共有LVMストレージ

In document Citrix XenServer 7.5 管理者ガイド 発 2018年5 1.0 エディション (Page 109-112)

第5章 ストレージ

5.2. ストレージリポジトリの形式

5.2.8. 共有LVMストレージ

この種類のストレージリポジトリは、iSCSI(ファイバチャネルまたはSerial Attached SCSI)LUN 上に作成されたボリュームグループ内の論理ボリュームとしてのディスクを⽰します。

注︓

iSCSI LUNのブロックサイズは、512バイトである必要があります。

5.2.8.1. ソフトウェアイニシエータによるiSCSI経由の共有LVMストレージリポジト リ(lvmoiscsi)を作成する

次の表は、lvmoiscsiストレージリポジトリ⽤のdevice-configパラメーターの⼀覧です。

パラメーター名 説明 必須

target ストレージリポジトリをホストするiSCSIファイラのIPア

ドレスまたはホスト名です。 はい

targetIQN ストレージリポジトリをホストするiSCSIファイラのIQN

ターゲットアドレスです。 はい

SCSIid 作成先LUNのSCSIバスIDです。 はい

chapuser CHAP認証に使⽤されるユーザー名です。 いいえ chappassword CHAP認証に使⽤されるパスワードです。 いいえ

パラメーター名 説明 必須 port ターゲットをクエリするためのネットワークポート番号で

す。 いいえ

usediscoverynumber 使⽤する特定のiscsiレコードインデックスです。 いいえ incoming_chapuser iSCSIフィルタでホストでの認証に使⽤されるユーザー名

です。 いいえ

incoming_chappassword iSCSIフィルタでホストでの認証に使⽤されるパスワード

です。 いいえ

iSCSIターゲット上の特定のLUNに共有lvmoiscsiストレージリポジトリを作成する場合は、次のコマ ンドを実⾏します。

xe sr-create host-uuid=<valid_uuid> content-type=user \ name-label=<"Example shared LVM over iSCSI SR"> shared=true \

device-config:target=<target_ip=> device-config:targetIQN=<target_iqn=> \ device-config:SCSIid=<scsci_id> \

type=lvmoiscsi

5.2.8.2. ファイバチャネル、FCoE、iSCSI HBAまたはSASストレージリポジトリ上 の共有LVM(lvmohba)を作成する

lvmoiscsiタイプのストレージリポジトリは、XenCenterまたはxe CLIで作成および管理できます。

次の表は、lvmohbaストレージリポジトリ⽤のdevice-configパラメータの⼀覧です。

パラメータ名 説明 必須

SCSIid デバイスのSCSI IDです。 はい

共有lvmohbaストレージリポジトリを作成するには、リソースプール内の各ホスト上で以下の⼿順 を実⾏します。

1. リソースプール内の各XenServerホストのLUNにゾーンを定義します。この⼿順は、使⽤する SAN機材により⼤きく異なるため、詳しくはSANのドキュメントを参照してください。

2. 必要に応じて、XenServerホストに含まれている以下のHBAコマンドを使⽤してHBAを設定しま す。

• Emulexの場合︓

/bin/sbin/ocmanager

• QLogic FCの場合︓

/opt/QLogic_Corporation/SANsurferCLI

• QLogic iSCSIの場合︓

/opt/QLogic_Corporation/SANsurferiCLI

QLogic iSCSI HBAの設定例については、項5.2.7.

「ハードウェアホストバスアダプタ

(HBA)」を参照してください。ファイバチャネルおよびiSCSIのHBAについて詳しく

は、Emulex社およびQLogic社のWebサイトを参照してください。

3.

sr-probeコマンドを使⽤して、HBA LUNのグローバルデバイスパスを確認します。sr-probeコ

マンドを実⾏すると、システムにインストールされているHBAが再スキャンされます。これによ り、そのホスト⽤に定義されている新しいLUNがすべて検出され、各LUNのプロパティが⼀覧表

⽰されます。対象のホストを指定するには、

host-uuid

パラメータを指定します。

<path>

プロパティとして返されるグローバルデバイスパスは、リソースプール内のすべてのホス トで共通です。このため、ストレージリポジトリを作成するときに、

device-config:device

パラメータの値としてこのパスを指定する必要があります。

複数のLUNが存在する場合は、

<path>

プロパティに含まれているベンダ、LUNサイズ、LUNシリ アル番号、またはSCSI IDを使⽤してLUNを指定します。

xe sr-probe type=lvmohba \

host-uuid=1212c7b3-f333-4a8d-a6fb-80c5b79b5b31 Error code: SR_BACKEND_FAILURE_90

Error parameters: , The request is missing the device parameter, \

<?xml version="1.0" ?>

<Devlist>

<BlockDevice>

<path>

/dev/disk/by-id/scsi-360a9800068666949673446387665336f </path>

<vendor>

HITACHI </vendor>

<serial>

730157980002 </serial>

<size>

80530636800 </size>

<adapter>

4 </adapter>

<channel>

0 </channel>

<id>

4 </id>

<lun>

2 </lun>

<hba>

qla2xxx </hba>

</BlockDevice>

<Adapter>

<host>

Host4 </host>

<name>

qla2xxx </name>

<manufacturer>

QLogic HBA Driver </manufacturer>

<id>

4 </id>

</Adapter>

</Devlist>

4.

sr-probe

コマンドで返された<path>プロパティのグローバルデバイスパスを指定して、プール マスターとして動作するホスト上でストレージリポジトリを作成します。PBDが作成され、⾃動 的にプール内の各ホストにプラグされます。

xe sr-create host-uuid=<valid_uuid> \ content-type=user \

name-label=<"Example shared LVM over HBA SR"> shared=true \ device-config:SCSIid=<device_scsi_id> type=lvmohba

注︓

上記のsr-create処理のPBD作成とプラグ操作を再試⾏するには、XenCenter の[ストレージ]>[修復]機能を使⽤できます。ストレージリポジトリ作成時の ゾーン設定がリソースプール内の⼀部のホストで不正な場合、この機能を使⽤して 解決できます。問題のホストに対するLUNゾーン設定を修正したら、ストレージリ ポジトリを作成し直す代わりに、[修復]コマンドを使⽤します。

5.2.9. NFSおよびSMB

NFSとSMBの種類のストレージリポジトリは、リモートのファイルシステム上にVHDファイルとし てディスクを格納します。

XenServerでは、TCP/IPを利⽤するNFSサーバーの共有(NFSv4またはNFSv3をサポート)または SMBサーバーの共有(SMB 3.0をサポート)を、仮想ディスク(VDI)のストレージリポジトリと してすぐに使⽤できます。VDIは、Microsoft VHD形式でのみ格納されます。さらに、これらのスト レージリポジトリは共有できるため、共有ストレージリポジトリに格納されたVDIで次のことが可能 になります。

• リソースプール内のすべてのXenServerホストでの仮想マシンの起動

• XenMotionを使⽤した、サービスをほとんど停⽌しない、リソースプール内のXenServerホスト間 の仮想マシンの移⾏

重要︓

• SMB 3.0のサポートは、3.0プロトコルを使⽤した共有への接続機能に限定され ます。Transparent Failoverなどの追加の機能は、XenServer 7.5ではサポート されておらず、アップストリームLinuxカーネルの機能を使⽤できるかどうかに 依存します。

• NFSv4では、

AUTH_SYS

の認証の種類のみがXenServer 7.5でサポートされま す。

注︓

SMBストレージは、XenServer Enterprise Editionユーザー、またはXenApp/

XenDesktop権限によりXenServerにアクセスするユーザーが使⽤できま

す。XenServerの各エディションおよびエディション間のアップグレードについて は、Citrix

Webサイトを参照してください。ライセンスについて詳しくは、

In document Citrix XenServer 7.5 管理者ガイド 発 2018年5 1.0 エディション (Page 109-112)