集いの場 の今後に向けて イ

Top PDF 集いの場 の今後に向けて イ:

( ア ) 本業務の遂行に際しては 仕様を基本にしつつ本会の希望や考え方を十分に取り入れたホームページの構築に向けて 総合的なコンサルティングを行うこと ( イ ) 本業の仕様は 本会が最低限必要と考えているものである 受託者は その専門的な立場から今後の技術革新やホームページのあり方を見据え 有効

( ア ) 本業務の遂行に際しては 仕様を基本にしつつ本会の希望や考え方を十分に取り入れたホームページの構築に向けて 総合的なコンサルティングを行うこと ( イ ) 本業の仕様は 本会が最低限必要と考えているものである 受託者は その専門的な立場から今後の技術革新やホームページのあり方を見据え 有効

6.システム及び運用・保守 (1) システム (ア)CMS ・CMS サーバとWeb サーバは、外部データセンター設置されたものを利用 すること。CMS 利用者端末からCMS サーバインターネット経由でアクセス し、コンテンツを作成・更新する。更新したコンテンツは、CMS サーバから Web サーバ定時、もしくは随時アップロードされる仕組みとする。構成 は、システム都合上変更する必要があれば、変更提案も可とする。 ・ユーザー数やページ数増加によるライセンス料金が発生しないこと。 ・CMS 利用端末からCMS サーバへは、Webブラウザソフトを通し、ID、Password
さらに見せる

8 さらに読み込む

トラストサービス研究会の創設について ~e-トラスト・ジャパン実現のために産学官関係者が集う場 「トラストサービス推進フォーラム」の設立に向けて~

トラストサービス研究会の創設について ~e-トラスト・ジャパン実現のために産学官関係者が集う場 「トラストサービス推進フォーラム」の設立に向けて~

調達システム、記録管理、民間企業と電力契約 期待される総アーカイブは、5Mドキュメントで、最大30,000書類/日 3、COSMC(チェコ共和国測量、地図作成および地籍調査局) デジタル不動産登記サービス

9 さらに読み込む

情報サービス業における派遣・請負現場からの問題提起 - 特定労働者派遣事業に関する今後の議論に向けて

情報サービス業における派遣・請負現場からの問題提起 - 特定労働者派遣事業に関する今後の議論に向けて

システム開発基本設計プロセスは、発注企業が業務設計を行い、請負会社が業務設計基づい システムを開発するという協働作業であり、毎日よう発注企業と請負会社間でコミュニケーシ ョンが必要となる。こうしたやりとり一部始終を請負会社責任者が集約し、請負会社メン バー伝えるということなると、著しく生産性が低下する。さらに、こうした発注企業と直接 やりとり立ち会えないことは、他メンバーモチベーション向上や能力開発面でも、マイナス なる懸念が大きい。詳細設計プロセス入ると、やりとり頻度は基本設計比べれば減少する が、この段階における仕様書機能説明は必ずしも万全ではない。解釈確認が必要となり、プログ ラム落とし込む過程で修正や変更も生じる。こうした基本設計や詳細設計における発注企業と請負 会社メンバーとコミュニケーションについて、一律的発注企業「指揮命令」だと労働局判断 されれば、請負会社は労働者派遣事業(正社員等場合は「特定」 )認可を取得し、派遣という形態 で発注企業自社メンバーを派遣せざるを得なくなる。
さらに見せる

6 さらに読み込む

Page 1. 本フォーラムの概要 2. 本フォーラムの議論のまとめ 3. 今後のアクションに向けて 4. 参加者 有識者からのメッセージ

Page 1. 本フォーラムの概要 2. 本フォーラムの議論のまとめ 3. 今後のアクションに向けて 4. 参加者 有識者からのメッセージ

 日本は、企業報告分野をリードしいるという高い評価を世界か ら受けいます。2019年G20議長国として、本フォーラムは、 日本がコーポレートガバナンスと企業報告さらなる質向上向 かって“旅”を継続しいることを示すとても重要な役割を果たすで しょう。日本では、市場イノベーションと規制当局関与が、長期 的な価値創造実現向けた建設的な対話ため環境整備を 可能としいます。私どもIIRCは、日本こうした取り組みが、他 G20国々やそれ以外世界国々お手本となることを期待し います。
さらに見せる

54 さらに読み込む

Japan Youth Platform for Sustainability (JYPS) 国連で行われている交渉に向けて 若者の声を集約し 日本政府や国連機関などに政策として訴えていくための若者のための 場 5/22

Japan Youth Platform for Sustainability (JYPS) 国連で行われている交渉に向けて 若者の声を集約し 日本政府や国連機関などに政策として訴えていくための若者のための 場 5/22

• SDG目標ごとあるいは連関する目標グループごと、ステークホルダーによるマッピング作業(「見える 化)」、ヒアリングや意見交換など実施 • 省庁による必要なデータ収集、専門家による(中心ではなく)側面支援 (例)地方自治体、それぞれ地域におけるNPOが、課題や既存政策・活動等SDGsがどう役立つ か、SDGs照らし合わせ何が必要かを、専門家等助力を得ながら整理し、国家計画インプットする とともに、既存取り組みフィードバックし実施つなげいく等プロセスを想定
さらに見せる

12 さらに読み込む

当社の法人関係情報の管理態勢およびその強化に向けた今後の対応策について

当社の法人関係情報の管理態勢およびその強化に向けた今後の対応策について

Ⅰ.社内管理体制 1.当社組織体制について ・当社組織は、公募増資引受等業務を担う資本市場部門とお客さまへRMとソリュ ーションビジネス提案を担う本社法人組織、株式・債券等営業部支店支援・推進を担 う商品部門がございますが、これら部門については、チャイニーズ・ウォール(情報隔 壁)を設けおり、不必要法人関係情報が伝わることないような体制を構築しおり ます。
さらに見せる

5 さらに読み込む

広島空港の現状と今後に向けた課題について

広島空港の現状と今後に向けた課題について

✈ 周辺施設としてエアポートホテル,フォレストヒルズガーデンなど テニスコートやプール,ジム等 を備えた宿泊施設が 営業しいるほか,広島県が県立中央森林公園として整備したエリアはサイクリングロードや日本庭園(三景園), 運動広場,ゴルフが設置されいる。 国進める空港経営改革においては,①~③を一体化し,民間委託することが基本的な仕組みとして想定されいる。

20 さらに読み込む

目次 1 JPX の概要 2 今後の成長に向けた施策 取組み 3 株主還元 参考資料

目次 1 JPX の概要 2 今後の成長に向けた施策 取組み 3 株主還元 参考資料

人材基盤強化、フィンテック活用など、新しい経営課題へリサーチや投資強化を進める 内外経済情勢や金融政策、地政学リスク動向など、外部環境不透明性・不確実性は引き続き存在 これら大きく左右されることなく、常に安定的利用者満足度が高い市場インフラを提供することが最大経営課題 アップデート方針

41 さらに読み込む

第5章 むすびにかえて―今後の研究に向けて― 【参考:用語説明】 資料シリーズNo185「中国進出日系企業の研究」|労働政策研究・研修機構(JILPT)

第5章 むすびにかえて―今後の研究に向けて― 【参考:用語説明】 資料シリーズNo185「中国進出日系企業の研究」|労働政策研究・研修機構(JILPT)

- 92 - 、あくまでも製造拠点という位置づけとなるか、あるいは、中国市場そのものをターゲ ットとする戦略を据えるかなど、事業展開根底となる戦略そのものが問われいる。 実際オペレーションは、様々な条件マトリックスにより決定されよう。根底はその 企業本社グローバル戦略があり、中国国内だけを考えも、より多様なエリア(沿岸製造 拠点、ハイテク製造拠点、内陸製造拠点)において、進出形態(単独、グループ)による違 いから、相当多様なグルーピングが考えられる。今後も何らかの形で研究を続けいくとす れば、そうした枠組みを再整理した上で調査を重ねいくことが必要である。さらに、人事・ 労務領域では特に、それぞれ企業が中国拠点で、どういったレベル人材を必要とし いるか(単純労働者、一定水準以上、もっとも優秀な人材)をいかに採用し育成しい くかという点について、詳細検討しいくことが求められよう。現地調査と同等、本 社におけるグローバル戦略担当部門に対する調査も継続的検討することが望ましい。そう したデータ全体を総合的見ることにより、多少なりとも、日系企業姿を浮き彫りいけるではないだろうか。
さらに見せる

5 さらに読み込む

施策の具体化に向けた今後の検討事項について

施策の具体化に向けた今後の検討事項について

 砂糖、でん粉については、原料作物生産条件(降雪ため生育期間が限定、経営規模が小さい)、工場立地 条件(離島位置するため集荷範囲が限定)等について主要な輸入先国と大幅な格差が存在し、これが製品内外 価格差(コスト格差)反映。  国内産糖内外価格差(コスト格差)は、てん菜糖で2倍程度、甘しゃ(さとうきび)糖で5倍程度。  でん粉内外価格差(コスト格差)は、輸入とうもろこしを原料とするコーンスターチに対し2倍程度。
さらに見せる

33 さらに読み込む

目次 1. 日本取引所グループの概要 2. 今後の成長に向けた施策 取組み 3. 株主還元参考資料

目次 1. 日本取引所グループの概要 2. 今後の成長に向けた施策 取組み 3. 株主還元参考資料

42 本資料は、株式会社日本取引所グループ(以下「当社」という)に関する情報提供のみを 目的とするものであり、国内外を問わず証券募集や勧誘を目的とするものではありません。当社 証券は1933年米国証券法に従って登録がなされたものでも、また今後登録がなされる ものでもなく、1933年米国証券法基づい証券登録を行うか又は登録免除を受ける場合 を除き、米国において証券募集又は販売を行うことは許されません。
さらに見せる

42 さらに読み込む

国 民 生 活 時 間 調 査 から読 み解く ③ 調査でとらえたインターネットの 現状と今後の調査へ向けて 世論調査部 渡辺洋子 / 林田将来 本稿ではこれまで国民生活時間調査がどのようにインターネット利用を捉えてきたのかを検証し 今後の調査 へ向けての課題を整理する 調査ではインターネットの普及

国 民 生 活 時 間 調 査 から読 み解く ③ 調査でとらえたインターネットの 現状と今後の調査へ向けて 世論調査部 渡辺洋子 / 林田将来 本稿ではこれまで国民生活時間調査がどのようにインターネット利用を捉えてきたのかを検証し 今後の調査 へ向けての課題を整理する 調査ではインターネットの普及

いる。有意な差があった場合のみ,大 きい,小さい,高い,低い,増加,減少といっ た表現を用いいる。 まず始め,インターネットは他メディア と関係でどのような位置を占めいるだろ うか。1日どのくらい人が各メディアを利用 しいるか(行為者率),またそれらを使わ なかった人も含め,どの程度時間量(全 員平均時間)を各メディア費やしいるか, 一覧で比較した(図1)。なおここでは,自由 時間が長く,インターネット,マスメディア接触 ともに多い日曜データを用いいる。
さらに見せる

11 さらに読み込む

発表内容 1. はじめに ( トウモロコシの特徴 ) 2. 飼料用トウモロコシの栽培の現状 3. 今後の作付け拡大に向けた技術開発

発表内容 1. はじめに ( トウモロコシの特徴 ) 2. 飼料用トウモロコシの栽培の現状 3. 今後の作付け拡大に向けた技術開発

2 0 ※1 関東東海地域における飼料畑土壌診断基準検討会報告書(草地試験場1988)陽イオン交換容 量が10~20meq/100gにおける土壌を対象とした交換性カリ含量基準とカリ施肥対応を示す(陽イオン 交換容量が20~35meq/100gでは、基準値範囲が15、15~50、50~100、100mg/100g以上となる)。飼 料用トウモロコシカリ施肥基準は14県で上記範囲あり、16kg/10aは中央値である。

46 さらに読み込む

産業廃棄物処分場紛争の実態と今後の方向性 [ PDF

産業廃棄物処分場紛争の実態と今後の方向性 [ PDF

事例研究 日本においては,欧米先進国と比べ,こうした「対 抗計画」不在はもちろんこと,各種「対抗的分業」 未成立が,構造化しいるという.それは,テクノク ラートと社会運動という点で,また大都市と過疎地とい う点で,さらには産業論理と生活論理という点で, 著しく前者重心が偏っおり,両者関係が極めてア ンバランスなものとなっいるということである.これ によって両者間「対抗的分業」が成立するため前提 条件が決定的欠けいるである.このアンバランス 問題は,受益圏と受苦圏と分離,過密−過疎進 行,さらにはすぐれた人材テクノクラート集団や経済 界へ集中という事態が重なっいる. これを踏まえ, 原子力発電所,一般廃棄物,産業廃棄物事例を、前項
さらに見せる

4 さらに読み込む

平成 30 年度省エネルギー投資促進に向けた支援補助金 ( エネルギー使用合理化等事業者支援事業 ) Ⅰ. 工場 事業場単位 交付申請の手引き第 2 巻事業区分 ( ア )( イ )( ウ ) 平成 30 年 5 月

平成 30 年度省エネルギー投資促進に向けた支援補助金 ( エネルギー使用合理化等事業者支援事業 ) Ⅰ. 工場 事業場単位 交付申請の手引き第 2 巻事業区分 ( ア )( イ )( ウ ) 平成 30 年 5 月

3-2 実績エネルギー使用量、販売した副生エネルギー数値を記載しください。 ※網掛け部分以外数値欄は自動計算で表示されます。 3-3 導入後エネルギー使用量、販売した副生エネルギー数値を記載ください。 ※網掛け部分以外数値欄は自動計算で表示されます。 3-4 薄いオレンジ色網掛け部分(工場・事業単位エネルギーコスト)数値を記載ください。 ※網掛け部分以外数値欄は自動計算で表示されます。 第1章 実施計画書(ア)
さらに見せる

60 さらに読み込む

第 1 章 試練を迎えるグローバル経済の現状と課題 第 図 / 中国の物価の推移 2020 SDR (4) 我が国との戦略的互恵関係の構築に向けて 1 環境 エネルギー分野で我が国企業に期待される活躍の場 (a) 科学的発展観の実践に向けて SCE 69

第 1 章 試練を迎えるグローバル経済の現状と課題 第 図 / 中国の物価の推移 2020 SDR (4) 我が国との戦略的互恵関係の構築に向けて 1 環境 エネルギー分野で我が国企業に期待される活躍の場 (a) 科学的発展観の実践に向けて SCE 69

コ ラ ム 4 2008年1月、中国政府は、ITセキュリティ製品へ強制認証制度(CCC:China Compulsory Certification)を 導入し、2009年5月1日から実施する旨、公表した。その後、日米欧など懸念表明を受け、2009年4月、中国 は、当該強制認証制度を、対象を政府調達限定した上で、2010年5月から実施する旨改めて公表した。政府調 達限定したとしても、認証取得、中国独自基準適合することを義務づけ、その適合性を審査する中 国機関に対し、ソフトウエア設計図等技術情報提出や、工場実地検査などを義務づけるものであり、 中国と貿易やハイテクビジネスへ影響、知的財産保護観点など問題点が多い。このため、我が国は、米欧 等とも連携しつつ、日中首脳会談、日中ハイレベル経済対話等で制度を導入しないよう再考を強く申し入れ いる。
さらに見せる

20 さらに読み込む

大学教育の充実に向けた今後の取組 の方向性を示す 2 つの中教審答申 我が国の高等教育の将来像 ( 平成 17 年 1 月 28 日 ) 新時代の大学院教育 - 国際的に魅力ある大学院教育の構築に向けて - ( 平成 17 年 9 月 5 日 )

大学教育の充実に向けた今後の取組 の方向性を示す 2 つの中教審答申 我が国の高等教育の将来像 ( 平成 17 年 1 月 28 日 ) 新時代の大学院教育 - 国際的に魅力ある大学院教育の構築に向けて - ( 平成 17 年 9 月 5 日 )

○ 「魅力ある大学院教育」イニシアティブ 「魅力ある大学院教育」イニシアティブ 42億円 42億円 (30億円) (30億円) 2.現代的課題対応できる人材養成と大学多様な機能展開 2.現代的課題対応できる人材養成と大学多様な機能展開 65億円 65億円 (54億円) (54億円) ○

25 さらに読み込む

資料3 日本食品標準成分表の更なる充実に向けた今後の課題と進捗状況について

資料3 日本食品標準成分表の更なる充実に向けた今後の課題と進捗状況について

・ 28 年度調査事業において、食物繊維(特に難消化性でん粉、イヌリンや難消化性オ リゴ糖を含むもの)を多く含む食品について、食物繊維分析方法検証と、再分析が 必要な食品抽出を実施。 ・ 調査事業結果を踏まえ、29 年度以降、順次、当該食品食物繊維分析を実施(他

6 さらに読み込む

「今後のエネルギー政策の動向」 長崎市│事業所向け「環境セミナー」

「今後のエネルギー政策の動向」 長崎市│事業所向け「環境セミナー」

再生可能 ネ ー 固定価格買取制度 検討経緯 以 お す 2009 年 11 月~ 再生可能 ネ ー 全量買取 す ロ トチー 会合 回 ア ン 回開催 2010 年 3 月 制度 ョン案提示 ー ー におい 意見募集 ~ 2010 年 5 月 318 件 2010 年 4 月~ 地域 ー 開催 全国 21 ヵ所 説明会 意見募集を実施

39 さらに読み込む

農業農村整備の集い の開催 ~ 農を守り 地方を創る予算の確保に向けて ~ 去る5 月 30 日シェーンバッハ サボー ( 東京都 ) において 農業農村整備の集い が 全国土地改良事業団体連合会及び都道府県土地改良事業団体連合会の共催で開催された 当日は 全国から約 1,000 名の水土里ネット関

農業農村整備の集い の開催 ~ 農を守り 地方を創る予算の確保に向けて ~ 去る5 月 30 日シェーンバッハ サボー ( 東京都 ) において 農業農村整備の集い が 全国土地改良事業団体連合会及び都道府県土地改良事業団体連合会の共催で開催された 当日は 全国から約 1,000 名の水土里ネット関

 末松農村振興局長から、先熊本地震で被災した方々へお見舞いあと、今回復旧・復興当 たっては、熊本県知事が唱える「創造的復興」を目指すとしたほか、TPP 協定に関しては、「土地改 良事業は、輸出向けた基盤整備でもあるため、今後とも競争力を強化するため予算確保を目指し たい」、「今後とも土地改良制度見直しや就業構造改善について検討を進める」と話があった。  また、室本農村振興局次長からは、農業競争力強化について、「効果は所得向上現れる、土地改 良事業によってどれだけ所得が向上したか明らかすることが重要」、「これまで効果は、経営規模 拡大や生産コスト低減であったが、今後は高収益作物へ転換、儲かる農業へ転換重点を置 く」としたほか、 「熊本地震を契機として、更に国土強靭化を進める」、 「土地改良予算回復向け、 予算必要性を各方面理解を求めることが必要である」と話があった。
さらに見せる

20 さらに読み込む

Show all 10000 documents...