• 検索結果がありません。

サ ム ラ イ と 怨 霊

N/A
N/A
Protected

Academic year: 2021

シェア "サ ム ラ イ と 怨 霊"

Copied!
25
0
0

読み込み中.... (全文を見る)

全文

(1)

サ ム ラ イ と 怨 霊

崇 徳 院 ・ 悪 左 府 頼 長 に と っ て の 保 元 の 乱 と 怨 霊 化 堀

一︑

怨霊 なの か天 狗な のか 元の

乱に 敗れ

︑讃 岐に 流さ れた 崇徳 院が

︑罪 を悔 いた しる しと して 大乗 経を 写経 して

︑京 都に 納め てほ し 願い 出る と︑ 不吉 なこ とで ある と返 され てし まう

︒逆 上し た崇 徳院 は︑ これ 以上 自分 が生 きて も無 益で あ 断じ て︑ 生き なが らの 天狗 道に 進ん で行 った

︒ その

後は

︑御 髪を も召 され ず︑ 御爪 も生 やさ せた まは ず︑ 生き なが ら天 狗の 姿に なら せた まふ ぞあ さま し き︒

(

)

(2)

そし て︑ 有名 な呪 詛の 言葉 を遺 す︒ 莫太

の行 業を

︑し かし なが ら︑ 三悪 道に 投げ 籠み

︑そ の力 を以 て︑ 日本 国の 大魔 縁と なり

︑皇 を民 とな し︑ 民を 皇と なさ ん

(

) 好一

対の 言葉 が︑ 愚 管抄 の 有名 な文 章で ある

︒ サテ

大治 ノ後 久寿 マデ ハ︒ 又鳥 羽院

︒白 川院 ノ御 アト ニ世 ヲシ ロシ メシ テ︒ 保元 元年 七月 二日 鳥羽 院ウ セ サセ 給ヒ テ後

︒日 本国 ノ乱 逆ト 云コ トハ ヲコ リテ 後︒ ムサ ノ世 ニナ リニ ケル 也ケ リ︒ コノ 次第 ノコ トハ リ ヲコ レハ セン ニ思 テ書 置侍 ルナ リ︒

(

)

サノ 世 とい うの は武 者の 世︑ サム ライ の世 にな った とい うこ とだ

︒崇 徳院 が大 怨霊 とな って 皇 を民 とな し︑ 民を 皇と な した その 実質 が ムサ ノ世 だ った とい うこ とに なる

︒慈 円自 身︑ 人間 の目 に見 えな い 冥の 世界 の力 とし て第 一に 神々

︑第 二に その 化身

・権 化︑ そし て第 三に 怨霊

︑第 四に 天狗

・地 狗・ 狐狸 を数 え てい る︒ ただ

︑そ のよ うに 愚 管抄 の 冥衆 の世 界を まと めた 大隅 和雄 は︑ こう

した 怨霊 は︑ 時に よっ ては 政治 の方 向を 変え させ たり する よう な大 きな 力を 持つ が︑ さき にあ げた

(3)

第一 の神 々や 第二 の化 現の 人々 のよ うに

︑日 本国 の歴 史の 基本 を定 めた り︑ それ を具 体化 して 行っ たり す るよ うな 役割 を負 うこ とは ない

(

) と︑

指摘 して いた

︒ 愚管 抄 と 保元 物語 の 成立 時期 から 見れ ば当 たり 前だ が()1

︑慈 円は 保 元物 語 の 皇 を民 とな し︑ 民を 皇と なさ ん の呪 詛を 知ら なか った か︑ 意識 して いな かっ たこ とに なる

︒確 かに 慈円 の︑ 怨霊 が何 をな した かの 記述 にも

︑人 をと り殺 し︑ 世を 乱す とい う程 のこ とし か書 かれ てい なか った

︒こ れも 大 隅の まと めを 借り てお こう

︒ 愚

管抄 の 巻第 七に は︑ 怨霊 に対 する 慈円 の立 場と 主張 がま とめ て述 べら れて いる が︑ 光仁 天皇 の皇 后 であ った 井上 内親 王の 怨霊 が藤 原百 川を 殺し

︑朝 成の 悪霊 が伊 尹に とり つい て義 孝を 死な せ︑ 元方 が冷 泉 天皇 に︑ 顕光 が道 長に

︑忠 実や 崇徳 上皇 がさ まざ まな 政敵 にと りつ いて 彼等 を若 死さ せた り︑ 失脚 させ た りし た例 をあ げて

︑怨 霊の もた らす わざ わい とそ れへ の対 処の 仕方 を説 いて いる

(

) 慈円

にと って の大 問題 は︑ 怨霊 と魔 物を 区別 する こと であ った よう だ︒ 愚 管抄 巻 六で は︑ 建永 元( ) 年の ころ

︑源 仲国 法師 の妻 に後 白河 法皇 の霊 がと りつ いて

︑祀 るよ うに 要求 をし たこ とが 書か れて いる

︒ それ に対 して 慈円 は︑ それ が怨 霊で はな く魔 物で あり

︑護 持僧 とし てそ のよ うな 要求 を聞 いて はい けな いと 書

(4)

簡で 述べ た︒ わた

くし には ただ 野犴

・天 狗と いっ て︑ 人に とり 憑い てい るも のの いう こと を信 じて

︑こ うい うこ とが 起 こっ たよ うに 思わ れま すが いか がで しょ うか

︒こ のこ とは もっ とも なこ とと して

︑す でに 京中 の諸 人の 間 に伝 わり

︑そ こら で評 判に なっ てい ると いう こと です

︒そ れを 聞い てお りま すと

︑故 法皇 は下 賤の 者を 御 側近 くに 召し 寄せ られ

︑世 間で 狂い 者と 呼ん でい る巫 女・ 巫・ 舞・ 猿楽 とい った とも がら や︑ また 銅細 工 など とい うよ うな 者ど もが 出入 りし てお りま した から

︑そ うし た連 中が 仲国 の妻 のこ とば に調 子を 合わ せ てい るの がま のあ たり に見 える よう な心 持が する ので す︒ この よう な託 宣を 信ず るな らば 今す ぐに 世は 滅 びる でし ょう

(

) 狐や 天狗 など とい うも のは

︑世 の中 が正 しく なく なっ て︑ 自分 を祀 った りす るよ うに なる のを 特に 望ん で いる もの なの でご ざい ます

︒そ れら がい ろい ろ人 をた ぶら かし たり する こと は︑ 昔や 今の 物語 にも 見え て おり ます し︑ また 物語 の中 だけ では なく

︑実 際に あり うる こと でも あり ます

︒そ れら が人 間に のり うつ っ てい ろい ろと 病を つく り出 して いる ので ござ いま す︒ 病に かか った から とい って

︑朝 廷が 罪科 に処 すべ き もの でも あり ませ んか ら︑ 仲国 夫婦 のこ とは ただ お聞 き入 れに なら ず︑ 片隅 に追 いこ んで おか れる のが よ いと 存じ ます

(

) 藤原

摂関 家︑ 忠通 の子 とし て保 元の 乱の 前年 に生 まれ

︑比 叡山 に送 りこ まれ て天 台座 主と なっ た慈 円に とっ

(5)

ては

︑怨 霊は 権力 関係 と深 く関 わる もの であ り︑ 天皇

︑摂 関家 等の 煮詰 まっ た貴 族社 会の 病理 とし て捉 えら れ てい た︒ であ るか ら︑ たと え超 自然 的な 存在 だと して も︑ 権力 に関 係の ない 魔物 は︑ 外部 から の侵 入者 とし て 敏感 に退 けら れた のだ った

︒怨 霊と 天狗 の区 別が しっ かり とつ けら れて いた ので あり

︑ 保元 物語 の よう に 生 きな がら 天狗 の姿 にな らせ たま ふ には じま る︑ 崇徳 院と 天狗 との 同一 視と は一 味違 う所 であ った

︒後 世 の 太平 記 など では

︑崇 徳院 の姿 その もの が烏 天狗 に変 身し てし まう のだ が︒ 上座

に御 座を 二畳 重ね て布 きた るに

︑大 なる 金の 鵄( )

︑翅 を刷 ひて 着座 した り︒ 右の 傍ら には

︑高 さ 八尺 ばか りあ る男 の︑ 大弓

・大 太刀 を横 たへ 持ち たる が︑ 畏ま って ぞ候 ひけ る︒ 左の 一座 には

︑袞 竜の 御 衣に 日月 星辰 をあ ざや かに 織り たる を着 玉ひ たる 人︑ 金の 笏を 持ち

︑あ また 並み 居玉 へり

︒そ の次 の座 に は︑ 香染 の衣 けさ に水 晶の 念珠 爪壝 りた る︑ 貴僧 と覚 しき 人︑ その 数多 く座 し玉 へり

︒あ な恐 ろし の座 席 の体 やと 思ひ けれ ば︑ かの 引導 の山 伏を 招き て︑ こ れは 何な る人 々の 御寄 り合 ひ候 ふぞ と 尋ね けれ ば︑ かの 山伏 答へ て申 しけ るは

︑ 上座 に見 る金 の鵄 こそ 崇徳 院に て度 らせ 玉へ

︒そ の傍 なる 大男 こそ 筑紫 八 郎為 朝よ

(

)

二︑ 荒儀 なの か籌 なの か とこ

ろで

︑た った 四時 間の 戦闘 で決 着が つい たと 云わ れる 保元 の乱 であ り︑ 後白 河側 は官 軍と して 優勢

︑崇

(6)

徳側 が劣 勢な のは はじ めか ら明 らか であ った

︒し かし なが ら 保元 物語 に して も 愚管 抄 にし ても

︑各 々 の陣 営に おけ るサ ムラ イの 使い 方︑ 戦い の仕 方を 対比 的に 描い てい た︒ 具体 的に いう と貴 族た ちが サム ライ の 夜討 を認 める か︑ 認め ない かが 勝敗 を分 けた と考 えて いた よう に読 み取 れる のだ

︒ま ずは 保 元物 語 を見 よ う︒ (

) 為 朝︑ 幼少 より 鎮西 に居 住仕 りて

︑合 戦に 遭ふ 事︑ 既に 廿度 に余 り︑ 卅度 に及 ぶな り︒ 或い は敵 を落 し︑ 或い は敵 に落 とさ る︒ しか るに

︑毎 度勝 に乗 る先 蹤を 勘ふ るに

︑夜 討に しか ず︒ 天の 明け ざる 先に

︑内 裏 高松 殿に 押し 寄せ て︑ 三方 に火 を掛 け︑ 一方 より 攻め んず るに

︑火 をú るる 者は 矢を úれ ず︑ 矢を úる る 者は 火を úる べか らず

(

) 左大 臣殿

︑ この 条荒 儀な り︒ 憶持 なし

︒若 気の 致す 所か

︒夜 討な どと いふ 事は

︑十 騎廿 騎の 私軍 にと り ての 事な り︒ さす がに 主上

・上 皇の 国諍 ひに

︑夜 討然 るべ から ず︒ 就中

︑今 度の 合戦 には

︑源 平両 家の 外︑ 名を 得た る兵

︑数 を尽 くし て両 方に 引き 分か る︒ しか るあ ひだ

︑各 々︑ 故実 を存 じ︑ 互ひ に思 慮を 廻ら す べし

︒用 意愚 かに して は甚 だ適 ふべ から ず︒

(

) ( ) 義朝

︑申 しけ るは

︑ 軍の 籌道 まち まち に候 へど も︑ 輙く 敵を 強へ たぐ る事

︑夜 討に しか ず︒ 天の 明け ざ る﨑 に︑ 陣頭 に押 し寄 せて

︑敵 の上 手を 打つ 事︑ これ 一の 武勇 の計 らひ なり

(

)

(7)

信西

︑ 詩歌 管弦 は臣 下の 嗜む 所な り︒ その 道猶 もつ て暗 し︒ いは んや 武道 にお いて をや

︒合 戦の 籌に お いて は︑ 偏に 汝を 頼み 思し 召さ るる とこ ろな り︒ 就中

︑先 にす る時 は人 を征 し︑ 後に する 時は 人に 征せ ら ると いふ 本文 あり

︒敵 の上 手を 打た ん事

︑尤 もも つて 肝心 なり

︒急 ぎ罷 り向 ひ候 へ︒ ( ) 悪左

府藤 原頼 長は 鎮西 八郎 為朝 が 夜討 にし かず と いう のを 荒 儀な り と退 け︑ 信西 は源 義朝 の夜 討の 進言 に 急ぎ 罷り 向ひ 候へ と 答え る︒ よく でき た話 にな って いて

︑わ かり やす いの だ︒ 天皇 家︑ 摂関 家の 諍 に︑ サム ライ とい うパ ンド ラの 箱を 開け てし まっ たの が保 元の 乱だ った わけ で︑ 中で も開 け方 がう まか った 信 西︑ 後白 河院 側が 勝っ たと いう 物語 にな って いる

︒し かし

︑あ なが ちフ ィク ショ ンだ とば かり 言え ない のは

︑ 愚 管抄 に も同 じよ うな 記述 があ るこ とだ

(

) 為義 が新 院に 申し 上げ たの はつ ぎの よう なこ とで あっ た︒ こ ちら は何 とも 無勢 であ りま す︒ 郎従 はみ んな 義朝 につ いて 内裏 方に 行っ てし まい まし た︒ わず かに 愚 息二 人と いう この 有様 で何 がで きま しょ う︒ この 御所 で敵 を待 って おり まし たな らば

︑と ても かな いま せ ん︒ ( ) 京都 の方 では 誰も みな 事態 の推 移を うか がっ てい るこ とで あり まし ょう

︒で きる こと なら ば内 裏に 参り

(8)

まし て一 合戦 をい たし

︑成 るに まか せと うご ざい ます こう 為義 が申 し述 べた のを 新院 の御 前で 悪左 府が

︑ そ う事 をせ かれ るな

︒現 に今

︑何 ごと が起 こっ てい ると いう のか

︒た しか に今 わが 味方 は無 勢の よう で はあ る︒ しか し︑ 大和 国に 檜垣 冠者 とい う者 がお り︑ 新院 も 吉野 の軍 勢を 集め て︑ 急ぎ ただ ちに 参上 せ よ との 命を 下し てお られ る︒ やが て参 るで あろ う︒ しば らく 待て (

) さす

がに

︑崇 徳側 では 為朝 では なく 為義 が︑ ここ では 略し たが

︑関 東ま で逃 れて 行く こと を前 提に

︑ま ず内 裏 に一 戦を 仕掛 ける 提案 をし てい たの だ︒ それ に対 して

︑後 白河 院側 では

︑や はり 義朝 の進 言が あっ た︒ (

) とこ ろで

︑内 裏で は義 朝が つぎ のよ うに 申し 述べ てい た︒ い った いど うし て︑ この よう にい つま でと もな くじ っと 守っ てい るの でし ょう か︒ 作戦 はお 立て にな っ てい るの です か︒ 戦い とい うも のは こん なも ので はあ りま せん

︒と にか くま ず押 し寄 せて 敵を 蹴散 らし た うえ で事 が始 まる もの でご ざい ます

︒為 義は 頼賢

・為 朝を 引き つれ てす でに 行動 を起 こし てお りま す︒ わ たく しに とっ ては 親で ござ いま すが

︑こ のわ たく しが こう して 味方 に参 上し てお りま すか らは

︑攻 めて い きま した なら ば彼 らは 退却 する であ りま しょ う︒ ただ もう 討っ て出 るの みで ござ いま す 義朝 がい らい らし て頭 を搔 きな がら こう 主張 する のに

︑十 日の うち には 評定 は結 論に 達し なか った

︒通

(9)

憲法 師( 西) が庭 にい て さあ

︑ど うし た︑ どう した と いう のに

︑法 性寺 殿( ) は御 前に きち んと す わっ て︑ 目を ぱち ぱち させ て天 皇を 見上 げる ばか りで 一言 も発 しな い︒ そし て実 能︑ 公能 以下 の公 Zも そ れを 見守 るば かり であ った

︒十 一日 の明 け方 にな って

︑よ うや く法 性寺 殿が そ れで は︑ すみ やか に敵 を 追い 散ら すよ うに と いわ れた

(

) サム

ライ とい う新 しい 勢力 の新 しい 行動 原理 に︑ 貴族 たち がつ いて 行け ず︑ とま どっ てい る様 子が 浮き 彫り にさ れて いる よう な気 がす る︒ 保 元平 治闘 図会 の よう に︑ 源義 朝が 勇ん で昇 殿し た︑ とい うよ うな 描写 よ りも

︑ いら いら して 頭を 搔き なが ら とい うの は︑ 頭を 搔き むし って いる 様子 が︑ いか にも リア ルに 思え る のだ

︒ち なみ に 保元 平治 闘図 会 の一 文も 引用 して おこ う︒ 朝

威を 軽し め奉 る者

︑豈 天命 に背 ざら んや

︑早 く兇 徒を 追討 して

︑逆 鱗を 休め 奉ら ば︑ まづ 日来 申す 處の 昇殿 に於 ては 疑あ るべ から ず と申 しけ れば

︑義 朝 合 戦の 場に 罷出 て︑ 何ぞ 余命 を存 ぜん

︑只 今昇 殿仕 って

︑冥 途の 思出 にせ ん とて

︑押 て階 上へ 上り けれ ば︑ 信西 こ は如 何 と制 しけ り︒ 主上 これ を御 覧じ て︑ 御入 興あ りけ ると なり

図版一 保元平治闘図会 巻之一

(10)

(

) 芝居

がか った 保 元物 語 に 比し て︑ 愚 管抄 は 次の よう に実 際に 事件 当日

︑悪 左府 頼長 に矢 を命 中さ せ た男 から の聞 き取 りも 記し てい たの だ︒ とこ

ろで 土佐 源太 重実 ( ) の子 に筑 後前 司() 定と いう 武士 がい る︒ わた くし が重 定に 会っ た時 には

︑も う入 道し て年 も八 十で あっ たが

︑ 命中 した 矢は まさ しく この わた くし が射 た矢 でし た とい い︑ 腕を まく って ほ くろ がこ うい うよ うに 北斗 七星 の形 をし てお りま すが

︑そ のお かげ で弓 矢の 道 にも 神仏 の御 守り をい ただ き︑ 一度 も不 覚を とっ たこ とが ござ いま せん でし た ( ) と語 った ので ある

(

)

三︑ 悪左 府頼 長と ヤス ライ ハナ 保元

の乱 に二 年先 立つ 久寿 元( ) 年三 月の 頃︑ 紫野 今宮 神社 で︑ 男女 が集 まっ て風 流の 遊び

︑神 あそ びと 名づ けて 群が り集 まり 乱舞 をす ると いう 騒ぎ が起 こる

︒悪 気と 号し て鬼 の形 にて 首に 赤き 垂れ をつ け︑ 魚 口の 貴徳 の面 をか けて

︑鬼 やら いの よう にお めき 叫ぶ もの があ る︒ そし ては やし こと ばは

︑ はな やさ きた る

やす らい ハナ ヤ

(11)

はな やさ きた るや

やす らい ハナ ヤ はな やさ きた るや

やす らひ ハナ ヤ やと みく さの はな や

やす らひ 花や やと みを せば なま へ

やす らひ 花や やと みを せば みく らの 山に

やす らひ 花や

やア まか まで なま へ

やす らひ 花や

やア まる まで いの ちを ば

やす らひ 花や やち よの ちよ そへ や

やす らひ 花や やこ のと めを なま へ

やす らひ 花や やこ のと そを やね のせ き

やす らひ 花や やは しめ てな まへ

やす らひ 花や やは しめ てち よふ る神 の

やす らひ 花や やみ まや との みせ むや

やす らひ 花や やさ りな へこ なへ

やと るま ろも やす ら やさ けな へと なへ

やひ たま ろも やす ら 返唱 やさ かこ はた ひに

とり たふ なり

図版二 都名所図会巻六、

やすらひ祭

(12)

やた どり たつ なり

やよ よひ にき て よひ にき て

ねな まし かわ やと りた たま し

やと りた たま し やい まあ らそ はで

ねな へま しも のを いま はも ひで で

あな にし たら こひ む

(

) 梁 塵秘 抄口 伝集 巻 十四 に記 録さ れて いる この 騒ぎ は︑ すぐ さま 勅命 で禁 止さ れる

︒も ちろ ん現 代に まで 行わ れて いる やす らい 祭の 平安 末期 の姿 であ った

︒散 る花 とと もに 蔓延 する 疫病 を鎮 める こと が由 来と され る ヤス ライ ハナ なの だが

︑こ こで の悪 気は 疫神 では なか った とい う︒ こと はさ らに 三年

±る 仁平 元( ) 年 七月 十二 日︒ そし て十 六日

︑頼 長と 対立 する 美福 門院 派の 藤原 家成 との 雑色 同士 の暴 力事 件が あっ た︒ 左大

臣雑 色二 人為 応左 衛門 督家 成Z 家人 往被 応凌 辱往 云々

( ) 家成 Z召 応通 濫行 下手 十人 我

( ) さら に九 月八 日︑ 家成 邸に 頼長 の陪 従が 乱入 し暴 れま わる とい う事 件ま でお こる

︒ 八日

乙巳

︒天 晴︒ 今朝

︒左 大臣 自応 皇后 宮御 所往 被旺 帰応 土御 門亭 往之 間︒ 於応 左衛 門督 家成 Z門 前我 忽闘 乱出 来︒ 左府 陪従 乱応 入金 吾亭 我殆 及応 羞辱 往云 々︒ 衆口 嗷々

︒筆 端難 旺記

( )

(13)

京全 体を 巻き 込ん だ状 況に つい て︑ 詳し く研 究し た河 音能 平の 記述 を借 りて まと めて おこ う︒ 頼長 は権 力の 中 枢を 把握 して いた のだ

︒ かく

して 京師 は︑ 左大 臣頼 長の 指揮 権の もと に︑ 検非 違使 庁の 警察 力に よっ て︑ 一種 の戒 厳令 下の 状態 に おか れる こと にな った と考 えら れる

︒京 師の 一般 住民 は︑ 権門 寺社 の寄 人・ 神人 ( ) して の生 活活 力を

︑検 非違 使庁 の警 察力 によ って 権力 的に 抑圧 され たの みな らず

︑日 常生 活ま でも 不断 に権 力に よ って 監視 され

︑い つ検 非違 使庁 下部

=放 免が 犯罪 予防 のた めと 称し て私 宅に 侵入 して くる かわ から ない

︑ とい った 深刻 な状 況に おか れる こと とな った

(

) 多忠 節を 中心 とす る多 氏一 族は ( ) 自ら を独 自な 夜 須礼 歌 舞集 団と して 組織 し︑ 仁平 二年 五月 十二 日の 頼長 を指 揮者 とす る京 師戒 厳令 を帯 びて 京師 を横 行す る検 非違 使下 部を 疫 鬼 とし て糾 弾し てい た 京師 住民 大衆 の政 治的 感情 をし っか りと ふま えた 上で

︑一 方で は頼 長= 執政 の 気 を 悪気 = 鬼 にみ たて

︑そ のあ れ狂 う 悪気 を 独自 な ふう りゃ う でも って 慰撫 しつ つ︑ 他方 では 内裏

・京 師の 追 儺儀 礼を 模倣 して この 悪 気 を京 師外 域に 追却 し︑ お めき さけ びく る うま でに 攻撃 して 紫野 社= 疫 神の もと に封 じこ めよ うと した ので あっ た︒

(

) つま

り︑ 悪気 は疫 神で はな く︑ 恐怖 政治 の下 の検 非違 使庁 下部

=放 免を 駆使 した 悪政 であ った とい うの だ︒ 見 立て の是 非は とも かく

︑鳥 羽院 の権 力を 巡っ て︑ 頼長 と忠 通そ して 父の 忠実 との 藤原 摂関 家ま た天 皇家 間の

(14)

藤が あり

︑そ れは もは や暗 闘で はな く︑ テロ や暴 力行 使に まで 至っ てい たこ とが わか る︒ それ がさ らに サム ライ を動 員し ての 内戦 に至 るま では

︑あ と一 歩の 状況 だっ たの だ︒ ただ

︑こ こで は河 音の 研究 に大 きく 依存 せざ るを 得な いの だが

︑ヤ スラ イハ ナの 騒ぎ が︑ 疫神 とい う 迷信 か ら離 れて

︑政 治的 デ モン スト レー ショ ンで あっ たと いう ニュ アン スで 強調 され すぎ ては いけ ない だろ う︒ 河音 自身 も︑ ヤス ライ ハ ナが 中世 の祭 礼と して 残っ たの は︑ 頼長 の怨 霊を 鎮め るた めで あっ たこ とを 書い てい る︒ 後白

河天 皇親 政期 に復 興・ 定着 せし めら れた ヤス ライ ハナ が高 雄神 護寺 法華 会の 魔除 けの ため に動 員さ れ るに いた った のは 寿永 元年 末・ 寿永 二年 であ った

︒し たが って この 高雄 神護 寺の 法華 会に 障 を なし た もの も頼 長の 怨 霊 であ ると 考え られ たに ちが いな く︑ かか る理 由か らヤ スラ イハ ナが その 魔除 のた め に特 にえ らば れた と考 えら れる

(

) サム

ライ の動 員は

︑即 物的 な暴 力で はな く︑ ある 意味

︑呪 術的 な側 面を 逃れ られ なか った と考 えた 方が よい

︒ いや

︑も う少 し正 確に 述べ るな らば

︑呪 術に 対抗 でき る手 段と して のサ ムラ イの 動員 とい うこ とだ

︒ 保元 物 語 でも

︑保 元の 戦い の戦 端が ひら かれ るの は︑ まず 祕法 を行 い︑ 朝家 を呪 詛す る三 井寺 法師

︑相 模阿 闍梨 勝 尊を

︑頼 長の 東三 条殿 に︑ 義朝 が踏 みこ んで 捉え るこ とか ら始 まっ たの であ った

(15)

四︑ 崇徳 院と 白峯 神宮 結び

つか なか った 皇 を民 とな し と ムサ ノ世 ニナ リニ ケル ナリ は

︑承 久の 乱︑ 建武 の新 政︑ 南北 朝の 争乱 と経 るに つれ て︑ 徐々 に現 実味 を帯 びて 行っ た︒ 保元 元( ) 年か ら七 一二 年経 った 慶応 四( ) 年八 月二 十四 日︑ 太 政官 日誌 に は崇 徳院 が讃 岐国 から 京へ 帰還 して 来る 布告 が記 され てい る︒ 八月 廿四 日御 布告 寫 今般 讃岐 國ヨ リ崇 徳天 皇神 霊御 帰還 被仰 出来 月上 旬當 地

今出 川通 飛鳥 井町 ヘ著 御ニ 候事

︑ 但爾 来ハ 可奉 A白 峯神 社事

(

) 幕末

に孝 明天 皇が

︑香 川県 坂出 市の 白峰 の社 を京 都に 移転 しよ うと した が果 たせ ず︑ 明治 天皇 が神 体を 迎え て︑ 今出 川通 飛鳥 井町 の元 飛鳥 井氏 別邸 の寄 付を 受け て︑ 明治 元年 に祀 った

︒こ れが 現在 の白 峯神 宮で

︑飛 鳥井 氏 は蹴 鞠の 宗家 で︑ 境内 には 飛鳥 井家 の鎮 守︑ 精大 明神 や︑ 源為 義︑ 為朝 を祀 った 伴緒 社も ある

︒明 治と いう 時 代は

︑日 本の 近代 化の 始ま りで ある が︑ 廃仏 毀釈 を含 めて

︑崇 徳院 神霊 の京 都帰 還︑ 白峯 神宮 の造 営は およ そ 近代 化に はそ ぐわ ない 事件 であ った

︒京 都に とっ ては

︑織 田信 長を 祀っ た建 勲神 社や

︑ま た徳 川時 代に は荒 れ るに まか され てい た豊 国神 社も 慶応 四年 八月 に再 建が 維新 政府 によ って 決定 され てい る︒ 豊国 神社 は︑ まず 新

(16)

日吉 神社 神楽 殿を 仮拝 殿と し︑ 明治 八年 方広 寺大 仏殿 の境 内を 割い て新 社地 とし て︑ 翌年 妙法 院に 預け られ て いた 勅額 など 宝物 が返 却さ れた

︒明 治十 一年 着工

︑十 三年 五月 竣工 で再 建工 事が 完成 する

︒何 とも 神社 急造 ラ ッシ ュだ った ので ある

︒こ れに

︑明 治二 十八 年平 安奠 都千 百年 祭の 記念 に建 てら れた 平安 宮大 内裏 パビ リオ ン︑ 平安 神宮 を加 える と︑ 現在 の文 化観 光都 市の 容貌 が見 えて くる

︒ しか し︑ 建勲 神社 や豊 国神 社は

︑徳 川幕 府に 対す る反 動︑ 反発 とと れる もの だと して も︑ 明治 六年

︑い わゆ る淡 路廃 帝︑ 淳仁 天皇 の霊 を天 王森 山陵 ( ) から 迎え 合祀 した 白峯 神宮 は︑ まさ に ムサ ノ世 皇 を民 とな し とい う︑ 七百 年を 経た 呪い を解 くこ とを 意図 した 社だ った のだ ろう

︒ 保 元物 語 はテ キス トと して 八系 統の 本が ある そう で()2

︑ 皇を 民と なし と ある のは

︑宝 徳本 系統 であ り︑ 版行 本系 統に はな い︒ (

) 莫 太の 行業 を︑ しか しな がら

︑三 悪道 に投 げ籠 み︑ その 力を 以て

︑日 本国 の大 魔縁 とな り︑ 皇を 民と な し︑ 民を 皇と なさ ん とて

︑御 舌の 先を 食ひ 切り て︑ 流る る血 を以 て︑ 大乗 経の 奥に 御誓 状を あそ ばし 付 けら る︒

(

) ( ) 此 経を 魔道 に回 向し て︑ 魔縁 と成 て遺 恨を 散ぜ ん と仰 けれ ば︑ 此由 都へ きこ えて

︑御 あり さま 見て ま ゐれ とて

︑康 頼を 御使 に下 され ける が︑ 参て 見奉 れば

︑柿 の御 衣の すす けた るに

︑長 頭巾 をま きて

︑御 身

(17)

の血 をい だし て︑ 大乗 経の 奥に 御誓 状を あそ ばし て︑ 千尋 の底 へし づめ 給ふ

(

) 冒頭

の白 峯神 宮の こと は︑ 実際 に神 霊が 京都 に戻 され たこ とだ が︑ 保 元物 語 にも

︑あ る人 の夢 で︑ 崇徳 院 が京 に帰 って 来る 下り があ る︒ しか し︑ 今度 は版 行本 系に あっ て︑ 宝徳 本系 統に は見 られ ない のだ

︒宝 徳本 系 では

︑西 行が 讃岐

︑白 峯御 陵を 訪れ ての 描写 が詳 しく ある

(

) よし や君 昔の 玉の 床と ても かか らん 後は 何に かは せん かや うに 申し たり けれ ば︑ 御墓 三度 まで 振動 して 恐ろ しき

︒世 澆季 に及 ぶと いへ ども

︑万 乗の 余薫 はな ほ残 らせ たま ひけ るに やと

︑思 ひ遣 るこ そめ でた けれ

︒実 に尊 霊も この 詠歌 に御 意解 けさ せた まひ ける に や︒ さて も︑ 彼の 蓮誉 は︑ 八重 の潮 路を 分け て︑ 宸襟 を存 生の 日に 訪ら ひ奉 り︑ この 西行 が四 国辺 路を 巡 見せ し︑ 霊魂 を崩 御の 後に 尋ね 奉る

︒こ の君 御在 位の 間︑ 恩に 浴し

︑徳 を蒙 る類

︑幾 くぞ や︒ され ども

︑ 今は

︑な げの 情け をか けた てま つる 者︑ 誰か は一 人も あり し︒ ただ この 蓮誉

・西 行の み参 るべ しと は︑ 昔︑ 露も いか でか 思し 召し 寄る べき

(

) ( ) よし や君 むか しの 玉の 床と ても かか らむ 後は なに にか はせ ん 治承 元年 六月 廿九 日︑ 追号 あり て崇 徳院 とぞ 申け る︒ かや うに なだ めま ゐら せら れけ れど も︑ 猶御 いき

(18)

どほ り散 ぜざ りけ るに や︑ 同三 年十 一月 十四 日に

︑清 盛朝 家を うら み奉 り︑ 太上 天皇 を鳥 羽の 離宮 にお し こめ 奉り

︑太 政大 臣巳 下四 十三 人の 官職 をと どめ

︑関 白殿 を太 宰権 師に うつ しま ゐら す︒ これ ただ 事に あ らず

︑崇 徳院 のた たり とぞ 申け る︒ 其後 人の 夢に

︑讃 岐院 を御 輿に のせ 奉り

︑為 義判 官子 共相 具し て先 陣 仕り

︑平 馬助 忠正 御陣 にて

︑法 住寺 殿へ 渡御 ある に︑ 西の 門よ り入 奉ら んと する に︑ 為義 申け るは

︑ 門 々を ば不 動明 王︑ 大威 徳の かた め給 うて 入が たし と 申せ ば︑ さ らば 清盛 がも とへ いれ まゐ らせ よ と仰 けれ ば︑ 西八 条へ なし 泰る に︑ 左右 なく うち へ御 幸な りぬ とぞ 見た りけ る︒ 誠に いく 程な くて

︑清 盛 公物 ぐる はし くな り給 ふ︒

(

) 崇徳

院が 輿に 乗っ て︑ その 前を 為義 や為 朝が 歩き

︑平 忠正 は後 ろに 従っ てい る︒ 法住 寺殿

︑藤 原忠 通の 西の 門か ら入 って 行こ うと する と︑ 為義 が 不動 明王 や大 威徳 明王 が門 を守 って いる ので

︑入 るこ とが でき ませ ん と申 し上 げる ので

︑崇 徳院 は それ では 清盛 のと ころ へ とお っし ゃっ た︒ そし て清 盛は 熱病 に倒 れる の であ る︒ これ はは なは だ恐 ろし い夢 では ある

︒た だ︑ 崇徳 院が 忠通 や清 盛に 祟る 怨霊 であ れば

︑皇 室に あれ ほ ど恐 れら れる もの では なか った と思 われ る︒ 怨霊 と天 狗を 区別 した 慈円 です ら気 がつ かな かっ たの は︑ 崇徳 院が それ まで の怨 霊と はま った く違 う性 質の 怨霊 だっ たと いう こと であ る︒ それ を表 した のが 皇 を民 とな し とい う記 述だ った のだ

︒慈 円は ム サノ 世 にな った のは

︑八 幡大 菩» のは から いで ある と記 して いた()3

︒八 幡神 は早 く応 神天 皇と 習合 し︑ いわ ゆる 神 仏習 合を もっ とも 強力 に推 し進 めた 神格 であ った

︒後 世︑ 崇徳 院も 金毘 羅大 権現 と同 一視 され るの だが

︑皮 肉

(19)

なこ とに

︑明 治の 神仏 分離

︑廃 仏毀 釈で 権現 が認 めら れな くな って しま う︒ それ はと もか く︑ 皇家 を深 く呪 っ た崇 徳院 のあ り方 につ いて 直接 では ない が︑ 慈円 の怨 霊論 は次 のよ うな とこ ろで 届い てい たよ うに も思 える

︒ 怨霊

ト云 ハ︒ セン ハタ ダ現 世ナ ガラ フカ ク意 趣ヲ ムス ビテ カタ キニ トリ テ︒ 小家 ヨリ 天下 ニモ ヲヨ ビテ

︒ ソノ カタ キヲ ホリ マロ バカ サン トシ テ︒ 讒言 ソラ 事ヲ 作リ イダ スニ テ︒ 世ノ ミダ レ︒ 又人 ノ損 ズル 事ハ タ ダ同 ジ事 也︒ 顕ニ エソ ノム クイ ヲハ タサ ネバ 冥ニ ナル バカ リ也

(

) わか

りに くい ので

︑現 代語 訳も 引用 して おく

︒ 怨霊

とい うも のは この 世の すべ てに つい て深 く怨 みに 思う 人を 仇に して とり つき

︑事 は一 つの 家か らや が て天 下に も及 ぶよ うに なり

︑そ の仇 を穴 を掘 って 転ば せよ うと して

︑讒 言や 虚言 を作 り出 すの であ るが

︑ 結局 は世 が乱 れ︑ 人が 損亡 する ので ある から

︑人 間の 世界 の憎 悪と 同じ こと なの であ る︒ ただ 怨霊 とい う もの は︑ 目に 見え るこ とで その 報復 をす ると いう こと はし ない から

︑目 に見 えな い方 法で 怨み をは らす と いう 点が 世間 の憎 悪と は違 うの であ る︒

(

) 明治

にな って なお

︑顕 の世 界で はな く︑ 冥の 世界 での 報い を果 たさ れる こと を︑ 天皇 家は 恐れ たの であ った

︒ そう いえ ば︑ 梁 塵秘 抄 に崇 徳院 のこ とを 歌っ たと おぼ しき 今様 と︑ 義朝 の祖 父︑ 為義 の父

︑義 家の こと を

(20)

歌っ た今 様が 近く に並 んで いる のは たま たま だっ たの か︑ 後白 河の 作為 なの か︒ 讃岐

の松 山に

︑松 の一 本歪 みた る︑ âり さの âり さに

︑そ ねう たる かと や︑ 直島 の︑ さば かん の松 をだ に も直 さざ るら ん︒ 四三 一

(

) 鷲の 住む み山 には

︑な べて の鳥 は住 むも のか

︑同 じき 源氏 と申 せど も︑ 八幡 太郎 は恐 ろし や︒ 四四 四 (

)

五︑ さく ら塚 とひ とく い地 蔵 権力

者に とっ ての 怨霊 はと もか く︑ 最後 に京 とい う都 市に とっ ての 崇徳 院に 触れ て終 わり たい

︒三

︑で 述べ たよ うに

︑崇 徳院 の陰 に隠 れて

︑怨 霊と いう 印象 が薄 い悪 左府 頼長 の記 憶は

︑花 とと もに 散り 広が る疫 鬼を 鎮 める やす らい 祭と とも に生 きて いる

︒ま た︑ 現在 は相 国寺 ( ) 墓地 にあ るさ く ら塚 が左 府の 塚と して 知ら れて いる

︒ 桜塚

聖護 院森 の西 南二 町許 にあ り︑ 是則 宇治 悪左 府頼 長の 社地 なり

︒塚 上に 桜を 植け れば

︑世 の人 桜塚 と呼 ぶ︑ 実は 左府 塚な り︒ 一年 霊験 あり とて 都下 の貴 賤群 をな して 詣す

︑今 田圃 の間 に纔 に遺 ると いへ ど も︑ 神威 は新 にし て古 今に かは らず と知 られ たり

(

)

(21)

拾 遺都 名所 図会 で は︑ さく ら塚 が左 府塚 の転 訛で ある こと をほ のめ かし てい た︒ さふ

のつ か 渥 さふ らつ か 渥 さく らつ か とい

うわ けだ

︒転 訛は 民俗 学が 好ん で使 う説 明手 法だ が︑ この 場合 は︑ ヤス ライ ハナ の花 が︑ 桜で ある こと か ら︑ 左府 とい えば 桜︑ とい う連 想が 働い たと 説明 する 方が よさ そう では ない か︒ 転訛 につ いて は︑ 崇徳 院の 方が 本家 で︑ 現在

︑聖 護院 の塔 頭︑ 積善 院( ) 内に あ るひ とく い地 蔵が 有名 だ︒ 崇徳

院御 影堂

旧地 在応 鴨川 東聖 護院 森西 北車 道南 往也 土人 ヒト クイ ト云 崇徳 院ヲ 唱ヘ 誤ニ ヤ歴 代編 年集 成云 新院 白河 御 所今 崇徳 院也 云云 (

)

図版三 さくら塚

(22)

粟田 社旧 跡

今そ の旧 地の 字を ヒト ク井 とい ふ土 人崇 徳院 をあ やま り唱 ふる とや 石の 地蔵 あり て俗 に人 地 蔵と いふ

(

) 粟田 社 旧地 は聖 護院 森の 西北 にあ り︒ いに しへ は大 廈に して 宮殿 巍々 たり

︒伝 云ふ

︑治 承二 年正 月︑ 建 礼門 院御 懐胎 の御 悩に 悪霊 出る

︑殊 に讃 岐院 の御 霊を 神子 明王 の縛 に懸 て顕 し︑ 崇徳 天皇 の追 号 を授 給へ り︒ 今旧 地の 字を ヒト ク井 とい ふ︑ 土人 崇徳 院を り 唱ふ るに や (

) 崇徳 院 社 盛衰 記 云元 暦元 年四 月十 五日 子 時 崇徳 院 遷宮 アリ 春日 末ノ 北河 原ノ 東也 此所 大炊 殿ノ 跡 旧 跡在 応森 西北 一町 余

人云 応崇

(

) 山田

雄司 崇 徳院 怨霊 の研 究 など によ ると

︑後 白河 は病 に冒 され た建 久二 ( ) 年に

︑崇 徳院 の怨 霊 を強 く意 識し たと いう

︒翌 建久 三( ) 年十 一月 十六 日︑ 後白 河院 が亡 くな って から はじ めて 崇徳 院$ で 祭が 挙行 され

︑以 降粟 田宮 と称 され るこ とに なっ たよ うだ

︒そ の後

︑し ばし ば賀 茂川 の洪 水に あい

︑応 仁の 乱 以降 は荒 廃し てし まう

︒た だ江 戸時 代の 名所 図会 が記 すよ うに

︑崇 徳院 馬場 や崇 徳院 田と いう 地名 や崇 徳院 地 蔵が 残り

︑し かも それ らは ヒト クイ と誤 って 唱え られ てい る︒ こう いう 誤り には 意味 があ ると 考え たの は︑ 柳田 民俗 学で あっ た︒ 音韻

の訛 りは 常に ある 傾向 に沿 うて 進む とし ても

︑そ れに はし ばし ば社 会的 原因 とも 名づ くべ きも のが 参

(23)

与し て︑ 単な る生 理作 用だ けで はそ の過 程を 解釈 する こと が不 可能 だと いう こと

︑こ うい う相 応に 重要 な る定 理も

︑ゆ くゆ くは これ から 導い て来 るこ とが 出来 そう であ る︒

(

) 民俗

学は

︑そ の方 法論 とし て昔 話・ 伝説

・世 間話 研究 を大 きな 武器 とし てい た︒ これ らは 口承 文芸 であ り︑ 文字 では なく 音声 で伝 えら れて 来た さま ざま な情 報を

︑歴 史と して 読み 取ろ うと いう 意欲 的な 試み だっ たの で ある

︒口 承だ けに 時間 経過 によ って 変化 する のは 当た り前 で︑ その 法則 の一 つが 転訛 だっ た︒ しゅ

とく いん 渥 しと くい ん 渥 ひと くい と︑

いう プロ セス だが

︑人 い とし てだ け遺 った ので はな く︑ 崇 徳院 を 誤り 唱ふ と いう こと が伝 わっ てい るこ とも 忘れ るべ きで はな い︒ つま り 崇徳 院= 人 いと いう 二重 に重 なっ たイ メー ジな ので ある

︒史 実と して の 崇徳 院は

︑配 流の 後︑ ひっ そり と後 生を 生き たこ とが 歌や 今 鏡 の記 事

図版四 ひとくい地蔵

(24)

から 窺え ると いう

︒し かし

︑好 むと 好ま ざる とに 関わ らず 歴史 の転 換点 に立 たさ れて しま った こと で︑ 天皇 親 政の 古代 政権 に祟 る大 怨霊 とい う役 割を 負わ され

︑京 都を ひた すら 呪詛 する 存在 とし て長 く記 憶さ れた わけ だ︒ サム ライ 文化 論と いう 視点 から いう と︑ サム ライ の登 場は

︑そ のよ うな 大怨 霊の 登場 とと もに あっ たこ とを 見逃 して はな らな いよ うに 思え る︒ 慈円 の分 類に 従え ば︑ 古代 的な 怨霊 とい うよ りは

︑そ の後

︑天 狗に 代表 さ れる 中世 の魔 物と

︑そ れを 退治 する サム ライ が刀 剣神 話を 伴っ て登 場し てく るの だ︒ (1 ) (

) (

) ( ) (2 ) (

)

(3 )

» (

)

( P )

( )

( )

( ) ( )

参照

関連したドキュメント

Frequency resonances are obtained for ten kinds of commercial flat healds those differ in their length, thickness or material by using an impact hummer equipped with a load sensor and

23 Daly C, RollinsBJ : Monocyte chemoattractant protein-1 CCL 2 in inflammatory disease and adaptive immunity : therapeutic opportunities and controversies, Microcirculation, 10

マイ クロ切削 システ ムの 高度化 にむ けて... 米山 ・陸:マ イク 口旋削加工

Department of Central Radiology, Nagoya City University Hospital 1 Kawasumi, Mizuho, Mizuho, Nagoya, Aichi, 467-8602 Japan Received November 1, 2002, in final form November 28,

, Kanazawa University Hospital 13-1 Takara-machi, Kanazawa 920-8641, Japan *2 Clinical Trial Control Center , Kanazawa University Hospital *3 Division of Pharmacy and Health Science

Emmerich, BGB – Schuldrecht Besonderer Teil 1(... また、右近健男編・前掲書三八七頁以下(青野博之執筆)参照。

[r]

[r]