何 構造を「 面」と し て扱う 手 法で作 成 した。

(3)

i 目 次 1 .研 究 の目的... 1 2 .研 究 の概要... 2 2.1. 研究作業内容 ... 2 2.1.1. 品質規定類の調査・整理・分析 ... 2 2.1.2. 品質評価方法(案)の検討 ... 2 2.1.3. 品質要求・品質評価手順・品質評価報告書(案)の作成 ... 3 2.1.4. 間接評価法の検討 ... 3 2.1.5. 品質評価実験 ... 3 2.2. 研究体制 ... 3 2.3. 研究日程 ... 4 3. 品質規定類の調査 ... 5 3.1. 地理情報標準における品質原理・品質評価手順 ... 5 3.1.1. 空間データの品質 ... 5 (1) 品質の定義... 5 (2) 品質記述の構成 ... 7 (3) 定量的品質情報 ... 7 (4) 非定量的品質情報 ... 9 3.1.2. 品質評価手順 ... 10 (1) データ品質評価の工程 ... 10 (2) データ品質評価法 ... 12 3.1.3. 品質の報告 ... 15 (1) メタデータによる報告 ... 15 (2) 品質評価報告書による報告 ... 15 (3) 結合データ品質評価結果の報告 ... 15 3.1.4. 検討課題 ... 16 (1) 地物定義の明確化 ... 16 (2) 適合性品質水準 ... 16 (3) データ品質測定 ... 16 (4) 品質評価手法の類型化 ... 17 (5) 品質表示方法 ... 17 (6) 抜取検査手法 ... 17 3.2. 公共測量作業規程における検査規定 ... 18 3.2.1. 公共測量作業規程の内容 ... 18 3.2.2. 公共測量作業における精度管理... 18 (1) 精度に関する規定 ... 18 (2) 施工管理 ... 19 3.3. 地図データの品質とその評価に関する指針 ... 22 3.3.1. 目的 ... 22 3.3.2. 適用範囲 ... 22

(4)

ii 3.3.3. 指針(案)の概要 ... 22 (1) 指針(案 )の 品 質につ い ての基 本 的考え方... 22 (2) 指針(案)の品質評価についての基本的考え方... 22 (3) 適用事 例... 23 3.4 他の標準における品質規定類 ... 24 3.4.1. 都市計画 GIS 標準化ガイドラインにおける品質の定義 ... 24 3.4.2. 道路 GIS ... 27 3.4.3. 河川 GIS ... 33 3.4.4. 共用空間データ調達仕様及び基本仕様書... 35 (1) 概要 ... 35 (2) 地物定義 ... 35 (3) 品質評価 ... 35 3.4.5. 農村振興地理情報システム整備事業空間データ調達仕様書 ... 38 (1)概要 ... 38 (2)品質検査 ... 39 4 .品 質 評価時の 抜 取検査 方 法... 40 4.1. JISZ9002 ... 40 4.1.1. 計数規準型一回抜取検査 ... 40 4.1.2. 生産者危険・消費者危険と OC 曲線... 40 4.1.3. 検査の手順 ... 42 (1) 品質基準の設定 ... 42 (2) p0、p1 の指定 ... 42 (3) ロットの形成 ... 42 (4) 試料の大キサと合格判定個数の決定 ... 42 (5) 試料の取り方 ... 44 (6) 試料の試験... 44 (7) ロットの判定 ... 44 (8) ロットの処置 ... 44 4.1.4. JISZ9002 の適用の目安... 44 4.2 ISO2859(JIS Z 9015) ... 45 4.2.1. JIS Z 9015(:1999)の構成 ... 45 4.2.2. JIS Z 9015 の特徴 ... 45 (1) 連続ロットの検査 ... 45 (2) 孤立ロットの検査 ... 45 4.2.3. JIS Z 9015-1 ロットごとの検査に対する AQL 指標型抜取検査方 式 ... 45 4.2.4. JIS Z 9015-2 孤立ロットの検査に対する LQ 指標型抜取検査方式46 4.2.5. JIS Z 9015-3 スキップロット抜取検査手順 ... 46 4.3. 抜取検査時の諸課題 ... 48 4.3.1. ロット ... 48

(5)

iii 4.3.2. 検査単位 ... 49 4.3.3. 上限下限 ... 49 4.3.4. 不合格の扱い ... 50 5 .品 質 評価方法(案)の検討 ... 51 5.1 適用する品質評価法 ... 51 5.2 品質評価基準(案)作成の手順(案) ... 51 5.3 地物分類基準作成... 52 5.4 地物分類 ... 53 5.5 地物の類型化 ... 54 5.6 品質基準設定 ... 55 5.7 品質評価方法の指定 ... 57 5.8 品質評価結果の評価 ... 58 5.9 不良品の扱い ... 59 5.10 類型化ごとの品質評価基準 ... 59 5.10.1. 全数検査・自動検査 ... 59 5.10.2. 全数検査・非自動検査 ... 59 5.10.3.抜取検査・非自動検査 ... 60 6. 品質要求定義書(案)の検討 ... 62 6.1 地物類型化による品質要求(案) ... 62 6.1.1. 品質要素毎の品質の重みの指標基準 ... 62 6.1.2. 品質副要素別品質基準 ... 63 6.1.3. 品質の重みによる地物類型化 ... 64 6.1.4. 品質評価を行う単位 ... 65 6.2. 品質要求定義書(案)の作成 ... 66 7 . 品 質評価手順 ( 案)の 検 討 ... 67 7.1. 概要 ... 67 7.1.1. 適用 ... 67 7.1.2. 品質評価方法 ... 67 7.1.3. 品質評価項目 ... 67 7.2. 品質評価の類型化... 68 7.3. 品質評価手順(案)... 69 7.3.1. 品質評価手順のフローチャート... 69 7.3.2. 適用するデータ品質要素,データ品質副要素およびデータ品質適 用 範 囲の 識別 ... 70 (1) 完全性、位置正確度、主題正確度 ... 70 (2) 論理一貫性 ... 71 (3) 時間正確度 ... 71 7.3.3. データ品質測定の識別 ... 71 7.3.4. データ品質評価方法の選択と適用 ... 71 (1) 全数検査・自動検査 ... 73

(6)

iv (2) 全数検査・非自動検査 ... 73 (3) 抜取検査・非自動検査 ... 73 7.3.5. データ品質評価結果の判断 ... 75 7.3.6. 適合性の判断 ... 75 7.3.7. 不良品の扱い ... 77 8. 品質評価結果報告書 ... 78 8.1 メタデータでの品質報告 ... 78 8.2 品質評価報告書での品質報告 ... 79 8.3 品質評価報告書(案)の作成 ... 80 9. 間接評価手法 ... 86 9.1. ディジタルマッピングの間接評価手法 ... 86 9.1.1. ディジタルマッピングデータの範囲 ... 86 9.1.2. 間接評価の方法 ... 86 (1) ディジタルマッピングデータファイル説明書による方法 ... 87 (2) インデックスファイルによる方法 ... 88 (3) 図郭レコードによる方法 ... 88 (4) 仕様書・計画書による方法 ... 88 (5) 精度管理表・第三者検定記録による方法 ... 88 9.1.3. 間接評価の手順 ... 89 (1) ディジタルマッピングデータファイル説明書による手順 ... 89 (2)インデックスファイルによる手順 ... 89 (3) 図郭レコードによる方法 ... 89 (4) 仕様書・計画書による方法 ... 90 (5) 精度管理表・第三者検定記録による方法 ... 90 9.1.4 望ましい間接評価手法 ... 90 9.2. 航空レーザー測量の間接評価手法 ... 91 9.2.1. 航空レーザ測量システム ... 91 9.2.2. 誤差要因 ... 93 9.2.3. 間接評価法(キャリブレーション) ... 94 10. 数値地形図データ作成実証実験 ... 96 10.1. 実験の目的 ... 96 10.2. 実験対象地域 ... 96 10.3. 実験の作業工程 ... 97 10.4. 実験の手順 ... 98 10.4.1. 空間データ作成実験の手順 ... 98 (1) 計画・準備... 98 (2) 現地調査 ... 98 (3) 図化 ... 98 (4) 編集 ... 98 (5) 現地補備測量 ... 98

(7)

v (6) 構造化編集... 99 (7) XML文書化 ... 99 10.4.2. 品質評価実験作業の手順... 99 (1) 現地点検 ... 99 (2) 現地点検結果整理 ... 100 (3) 論理点検 ... 100 (4) 品質評価結果の整理 ... 101 10.5. 品質評価実験... 102 10.5.1. 現地調査作業 ... 102 10.5.2 完全性・主題正確度の評価... 103 10.5.3. 位置正確度の評価 ... 116 10.5.4. 論理一貫性の評価 ... 121 10.6. 品質評価実験による課題 ... 122 11. 今後の課題 ... 124 11.1. 地物の類型化についての検討 ... 124 11.2. 品質基準の検討 ... 124 11.3. 地域的な特性による類型化の検討 ... 124 11.4 抜取検査手法への理解 ... 125 11.5. 他の抜取検査手法の適用 ... 125 11.6. 実証実験の拡大 ... 125 11.7. 品質評価報告書の簡素化... 125 11.8. 各データ品質副要素の適用方法の検討 ... 126 < 参 考文 献> ... 127 < 付録 資 料> ... 128

(8)

1 1.研究の目的 本調査研究作業は、国土交通省地方整備局が国土交通省公共測量作業規程を用いて発注 する地図データについて、その品質要件と品質評価手順を「地図データの品質とその評価 に関する指針第1版」、「ISO/TC211 規格原案」及び「地理情報標準」に準拠して検討し た結果をとりまとめ、基準(案)を作成することを目的としている。 空間データの調達方式は、現行の公共測量作業規程や特記仕様書などに記載された作業 方法、使用する機器を明示した「作成仕様書」から作成する空間データの品質を明示し、 作成方式や使用する機器を問わない「製品仕様書」への移行が検討されている。この「製品 仕様書」への移行は、新しい技術の導入や民間測量成果の利活用を可能にするものである が、同時に成果物が要求された品質どおりに作成されているか否かの評価を行う必要があ る。 その「製品仕様書」に関しては、本研究作業と並行して進められている「大縮尺数値地 形図データ作成に係る仕様書記載事項についての検討作業」において、国土交通省公共測 量作業規程第4 篇の数値地形測量大縮尺図図式項目を対象とした「製品仕様書」記載事項 の検討が行われている。 本研究作業は、その「製品仕様書」へ記載する品質基準や品質評価手順に関する「地図 データの品質とその評価に関する指針 第1版(案)」、「ISO/TC211 規格原案」及び「地 理情報標準」に準拠し検討を行い、その結果をとりまとめ、大縮尺数値地形図データの品 質評価に関する基準(案)として提示することを目的として行われた。 空間データの品質評価に関する研究は、緒についたばかりであるが、ここで研究・提示 した成果は、今後のこの種の研究や実データの流通に際し、一定の指針を与えるものであ る。

(9)

2 2.研究の概要 2.1. 研究作業内容 本研究作業は、現行の品質規定類の調査を行い、その内容を整理・分析した後、品質評 価方法(案)を検討し、「大縮尺数値地形図データ製品仕様書(案)」に記載された地物に 対し、それを適用するとの手順により実施した。これらの研究概要を次に示す。 2.1.1. 品質規定類の調査・整理・分析 品質基準(案)作成のために、現行の品質規定類の調査を行い、それらについて整理・ 分析を行った。 調査を行った現行の品質規定類は、次のものである。 ① 地理情報標準(ISO/TC211 規格原案)の品質原理及び品質評価手順 ② 公共測量作業規程における検査規定 ③ 地図データの品質とその評価に関する指針 ④ 他の標準における品質規定類 ・ 都市計画 GIS カタログ ・ 道路 GIS ・ 河川 GIS ・ 共用空間データ調達仕様及び基本仕様書 ・ 農村振興地理情報システム整備事業にかかる空間データ調達仕様書 また、これらの規定類とは別に、JIS で規定されている抜取検査手法についても調査を 行い、その内容を整理した。これは、品質評価時の抜取検査手法として、工業製品での抜取 検査手法を適用することが、地理情報標準で紹介されているためである。 2.1.2. 品質評価方法(案)の検討 現行の品質規定類の調査内容を踏まえ、大縮尺数値地形図データを考慮した空間データ の品質評価方法(案)の検討を行った。 この検討内容は、地物が持つ品質要素毎の重みに着目し、重みが同じ地物を類型化する ことにより、品質評価を行うレポーティンググループを形成し、それにより品質評価を単 純化した。また、各品質要素毎の重み別の品質基準(案)を定めることとし、地物毎の品 質要求も単純化している。 品質評価手順も品質要素の重みにより、手順を定めると共に、抜取検査手法として JISZ9002 の適用法を提案した。

(10)

3 2.1.3. 品質要求・品質評価手順・品質評価報告書(案)の作成 品質評価方法(案)に基づき、「大縮尺数値地形図データ作成に係る製品仕様書記載事項 についての検討作業」班が作成した大縮尺数値地形図データの地物要件定義書に記載され ている地物に対して実際に適用し、品質要求定義書(案)、品質評価手順書(案)及び品質 評価報告書(案)を作成した。 これらの定義書(案)等は、品質評価実験の品質評価に係る仕様書として利用した。 2.1.4. 間接評価法の検討 品質評価基準(案)及び品質評価手順(案)は、地理情報標準の直接評価法を採用して いるが、現行の状況を踏まえると、直接評価法の完全適用には時間を要するものと考えら れる。そこで、地理情報標準のもう一つの品質評価法である間接評価法について検討を行い、 活用事例を紹介した。 2.1.5. 品質評価実験 提示した品質要求定義書(案)、品質評価手順(案)及び品質評価報告書(案)に従い、 実際に大縮尺数値地形図データ製品仕様書に従い作成された実証実験の空間データ集合に 対して品質評価実験を行った。 これにより、品質評価方法(案)やこれらの定義書(案)等の問題点を抽出し、今後の 検討課題を提示した。 2.2. 研究体制 本研究作業は、次の体制により実施した。 なお、本研究作業は、「大縮尺数値地形図データ作成に係る仕様書記載事項についての検 討作業」と同時並行して実施されたものである。 表-2.1 研究体制 氏 名 所 属 備 考 清水 啓治 財団法人日本測量調査技術協会 (株式会社かんこう) リーダー 津留 宏介 財団法人日本測量調査技術協会 (朝日航洋株式会社)

(11)

4 住田 英二 財団法人日本測量調査技術協会 (アジア航測株式会社) 竹本 孝 財団法人日本測量調査技術協会 (国際航業株式会社) 本間 克哉 財団法人日本測量調査技術協会 (株式会社パスコ) 三宅 敏和 株式会社NTT データ オブザーバー 2.3. 研究日程 本研究作業は、下表のような検討会等の日程で実施された。 表-2.2 研究日程 日 時 場 所 備 考 平成13 年 7 月 31 日 財)日本測量調査技術協会 平成13 年 8 月 27 日 食糧会館 平成13 年 9 月 7 日 国土地理院企画部輪講室 品質検討会 平成13 年 9 月 10 日 国土地理院関東地方測量部 平成13 年 9 月 20 日 食糧会館 平成13 年 9 月 28 日 国土地理院企画部輪講室 中間報告会 平成13 年 10 月 5 日 財)日本測量調査技術協会 平成13 年 10 月 11 日 国土地理院企画部輪講室 品質検討会 平成13 年 10 月 23 日 つくば研修センター 製品仕様書集中検討会 平成13 年 10 月 24 日 つくば研修センター 製品仕様書集中検討会 平成13 年 11 月 8 日 国土地理院企画部輪講室 平成13 年 11 月 15 日 国土地理院近畿地方測量部 品質検討会 平成13 年 11 月 20 日 国土地理院関東地方測量部 平成13 年 12 月 4 日 国土地理院企画部輪講室 中間報告会 平成13 年 12 月 20 日 国土地理院関東地方測量部 平成14 年 1 月 15 日 国土地理院企画部輪講室 平成14 年 1 月 23 日 財)日本測量調査技術協会 平成14 年 2 月 20 日 食糧会館

(12)

5 3. 品質規定類の調査

3.1. 地理情報標準における品質原理・品質評価手順

地理情報標準では、「空間データの品質」に関して、「品質原理」及び「品質評価手順」 の2つのドラフトが発表されている。また、それらの標準の基となっている ISO/TC211 では、ISO19113:品質原理(Quality Principles)と ISO19114:品質評価手順(Quality Evaluation Procedures)としてドラフトがまとめられている。 これらのドラフトで記載されている内容を整理し、「空間データの品質」に関する概要を 報告する。この報告は、次の3つの項目と今後検討する必要があると思われる課題の整理 の形式でまとめている。 ① 空間データの品質 ② 品質評価手順 ③ 品質の報告 ④ 検討課題 3.1.1. 空間データの品質 (1) 品質の定義 地理情報標準等では、空間データの品質とは「製品仕様書に従って作成された空間デー タのデータ集合が、その製品仕様書にどれだけ適合しているかを定義するものである。」と している。つまり、作成された空間データのデータ集合が実世界とどれだけ異なっていて も製品仕様書に従っていれば高品質な空間データと言える。 この品質の定義は、次頁の概念モデルを用いて説明されている。この図-3.1 の中の「論 議領域」は「universe of discourse」の日本語訳であり、地理情報標準では、「興味を引く すべてのものを含んだ、実世界又は仮想世界の見方」と定義している。 この概念モデルで表されている品質の定義は、製品仕様書とおり作成された論議領域(理 想データ集合とも言う)と実際に作成された空間データ集合との差である。あるいは、空 間データの利用者が特定の目的をもってデータ集合を利用する際、利用者要件とデータ集 合の食い違いを品質と呼んでいる。 このように空間データの品質とは、作成したいと考えている、または、利用したいと考 えている空間データ集合と実際に作成された、または、実存している空間データ集合との 差異で表される。

(13)

6 図-3.1 品質の概念モデル 今までは、一般に縮尺1/500 の地形図は、縮尺 1/5,000 の地形図より品質が高く、地番 家屋図は、一般地形図より品質が低いと考えられていた。このことは、論議領域を実世界 と考えていたことから生じたことである。各々の製品の品質は、その空間データを作成す るための製品仕様書から作り上げられた論議領域との比較が必要である。その製品仕様書 への忠実度により、高品質にもなり、低品質とも評価されるのである。したがって、縮尺 1/500 の地形図が低品質とされる場合もあり、また、地番家屋図も高品質と評価されるこ ともあり得るのである。 利用者要件による品質の定義を除くと、品質とは製品仕様書から作り上げられた論議領 域と実際に作成されたデータ集合の差異のことである。空間データを作成する場合には、 製品仕様書から受け取る論議領域が、作成者毎に異なっていては品質を評価することなど 出来なくなる。したがって、製品仕様書の記載事項が、誰でも同じ様に理解して論議領域 を描くことができる内容であることが重要である。また、その記載方法が曖昧な表現では あってはならないことになる。

デ ー タ

データ集合

実世界

論議領域A 製品仕様書 利用者要件 記述する 生産 論議領域B 論議領域 記述する データ の品質 データ の品質 選択 データ利用者

(14)

7 (2) 品質記述の構成 品質記述する要素は、下図のような構成をしている。 図-3.2 データ品質情報の構成 品質情報は、非定量的品質情報と定量的品質情報に分類され、両者はメタデータに記載 され報告されるとともに、定量的品質情報は品質評価報告書として報告される。なお、非 定量的品質情報は、品質評価報告書として報告はされない。 定量的品質情報と非定量的品質情報については、次項以降で説明する。 (3) 定量的品質情報 定量的品質情報は、品質内容を数値化して表すことができる品質情報である。この品質 情報は、データ品質要素及びデータ品質副要素で構成され、各々のデータ品質副要素は、 データ品質副要素の記述子で表される。 (a) データ品質要素及びデータ品質副要素 定量的品質情報を構成するデータ品質要素及びデータ品質副要素の構成と定義、適用事 例を整理すると次頁の表のようになる。 定量的品質情報 品質情報の品質 非定量的品質情報 適用可能なデータ品質概観要素 品質情報の特定 品質情報の報告 メタデータ データ品質副要素記述子 適用可能なデータ品質要素と 適用可能なデータ品質副要素 データ品質適用範囲 データ品質測定 データ品質評価手順 データ品質評価結果 データ品質評価値型 データ品質評価値単位 「地理情報標準−品質評価手順」 品質評価報告書

(15)

8 表-3.1 データ品質要素とデータ品質副要素 データ 品質要素 データ 品質副要素 定義 適用事例 地物、地物属性、地物間関係の存否 過剰 データセット中の過剰データ 取ってはいけないデータを取得 完全性 漏れ データセットからのデータの欠落 取るべきデータを取得していない データの構造、属性および関係に関する論理 的規則に関する忠実度 概念一貫性 概念スキーマ規則への忠実さ 概念スキーマ記述と適合したデータであるか 否か 値域一貫性 値の定義域に対する値の正確さ 論理的な値の範囲にデータがあるか否か フォーマット一貫性 構造規則への忠実さ フォーマットが仕様書に合っているか 論理一貫性 位相一貫性 明確に記載されたデータセットの位相特性 の正確さ データの位相が仕様書に記載のものであるか 否か 地物の位置の正確度 絶対または外部正確度 報告された座標値が真と見なされる値に近 接する度合 座標値が真と見なされる値に近いか否か 相対又は内部正確度 データセットにおける地物の相対位置が真 と見なされる相対位置に近接する度合 正しいと見なされる座標値との近似性 位置正確度 グリッドデータ位置正 確度 グリッドデータの位置が真と見なされる値 に近接する度合 ラスターデータに歪みが混在していないか 地物の時間属性と時間関係の正確度 時間測定正確度 項目の時間参照の正確性 記録された時間が正しかったか 時間一貫性 順序付けられたイベントや連続性が報告さ れた場合の正確性 記録されるべき時間の順序が正しかったか 時間正確度 時間妥当性 データの時間に関する妥当性 入力したデータが有効な範囲にあるか否か 定量的属性の正確度、非定量的属性の正確 性、地物の分類と地物間関係の正確性 分類の正確性 地物又は属性に割り当てられたクラスの論 議領域との比較 アイテムが正しく入力されているか否か 非定量的属性の正確性 非定量的属性の正確性 属性のスペルに誤りはないか 主題正確度 定量的属性の正確度 定量的属性の正確性 アイテムの標高、延長に誤りはないか なお、これらのデータ品質要素のみで品質の構成要素が十分に記述されない場合には、 新しいデータ品質要素を命名・定義してもよいことになっている。これを追加のデータ品 質要素と呼ぶ。例えば、データの鮮度などが考えられる。

(16)

9 (b) データ品質副要素の記述子 データ品質副要素の記述子は、データの品質副要素の内容を記述するもので、整理する と次表のようになる。 表-3.2 データ品質副要素の記述子 データ品質副要素の 記述子 適 用 データ品質適用範囲 品質測定の単位 データセットシリーズ、データセット自体、データグループ アイテムの型(地物タイプ、地物属性、地物間関係)、地理的範囲など データ品質測定 どのような品質測定方法を採用したか 適用される試験の種類の概説、名称 割合、標準偏差、平均二乗誤差、平均など データ品質評価手順 どのような品質評価手順を用いたか データ品質測定を適用するための方法論の記述 データ品質結果 品質を測定した結果 データ品質測定を適用して得られた値 指定された適合品質レベルと比較して評価した結果(合否) データ品質値の型 評価した結果の表現 合否に対するデータ品質値の型は「プール変数」 データ品質評価値単位 評価結果の単位 m、%、人など データ品質評価値単位が適用可能な場合のみ データ品質日付 評価した時点の記載 (4) 非定量的品質情報 定量的な品質情報は、前述のとおり、データ品質要素とデータ品質副要素についてデー タ品質副要素の記述子に従ってメタデータに記述する。非定量的な品質情報は品質概観要 素として、次の項目についてメタデータに自由記述を行う。 ① 目的 データ集合を作成する根拠を記述する。つまり、データ集合 作成の本来の目的を記述する。 ② 用法 データ集合が利用されている応用例を記述する。つまり、データ集合が実際に利用 されている使用例を記述する。 ③ 系譜 データ集合の履歴を把握できる範囲で記述する。データ集合の収集・取得から編集 及び現形式への導出までのライフサイクルを詳述する。つまり、何が原情報であり、 データ集合の収集・取得から編集等の処理過程、現形式までどのように変換を行っ たかなどを記述する。

(17)

10 3.1.2. 品質評価手順 (1) データ品質評価の工程 地理情報標準等では、品質評価の工程を下図のように示している。品質評価の工程は、 品質評価結果の作成および報告という一連の手続きを記したものである。 図-3.3 データ品質評価結果の評価および報告の工程フロー この工程の各段階での記述をまとめた表を次頁に掲載する。 データ品質評価結果の判断 データ品質測定の識別 適用可能なデータ品質要素,デー タ品質副要素およびデータ品質 適用範囲により特定さ れたデータ集合 製品仕様書または 利用者要件 データ品質評価結果の報告 (合否) データ品質評価結果の報告 (定量的) データ品質評価方法の選択と適用 適合性の判断 適合性品質水準 段階1 段階2 段階3 段階4 段階5

(18)

11 表-3.3 工程フローの段階 工程の 段階 行 為 記 述 1 適用可能なデータ品質要素,データ品質 副要素およびデータ品質適用範囲の識別 試験を受けるデータ品質要素,データ品質副要素およびデー タ品質適用範囲は,地理情報標準−品質原理の要求条件に従 って識別する。これは,製品仕様書または利用者要件によっ て要求される異なる試験の回数だけ繰り返す。 2 データ品質測定の識別 データ品質測定,データ品質評価値型,および適用可能であ ればデータ品質評価値単位は,実施される各試験に対して識 別する。 3 データ品質評価方法の選択と適用 識別された各データ品質測定に対するデータ品質評価方法 を選択する。データ品質評価方法は,次のどちらかを使用す る。 ・直接評価法 ・間接評価法 4 データ品質評価結果の判断 定量的なデータ品質評価結果,データ品質評価値またはデー タ品質評価値の集合,データ品質評価値単位及びデータ品質 日付は,品質評価方法の適用の結果出力される。 5 適合性の判断 適合性品質水準が製品仕様書または利用者要件に特定され ている場合には,適合性を判断するために必ずデータ品質評 価結果を適合性品質水準と比較する。適合データ品質評価結 果(合否)は,定量的なデータ品質評価結果の適合品質水準 との比較である。 これらの図や表は製品仕様書や利用者要求により、品質評価を行うデータ品質要素やデ ータ品質副要素、データ品質適用範囲を選択し、どのような評価方法とするか決定し、品 質評価を行い、その結果を判定するという一連のプロセスを説明しているものである。 例えば、「建物は漏れ2%未満であること」という品質要求が製品仕様書に記載されてい た場合 ① 建物という地物を選択(データ品質適用範囲) ② 完全性の漏れを選択(データ品質要素・データ品質副要素) ③ 漏れ=漏れているインスタンス/(データ集合中のインスタンス+漏れているイ ンスタンス) (データ品質測定) ④ 無作為抽出によるサンプリング手法(データ品質評価方法) ⑤ 結果の漏れ1.5%(データ品質評価結果) ⑥ 合格(適合性の判断) この場合の「漏れ2%未満」が適合性品質水準となる。

(19)

12 適合性の判断を行わず、品質評価結果をそのままの定量的な形式で報告する場合に「デ ータ品質評価結果の報告(定量的)」を用い、適合性の判断結果を報告する場合に「データ 品質評価結果の報告(合否)」を用いる。 適合性品質水準は個々の地物や主題属性毎に指定することができるが、その場合の報告 結果だけをみるとその空間データ集合の品質の判断を行うのが難しいとの指摘もある。適 合性品質水準の指定方式に工夫が必要との意見がある。 (2) データ品質評価法 (a) データ品質評価法の分類 データ品質評価法は、下図に示すとおり、直接評価法と間接評価法の2つに大別される。 直接評価法は、内部または外部の参照情報との比較により品質を判断する方法である。間 接評価法は、系譜(履歴)のようなデータに関する情報を利用して品質を判断する方法で ある。直接評価法は、さらに、評価の実施に必要な情報の出所によって内部と外部に細分 類される。 図-3.4 品質評価方法の分類 (b) 直接評価法 直接評価法は、データ集合をプログラムまたは人間により直接検査し評価する方法であ る。内部直接評価法は、評価されるデータ集合の内部データのみで検査を行う評価方法で ある。例えば、フォーマット一貫性の検査にプログラムを用いて検査する方法などである。 また、外部直接評価法は、評価されるデータ集合の外部の参照データを利用し、両者の比 較により評価を行う方法である。例えば、データ集合中の地番と土地課税台帳との地番を 比較し検査する方法などがある。 直接評価法の検査は、全数検査とデータ集合の一部を抽出して検査する抜取検査とに分 けられる。また、検査方法としては、プログラムによる自動検査と人間による非自動検査 直接評価法 品質評価法 間接評価法 内部 外部

(20)

13 (目視検査)に分類される。 (ア) 全数検査 全数検査はデータ品質適用範囲により特定される母集団中の全アイテムを試験する検査 方法である。小さな母集団や自動検査で完了させる試験に適している。また、漏れている ことが許されないなどの品質要求が高い場合に実施される。 地理情報標準等で示されている全数検査の手順を下表に示す。 表-3.4 全数検査の手順 手順の段階 記 述 アイテムの定義 アイテムは検査される最小単位である。地物,地物属性または地物間関 係がアイテムになりうる。 データ品質適用範囲のアイテムの 検査 データ品質適用範囲の全アイテムを検査する。 (イ) 抜取検査 抜取検査は、母集団からサンプルを抜き出して検査する方法である。抜取検査を適用す る場合、母集団においてデータ品質評価結果を得るのに十分なアイテムを試験する必要が ある。地理情報標準等では、抜取検査の方法について工業製品の抜取検査手法である ISO2859 及び ISO3951 の適用を紹介している。 地理情報標準等で示されている抜取検査の手順を次頁に示す。なお、利用したサンプリ ング手順はメタデータ等により報告する必要がある。 また、抜取検査を行う場合、特に抜取サイズが小さい場合や単純無作為抽出以外の手法 を使用する場合にはデータ品質評価結果の信頼性の分析を行うことが規定されている。

(21)

14 表-3.5 抜取検査の手順 手順の段階 記 述 抜取検査法の定義 抜取検査法には,単純無作為抽出法,層別抽出法(例 地物タイプ,地 物間関係または区域によって抽出される),多段抽出法および非無作為 抽出法が含まれる。 アイテムの定義 アイテムは検査される最小単位である。地物,地物属性または地物間関 係がアイテムになりうる。 データ品質適用範囲(母集団)を ロットに分割 ロットは,抜取および検査の対象となるデータ品質適用範囲におけるア イテムの集合である。各ロットは,可能な限り同じ条件および同じ時間 のもとで作成されたアイテムから構成しなければならない。 抜取単位にロットを分割 抜取単位は,検査が行われるロットの区域である。 抜取率または抜取サイズの定義 抜取率は,平均してどのくらいの数のアイテムが各ロットから検査のた めに抽出されたかの情報を与える。 抜取単位の選択 アイテムの抜取率または抜取サイズを満たすよう必要数の抜取単位を 選択する。 抜取単位におけるアイテムの検査 抜取単位の全アイテムについて検査する。 上の表は、抜取方法を定め、抜取対象となるアイテム(地物や主題属性など)を定めた 上で、母集団をロットに分割するように規定している。空間データは一般にデータの品質 に空間的特性による相関があると言われている。つまり、都市部と農村部ではエラーの発 生率が異なっているなどのことを言う。このように同一の条件の下で検査の対象となるも のをロットと言う。ロットは、基本的には同一条件の下で作成された製品群であることが 必要である。このロットの中からサンプルを抜き出し検査することで、そのロットの品質 を評価するのが抜取検査方法である。 ロットに分割した後、抜取単位にロットを分割する。空間データの品質評価としてはこ の抜取単位を一般にメッシュと考えている。この抜取単位の中からどの程度のアイテム数 を抜き出すか決定し、その抜き出された全アイテムを検査することになる。この検査され た全アイテムの結果から全体の品質を評価するのが抜取検査である。 (c) 間接評価法 間接評価法は、データ集合やデータ集合作成時に使用されるデータに関するメタデータ の品質概観要素に記載された内容から推論により評価する方法である。なお、地理情報標 準などでは、情報源として、前述したメタデータ等に限定しているわけではない。 間接評価法は、前述の情報源からデータ集合を作成した「目的」や「用法」、「系譜(履 歴)」などから推論して評価する方法である。例えば、「○○公共測量作業規程に基づいて 作成されたデータであるので、要求品質に添うものである」などの評価方法である。

(22)

15 つまり、この評価方法は定量的な評価ではなく、非定量的な評価方法である。非定量的 であるが故に、甚だ曖昧であり、推論を行う個人の能力に負うところが大きくなる。地理 情報標準等においてもこの手法は、直接評価法が利用できない場合にのみ推奨されるとし ている。 3.1.3. 品質の報告 品質評価情報の報告として地理情報標準等では、以下の3つを規定している。 (1) メタデータによる報告 定量的品質評価結果は、メタデータの品質情報として報告する。これは、前述したデー タ品質副要素の記述子を用いて記述することになる。 一般の利用者は、空間データ集合の品質についてメタデータを介してしか参照すること ができない。したがって、メタデータへの品質情報の記載は重要である。しかし、このメ タデータの品質情報の記載が細かすぎて、一般に分かりにくいとの指摘がある。品質の報 告の方法についての工夫が必要である。 (2) 品質評価報告書による報告 品質評価報告書が作成される必要がある場合として、地理情報標準等では次のように規 定されている。 ① データ品質評価結果がメタデータとして合否のみ報告される場合 ② 結合品質評価結果を作成した場合 後者の場合、品質評価報告書には結合評価がされた方法および結合結果の解釈の方法に関 する説明が要求される。しかし、品質評価報告書は、例えばメタデータよりさらに詳細な 報告を提供する場合のようにどのような場合であっても作成してよい。ただし、品質評価 報告書がメタデータの代わりにはならない。 (3) 結合データ品質評価結果の報告 データ品質評価結果は品質評価を行う単位毎に作成され、これをひとつの品質評価結果 に結合させる場合には、結合品質評価結果はメタデータ及び品質評価報告書ととして報告 する必要がある。 この報告は、異なる品質要素、品質副要素、品質適合範囲に基づくデータを結合して報 告する方法である。結合する目的は、唯一のデータ品質結果を提供することである。結合 品質評価方法としては、「100%合否」、「加重合否」、「最大/最小値」がある。

(23)

16 3.1.4. 検討課題 空間データの品質や品質評価手順における検討課題を整理すると次の6点になると思わ れる。 ① 論議領域を明確化するために、明確な地物定義を行う必要がある ② 適合性品質水準を定義する必要がある ③ 地物の特性によりデータ品質測定を分類する必要がある ④ 地物の特性により品質評価法を提示する必要がある ⑤ 品質表示方法を工夫する必要がある ⑥ 空間データに抜取検査手法をどのように適用するか これらの検討課題について簡単に説明する。 (1) 地物定義の明確化 平成12年度の官民共同研究「地理情報標準の運用に関する研究」の中で行われた「空 間データ作成・検証実験」において、品質評価時の問題点として、地物の定義が明確でな く、そのため、実験に参加した作成会社毎に仕様内容の解釈が異なっていたとの報告がな されている。その結果として各社のデータの一部にバラツキが発生した。 これは、製品仕様書の中で行った地物定義が、文章での記述であったため各社の不慣れ さが解釈の相違となって表れたためである。つまり、各社の論議領域の解釈が異なってい たために起きたと言える。 品質は製品仕様書で表された論議領域と実際に作成されたデータ集合との差異である。 したがって、製品仕様書の解釈次第で論議領域が異なってしまうと品質の評価などできな くなってしまうことになる。したがって、誰もが理解し易い製品仕様書における地物定義 の明確化の方法の検討が急務である。 (2) 適合性品質水準 この課題は、過剰○○%、漏れ○○%、定性的属性の正確性○○%の○○をどのように 規定するかというものである。利用者のデータに対する捉え方や作成者の限界及びそれに 係わる費用との関係を検討し、早急に指針等を示す必要がある。 (3) データ品質測定 完全性などを評価する場合、建物1 軒づつのようにインスタンスの数の割合で評価する のが一般的である。しかし、道路などの線状地物の場合、どこでデータを区分するのかと いうように、なにをインスタンスとするか明確でないと品質評価結果に差異が生じてしま う。線状地物のインスタンスの単位つまり、地物の定義を明確化する必要性と線状地物の データ品質測定をインスタンス比にするのか線状地物の延長などの他の方法をとるのか検 討する必要がある。 それにより、地物の特性に合ったデータ品質測定を提示する必要がある。

(24)

17 (4) 品質評価手法の類型化 地物の特性により品質を評価する場合、全数検査を行った方がよい場合と抜取検査を採 用した方が良い場合がある。このように地物の特性を把握した品質評価方法の類型化が望 まれる。平成12年度に発表された「地図データの品質とその評価に関する指針 第1 版 (案)」でその試みが行われているが、その適用について検討を進める必要がある。 (5) 品質表示方法 品質を評価した結果を報告する場合は、現在のように個別の地物についてデータ品質副 要素毎に記述する方式は、一般に分かりにくいことから、適合性品質水準の指定方法や品 質報告の方法を工夫し、より分かり易い品質表示方法の検討が必要である。 (6) 抜取検査手法 空間データの品質評価に抜取検査を適用する場合は、2つの大きな課題について利用者 と作成者に理解され解決する必要がある問題点を含んでいる。一つは抜取検査を適用した 場合、合格品の中に誤りが許容され、利用者はこれを許容して利用すること。2つめは、空 間データの品質評価に抜取検査を適合させるために、地物及び地物特性をデータ作成目的 に合わせて類型化を行い、定量的に数値化を行うことが可能であることである。また検討 を重ねる中で、空間データに対する抜取検査の手法に関しては、問題点ばかりクローズア ップされ、成案が見つかっていない。実行可能な抜取検査手法の検討が急務である。

(25)

18 3.2. 公共測量作業規程における検査規定 3.2.1. 公共測量作業規程の内容 公共測量の作業方法を規定する公共測量作業規程は、条文と運用基準に分け て記載されている。これらの記載内容を詳細に分類すると、次のように分ける ことができる。 l 作業方法の定義 l 精度基準 l 作業方法、使用機器、材料の指定 l 整理・計算様式の提示 l 点検項目の提示 l 成果品の指定 作業方法の定義では、作業全体及び各工程について定義されている。 精度基準では、全体の精度あるいは個々の工程で示すのが適当なものについ て、例えば観測回数や複数観測の較差という形式で記述してある。 整理・計算様式の提示では、中間資料を成果等として指定し、各工程の整理 方法や計算方法を体系付けた様式を示してある。これらによって、過誤が入ら ない仕組みが取り込まれている。 点検項目の提示では、主要工程において点検項目を列挙してある。これによ って、過誤が入り易い箇所を指定して、注意を促している。 成果品の指定では、全ての工程において精度管理表が盛り込まれている。こ れによって、精度管理への認識を促している。 このように、公共測量作業規程に記載されている条文あるいは運用基準は、 多くの部分が精度を維持するような仕組みとなっている。 3.2.2. 公共測量作業における精度管理 公共測量作業における精度管理には、公共測量作業規程での精度に関する規 定と施工管理によるものがある。ここでは、それぞれについて整理する。 (1) 精度に関する規定 空間データを作成する主要な方法は、公共測量作業規程では第4編第3章の ディジタルマッピングによる数値地形図測量に当たる。また、ディジタルマッ ピングは第3編第3章の空中写真測量から拡張されたものであり、多くの部分 が空中写真測量から引用されている。そこで、これらからディジタルマッピン

(26)

19 グの工程別に規定の内容を下表のように整理した。 表-3.6 公共測量作業規程にみる精度に関する規定 精度基準 作業方法、使 用機器、材料 の指定 整理・計算様 式の提示 点検項目の 提示 成果品(精度 管理表)の指 定 全体 ○ 作業計画 標定点の設置 ○ ○ ○ ○ 対空標識の設置 ○ ○ ○ ○ 撮影 ○ ○ ○ ○ 刺針 ○ ○ ○ ○ 現地調査 ○ ○ ○ 空中三角測量 ○ ○ ○ 数値図化 ○ ○ ○ ● 地形補備測量 ○ ○ 数値編集 ○ ○ ● 現地補測及び補 測数値編集 ○ ○ ● DMデータファ イルの作成 ○ ○ ● 地形図原図作成 ○ ○ ● 成果等の整理 ○ 「●」印は、規程の中に規定されていないが公共測量作業規程の標準様式と して様式が指定されていることにより、実質規定されているものと理解できる 工程である。 なお、この表からそれぞれの工程に必要な項目は概ね網羅されているという ことが分かる。 (2) 施工管理 施工管理においては、施工管理における点検作業要領が存在し、次の測量に ついて規定されている。 l 1/25,000地形図作成(含修正) l 写真図作成 l 空中三角測量

(27)

20 l 1/2,500及び1/5,000国土基本図 l 1/10,000地形図作成 l 1/5,000及び1/10,000火山基本図 また、各々の測量に対して次の項目で分類されている。 l 総点検の量 l ブロック毎単位点検の量 l 点検内容 l 点検箇所 l 選定の方法 l 点検要領 l 判定基準 l 整理・提出(納品)形式 次に、地理情報標準において早急に品質確認方法の確定が期待される大縮尺 図数値地形図データに近い1/2,500及び1/5,000国土基本図の施工管理における 点検作業要領を転記する。

(28)

21 表-3.7 1/2,500及び1/5,000国土基本図の施工管理における点検作業要領 項目 内容 総点検の量 測量区域の総面積の2% (抽出の方法は、距離又は経緯度方眼で区切り、地区の左上方隅よ り右へ順次一連番号を付し、乱数表による抽出する。 ただし、海、河川などの白部を抽出したときは、その隣を採用する。) ブロック毎単位点 検の量 監督員が指示した点検量 1/2.5千0.25K㎡ 1/5千1.0K㎡ 点検内容 基本図原図の藍焼図による現地点検及び指示区域の再図化または 別表1・2による図化結果の点検 注:別表1 施工管理較差表、地形・地物の表示の点検 別表2 実測による精度の点検 点検箇所 監督員の指示による。 選定の方法 監督員の任意抽出 1% 無作為抽出 1% 点検要領 1. 原図に表示されている地物、地形、記号名称、高さなどの 表示方法及び適用等について誤り、脱落及び必要に応じて位置 のズレ、高さの精度等を現地で調査点検する。 2. 調査点検を行ったものは、赤検符を付し、誤り、脱落、位 置ズレなどについては赤色で訂正し、真形、真位置を明確に整 理する。 3. 道路については、幅員を明示する。 判定基準 施工管理を実施した結果、不良個所が点検量の1割を越えたとき は、全般について再点検を行う。 再点検を終了した場合は、更に3%の施工管理を行うものとし、そ の結果不適合(不良個所が1割を越える場合等)と認められた場合 は、更に4%の追加実施をするか、再作業を行う。 整理・提出(納品) 形式 点検図には、「施工管理図」と表示し、点検結果は別表―1「施工 管理較差表」に整理し、点検測量期間、点検測量者の氏名を記載し て提出する。 水準測量を実施した場合は、水準路線を施工管理図に赤色以外で明 示し、測量簿は、施工管理資料として提出する。

(29)

22 3.3. 地図データの品質とその評価に関する指針 3.3.1. 目的 国土地理院は、「民間測量成果の公共測量への活用に関する検討委員会(座長:柴 崎東京大学教授)」を設置して審議を重ね、民間測量成果のうち数値地図データ、測 量用空中写真及び人工衛星画像について、「地図データの品質とその評価に関する指 針 第 1 版(案)」をとりまとめている。 本指針(案)は、地図データの利用者が地図データを調達するにあたって、ISO/TC211 規格原案及び我が国の地理情報標準第1.1版に準拠して地図データの品質要求を提 示し、その評価を具体的に実施するための参考資料として活用されることを目的とし たものである。なお、地理情報標準の改訂の際には、最新版に対応することを基本と している。 3.3.2. 適用範囲 本指針(案)は、デジタル化された地図データ(空中写真及び人工衛星画像、それ らに相当する画像を含む)について、利用者が規格原案及び地理情報標準に準拠する 地図データの品質要件の提示と、その評価を具体的に実施する場合に適用される。 3.3.3. 指針(案)の概要 本指針(案)は、調達しようとする地図データの情報項目の選択と品質要求の表示 に関する事項を「品質」の節に、また、地図データの品質評価の手順と評価結果の記 録に関する事項を「品質の評価」の節にとりまとめられている。さらに、国土交通省 公共測量作業規程(平成12年度国土交通大臣承認)にこれらの考え方を適用した事 例を参考資料として「適用事例」にとりまとめられ、各節で示した表について、利用 の便を考えて末尾の「付属書」にまとめている。 (1) 指針(案)の品質についての基本的考え方 品質の考え方は、地理情報標準の「品質原理」で示される定義に基づいている。そ の他、利用者要求の考え方として、「利用者が要求するデータの仕様でどのような情 報項目をどのような条件で取得するかを示したもので、データ作成の元資料を特定す る必要がある」とされ、元資料の例として「空中写真、紙地図、台帳、統計資料など」 が挙げられている。 (2) 指針(案)の品質評価についての基本的考え方 品質評価の方法も、地理情報標準の品質評価手順に基づき、データを直接検査する 「直接評価法」とデータの品質を、外部情報を基に推論により評価する「間接評価法」 に区分されている。 本指針(案)では、直接評価法について「品質評価手順の類型化」が示されている。 品質副要素ごとに、評価の概要を「品質評価手順(直接評価法)の類型化の表」に取

(30)

23 りまとめられている。現在のところ、地図データの検査に抜き取り検査による方法を。 実運用ベースで用いた例はない。そのため、本指針(案)において、下記の3つの観 点から、抜き取り検査の方法として JIS Z9002 を採用し、抜き取りの単位として地図 データを一定の大きさのグリッドで分割した「検査図郭」とすることを提案している。 1)現在行われている地図データの検査にできるだけ近い形態とする。 2)抜き取り検査の方法には既存の実績のある規格を採用する。 3)既存の規格の中でもっとも単純なものを採用する。 ただし、本指針(案)に示した品質評価手順はひとつの事例であることとされてい る。 また、評価対象成果の種類や情報項目、作成作業の方法、検査に要する費用などに より、直接評価法よりも間接評価法が適していると判断されるものもある、ことが示 されている。 (3) 適用事例 最後に、本指針(案)では以下の適用事例を示している。 ① 既成図数値化(マップデジタイズ:MD) 紙地図を数値化(デジタイズして数値データを得る)する作業の品質要求におい ては、元資料である紙地図上に図式表現された各情報からデジタル化された地図デ ータ(属性精度、位置精度、データ間関係等)をいかに忠実に取得するかを記述す る。品質評価はデジタル化された地図データと紙地図との比較により行う。 ② 空中写真からの直接数値図化(ディジタルマッピング:DM) 空中写真を用いて数値図化(デジタル化)を行って、直接に空中写真から数値地 図データを得る作業では、 (1)写真上に写るデータ (2)写真上に写らないデータ(地物の属性や境界線など) の 2 種類のデータのそれぞれ特性に合わせて品質の記述を行う。 ③ 空中写真・人工衛星画像 空中写真の品質要件は、写真撮影の欠落、画像の視認性、隣接写真間の重複、気 象的・機械的撮影状況の良否等により記述する。 人工衛星画像の品質要件は、空中写真に準じた品質要件の他に、幾何補正された 正射画像を使用する等について記述する

(31)

-- 24 3.4 他の標準における品質規定類 本研究作業においては GIS が応用されている分野における品質規定類に関する調査 を行い、一般地形図における品質規定のあり方に関する検討材料とした。この検討にお いてはGIS の利用頻度が最も顕著と思われる分野、GIS のあり方に対して最も活発に議 論が行われている分野での例を調査の対象とした。今回調査を行う質規定類は以下の応 用分野とした。 ・ 都市計画GIS ・ 道路GIS ・ 河川GIS ・ 共用空間データ調達仕様及び基本仕様書 ・ 農村振興地理情報システム整備事業空間データ調達仕様書 3.4.1. 都市計画 GIS 標準化ガイドラインにおける品質の定義 都市計画分野においては、都市計画データの蓄積・管理、都市の現況分析、計画の策 定、住民への情報公開などの目的のため広く GIS が普及してきた。そのため、データ整 備の標準化も他の分野に先んじて行われ、「都市計画 GIS カタログ」に見られるデータ 整備のガイドラインが策定された。 都市計画カタログでは、A∼E まで 5 段階の品質クラスを設けられている。利用者は 使用目的に合った品質水準を定め、評価に際してはその品質水準に合った評価方法を適 用する。品質の定義はA∼E の品質クラスごとに行われるが、地物ごとの品質要求は定 義していない。要求品質の分類は地理情報標準第1 版を基にして完全性・論理一貫性・ 位置精度・時間精度・属性精度に分けている。表-3.8 に品質クラスの一覧と品質検査方 法(クラス A-3 の例)を記す。なお、平成 12 年に編集されたガイドラインを見ると平 成11 年編集の「都市計画 GIS カタログ」に品質クラスに応じた図形種別、データの相 互関係、属性値の範囲が追加されている。

(32)

-- 25 表-3.8 都市計画 GIS カタログでの品質クラスの一覧と品質検査方法 (クラスA-3 の例) 品 質 クラス 品質名称 適応用途 品質サブクラス 備考 A-1 地番境界を除きほとん どの領域を確定できる。 概ね 1/500 精度に 相当する。 A-2 地形図に記されている 地物上の境界線に加え、 路線型の領域も確認で きる。 概ね1/1000 精度に 相当する。 A 都市計画の領域 確定に利用でき る。 都市計画図作成 都 市 計 画 の 領 域 の 指 導に利用できる A-3 地形図に記されている 地物上の境界線ならば 確認できる。 概ね1/2500 精度に 相当する。 B-1 公共測量作業規定に準 ずる位置精度を有する。 概ね1/2500 精度に 相当する。 B 形態的把握に利 用できる。 国 土 基 本 図 図 式 程 度 の地形と対比できる。 B-2 公共測量作業規定に準 ずる位置精度は保証さ れない。 概ね1/2500 精度の 住宅概略図に相当 する。 C 地域の分析に利 用できる。 地 片 程 度 の 調 査 区 と 対比できる。 土 地 利 用 の 分 断 要 素 (地形)と対比できる − − 概ね 1/10000 精度 の総括図に相当す る。 D 都市全体の分析 に利用できる。 総 括 図 の 作 成 に 利 用 できる。 町 丁 目 程 度 の 調 査 区 と対比できる。 街 区 の 形 状 と 対 比 で きる。 − − 概ね 1/25000 精度 の総括図に相当す る。 E 模式図として利 用できる。 都 市 の 代 表 的 な 骨 格 と の 位 置 関 係 が 把 握 できる。 − − 概ねA4 サイズに入る 大きさ。 (都市計画GIS 標準化ガイドライン(案)) 表-3.8 から目的に合った品質クラスを決めると、地理情報標準で定められている品質 要素の内容をもとに都市計画データ整備における品質を定義することが可能となる。表 -3.9 は品質クラス A-3が選択された場合の品質定義の例である。 表-3.9 都市計画 GIS 標準化ガイドラインに見られる品質定義と評価方法の例 (品質クラスA-3) 品質要素 品質定義 完全性 計画図に表されている領域は全て取得されていること。 論理一貫性 関連するデータに対し、法令による包含関係を満たしていること。 関連するデータと共有する境界線がすべて一致していること。 全て面図形で取得すること。 位置精度 地形図に表現できる境界線は標準偏差1.75m の地形図との相対精度が 0mであ ること。 地形図に表現できない境界線は規定しない。 時間精度 新たな都市計画の告示がなされていないこと。 属性精度 主題図は法令においてありえない値がないこと。 主題図は全て正しいこと。 上述した都市計画における品質定義に基づいて行った品質検査方法は表-3.10 のように

(33)

-- 26 なる。基本的には地理情報標準の品質評価手順で規定されている方法に準拠した内容と なっている。 表-3.10 品質検査方法 品 質 要 素 品質副要素 検査内容 検査対象 品質評価手続き 制限 計画書などにより箇所数が分か る場合は、地域・地区・街区・施 設などの箇所数についてデータ の数を集計して比較(自動検査) 全ての 領域 検査結果= 1−(集計データ/統 計データ) 過剰:0% 漏れ:0% 完全性 過剰・漏れ 地域地区などの箇所数が分から ない場合は出力図を作成して計 画図との比較による目視検査を 行う。(目視検査) 全ての 領域 検査結果= エラー数/全図形数 過剰:0% 漏れ:0% 関連するデータがある場合はデ ータの相互関係から包含関係が 正しいか検査する(自動検査)。 全ての 領域 検査結果= エラー数/全図形数 0% 領域一貫性 関連するデータと一致する境界 線がある場合は、一致しているこ とを検査する。 ・ 全て一致している場合は自 動検査 ・ 部 分 的 に 一 致 す る 場 合 は 1/2500 以上の出力図を作成 して目視検査。 該 当 す る 境 界 線 を 構 成 す る 全 て の 座 標 検査結果= 図上0.2mm 以上ずれ ている座評点数/点検 座標数 属性が吹かされているか検査す る(自動検査) 全ての 領域 検査結果=エラー数/ (全図形数*全属性 項目数) 0% 論 理 的 一貫性 書式一貫性 全て面図形として取得されてい るか検査する(自動検査)。 全ての 領域 検査結果= エラー数/全領域数 I ∼ III に 分 類 さ れ る 境界線 公 共 測 量 作 業 に 基 い て デ ジ タ ル 化 さ れ た 1/2500 地形図と、作成 し た デ ー タ が 境 界 線 の 根 拠 と な る 地 物 の 0.2mm 以内にあるか 検査。地形図がデジタ ル 化 さ れ て い な い 場 合はスキャナ(300dpi 以上)で読み込み検査 する(自動検査)。 該 当 す る 境 界 線 を 構 成 す る 全 て の 座 標 検査結果= 図上0.2mm 以上ずれ ている座評点数/全座 標数 0% 位 置 精度 絶対または 外部精度 IV に分 類 さ れ る 境 界 線 規定せず − − − 時 間 精 度 時間妥当性 原資料の時点から新たな都市計 画が決定、変更がされていないこ とを点検する。 原 資 料 の 時点 検査結果= 真または偽 真 定量的値の 精度 主題属性にありえない属性値が ないかを属性値の取り得る範囲 をもとに検査する(自動検査)。 全ての 領域 検査結果= エラー数/主題属性項 目数 0% 属 性 精 度 分類の 正確性 主題属性が正しく入力されてい るかについて、出力図を作成し、 計画図との比較による目視検査 を行う(目視検査)。 全ての 領域 検査結果= エラー数/主題属性項 目数 0% 集計データ:図形の数の集計値 統計データ:計画書の値など統計資料による値。 (都市計画 GIS 標準化ガイドライン(案))

(34)

-- 27 3.4.2. 道路 GIS 道路 GIS 分野においては地理情報標準で規定されているような方法によってデータ の仕様検討及び作成が行われ始めている。表-3.11 は道路 GIS データの検討で定められ た品質要求をパッケージごとに分類してまとめたものである。 表-3.11 道路予備設計データの品質要求(例) 大分類 中分類 小分類 (点,線,面) 予備設計A 空間データ 基準点 GM_Point 位置正確度(絶対正確度):水平精度0.7m,高さ精度0.3m、 時間正確度:数年(ただし更新があった場合は最新の情報が必要) 変形地 GM_Surface 位置正確度(絶対正確度):水平精度2m,高さ精度1m 時間正確度:数年(更新した場合は最新の情報が必要) 等高線 GM_Curve 位置正確度(絶対正確度):水平精度1m,高さ精度0.5m 位置精度(相対正確度):他の等高線と交差しない。 時間正確度:数年(更新した場合は最新の情報が必要) 行政界 行政界 都道府県界 大字界 市区町村界 字丁目界 範囲 : GM_Surface surface : TP_Face 位置正確度(絶対正確度):水平精度2m 時間正確度:数年(更新した場合は最新の情報が必要) 土地利用 土地利用 範囲 : GM_Surface Surface : TP_Face 道路空間データパッケージ 道路 道路 道路区域 位置正確度(絶対正確度):水平精度4m 時間正確度:数年(更新した場合は最新の情報が必要) 道路構造物 道路構造物 道路面 車道部 範囲 : GM_Surface surface : TP_Face 車道 中央帯 歩道部 範囲 : GM_Surface surface : TP_Face 位置正確度(絶対正確度):水平精度0.7m,高さ精度0.3m 時間正確度:1年(1年以内に更新した場合は最新の情報が必要) 土工 範囲 : GM_Surface 位置正確度(絶対正確度):擁壁は水平精度0.7m,高さ精度0.3m, 法面は水平精度2m,高さ精度1m 時間正確度:1年(1年以内に更新した場合は最新の情報が必要) トンネル トンネル本 体、坑口 範囲 : GM_Surface Surface : TP_Face 位置正確度(絶対正確度):水平精度2m,高さ精度1m 時間正確度:数年(更新した場合は最新の情報が必要) 橋梁 上部工 範囲 : GM_Surface 位置正確度(絶対正確度):水平精度0.7m,高さ精度0.3m 時間正確度:数年(更新した場合は最新の情報が必要) 下部工 橋台、橋脚 GM_Surface 位置正確度(絶対正確度):水平精度0.7m,高さ精度0.3m 時間正確度:数年(更新した場合は最新の情報が必要) 道路付属施 設 道路付属 施設 交通安全 施設 立体横断 施設 GM_Surface 横断歩道橋 地下歩道 位置正確度(絶対正確度):水平精度0.7m,高さ精度0.3m 時間正確度:数年(更新した場合は最新の情報が必要) 覆工 GM_Surface 位置正確度(絶対正確度):水平精度0.7m,高さ精度0.3m 位置正確度(相対正確度):道路面上部に存在する。時間正確度: 数年(更新した場合は最新の情報が必要) 路上安全施 設、防護柵 駒止め GM_Point 位置正確度(絶対正確度):水平精度2m,高さ精度1m 時間正確度:1年(1年以内に更新した場合は最新の情報が必要) 交通管理 施設 マーキング GM_Curve 位置正確度(絶対正確度):水平精度2m 位置正確度(相対正確度):道路面上に存在する。

(35)

-- 28 時間正確度:1年(1年以内に更新した場合は最新の情報が必要) 料金所 GM_Surface 位置正確度(絶対正確度):水平精度2m,高さ精度1m 位置正確度(相対正確度):道路面上に存在する。 時間正確度:数年(更新した場合は最新の情報が必要) 路上管理施 設 GM_Point 位置正確度(絶対正確度):水平精度2m,高さ精度1m 時間正確度:1年(1年以内に更新した場合は最新の情報が必要) 道路管理 施設 構囲 GM_Curve 位置正確度(絶対正確度):水平精度2m,高さ精度1m 時間正確度:数年(更新した場合は最新の情報が必要) 官民境界杭 GM_Point 位置正確度(絶対正確度):水平精度0.7m 時間正確度:数年(更新した場合は最新の情報が必要) 休憩施設 GM_Surface PA・SA 道の駅 位置正確度(絶対正確度):水平精度2m,高さ精度1m 時間正確度:数年(更新した場合は最新の情報が必要) 遮音・遮光 パネル 遮音壁 GM_Curve 位置正確度(絶対正確度):水平精度0.7m,高さ精度0.3m 位置正確度(相対正確度):道路面上部に存在する。 時間正確度:数年(更新した場合は最新の情報が必要) アーケード GM_Surface 位置正確度(絶対正確度):水平精度0.7m,高さ精度0.3m 位置正確度(相対正確度):道路面上部に存在する。 時間正確度:数年(更新した場合は最新の情報が必要) 鉄道空間データパッケージ 鉄道 鉄道 鉄道区域 位置正確度(絶対正確度):水平精度4m 位置正確度(相対正確度):境界線は交差しない。 時間正確度:数年(更新した場合は最新の情報が必要) 鉄道構造物 鉄道構造物 軌道 GM_Surface 位置正確度(絶対正確度):水平精度0.7m,高さ精度0.3m 時間正確度:数年(更新した場合は最新の情報が必要) レール GM_Curve 位置正確度(絶対正確度):水平精度0.7m,高さ精度0.3m 位置正確度(相対正確度):軌道面上に存在する。 時間正確度:数年(更新した場合は最新の情報が必要) 索道 GM_Curve 位置正確度(絶対正確度):水平精度2m,高さ精度1m 時間正確度:数年(更新した場合は最新の情報が必要) 土工 GM_Surface 位置正確度(絶対正確度):擁壁は水平精度0.7m,高さ精度0.3m, 法面は水平精度2m,高さ精度1m 時間正確度:1年(1年以内に更新した場合は最新の情報が必要) トンネル トンネル本 体 範囲 : GM_Surface Surface : TP_Face 位置正確度(絶対正確度):水平精度2m,高さ精度1m 時間正確度:数年(更新した場合は最新の情報が必要) 坑口 範囲 : GM_Surface Surface : TP_Face 位置正確度(絶対正確度):水平精度0.7m,高さ精度0.3m 時間正確度:数年(更新した場合は最新の情報が必要) 橋梁 上部工 GM_Surface 位置正確度(絶対正確度):水平精度0.7m,高さ精度0.3m 時間正確度:数年(更新した場合は最新の情報が必要) 下部工 橋台 橋脚 GM_Surface 位置正確度(絶対正確度):水平精度0.7m,高さ精度0.3m 時間正確度:数年(更新した場合は最新の情報が必要) 鉄道付属施 設 鉄道付属 施設 停車場 プラットホ ーム、通路、 駅前広場、駅 舎 GM_Surface 位置正確度(絶対正確度):水平精度2m,高さ精度1m 時間正確度:数年(更新した場合は最新の情報が必要) 鉄道安全施 設 防護柵 GM_Curve 位置正確度(絶対正確度):水平精度2m,高さ精度1m 位置正確度(相対正確度):軌道には存在しない。 時間正確度:数年(更新した場合は最新の情報が必要) 覆工 GM_Surface 位置正確度(絶対正確度):水平精度0.7m,高さ精度0.3m 位置正確度(相対正確度):軌道上部に存在する。 時間正確度:数年(更新した場合は最新の情報が必要)

Updating...

参照

Updating...

関連した話題 :