トップPDF 資料室 地域を創る学びの探求と実践

資料室  地域を創る学びの探求と実践

資料室 地域を創る学びの探求と実践

意見交換会は、伺うたびに実施させて頂き合計で5回行わせて頂いた。1回目に は、地元学結果共有し、調査結果活用方法検討した。2回目には、都市部 連携方策について検討し、大学でイベント実施可能性や豊島区社会教育 施設である、みらい館大明連携活動等について検討行った。3回目には、イ ベント通じた地域活動今後展開について意見交換行った。4回目では、調 査結果最終報告行い、5回目には、今後活動検討行った。その際に、イメ ージ紙芝居資料(本報告書末掲載)等用いながら青年会会長指揮もと、ふるさ 学習キャンプ実施について検討会行い、運営方法や実施体制、プログラム 策定など検討する企画会議行った。
さらに見せる

77 さらに読み込む

資料室  地域を創る学びの探求と実践

資料室 地域を創る学びの探求と実践

美しい海に囲まれた粟島。この海は、里山や畑でろ過されたミネラル豊かな島沢水に よって育まれています。まさに粟島おじいちゃん、おばあちゃんたちは、長年にわたって 里山手入れ行い、畑耕すことで、この美しい海耕してきたいえます。 このツアーは、島人たちとともに里山、畑、共同作業、各種手仕事など島伝統暮らし

94 さらに読み込む

資料室  地域を創る学びの探求と実践

資料室 地域を創る学びの探求と実践

こうした体験、現在実施されている都市住民が来訪して行っている簡易製材機使っ た林業体験組み合わせることで、上記「未利用資源」 「再利用資源」活用合わせて総 合的に地域資源活用し、発信力高めていくことができるではないか考えられる。 にぎわいつくりだすという点で「体験」活動は有効である考えられる。ただ体験 してもらうではなく、地域日常的な作業体験プログラムとして設定したり、耕作放 棄地なっている場所利用してもらうなど地域ニーズに合わせた工夫することで、地 域人手不足に対する対応や土地有効活用にもなるではないか考えられる。
さらに見せる

16 さらに読み込む

資料室  地域を創る学びの探求と実践

資料室 地域を創る学びの探求と実践

1 ) 島 外 者 に お け る プ ロ グ ラ ム 可 能 性 に つ い て 試 行 実 践 結 果 、 「 お 手 伝 い プ ロ グ ラ ム 」 取 組 は 、 島 外 者 で も 行 う こ が 可 能 だ い う こ が 明 ら か に な っ た 。 新 た に イ ベ ン ト や プ ロ グ ラ ム 構 築 す る い う こ で は な く 、 既 存 日 常 的 な 暮 ら し 題 材 に し て い る 本 活 動 は 、 島 民 営 み 一 部 に 島 外 者 が 参 加 可 能 か ( つ ま り お 手 伝 い 可 能 か ) ど う か が 最 初 条 件 な る 。 前 章 で 確 認 し た よ う に 今 回 プ ロ グ ラ ム 試 行 実 践 に 参 加 し た モ ニ タ ー 学 生 動 向 み る 、 里 山 ( 竹 林 ) 、 農 業 ( 畑 ) 、 食 、 さ ら に 工 芸 品 づ く り ( て ご 編 み ) や 集 落 行 事 な ど 、 最 初 取 り 掛 か り に 戸 惑 う 場 面 は 見 ら れ る も 、 す べ て 試 行 実 践 に お い て 当 初 予 定 活 動 や り 遂 げ て い る こ か ら 、 事 業 化 十 分 に 検 討 で き る 考 え ら れ る 。
さらに見せる

62 さらに読み込む

研究室概要  地域を創る学びの探求と実践

研究室概要 地域を創る学びの探求と実践

•日時:毎週火曜日又は金曜日16:30~18:00 •場所:3号館2階出川研究 【ランチタイムミーティング(ランチ会)】 •メンバーによる交流会合。研究会活動に関連したり、しなかったり( !? )する様々な話題 に花が咲きます。お弁当持参。お茶やフィールド先お土産などいただいたりします。一 品持ち寄りも大歓迎。(※写真はイメージ。フィールドワーク先公民館で食事一コマ) •日時:毎週木曜日 12:30 ~ 13:00 (※その他曜日も集まれるメンバーで毎日開催中)
さらに見せる

2 さらに読み込む

くぐひ 1 平成 28 年 7 月 1 日くげぬま探求クラブ 第 86 号 ( 夏号 ) くげぬま探求クラブは現在 57 名の会員が 地域貢献 と 親睦 研鑽 を主眼に活動している 今回は 地域貢献 について述べたいと思う それらは概ね 3 つの柱によって構成されている 毎月の部会活動が中心の 地域

くぐひ 1 平成 28 年 7 月 1 日くげぬま探求クラブ 第 86 号 ( 夏号 ) くげぬま探求クラブは現在 57 名の会員が 地域貢献 と 親睦 研鑽 を主眼に活動している 今回は 地域貢献 について述べたいと思う それらは概ね 3 つの柱によって構成されている 毎月の部会活動が中心の 地域

編集人務めた間、版下作り(定められた頁 数中に編集会議で検討された原稿バラン スよくはめ込み、文字や写真大きさ調整し て印刷に回す原版作る作業)お願いした はお三方である。編集作業先生でもあった磯 川さんには短い間ではあったが新米編集人 は随分助けてもらった。一番長くお付き合いし たは西村さんである。版下作成はもちろん こと、会議資料作成、カラー印刷採用、印刷 用紙選定、創刊号から最新号まで入ったCD 作成配布など一緒に行った。その後は長 谷川さん。アイディアマンであり、またPC 利用した画期的な方法により全員参加型版 下作成実現して効率化進めた。ページ入 れ替えや写真大小調整などで紙面作りが 便利になった一方、文章全体じっくり読み込 むこしなくてもスペース問題は片がつい てしまい、文章内容可否や加除・訂正検討 が脇にのけられるようなことにならなければ いいがな思う。
さらに見せる

8 さらに読み込む

Cisco and Hitachi Adaptive Solutions for SAP HANA Tailored Data Center Integration Design Guide

資料5(学校卒業後における障害者の学びの支援に関する実践研究事業)

○現代的・社会的な課題に対応した学習等推進 ・男女共同参画社会形成促進,人権,環境保全,消費生活,食, 地域防災・安全,海洋等について,各分野基本計画等に基づき, 学習機会充実促進する。また,18 歳以上者が投票や選挙運 動ができるようになったことも踏まえ,国家及び社会形成者 して必要される基本的な資質や能力育むため,学校のみなら ず,社会中で自立し,他者連携・協働しながら,地域課題解 決主体的に担うことができる力身に付けるため教育推進 する。
さらに見せる

39 さらに読み込む

平成 29 年度実践報告書 飯田東中学校区 実践の成果と課題 1 めざす子ども像 丘の上 に愛着をもち 自主 愛他の精神に満ちた子ども 学び合い 高め合う子ども ねばり強い子ども 愛他 思いやりのある子ども 実現のための3つの目標 1 学力 体力の向上 2 人間関係づくりと心の育成 3 地域 家庭と

平成 29 年度実践報告書 飯田東中学校区 実践の成果と課題 1 めざす子ども像 丘の上 に愛着をもち 自主 愛他の精神に満ちた子ども 学び合い 高め合う子ども ねばり強い子ども 愛他 思いやりのある子ども 実現のための3つの目標 1 学力 体力の向上 2 人間関係づくりと心の育成 3 地域 家庭と

③学校不適応:不登校未然に防止するため登校しぶりや不登校傾向探るため「不登校支援 シート」本年度も作成し、活用した。生徒指導上諸問題や不登校傾向児童生徒初期対応や 予防ができやすくなった。また、情報交換が行われやすくなってきている。 ④児童会生徒会活動:小中連携して、 「アルミ缶集め」行い、地域ためにできることはないか 考えて、児童会や生徒会中心した活動行った。その資金使用して車いす購入や自治振 興センターを通じて寄付活動に当てることができた。
さらに見せる

19 さらに読み込む

Ⅰ 理念に基づく運営 理念の共有と実践 地域密着型サービスの意義を踏まえた事業所理念をつくり, 管理者と職員は, その理念を共有して実践につなげている 事業所と地域とのつきあい 利用者が地域とつながりながら暮らし続けられるよう, 事業所自体が地域の一員として日常的に交流している 自然

Ⅰ 理念に基づく運営 理念の共有と実践 地域密着型サービスの意義を踏まえた事業所理念をつくり, 管理者と職員は, その理念を共有して実践につなげている 事業所と地域とのつきあい 利用者が地域とつながりながら暮らし続けられるよう, 事業所自体が地域の一員として日常的に交流している 自然

契約時書面による説明啓示。拘束にあたる事 例はない 年間研修計画で身体拘束がもたらす弊害・禁 止対象なる具体的行為学んでいる。参加 できなかった職員には伝達研修行っている。 朝礼時に日々ケアについて話し合う共に見 守り徹底等、身体拘束しないケア周知し ている。又、玄関は安全面に配慮しながら、日 中は施錠せず利用者外出気配感じた時 職員がさりげなく付き添って外出している。
さらに見せる

11 さらに読み込む

地域の健康課題の抽出・分析を取り入れた臨地実習から得た学生の学び

地域の健康課題の抽出・分析を取り入れた臨地実習から得た学生の学び

るようになった」記述されているように,学生 がイメージしていた業務以上に広がりある業務 として理解した思われる.そのことが,保健所 管理栄養士業務広さ重要性理解すること に繋がっている考える.また,多職種から講義 受けることにより,一職種で行える業務では無 い事連携重要性理解することに繋がってい る考える.一方,地域社会資源理解や地域で 暮らす人生活主体者として捉える事に関して 自己評価は,他項目より低い点数なってい る.これは,保健所業務では,直接的な住民支 援実施していないこと5日間日程で保健セ ンター業務見学に費やする時間が限られること が影響している思われる.市町村業務連携し て実習日程計画しているが,取り組み方等で 工夫が必要思われる.これらことから,臨地 実習目的である「公衆栄養重要性」「協働 他職種,関係機関連携」については達成できた 考える.
さらに見せる

10 さらに読み込む

1 Ⅰ 理念に基づく運営 1 理念の共有と実践 地域密着型サービスの意義を踏まえた事業所理念をつくり 管理者と職員は その理念を共有して実践につなげている 地域の方と一緒に暮らしていけるよう 独自の理念がある 職員は理念カードを持参している 事業所と地域とのつ

1 Ⅰ 理念に基づく運営 1 理念の共有と実践 地域密着型サービスの意義を踏まえた事業所理念をつくり 管理者と職員は その理念を共有して実践につなげている 地域の方と一緒に暮らしていけるよう 独自の理念がある 職員は理念カードを持参している 事業所と地域とのつ

○入退院時医療機関協働  利用者が入院した際、安心して治療できる ように、また、できるだけ早期に退院できる ように、病院関係者情報交換や相談に努 めている。又は、そうした場合に備えて病院 関係者関係づくり行っている。 ○重度化や終末期に向けた方針共有支援  重度化した場合や終末期あり方につい て、早い段階から本人・家族等話し合い 行い、事業所でできること十分に説明しな がら方針共有し、地域関係者と共にチー ムで支援に取り組んでいる
さらに見せる

10 さらに読み込む

自己評価および結果 自己 外部 項目 Ⅰ. 理念に基づく運営 1 (1) 理念の共有と実践地域密着型サービスの意義をふまえた事業所理念をつくり 管理者と職員は その理念を共有して実践につなげている 2 (2) 事業所と地域とのつきあい利用者が地域とつながりながら暮らし続けられるよう 事業所自体が地域

自己評価および結果 自己 外部 項目 Ⅰ. 理念に基づく運営 1 (1) 理念の共有と実践地域密着型サービスの意義をふまえた事業所理念をつくり 管理者と職員は その理念を共有して実践につなげている 2 (2) 事業所と地域とのつきあい利用者が地域とつながりながら暮らし続けられるよう 事業所自体が地域

毎日ミーテイング時、細かいケアプラン 共有し意見出し合い、その方が元気に安 心して暮らして頂くように努めている。 職員が家族・利用者意向聴き取り、職員 ミーティングで話し合ってケアプランに反映さ せている。介護記録には『サービス計画爛』 設け、利用者・家族意向、課題、目標 表記し、職員全員が共有している。

9 さらに読み込む

高等学校教育改革 地域振興の核として高等学校教育の質の向上に取り組む 高等学校と市町村 地元企業 大学等が連携し 高校生に地域課題解決等を通じた探究的な学びを提供する仕組みを構築し 成果を全国へ普及する 高等学校 探究的な学びを推進 高校生 地域課題 高校生の興味 関心を喚起 地元地域 高等学校にお

高等学校教育改革 地域振興の核として高等学校教育の質の向上に取り組む 高等学校と市町村 地元企業 大学等が連携し 高校生に地域課題解決等を通じた探究的な学びを提供する仕組みを構築し 成果を全国へ普及する 高等学校 探究的な学びを推進 高校生 地域課題 高校生の興味 関心を喚起 地元地域 高等学校にお

1 高等学校教育改革 ○地域振興核として高等学校教育向上に取り組む。 ○高等学校市町村、地元企業、大学等が連携し、高校生に地域課題解決等通じた探究的な学び提 供する仕組み構築し、成果全国へ普及する。

8 さらに読み込む

評価および評価結果 自己 Ⅰ. 理念に基づく運営 1 (1) 理念の共有と実践地域密着型サービスの意義をふまえた事業所理念をつくり 管理者と職員は その理念を共有して実践につなげている 2 (2) 事業所と地域とのつきあい利用者が地域とつながりながら暮らし続けられるよう 事業所自体が地域の一員として

評価および評価結果 自己 Ⅰ. 理念に基づく運営 1 (1) 理念の共有と実践地域密着型サービスの意義をふまえた事業所理念をつくり 管理者と職員は その理念を共有して実践につなげている 2 (2) 事業所と地域とのつきあい利用者が地域とつながりながら暮らし続けられるよう 事業所自体が地域の一員として

トイレドアに番号ふったり、居室横には 花プレート掲げるなどし、混乱防ぐよ うに工夫している。 ソファーおいたリビング空間やテーブル あるダイニング空間、また、少し離れた場所 に椅子置くことで、利用者がその時気 分で思い思い場所で過ごせている。 使い慣れた家具など持ち込まれ、また大 きなぬいぐるみ置いているなど、家庭的で 個性がでている。自分作品や家族写 真なども飾られている。
さらに見せる

10 さらに読み込む

AA11419398 50 p9 技術科実習題材の製作と頒布による,中学校と高等学校教育の系統的学びと理解度の高まりを求める実践Hiroshima Kokusai Gakuin University AA11419398 50 p9

AA11419398 50 p9 技術科実習題材の製作と頒布による,中学校と高等学校教育の系統的学びと理解度の高まりを求める実践Hiroshima Kokusai Gakuin University AA11419398 50 p9

写真3,写真4が,生徒たちがわずか2日間で完成させた簡易型雷警報機付きラジ オである。生徒は,DSP ラジオはワンチップ IC 化されていて中身が見えないため,ま た中学校で学ぶ範囲越えているため,完成品供給することした。そして,今日 ラジオ,特に中波 AM ラジオ放送は,災害時用として重視されていることから,受信 機は安価なポケット型ものが主流なっている。これら理由で,PCB(プリント基 板)は各メーカー独自設計・生産ではなく,数社で大量生産されたものが汎用品 して供給され製品に用いられている。この実態考慮して,ラジオ受信部にはこの安 価かつ十分な安全性検証もされている汎用品用いることにした。次に雷警報機(雷 警報部)は,アナログ回路であり,部品数が少なくその動作目視で確認できる。ま た,ループアンテナ製作するため特別な工具必要せず精密な作業も必要し ない。さらに,製作不良による製品事故に至る可能性が低い部分であることから,中 学生が実習で製作し,供給することに問題がない判断した。これは熟達したメーカー 技術者立場から観ても,生徒たち判断は合理的であった。即ち,製造に関するス キルが生徒全員に定着し,所謂,応用問題であるところ最も難しい単品オーダー 生産にも,問題なく短期間で対応できるようになっている思われた。
さらに見せる

9 さらに読み込む

感動を・ともに・創る

感動を・ともに・創る

z2台、3台連結して、収音範囲拡大 „株式会社日立IEシステム様 z手書き入力や資料共有が可能なタッチパネル式双方向通信会議シス テム「ie-Meeting」、映像サポートするIPビジュアルコミュニケーションシ ステム「NetCS」、音声サポートする「PJP-100UH」連携

149 さらに読み込む

レファレンス室だより ( 第 13 回 ) 地域資料特集 豊田ビール TOYODA BEER 多摩地域で初めてのビール醸造といわれる 豊田ビール 豊田ビールに関連する資料が図書館にあります TOYODA BEER 多摩地域最古のビール ~130 年の刻を越えて ~ TOYODA BEER プロジエク

レファレンス室だより ( 第 13 回 ) 地域資料特集 豊田ビール TOYODA BEER 多摩地域で初めてのビール醸造といわれる 豊田ビール 豊田ビールに関連する資料が図書館にあります TOYODA BEER 多摩地域最古のビール ~130 年の刻を越えて ~ TOYODA BEER プロジエク

季節にあった本、新刊書など紹介する講座昨年 4 館でおこないました。 「本選ぶ選択肢が広がった」「楽しめる本たくさん紹介してもらえた」 等多く感想いただきました。皆様ありがとうございました! ここではその時にご案内した本一部ご紹介したい思います!! 昔話

24 さらに読み込む

C プログラミング演習 1( 再 ) 2 講義では C プログラミングの基本を学び 演習では やや実践的なプログラミングを通して学ぶ

C プログラミング演習 1( 再 ) 2 講義では C プログラミングの基本を学び 演習では やや実践的なプログラミングを通して学ぶ

2) キーボード入力した整数配列に入力 for文使って 3 個array要素にセットしましょう。 (1) そのために、1)で用意した配列 array 、整数型変数 (i しておきます)用意します

30 さらに読み込む

博物館の学びと甲殻類(シンポジウム報告 博物館の学びと甲殻類)

博物館の学びと甲殻類(シンポジウム報告 博物館の学びと甲殻類)

この中 で,博物館関連法規のうちの 「 博物館の設置及び運 営上の望 ましい 基準」第 l 条第2項や第 3条第 3 項に あるような地域への貢献や,地域からの要望に留意 した活動となっていると考えられるのが,夏休みの 自由研究へのアドパイスである.例えば夏休みに勝 浦の祖父 母の 家に来たら カニが庭を歩いていたの で,飼育して観察したいというものなど,甲殻類に 興味[r]

10 さらに読み込む

Nishitani 2014 学校教育における地域文化財の教材化  つくば市旧矢中邸を題材とした授業実践

Nishitani 2014 学校教育における地域文化財の教材化 つくば市旧矢中邸を題材とした授業実践

も参加しており、世界遺産地域以外学校も、各地域学習成果発表し、地域越えた情報共有行っ ている。 ( 3)千葉大学教育学部附属中学校世界遺産教育 千葉大学教育学部附属中学校では、総合的な学習時 間に「共生時間」展開し、様々なゼミ開講して いる。平成 25 年度から「世界遺産ゼミ」が開講され、 世界遺産から国際、環境、平和など学ぶ学習展開 している。世界遺産そのものについて学習も行って おり、ゼミ初期では世界遺産成り立ちや、種類、 日本世界遺産について学んでいる。また現地学習が 出来ない、いった点補うために、公益社団法人日 本ユネスコ協会連盟が制作・発行した『守ろう地球 たからも-豊かな世界遺産編-』活用して学習進め ている。ゼミ終盤には「共生ゼミ発表会」設け、 世界遺産ゼミ含めた全てゼミが、他ゼミ生徒や 保護者、教員に向けて学習成果発表している。
さらに見せる

6 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題