• 検索結果がありません。

第 7 章  結論

7.2 今後の展望

 本論文の作成において、終始、懇切丁寧な御指導をして頂きました九州大学大 学院芸術工学研究院の富松潔教授に心より感謝申し上げます。

 本論文をまとめるにあたり、九州大学大学院芸術工学研究院の竹田仰教授、 九 州大学大学院芸術工学研究院の鶴野玲治准教授に厚くお礼申し上げます。

 研究室の先輩後輩諸氏には研究者を目指す同輩として、様々な刺激を受けてき ました。ここに感謝の意を示します。

 また、本研究を進めるにあたっては、多くの企業、団体からの御支援を受けて きました。NPO 法人創を考える会・北九州、吉川工業株式会社、株式会社吉見 製作所、トキ・コーポレーション株式会社、九州大学先導的デジタルコンテンツ 創成支援ユニット、九州大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー(現:九州大 学ロバート・ファン / アントレプレナーシップ・センター)、財団法人九州大学 後援会(現:九州大学基金)、九州大学知的財産本部、日本学術振興財団の関係 各位に感謝申し上げます。

 最後に、社会人学生として修士課程に入学して以来、長期に渡り支えてくれた 家族に感謝致します。

謝辞

廣瀬通孝

. メディア技術が支えるディジタルパブリックアート . 情報処理学

会論文誌

, Vol.48, No.12, 1335-1342,

社団法人情報処理学会

, 2007.

Raffle, H., Tichenor, J. and Ishii, H. Super Cilia Skin: A Textural Interface. Textile:

The Journal of Cloth and Culture, Berg Publishers, Vol.2, Issue 3, 1-19, 2004.

平山詩芳

, 筧康明 . アート表現のためのシャボン膜を用いたタッチ入力可能

な実体ディスプレイ

.

日本バーチャルリアリティ学会論文誌(ハプティク スと

VR

特集号), Vol.16, No.3, 469-477, 2011.

M, Weiser. The Computer for the Twenty-First Century. Scientific American, pp.94-104, 1991.

石井裕

.

ユビキタスの混迷の未来

.

ヒューマンインターフェース学会誌

, Vol.4, No.3, pp129-130, 2002.

暦本純一

.

実世界指向インタフェースの研究動向

,

コンピュータソフトウェ ア

, Vol.13, No.3, 196-210, 1996.

Rekimoto, J. Navicam : A Magnifying Glass Approach Augmented Reality System.

Teleoperators and Virtual Environment, MIT Press, Vol.6, No.4, 399-412, 1997.

Augumented Reality. http://en.wikipedia.org/wiki/Augmented_reality. (2012.10)

セカイカメラ

. http://ja.wikipedia.org/wiki/

セカイカメラ

. (2012.10)

Ishii, H. and Ullmer, B. Tangible bits: towards seamless interfaces between people, bits and atoms. In Proceedings of CHI '97, ACM, 234-241. 1997.

Ishii, H., Fletcher, R., Lee, J., Choo, S., Berzowska, J., Wisneski, C., Cano, C., Hernandez, A. and Bulthaup, C. musicBottles. In the Emerging Technologies of SIGGRAPH '99 Emerging Technologies, ACM, 1999.

日本バーチャルリアリティ学会編

.

バーチャルリアリティ学

.

コロナ社

, 2011.

Mixed Reality. http://en.wikipedia.org/wiki/Mixed_reality. (2012.10) Physical Computing at NYU’s ITP. http://itp.nyu.edu/physcomp/. (2012.10)

永徳真一郎

,

西村邦裕

,

谷川智洋

,

廣瀬通孝

.

立体表現と色彩表現を有する 水滴ディスプレイのリフレッシュレート向上に関する研究

.

日本バーチャ ルリアリティ学会論文誌

, Vol.15, No.3, 439-448, 2010.

川上翔治

,

飯田誠

,

苗村健

.

公園におけるひずみセンシングを用いたインタ ラクティブメディアの研究

.

エンタテインメントコンピューティング

‘06, 67-68, 2006.

筧康明

.

ディスプレイの未来

:

実世界と情報の新たな接点

.

映像情報メディ ア学会誌

, Vol.64, No.1, pp37-38, 2010.

Blackshaw, M., DeVincenzi, A., Lakatos, D., Leithinger, D. and Ishii, H.

Recompose: direct and gestural interaction with an actuated surface. In the Extended Abstracts of CHI '11, ACM, 1237-1243, 2011.

Leithinger, D. and Ishii, H. Relief: a scalable actuated shape display. In Proceedings of TEI '10, ACM, 221-222, 2010.

[1]

[2]

[3]

[4]

[5]

[6]

[7]

[8]

[9]

[10]

[11]

[12]

[13]

[14]

[15]

[16]

[17]

[18]

[19]

参考文献・映像

Iwata, H., Yano, H., Nakaizumi, F. and Kawamura, R. Project FEELEX: adding haptic surface to graphics. In Proceedings of SIGGRAPH '01, ACM, 469-476, 2001.

Kanai, T., Kikukawa, Y., Suzuki, T., Baba, T. and Kushiyama, K. PocoPoco:

a tangible device that allows users to play dynamic tactile interaction. In the Emerging Technologies of SIGGRAPH '11, ACM, 2011.

Atelier Omoya. Water Logo '09. http://atelieromoya.jp/wl09.html. (2012.10)

Hirayama, S. and Kakehi, Y. Shaboned display: an interactive substantial display using soap bubbles. In the Emerging Technologies of SIGGRAPH '10, ACM, 2010.

Frey, M. SnOil: A Physical Display Based on Ferrofluid.

http://www.freymartin.de/en/projects/snoil. (2012.10)

Snake (video game). http://en.wikipedia.org/wiki/Snake_(video_game). (2012.10) Kim, H. and Lee, W. Shade Pixel. In Posters of SIGGRAPH '08, ACM, 2008.

dECOi. Aegis Hyposurface. http://www.sial.rmit.edu.au/Projects/Aegis_

Hyposurface.php. (2012.8)

Perrella, S. Hypersurface Architecture II. Academy Press, 2000.

Flare Facade. http://www.flare-facade.com. (2012.10) Daniel Rozin. Woodden Mirror.

http://www.smoothware.com/danny/woodenmirror.html. (2012.10) Daniel Rozin. http://www.smoothware.com/danny/. (2012.10)

Daan Roosegaarde. Flow 5.0. Interactive Landscapes, NAi Publisher, 53-66, 2010.

Kinetic Sculpture BMW. ART+COM: Media Spaces and Installations, Gestalten, 154-161, 2011.

Mobility. ART+COM: Media Spaces and Installations, Gestalten, 214-219, 2011.

石川昇治

,

木梨貞男

,

三輪学

.

図解・最新特許にみる形状記憶合金応用アイ デア集

.

工業調査会

, 1987.

アクチュエータシステム技術企画委員会編

.

アクチュエータ工学

.

養賢堂

, 2004.

鈴森康一

,

宮川豊美

,

堀光平

,

古賀章浩

.

マイクロロボットのためのアクチュ エータ技術

.

コロナ社

, 1998.

街じゅうアート

in

北九州 2

008

ものづくり・ものアート

vol.2 ARTS × TECHNOLOGY DOCUMENT. NP0

法人創を考える会・北九州

, 34-37, 2008.

ヒマワリ

. http://ja.wikipedia.org/wiki/

ヒマワリ

. (2012.10)

瀧本敦

.

ヒマワリはなぜ東を向くか 植物の不思議な生活

.

中公新書

, 1986.

増本憲泰 , 山川宏 . 植物型ロボットの開発 . 日本機械学会ロボティクス・メ カトロニクス講演会講演論文集 (CD-ROM), vol.2006, 2P1-E25, 2006.

Choe, U. Una Lumino. http://www.uram.net/eng_new/intro_en.html. (2012. 10) Scottie, C, H. MSOrgm (Motivational Sensitive Organism). Leonardo, Vol.42, No.4, MIT Press, 374-375, 2009.

Sunflower Robots. http://www.sunflowerrobots.com. (2012.8)

株式会社タカラトミー

. FLOWER ROCK 2.0.

http://www.takaratomy.co.jp/products/flower-rock/. (2010.8) [20]

[21]

[22]

[23]

[24]

[25]

[26]

[27]

[28]

[29]

[30]

[31]

[32]

[33]

[34]

[35]

[36]

[37]

[38]

[39]

[40]

[41]

[42]

[43]

[44]

[45]

株式会社セガトイズ

.

ペコッぱ

. http://www.segatoys.co.jp/pekoppa/. (2010.8)

朝日百科 植物の世界

.

朝日新聞社

, (1-8)-(1-9), 1997.

トキ・コーポレーション株式会社

.

バイオメタルファイバー

. http://www.toki.co.jp/biometal/products/bmf/bmf.php. (2012.10)

Bowen, D. tele-present wind , Leonard, Vol.44, No.4, MIT Press, 358-359, 2011.

Wilhelm Troll.

トロール図説植物形態学ハンドブック(中村信一

,

戸部博訳)

,

朝倉書店

, 9-9, 2004

Philip, H. Actinologia Britannica: A history of the British sea-anemones and corals, Nabu Press, 2011.

柳研介

.

イソギンチャク類(刺胞動物門:花虫綱)の分類学的研究

. http://

www.chiba-muse.or.jp/UMIHAKU/ kenkyu/yanagi/yanagikenkyu.htm. (2012.10) Cynthia, B., Andrew, B., Matt, H., Josh, S., Cory, K., John, M. and Dan, S. Public anemone: an organic robot creature. In the Emerging Technologies of SIGGRAPH '02, ACM, 76-76, 2002.

Mechanical LED sculpture. http://nervoussquirrel.com/ledsculpture.html. (2012.10) Animatoronics. http://en.wikipedia.org/wiki/Animatronics. (2012.10)

Trivedi, D., Rahn, C., Kier, W. and Walker, I. Soft robotics: Biological inspiration, state of the art, and future research. Applied Bionics and Biomechanics, Vol.5, No.3, 99–117, 2008.

仲谷正史

,

梶本裕之

, Kevin Vlack,

関口大陸

,

川上直樹

,

舘暲

.

コイル状形状 記憶合金を用いた3次元形状ディスプレイの研究

.

映像情報メディア学会 誌

, Vol.60, No.2, 183-191,

映像情報メディア学会

, 2006.

Wisneski, C., Ishii, H., Dahley, A., Gorbet, M., Brave, S., Ullmer, B. and Yarin, P.

Ambient Displays: Turning Architectural Space into an Interface between People and Digital Information. In Proceedings of CoBuild '98, Springer, 22-32, 1998.

Himawari

解説映像

. http://youtu.be/paoICVywrRQ. (2012.10) plant

解説映像

. http://youtu.be/QNnSEME2qYI. (2012.10) Tentacles

解説映像

. http://youtu.be/khaOlC7xvVs. (2012.10) [46]

[47]

[48]

[49]

[50]

[51]

[52]

[53]

[54]

[55]

[56]

[57]

[58]

[V1]

[V2]

[V3]

中安翌, 富松潔

. Tentacles: 形状記憶合金アクチュエータを用いたイソギンチャ

クの触手の蠢きの表現

.

日本バーチャルリアリティ学会論文誌(

3

次元インタ ラクション特集号), Vol.17, No.4, 299-305, 2012.

中安翌

,

富松潔

. plant: Shape Memory Alloy Motion Display

による葉群のざわめ きの表現

.

日本バーチャルリアリティ学会論文誌(アート&エンターテイメ ント 2 特集号)

, Vol.15, No.3, 289-296, 2010.

中安翌

, 富松潔 . Himawari: 植物をモチーフにしたロボットの制作 . アジアデ

ジタルアートアンドデザイン学会論文誌

, Vol. 12, 17-22, 2010.

Nakayasu, A. and Tomimatsu, K. SMA Motion Display: “plant”, In Posters of SIGGRAPH '10, ACM, 2010.

Nakayasu, A. Himawari : Shape Memory Alloy Motion Display for Robotic Representation, In the Student Research Competition of SIGCHI '10, ACM, 2010.

(Semi-Finalist)

Nakayasu, A. and Tomimatsu, K. Himawari Plant Robot: Creature Expression Using Shape-Memory-Alloy Actuator Crowd Robots, In the Emerging Technologies of SIGGRAPH ASIA '09, ACM, 2009.

Nakayasu, A. and Tomimatsu, K. 2009. Himawari: A Plant Robot. In Posters of SIGGRAPH '09, ACM, 2009.

三次元モーション・ディスプレイ装置及びリニアアクチュエータ , 公開番号 : 特開

2011-187050,

発明者 : 中安翌

,

富松潔

.

アジアデジタルアート大賞展

2010 インタラクティブアート部門入賞 「Tentacles」

ACM SIGCHI 2010 Student Research Competition Semi-Finalist

九州大学学生後援会平成

21

年度学生後援会学術研究賞 「plant」

アジアデジタルアート大賞展

2009

インタラクティブアート部門入賞 「

plant

」 アジアデジタルアート大賞展

2008 インタラクティブアート部門入賞 「Himawari」

九州大学

C&C

プロジェクト

2008

総長賞優秀賞 「

Himawari

九州大学学生後援会平成

20

年度学生後援会学術研究賞 「Himawari」

【学術論文(査読有)】

【特許】

【受賞】

【国際会議(査読有)】

研究に関わる実績

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9.

10.

11.

12.

13.

14.

15.