xeコマンドリファレンス

In document Citrix XenServer 7.5 管理者ガイド 発 2018年5 1.0 エディション (Page 194-199)

xeコマンドで引数およびその値を指定するには、以下の形式を使⽤します。

A.4. xeコマンドリファレンス

ここでは、各xeコマンドの機能と、指定可能なパラメータ、構⽂などについて説明します。コマンド の対象オブジェクトごとに、アルファベット順に説明します。

A.4.1. アプライアンスコマンド

vAppとも呼ばれる仮想アプライアンス(applianceオブジェクト)を作成または変更します。vApp について詳しくは、『XenServer仮想マシンユーザーガイド』を参照してください。

A.4.1.1. applianceオブジェクトのパラメータ

applianceオブジェクトには、以下のパラメータがあります。

パラメーター名 説明 種類

uuid アプライアンスのUUID 必須

name-description アプライアンスの説明⽂字列 オプショ ン

paused オプショ

force 強制シャットダウン オプショ

A.4.1.2. appliance-assert-can-be-recovered

appliance-assert-can-be-recovered

uuid=<appliance-uuid> database:vdi-uuid=<vdi-uuid>

この仮想アプライアンス/vAppを回復するためのストレージが使⽤可能かどうかをテストします。

A.4.1.3. appliance-create

appliance-create

name-label=<name-label> [name-description=<name-description>]

仮想アプライアンス/vAppを作成します。次に例を⽰します。

xe appliance-create name-label=my_appliance アプライアンスに仮想マシンを追加します。

xe vm-param-set uuid=<VM-UUID> appliance=<appliance-uuid> \ xe vm-param-set uuid=<VM-UUID> appliance=<appliance-uuid>

A.4.1.4. appliance-destroy

appliance-destroy

uuid=<appliance-uuid>

仮想アプライアンス/vAppを破棄します。次に例を⽰します。

xe appliance-destroy uuid=<appliance-uuid>

A.4.1.5. appliance-recover

appliance-recover

uuid=<appliance-uuid> database:vdi-uuid=<vdi-uuid>

[paused=<true|false>]

指定したVDIのデータベースから仮想アプライアンス/vAppを回復します。

A.4.1.6. appliance-shutdown

appliance-shutdown

uuid=<appliance-uuid> [force=<true|false>]

仮想アプライアンス/vAppのすべての仮想マシンをシャットダウンします。次に例を⽰します。

xe appliance-shutdown uuid=<appliance-uuid>

A.4.1.7. appliance-start

appliance-start

uuid=<appliance-uuid> [paused=<true|false>]

仮想アプライアンス/vAppを起動します。次に例を⽰します。

xe appliance-start uuid=<appliance-uuid>

A.4.2. 監査コマンド

リソースプールのRBAC監査ファイルのすべての記録をファイルとしてダウンロードします。オプ

ションの

since

パラメータを指定すると、その⽇時以降の記録のみがダウンロードされます。

A.4.2.1. audit-log-getコマンドのパラメータ

audit-log-getコマンドには、以下のパラメータがあります。

パラメーター名 説明 種類

filename プールの監査ログを<filename>で指定するファイルに書き

込みます 必須

since 特定の⽇時以降の記録のみをダウンロードします オプショ ン

A.4.2.2. audit-log-get

audit-log-get

[since=<timestamp>] filename=<filename>

指定した⽇時(ミリ秒単位)以降の監査ログをダウンロードします。

次のコマンドを実⾏します。

xe audit-log-get since=2009-09-24T17:56:20.530Z \ filename=/tmp/auditlog-pool-actions.out

A.4.3. ボンディングコマンド

物理インターフェイスのフェールオーバーを提供するネットワークボンディング(bondオブジェク ト)を管理します。詳しくは、項4.4.5. 「スタンドアロンホストでNICボンディングを作成する」を 参照してください。

bondオブジェクトは、masterとmemberのPIFを結合する参照オブジェクトです。master PIF は、bondオブジェクトを参照するために総体的なPIFとして使⽤されるボンディングインターフェイ スです。member PIFは、2つ以上の物理インターフェイスのセットであり、⾼レベルのボンディン グインターフェイスとして結束されています。

A.4.3.1. bondオブジェクトのパラメータ

bondオブジェクトには、以下のパラメータがあります。

パラメーター名 説明 種類

uuid ボンディングの⼀意の識別⼦/オブジェ

クト参照 読み取り専⽤

master ボンドマスタPIFのUUID 読み取り専⽤

members ボンディングを構成するPIFのUUIDの

セット 読み取り専⽤のセットパラ

メータ

A.4.3.2. bond-create

bond-create

network-uuid=<network_uuid> pif-uuids=<pif_uuid_1,pif_uuid_2,...>

既存のPIFオブジェクトをリストで指定して、指定したネットワーク上にボンディングネットワーク インターフェイスを作成します。ただし、指定したPIFが別のボンディングで使⽤されていた り、VLANタグが設定されていたり、同じXenServerホスト上に存在しなかったり、または2つ以上 のPIFが指定されていなかったりする場合、このコマンドは失敗します。

A.4.3.3. bond-destroy

bond-destroy

uuid=<bond_uuid>

UUIDで指定したボンディングインターフェイスをホストから削除します。

A.4.4. CD(仮想ネットワーク)コマンド

XenServerホスト上の物理CD/DVDドライブ(cdオブジェクト)を操作します。

A.4.4.1. cdオブジェクトのパラメータ

cdオブジェクトには、以下のパラメータがあります。

パラメーター名 説明 種類

uuid CDの⼀意の識別⼦/オブジェクト参照 読み取り専⽤

name-label CDの名前 読み取り/書き込み

name-description CDの説明⽂字列 読み取り/書き込み

allowed-operations このCD上で実⾏できる操作のリスト 読み取り専⽤のセットパラ メータ

current-operations このCD上で現在処理中の操作のリスト 読み取り専⽤のセットパラ メータ

sr-uuid このCDが属しているストレージリポジ

トリの⼀意の識別⼦/オブジェクト参照 読み取り専⽤

sr-name-label このCDが属しているストレージリポジ

トリの名前 読み取り専⽤

vbd-uuids このCDに接続している仮想マシン上の

VBDの⼀意の識別⼦のリスト 読み取り専⽤のセットパラ メータ

crashdump-uuids クラッシュダンプをCDに書き込むこと

はできないため使⽤されない 読み取り専⽤のセットパラ メータ

virtual-size 仮想マシンに表⽰されたCDのサイズ

(バイト数) 読み取り専⽤

physical-utilisation ストレージリポジトリ上でのCDイメー

ジの物理スペース(バイト数) 読み取り専⽤

type CDの種類は

User

に設定される 読み取り専⽤

sharable CDドライブが共有可能かどうか。デ

フォルトはfalse。 読み取り専⽤

read-only CDが読み取り専⽤かどうか。falseの場

合は書き込み可能。CDでは常にtrue 読み取り専⽤

パラメーター名 説明 種類 storage-lock ディスクがストレージレベルでロック

されている場合にtrue 読み取り専⽤

parent このCDがチェーンの⼀部である場合

は、親ディスクへの参照 読み取り専⽤

missing ストレージリポジトリのスキャン操作 によりこのCDがディスク上に存在しな いと認識された場合にtrue

読み取り専⽤

other-config CDの追加設定パラメータを指定する

キー/値ペアのリスト 読み取り/書き込み可のマップ パラメータ

location このデバイスがマウントされているパ

ス 読み取り専⽤

managed このデバイスが管理されている場合に

true 読み取り専⽤

xenstore-data xenstoreツリーに挿⼊されるべきデー

タ 読み取り専⽤のマップパラ

メータ sm-config ストレージマネージャデバイス設定

キーの名前と説明 読み取り専⽤のマップパラ

メータ is-a-snapshot このテンプレートがCDスナップショッ

トの場合にtrue 読み取り専⽤

snapshot_of このテンプレートのスナップショット

元のCDのUUID 読み取り専⽤

snapshots このCDから作成されたすべてのスナッ

プショットのUUID 読み取り専⽤

snapshot_time スナップショット作成⽇時 読み取り専⽤

A.4.4.2. cd-list

cd-list

[params=<param1,param2,...>] [parameter=<parameter_value>...]

XenServerホストまたはリソースプール上のCDとISO(CDイメージファイル)のリストを、オプ ションの引数paramsに基づいてフィルタして出⼒します。

オプションの引数paramsを使⽤して特定のパラメータ値を持つオブジェクトだけを出⼒する(つま りリストをフィルタする)場合は、そのオブジェクトのパラメータのリストを含む⽂字列を値として 指定します。または、キーワード allを指定してすべてのパラメータのリストを出⼒することもでき ます。paramsを使⽤しない場合、使⽤可能なすべてのパラメータのうち、デフォルトのサブセット が出⼒されます。

オプションの引数には、CD parametersから任意の数を指定できます。

A.4.5. コンソールコマンド

コンソール(consoleオブジェクト)を操作します。

consoleオブジェクトのリストは、標準オブジェクトリストコマンド(xe console-list)を使⽤し て出⼒でき、パラメータは標準パラメータコマンドを使⽤して操作できます。詳しくは、項A.3.2.

「低レベルパラメータコマンド」を参照してください。

A.4.5.1. consoleオブジェクトのパラメータ

consoleオブジェクトには、以下のパラメータがあります。

パラメーター名 説明 種類

uuid コンソールの⼀意の識別⼦/オブジェク

ト参照 読み取り専⽤

vm-uuid このコンソールを開いているVMの⼀意

の識別⼦/オブジェクト参照 読み取り専⽤

vm-name-label このコンソールを開いているVMの名前 読み取り専⽤

protocol このコンソールが使⽤するプロトコ ル。vt100︓VT100ターミナ

ル、rfb︓Remote FrameBufferプロ トコル(VNCで使⽤)、またはrdp︓ Remote Desktop Protocol(RDP)の いずれか

読み取り専⽤

location このコンソールのサービスのURI 読み取り専⽤

other-config このコンソールの追加設定パラメータ

を指定するキー/値ペアのリスト 読み取り/書き込み可のマップ パラメータ

A.4.6. 障害回復(DR)コマンド

障害発⽣時に仮想マシンを回復します。

A.4.6.1. drtask-create

drtask-create

type=<種類> sr-whitelist=<sr-white-list> device-config=<device-config>

障害回復タスクを作成します。たとえば、障害回復の準備タスクとして特定のiSCSIストレージリポ ジトリに接続するには、次のコマンドを実⾏します。

xe drtask-create type=lvmoiscsi device-config:target=<target-ip-address> \ device-config:targetIQN=<targetIQN> device-config:SCSIid=<SCSIid> \ sr-whitelist=<sr-uuid-list>

注︓

sr-whitelistにストレージリポジトリのUUIDリストを指定しますが、そのうちの

In document Citrix XenServer 7.5 管理者ガイド 発 2018年5 1.0 エディション (Page 194-199)