課・

In document 須賀川市地域防災計画(表紙・目次) (Page 74-78)

消防

消防

災害時に円滑に医療(助産)救護活動を実施できるよう、市は、医療機関と連携し、

救護所の設置、救護班の編成等、災害時の医療救護活動体制の整備に努める。

第2 医薬品・衛生材料等の整備(生活課・健康づくり課・支所市民サービス 医療関係機関)

市は、「福島県災害時医薬品等備蓄実施要綱」、「災害時医薬品等供給マニュアル」に基 づき、災害時の救護活動に必要な医薬品、衛生材料等の調達計画を策定する。

また、緊急時における血液の不足に備え、災害時の献血促進について住民への普及啓 発を図る。

第3 傷病者の搬送体制の整備(生活課・健康づくり課・支所市民サービス課・

本部・医療関係機関)

市は、大規模な災害等により多数の傷病者が発生した場合、傷病者を迅速に他の医療 機関へ搬送する必要があるため、収容先医療機関の被災状況、空き病床数等、傷病者の 搬送先を決定する際に必要な情報が把握できるよう、災害救急医療情報システムの確立 に努める。

また、ヘリコプターを活用した搬送が行えるよう、ヘリコプター離発着予定場所の指 定をするとともに、要請等の手続きの習熟に努める。

【資料 11-5】ヘリコプター臨時離着場

第4 後方医療体制等の整備(生活課・健康づくり課・支所市民サービス課・

本部・医療関係機関)

市は、大規模な災害により、多数の傷病者が発生した場合、市内の医療機関のみでは 対応が困難となるおそれがあるため、県、医療機関等と連携し、後方医療体制の整備を 図るとともに、災害時に県、他市の医療機関等に対し、広域的な応援要請を行うことが できるよう、協力体制の整備に努める。

- 52 -

第5 防疫体制の整備(健康づくり課)

家屋等が浸水した場合、避難所生活が長期化した場合等、防疫活動が必要な場合に円 滑に防疫活動を実施できるよう、市は、防疫体制の整備を図る。また、防疫に必要な薬 剤、資機材の備蓄を行うとともに、協定の締結を行う等、調達体制の整備を図る。

【資料 7-4】医薬品衛生材料調達先

第 15 節 食料等の備蓄・調達及び防災資機材等の整備

市及び防災関係機関は、市民の生活を確保するため、最低限の食料、飲料水等の備蓄 に努めるとともに、災害時に民間事業者等から調達できるよう、体制の整備を図る。ま た、市は、市民が自ら食料、飲料水等の備蓄を行うよう、周知徹底に努める。

担当 【本庁】生活課・農政課・商工労政課・営業課・施設課・浄水管理センター

【支所】市民サービス課・地域づくり課

第1 食料の備蓄・調達体制の整備

(生活課・農政課・商工労政課・支所市民サービス課・

地域づくり課)

支所

所地

市は、乾パン・缶詰・粉ミルク等、保存期間が長く調理不要な非常用食料の備蓄を行 うとともに、備蓄に適さない食料、不足する食料の調達が災害時に円滑にできるよう、

卸売業者、小売業者等と協定を締結する等、食料の確保体制の強化に努める。

【資料 4-6】災害時における生活物資等の供給協力に関する協定

【資料 10-2】米穀販売業者、【資料 10-3】市場、【資料 10-4】パン製造業者、

【資料 10-5】麺製造業者、【資料 10-6】弁当・仕出し業者、

【資料 10-10】防災倉庫備蓄品

第2 生活物資の備蓄・調達体制の整備

(生活課・商工労政課・支所市民サービス課・支 域づくり課)

市は、寝具(毛布等)・衣料品(下着・作業着・タオル)・炊事器具(卓上コンロ・カ セットボンベ)・食器・日用雑貨・光熱材料・燃料・簡易トイレ等の生活物資の備蓄を行 うとともに、必要な生活物資の調達が災害時に円滑にできるよう、卸売業者、小売業者 等と協定を締結する等、生活物資の確保体制の強化に努める。

【資料 10-8】寝具調達先、【資料 10-9】金物・雑貨調達先

第3 飲料水の確保

(生活課・営業課・施設課・浄水管理センター・支所市民サービス課)

市は、1 人 1 日あたり 3 リットルを目安に飲料水の確保に努める。飲料水の供給につ いては、貯水施設、配水施設からの応急給水を原則とし、応急給水に必要な給水タンク 車・ろ過装置・ポリタンク・ポリ袋等の資機材の整備に努める。

また、ペットボトルの飲料水について卸売業者、小売業者等から災害時に円滑に調達 できるよう、協定の締結に努める。

また、飲料水が不足する場合、井戸水、貯水槽の貯水等を活用するため、それらの施 設の把握に努める。

【資料 9-2】緊急用耐震性飲料水貯水槽【資料 9-3】応急給水資機材

第4 防災資機材等の整備(生活課・支所市民サービス課)

市は、公共施設、避難所等に防災倉庫を整備するとともに、救出救助に必要となるエ

- 54 -

ンジンカッター、発電機、投光機、スコップ、ツルハシ、かけや、水防シート、土のう 袋、ロープ等の防災資機材の整備に努める。

第5 住民に対する普及・啓発(生活課・支所市民サービス課)

市は、広報紙、パンフレット、防災週間、防災関連行事等を通じ、2~3日分の食料・

飲料水、生活物資、非常持出品(救急箱、懐中電灯、ラジオ、乾電池等)の備蓄、防災 資機材等の整備に努めるよう啓発するとともに、防災訓練等での供与訓練等の実施に努 める。

第 16 節 消防防災ヘリコプター活用体制の整備

大規模な災害が発生した場合の重篤患者の搬送、山間部における孤立者の救助、林野 火災における消火活動等、災害時において、消防防災ヘリコプターの活用は極めて効果 的であるため、消防防災ヘリコプターの活用体制の整備に努める。

担当

【本庁】生活課

【支所】市民サービス課

【関係機関】消防本部

第1 消防防災ヘリコプターの活動内容(生活課・支所市民サービス課・消防

In document 須賀川市地域防災計画(表紙・目次) (Page 74-78)