Mineral Titles On-Line Registration

ドキュメント内 Microsoft Word - カナダ 大洋社新.doc (Page 44-48)

第 2 章 各論

2.6. 鉱業権と内容と鉱業権取得に必要な許認可制度(各ステージ毎)

2.6.1. Mineral Titles On-Line Registration

2004 年 1 月 12 日を持って、エネルギー・鉱山省が鉱区取得の申請をオンライン 化した。 Mineral Titles Online(MTO)は、インターネットのブラウザーを通して鉱区 取得の申請手続きを行えるシステムで、URL http://www.mtonline.gov.bc.ca/ にア クセスすることにより、デスクトップから全ての手続きが完了する。探鉱業界から大変 な反響があり、その証拠としてオンライン化をしてから 2 週間以内に、256 万件のア クセスがあり、3110 件、120 万ヘクタールが受理された。これは、2004 年の鉱区取 得面積を越える鉱物資源所有権の申請があったことを意味する。鉱区取得は 2004 年に 4.7 万件の登録があり、これは 2003 年から 2 万件の増加であった。さらに、

2005年には、481 万ヘクタール(約 19 万鉱区)に及ぶ、新たな鉱区の取得があり、

これは2004年より約400%の増加である(この数字は2005年12月中旬までの数

値を元に予測したものである。)。また、鉱区の申請面積も探鉱投資額と比例して 6 年連続の増加を記録した。

図表2-20 ブリティッシュ・コロンビア州の鉱区の申請面積の推移

鉱区申請の推移

0 1,000,000 2,000,000 3,000,000 4,000,000 5,000,000 6,000,000

1990 1991

1992 1993

1994 1995

1996 1997

1998 1999

2000 2001

2002 2003

2004 2005 est ヘクタール

資料: エネルギー・鉱山省

目的

オンラインの鉱区取得システムは既に、ケベック、アルバータ、ノバスコシアそして ニューファンドランドの各州で適用されている。ブリティッシュ・コロンビア州も遅れてで はあるが、システムの開発に至り、その紹介にあたって次の目的を掲げている。

• 既存のものと新しい鉱区取得の間に正確性をもたらす

鉱区取得により鉱床の開発権利を得るが、Mineral Title Online (MTO)の実施 により、以前のような曖昧さや杭打ちの不明確さによるクレームの可能性がな くなり、鉱区の境界線が明確化される。

• 公平で秩序のある鉱区取得システムの確立

MTOは簡単で公平な上、一貫性のある法律の適用を可能とする。

• 鉱区取得にかかる経費の削減

従来ならば、現地で実際に専門家が木や地面に杭を打ち込んで鉱区を取得し ていた為に、人件費、ヘリコプター料金など様々な諸経費が発生したが、その 削減が可能となり、削減した費用を新たな探鉱費用に割り当てることができる。

• 迅速で効率的な鉱区取得システムの確立

MTO は鉱区取得に対する業界のニーズと、政府の効率的な鉱区の割り当て の義務を満たすと共に、インターネット、GPS, GIS (Geographic Information System) などの最新テクノロジーを使用して、より簡単に探鉱活動を行うことを 可能とする。

• TRIMベースの地図を使用することで、より正確な地図を提供

1998年から2005年にかけて、政府は 40年間使用されてきた従来の鉱区地 図のシステムを、最新技術を使用する地図のデーターベースシステム TRIM (Terrain Resource Inventory Mapping)にアップグレードした。 新しいTRIM システムは、既存の鉱区情報を、もっと正確な地形情報を含む地図に移行し、

より正確なMTOのシステムづくりに貢献する。

• 競争力のある投資環境づくり

MTO の導入により鉱区取得に掛かる費用の削減を達成し、ブリティッシュ・コ ロンビア州の投資環境の改善に貢献する。

機能と特徴

現在の段階ではMTO は次の機能を有する。

• オンラインで地形とその特徴を調べることが出来る。

• Free Miner Certificate (FMC) 探鉱業者ライセンスの更新 (鉱区取得に必要 な免許証)

• 免許保持者として証明書の発行と、免許を他者に委託する手続き

• 鉱区取得の申請手続き

• 鉱区維持

o 探鉱作業と鉱床評価作業の報告書提出

o または作業を報告する代わりに、鉱区取得維持料金を支払う

• 土地のリースをリース料の支払いをすることにより更新、維持する

• 他のFree Miner Certificate (FMC) 探鉱業者ライセンス保持者に、鉱区を譲 渡する

• 鉱区を統合、拡大、または縮小する

• 下記の手続き費用の支払い

• オンラインで既存の鉱区取得地域と鉱区保持者を検索する

上記の使用機能に加え、初心者にもわかり易いようにオンラインの使用説明やデ モなど、できるだけ利用者に使い勝手の良いツールを設けている。

MTO使用必要条件と手続き

¾ 鉱区取得の条件

• BCeID (British Columbia electronic Identification) ブリティッシュ・コロンビア 州オンライン身分証明書の取得

• インターネット・エクスプローラー6.0以上のブラウザーを使って、インターネッ トへのアクセスが可能なこと

• E-mailアドレス

• クレジットカード(マスターまたはビザ)によるオンラインでの支払い能力。 小 切手や為替を使って支払いをする場合には、州政府管轄事務所オフィス内の コンピューターターミナルを使用しての登録が必要となる。

• Free Miner Certificate (FMC) 探鉱業者ライセンスの取得

• GPSや航空写真など、鉱区を明確に測量できるデーター

¾ 鉱区取得、維持の費用:

• 鉱区取得・登録費:0.40Cドル/ha (現場での杭打ちの費用がもはや必要では ない)

• 鉱区の維持には上記記述のように探鉱成果の報告書(Statement of Work)な どを提出する義務があるが、規定を満たす探鉱活動が行われなかった場合に は、代わりに維持費を支払う義務がある。

o 取得1年目から3年目まで: 4 Cドル/ha (年次) o 取得4年目以降: 8 Cドル/ha (年次)

• 鉱区をリースしている場合には維持費・登録料が課せられる: $10/ha (年 次)

(上記料金は2005年9月現在)

図表2-21 MTO鉱区取得システムに利用される地図

MTOのシステムの 1つとして既存の所有が認められている鉱区を確認することが できる。この制度により、現在まだ鉱区として申請可能なエリアが確認できる。ブリテ ィッシュ・コロンビア州全体を区画しており、地図を使ってズームインすることにより、

かなり詳細なデータが閲覧できる。また地図には河川や主要道路などの情報も含ま れている。

図表2-22 オンライン地図の拡大図

詳細地図は、画面上のポイントをクリックすることにより各区画の緯度や経度を含 む位置情報や地図上の区画番号を確認したり、そのポイントが全体地図のどの部分 にあたるかを表示することもできる。加えてオンライン地図は電子メールやプリントア ウトの機能また、1:1の倍率までズームインできる性能も備えている。

図表2-23 オンライン地図の幹線道路、土地利用表示例

図表2-24 オンライン地図拡大図-既存鉱区単位表示例

鉱区所持者を番号で表示し、別のスクリーンで登録者を検索することが出来るシス テムになっている。

ドキュメント内 Microsoft Word - カナダ 大洋社新.doc (Page 44-48)