水害予防対策

In document 須賀川市地域防災計画(表紙・目次) (Page 57-60)

第1章 災害予防計画

第8節 水害予防対策

水害の予防、被害の軽減を図るため、県等の関係機関と連携し、砂防、治山事業を推 進するとともに、市街地における下水、雨水の適正処理を図るため、下水道事業を推進 する。

担当

【本庁】生活課・農政課・道路河川課・下水道課・社会福祉課・こども課・長 寿福祉課

【支所】市民サービス課・地域づくり課

【関係機関】須賀川土木事務所

第1 治山整備の推進(農政課・道路河川課・支所地域づくり課)

森林は、水源かん養機能を有し、洪水、土砂流出防止の上で非常に重要な役割を果た すため、市は、県及び関係機関と連携し、治山整備、森林整備の推進に努める。また、

河川の荒廃を防止するため、河川への土砂、倒木等の流入防止対策に努める。

第2 河川整備の推進

(生活課・道路河川課・支所市民サービス課・支所地域づくり課)

市は、県及び関係機関と連携し、河道の拡幅、築堤、河床掘削、護岸等、計画的な河 川整備を推進し、河川の安全性の向上に努める。

第3 施設の維持及び補修(道路河川課・支所地域づくり課)

市は、定期的に河川のパトロール等を実施し、危険な箇所を発見した場合、管理者に 報告し安全対策の早期、実施に努める。

第4 下水道事業等の推進(道路河川課・下水道課・支所地域づくり課)

市は、関係機関と連携し、計画的な下水道整備を推進するとともに、処理場、ポンプ 場等の安全性の向上に努める。また、宅地化の進行、水田等の減少による雨水貯留機能 の低下がもたらす内水氾濫を防止するため、雨水の貯留、地下浸透等、計画的な雨水対 策の実施に努める。

第5 水防倉庫、資機材の整備等

(生活課・道路河川課・支所市民サービス課・支所地域づくり課)

市は、水害が発生するおそれがある場合、発生した場合に水防活動を円滑に実施でき るよう、水防倉庫及び資機材の整備に努める。また、水防資機材が不足する場合に関係 機関、民間事業者等から円滑に調達できるよう、連携体制の強化に努める。

第6 水防体制の強化

(生活課・道路河川課・支所市民サービス課・支所地域づくり課)

市は、水害が発生するおそれがある場合、水害が発生した場合に円滑に応急対策が実 施できるよう、関係機関と連携し、水防体制の強化に努める。また、定期的に水防訓練 を実施し、水防活動の習熟に努める。

支所

第7 水害に関する危険箇所の周知

(生活課・道路河川課・支所市民サービス課・支所地域づくり課)

市は、県及び関係機関と連携し、防災マップ・ハザードマップ・広報紙・パンフレッ ト等により、重要水防区域、浸水危険地区等を公表し、住民等に対して、周知の徹底に 努める。

【資料 19-1】重要水防区域

第8 浸水想定区域における避難の確保

(生活課・社会福祉課・こども課・長寿福祉課・

市民サービス課)

市は、水防法第14条及び第15条の規定により、浸水想定区域が指定・公表された 場合、洪水ハザードマップを作成し、洪水予報等や避難情報等の伝達方法、避難所等の 避難措置について、市民への周知徹底を図る。

また、主として高齢者、障がい者、乳幼児その他の特に防災上の配慮を必要とする災 害時要援護者が利用する施設で、当該施設の利用者の洪水時の円滑かつ迅速な避難を確 保する必要が認められる施設については、電話、ファクシミリ等による洪水予報等の伝 達体制を整備する。

災害時要援護者利用施設の範囲は以下のとおりする。

災害時要援護者 利用施設

1 高齢者施設、保護施設、児童福祉施設、障がい児・者施設等 の社会福祉施設

2 病院、診療所の医療施設(有床に限る。) 3 幼稚園、特別支援学校

洪水予報伝達方法については、「水防計画書」による。

避難情報の伝達方法については、第2部一般災害対策計画第1章災害予防計画「第3 節情報連絡体制の整備」、第2章災害応急対策計画「第 11 節避難」、「水防計画書」及び

「水害対策マニュアル」による。

- 36 -

■ 洪水予報伝達系統図

福島地方気象台 共同発表 福島河川国道事務所

須賀川地方広域消 防本部

県災害対策グループ 県水防本部(河川整

【資料 20-4】浸水想定区域内の災害時要援護者利用施設

グループ)

建 設 ( 土 木 ) 事 務

須賀川市役所・支所

(水防本部)

自 主 防 災 組

須 賀 川 市 水 防(消防)団

住 民

浸 水 想定 区域 内 の要援護者施設

県防災行政無線

有線電話

専用電話

防 災 行 政 無 線・ オフ トーク 通信

県水防本部(河川整 県災害対策課 備課)

広報車 サ イ レ ン ・ 警

鐘・口頭

ラジオ・テレビ 担当課を通じて連絡

自主防災組織 町 内 会 ・ 区

浸水想定区域内の 要援護者利用施設

生活課を通じて連絡

In document 須賀川市地域防災計画(表紙・目次) (Page 57-60)