C Manual スイッチ

In document SC-T7250D/SC-T5250D/SC-T7250/SC-T5250/SC-T3250 (Page 48-53)

手動巻き取りの方向を設定するスイッチです。

AutoスイッチがOffのときに機能します。

Backward : 印刷面を内側にして巻き取ります。

3秒以上押し続けると速くなります。

Forward : 印刷面を外側にして巻き取ります。

3秒以上押し続けると速くなります。

用紙の取り付け

ここでは、ロール紙を自動巻き取りユニットの紙管に取 り付ける手順を説明します。

巻き取り方向により、取り付け方が異なります。

K

取り付け作業をする前に、本機メニューの[自動カット]の 設定を[OFF]にしてください。[ON]にしたまま自動巻き 取りユニットを使用すると、エラーになります。

U「ロール紙のカット設定」31ページ

外巻きでの巻き取り

紙管の取り付け方法は、オプションの自動巻き取りユニッ ト用アタッチメントに付属の『セットアップガイド』を ご覧ください。

以下の操作で使用するボタン

A

自動巻き取りユニットのAutoスイッチをOffに します。コンセントに電源コードのプラグを差し 込み、電源ランプが点灯したことを確認します。

B

P】ボタンを押して本機の電源を入れます。

C

ロール紙が本機に正しくセットされていることを 確認します。

D

操作パネルの【)】ボタンを押します。【d】 ボタンを押し続けて用紙の先端を紙管の位置まで 送り出します。

E

用紙の先端を紙管に貼り付けます。

市販のテープで中央、左右の順に貼り付けます。

F

操作パネルの【d】ボタンを押し続けて、紙管3 周分程度用紙をたるませます。

G

Manual紙を紙管にスイッチを3周巻き取らせます。Forward側に押し続け、用

巻き付け後に、用紙と紙管の間に十分なたるみを持 たせてください。

L

用紙によっては、自動巻き取りユニットに付属のテン ショナーを使用します。テンショナーは図のように、

ロール紙をたるませた中央付近に入れてください。テ ンショナーが必要な用紙は、以下をご覧ください。

U「エプソン製専用紙一覧」188ページ

H

AutoスイッチをForward側にセットします。

内巻きでの巻き取り

紙管の取り付け方法は、オプションの自動巻き取りユニッ ト用アタッチメントに付属の『セットアップガイド』を ご覧ください。

以下の操作で使用するボタン

A

自動巻き取りユニットのAutoスイッチをOffに します。コンセントに電源コードのプラグを差し 込み、電源ランプが点灯したことを確認します。

B

P】ボタンを押して本機の電源を入れます。

C

ロール紙が本機に正しくセットされていることを 確認します。

D

操作パネルの【)】ボタンを押します。【d】 ボタンを押し続けて用紙の先端を紙管の位置まで 送り出します。

E

用紙の先端を紙管に貼り付けます。

市販のテープで中央、左右の順に貼り付けます。

F

操作パネルの【d】ボタンを押し続けて、紙管3 周分程度用紙をたるませます。

G

Manual用紙を紙管にスイッチを3周巻き取らせます。Backward側に押し続け、

巻き付け後に、用紙と紙管の間に十分なたるみを持 たせてください。

H

AutoスイッチをBackward側にセットします。

巻き取った用紙の取り外し

巻き取り終わった用紙の取り外し方を説明します。

B

自動巻き取りユニットから巻き取った用紙を取り外す作業は、

左右をそれぞれ1人で持って行ってください。

1人だけで行うと、巻き取り後の用紙が落下してけがをする おそれがあります。

以下の操作で使用するボタン

A

AutoスイッチをOffにします。

B

用紙をカットし、切り離した用紙を最後まで巻き 取ります。

U「手動カットの方法」31ページ

カット後は、印刷面が床に接触しないように手で支 えながら用紙を最後まで巻き取ります。Manualス イッチを巻き取りの方向に応じてForward側または Backward側に押し続けてください。

C

可動ユニットのロックを解除し、可動ユニットを 紙管から取り外します。

可動ユニットを取り外すときは、紙管を落とさない ように片手で支えてから行ってください。

D

紙管を自動巻き取りユニットから取り外します。

In document SC-T7250D/SC-T5250D/SC-T7250/SC-T5250/SC-T3250 (Page 48-53)