資産を即時償却しているもの

Top PDF 資産を即時償却しているもの:

申告していただく方 浦添市内に事業用の償却資産を所有している方や浦添市内の事業所に償却資産をリースされている方は 地方税法第 383 条に基づき毎年 1 月 1 日現在所有している償却資産の内容を申告することになっています 資産の多少にかかわらず申告をお願いします 償却資産の範囲及び種類 1 土地及

申告していただく方 浦添市内に事業用の償却資産を所有している方や浦添市内の事業所に償却資産をリースされている方は 地方税法第 383 条に基づき毎年 1 月 1 日現在所有している償却資産の内容を申告することになっています 資産の多少にかかわらず申告をお願いします 償却資産の範囲及び種類 1 土地及

(注3)法人税法施行令第60条の規定による増加償却又は同法施行令第60条の2の規定による陳腐化資 産の一時償却行った資産については、償却資産の評価上、控除額の加算行うことができます。この場 合、届出書等が必要となりますので、申告の際に添付ください。 (注4)平成19年度税制改正により、国税においては残存価額が廃止され、1円まで償却できるようになりま たが、固定資産税(償却資産)における減価償却の方法には変更ありません。
さらに見せる

12 さらに読み込む

1. 申告対象者 (1) 三浦市内で事業をされている方平成 30 年 1 月 1 日現在 三浦市内に事業用の資産を所有している法人又は個人 (2) 三浦市内に貸し付け資産のある方平成 30 年 1 月 1 日現在 貸し付けを事業として三浦市内に償却資産を貸し付けている法人又は個人 2. 償却資産とは

1. 申告対象者 (1) 三浦市内で事業をされている方平成 30 年 1 月 1 日現在 三浦市内に事業用の資産を所有している法人又は個人 (2) 三浦市内に貸し付け資産のある方平成 30 年 1 月 1 日現在 貸し付けを事業として三浦市内に償却資産を貸し付けている法人又は個人 2. 償却資産とは

増 加 事 由 ・・・・・・ 資産が増加たことについて、該当する増加事由の番号○で囲んでください。(明細書下部欄外参照) 摘 要 ・・・・・・ 当該資産について、次のような事項がある場合はその旨の表示記載ください。 ●非課税に該当する資産については、「非」とその適用条項(例:非、法第348条第2項第2号) ●課税標準の特例に該当する資産については、「特」とその適用条項(例:特、法第349条の3第2項) ●増加償却行っいる資産がある場合
さらに見せる

16 さらに読み込む

平成 31 年度 償却資産申告の手引 福生市 市税につきましては 日頃より格別の御協力をいただき厚くお礼申し上げます 固定資産税は 土地 家屋および償却資産の所有者に課税されます 償却資産の評価は 毎年 1 月 1 日現在で償却資産を所有している方の申告によって行われます ( 地方税法第 383 条

平成 31 年度 償却資産申告の手引 福生市 市税につきましては 日頃より格別の御協力をいただき厚くお礼申し上げます 固定資産税は 土地 家屋および償却資産の所有者に課税されます 償却資産の評価は 毎年 1 月 1 日現在で償却資産を所有している方の申告によって行われます ( 地方税法第 383 条

資産の所在地 福生市内にある事業所等の所在地記入ください。 ⑧借用資産 借用資産の有無について該当する方○で囲んでください。借用資産がある場合は、資産の名 称、貸主の名称、電話番号記入ください。 ⑨該当するものに○つけください。(4)については年月日も記入ください。 ⑩備考 次のような事項記入ください。
さらに見せる

12 さらに読み込む

1 償却資産とは (1) 償却資産とは 固定資産税における償却資産とは 事業の用に供することができる土地及び家屋以外の資 産で その減価償却額または減価償却費が法人税法または所得税法の規定による所得の計算上 損金又は必要な経費に算入されるものをいいます 例えば 会社や個人で事業を行っている方の事業の

1 償却資産とは (1) 償却資産とは 固定資産税における償却資産とは 事業の用に供することができる土地及び家屋以外の資 産で その減価償却額または減価償却費が法人税法または所得税法の規定による所得の計算上 損金又は必要な経費に算入されるものをいいます 例えば 会社や個人で事業を行っている方の事業の

申 告 告 の の 手 手 引 引 き き 市税につきましは、日頃より格別のご理解とご協力賜り厚くお礼申し上げます。 さて、固定資産税は、土地や家屋のほかに償却資産(事業用資産)についても課税の対象 となります。伊那市内に償却資産所有されいる方(事業用として他の者に貸し付けい るもの含む。 )は、地方税法第 383 条の規定により、毎年1月1日現在の所有状況申告 いただくことになります。
さらに見せる

14 さらに読み込む

Ⅰ 償却資産とは 固定資産税の課税対象となる償却資産とは 法人や個人の方が事業を営むために所有している土地 家屋以外の有形の固定資産で その減価償却額又は減価償却費が 法人税法又は所得税法の規定による所得の計算上損金又は必要な経費に算入されるものをいいます 具体的には 構築物 機械 装置 船舶 航空

Ⅰ 償却資産とは 固定資産税の課税対象となる償却資産とは 法人や個人の方が事業を営むために所有している土地 家屋以外の有形の固定資産で その減価償却額又は減価償却費が 法人税法又は所得税法の規定による所得の計算上損金又は必要な経費に算入されるものをいいます 具体的には 構築物 機械 装置 船舶 航空

 市税につきましは、平素よりご理解とご協力いただき厚くお礼申し上げます。固定資産税 (償却資産)の申告の時期がまいりましたので、ご案内いたします。  固定資産税は、土地や家屋のほか、事業用の償却資産にも課税されます。償却資産の所有 者の方は、毎年1月1日現在河内長野市内に所在する償却資産申告いただくことになっ います(地方税法第383条)。この手引ご覧のうえ、申告書等に必要事項記入、必ず期 限までにご提出くださいますようお願います。
さらに見せる

13 さらに読み込む

1. 償却資産とは 1. 償却資産とは 償却資産とは 土地及び家屋以外の事業の用に供することができる有形の固定資産で その減価償却額又は減価償却費が法人税法又は所得税法の規定による所得の計算上 損金又は必要な経費に算入されるもの ( これに類する資産で法人税又は所得税を課されない方が所有されているも

1. 償却資産とは 1. 償却資産とは 償却資産とは 土地及び家屋以外の事業の用に供することができる有形の固定資産で その減価償却額又は減価償却費が法人税法又は所得税法の規定による所得の計算上 損金又は必要な経費に算入されるもの ( これに類する資産で法人税又は所得税を課されない方が所有されているも

構  築  物 門、フェンス、舗装路面、緑化施設、煙突、広告塔、庭園、固定資産税上家屋 と評価されない簡易プレハブ建物・自転車置場・テント倉庫等 建物附属設備 ①建物の所有者が取り付けた建物附属設備は、家屋として評価するもの償却 資産として評価するものに区分されますが、家屋と構造上一体となっいな い屋外の給排水設備、ネオンサイン、投光器や独立た機械装置としての性 格が強い受変電設備、蓄電池設備、特定の生産又は業務の用に供される工場 の動力源としての電気設備等は、償却資産として取り扱います。
さらに見せる

16 さらに読み込む

Ⅰ 償却資産の申告について 申告していただく方個人や法人で事業を行っている方 ( 工場や商店などを経営されている方 駐車場や住宅 店舗などを貸し付けている方など ) で その事業に用いることができる土地や家屋以外の事業用資産 ( これを償却資産といいます ) をお持ちの方は 地方税法第 383 条の

Ⅰ 償却資産の申告について 申告していただく方個人や法人で事業を行っている方 ( 工場や商店などを経営されている方 駐車場や住宅 店舗などを貸し付けている方など ) で その事業に用いることができる土地や家屋以外の事業用資産 ( これを償却資産といいます ) をお持ちの方は 地方税法第 383 条の

固 定 資 産 税 ( 償 却 資 産 ) 申 告 の 手 引 目 次 Ⅰ 償却資産の申告について 1 申告いただく方 ························· 1 2 償却資産について ·························· 1 (1) 償却資産とは ··························· 1 (2) 申告が必要な資産(課税対象になるもの) ············· 1 (3) 申告の必要がない資産(課税対象にならないもの) ········· 1 (4) 償却資産の種類と例 ······················· 2 (5) 建築設備における家屋と償却資産の区分 ·············· 3 (6) 国税との主な違い ························· 4 3 申告について ···························· 4 (1) 前年度以前に申告されいる方 ·················· 4 (2) はじめて申告される方 ······················ 4 (3) 事業やめられた方、城陽市内の事業所等閉鎖された方 ······ 4 (4) 申告書の記入方法がわからない場合 ················ 4 (5) 申告書郵送される場合 ····················· 4 (6) eLTAXでの申告 ························ 5 4 申告されない場合、又は虚偽の申告された場合 ·········· 5 5 実地調査への協力について(お願い) ················ 5 Ⅱ 償却資産の評価と課税について
さらに見せる

11 さらに読み込む

Ⅰ 償却資産の申告のあらまし 1 申告していただく方 工場や商店の経営 駐車場やアパートの貸し付けなどの事業の用に供することができる資産は 償却資産として固定資産税の課税対象となっています 事業を行っている会社や個人の方で 毎年 1 月 1 日現在において償却資産を所有されている場合は 地方税法第

Ⅰ 償却資産の申告のあらまし 1 申告していただく方 工場や商店の経営 駐車場やアパートの貸し付けなどの事業の用に供することができる資産は 償却資産として固定資産税の課税対象となっています 事業を行っている会社や個人の方で 毎年 1 月 1 日現在において償却資産を所有されている場合は 地方税法第

  ※大型特殊自動車と小型特殊自動車(軽自動車税の課税対象)の区別    下記の要件一つでも満たす場合は、大型特殊自動車になります。    (1)自動車の長さが 4.7 m超えるもの (2)自動車の幅が 1.7 m超えるもの    (3)自動車の高さが 2.8 m超えるもの (4)最高速度が 15km/h 超えるもの    農耕作業用自動車については長さ・高さ・総排気量の基準はなく最高速度が 35km/h 以上のもの    なお、小型特殊自動車に該当する場合、軽自動車税の課税対象となりますので、固定資産税の課
さらに見せる

21 さらに読み込む

1 償却資産とは 会社や個人で工場や商店などを経営している方 駐車場やアパートなどを貸し付けて いる方が その事業のために用いることができる構築物 機械 器具 備品等の資産で 法人税法 所得税法の計算上 損金または必要経費に算入されるものをいいます 資産の種類と主な償却資産資産の種類内容 1. 構築

1 償却資産とは 会社や個人で工場や商店などを経営している方 駐車場やアパートなどを貸し付けて いる方が その事業のために用いることができる構築物 機械 器具 備品等の資産で 法人税法 所得税法の計算上 損金または必要経費に算入されるものをいいます 資産の種類と主な償却資産資産の種類内容 1. 構築

法人税法施行令第 57 条第 1 項又は所得税法施行令第 130 条第 1 項の規定により、 国税局長の承認受け、 耐用年数の短縮行っいる資産の有無について該当する方○で囲んでください。 増加償却の届出 法人税法施行令第 60 条又は所得税法施行令第 133 条の規定により、税務署長に増加償却の届出行っ いる資産の有無について該当する方○で囲んでください。

10 さらに読み込む

Ⅰ 償却資産の申告のあらまし 1 申告していただく方 工場や店舗の経営 駐車場やアパートの貸し付けなど 事業の用に供することができる資産は 償却資産として固定資産税の課税対象となっています 事業を行っている会社や個人の方で 毎年 1 月 1 日現在において償却資産を所有されている場合には 地方税法第

Ⅰ 償却資産の申告のあらまし 1 申告していただく方 工場や店舗の経営 駐車場やアパートの貸し付けなど 事業の用に供することができる資産は 償却資産として固定資産税の課税対象となっています 事業を行っている会社や個人の方で 毎年 1 月 1 日現在において償却資産を所有されている場合には 地方税法第

 リース資産は、その契約の内容により、 資産貸しいる方に申告いただく場合と、実際に 資産借り事業いる方に申告いただく場合があります。大きく分類すると、リース資 産の契約に応じ次のように申告いただきます。 ※平成20年4月1日以降に締結た所有権移転外ファイナンス・リースについては、所得税・法 人税法における所得の計算上、売買取引として取り扱うよう変更されいますが、固定資産税(償 却資産)においては、従前のとおり所有者である賃貸人(リース会社等)が申告する必要があります。 なお、地方税法施行令第49条ただし書きにより、法人税法第64条の2第1項又は所得税法第 67条の2第1項に規定するリース資産で、所有者が取得た際の取得価額が20万円未満のも のは申告対象外です。
さらに見せる

21 さらに読み込む

1. 償却資産とは 償却資産とは 土地 家屋以外の事業用資産で その減価償却費が法人税法または所得税法の規定による所得の計算上 損金または経費に算入されるものです 具体的には 商店や工場を経営されている方や 不動産賃貸業を営まれている方などが その事業で使用する資産のことをいいます ただし 無形減価

1. 償却資産とは 償却資産とは 土地 家屋以外の事業用資産で その減価償却費が法人税法または所得税法の規定による所得の計算上 損金または経費に算入されるものです 具体的には 商店や工場を経営されている方や 不動産賃貸業を営まれている方などが その事業で使用する資産のことをいいます ただし 無形減価

- 6 - 4.課税標準の特例について 地方税法第349条の3及び本法附則第15条などの規定により、一定の要件備える 償却資産については、課税標準の特例が適用され、固定資産税が軽減されます。課税標準 の特例が適用される資産申告される場合は、所管する主務官庁等の証明書または届出書 の写し、カタログ、精密検査証明書など、証明となる書類必ず添付ください。

12 さらに読み込む

1 償却資産の範囲 (1) 償却資産の申告対象になるもの毎年 1 月 1 日 ( 賦課期日 ) 現在において事業の用に供することができる資産のうち 土地及び家屋以外の有形の固定資産で 税務会計 ( 所得税及び法人税を計算するための会計方法 ) 上 減価償却の対象としている資産 ( 土地及び家屋の意義

1 償却資産の範囲 (1) 償却資産の申告対象になるもの毎年 1 月 1 日 ( 賦課期日 ) 現在において事業の用に供することができる資産のうち 土地及び家屋以外の有形の固定資産で 税務会計 ( 所得税及び法人税を計算するための会計方法 ) 上 減価償却の対象としている資産 ( 土地及び家屋の意義

平成30年度 償却資産(固定資産税)申告の手引 固定資産税は、土地や家屋のほかに事業用資産償却資産)についても課税の対象となり ます。償却資産所有されいる方は、毎年賦課期日(1月1日)現在所有いる償却資 産について、その資産が所在する市町村に申告いただく義務があります。(地方税法第3 83条)

9 さらに読み込む

1 償却資産の申告とは ⑵ ⑶ 償却資産とは 固定資産税における償却資産とは 土地や家屋以外で事業のために使用する資産です 会社や個人で工場や商店などを経営している方や 駐車場やパートなどを貸し付けている方が事業 のために用いている構築物 機械 工具 器具 備品等が対象となり 土地 家屋と同じように

1 償却資産の申告とは ⑵ ⑶ 償却資産とは 固定資産税における償却資産とは 土地や家屋以外で事業のために使用する資産です 会社や個人で工場や商店などを経営している方や 駐車場やパートなどを貸し付けている方が事業 のために用いている構築物 機械 工具 器具 備品等が対象となり 土地 家屋と同じように

1 償却資産の申告とは ⑴ 償却資産とは 固定資産税における償却資産とは、土地や家屋以外で事業のために使用する資産です。 会社や個人で工場や商店など経営いる方や、駐車場やアパートなど貸し付けいる方が事業 のために用いいる構築物・機械・工具・器具・備品等が対象となり、土地・家屋と同じように固定資 産税が課税されます。法人税法又は所得税法の規定による所得の計算上では、その減価償却額又は減価 償却費が、損金又は必要な経費に算入される資産です。
さらに見せる

6 さらに読み込む

Ⅰ 固定資産税 ( 償却資産 ) について 償却資産とは 償却資産とは 会社や個人で工場や商店などを経営している方がその事業のために用いることができる構築物 機械 器具 備品等をいいます 土地及び家屋以外の 事業の用に供することができる資産 法人税法又は所得税法の規定による所得の計算上 減価償却額又

Ⅰ 固定資産税 ( 償却資産 ) について 償却資産とは 償却資産とは 会社や個人で工場や商店などを経営している方がその事業のために用いることができる構築物 機械 器具 備品等をいいます 土地及び家屋以外の 事業の用に供することができる資産 法人税法又は所得税法の規定による所得の計算上 減価償却額又

舞鶴市の償却資産(固定資産税)の申告は「eLTAX:エルタックス」利用電子申告が できるようになりました。  利用届出(新規)提出後、直ちに電子申告利用することができます。 PCdeskで固定資産税(償却資産)申告データのCSV取込による作成が可能です。 また、eLTAXに対応た市販の税務・会計ソフトで作成たデータも使えます。  ホームページ http://www.eltax.jp/
さらに見せる

10 さらに読み込む

目 次 1. 償却資産のあらまし 1 ページ ~ (1) 償却資産とは (2) 申告していただく必要のある方 (3) 申告の対象となる償却資産 (4) 償却資産の種類と具体例 (5) 業種別の主な償却資産 ( 例 ) 参考 自動車等について (6) 申告する必要のない資産 (7) 少額の減価償却資産

目 次 1. 償却資産のあらまし 1 ページ ~ (1) 償却資産とは (2) 申告していただく必要のある方 (3) 申告の対象となる償却資産 (4) 償却資産の種類と具体例 (5) 業種別の主な償却資産 ( 例 ) 参考 自動車等について (6) 申告する必要のない資産 (7) 少額の減価償却資産

1.償却資産のあらまし (1)償却資産とは 固定資産税における償却資産とは、土地・家屋以外の事業用に供される資産で、その 減価償却額または減価償却費が法人税法または所得税法の規定による所得の計算上、損 金または必要な経費に算入されるもの(法人税または所得税が課されない者が所有する もの含む)のうち、その取得価額が少額である資産その他の政令で定める資産以外の ものいいます。
さらに見せる

17 さらに読み込む

Ⅰ 固定資産税 ( 償却資産 ) について 償却資産とは 償却資産とは 会社や個人で工場や商店などを経営している方がその事業のために用いることができる構築物 機械 器具 備品等をいいます 土地及び家屋以外の 事業の用に供することができる資産 法人税法又は所得税法の規定による所得の計算上 減価償却額又

Ⅰ 固定資産税 ( 償却資産 ) について 償却資産とは 償却資産とは 会社や個人で工場や商店などを経営している方がその事業のために用いることができる構築物 機械 器具 備品等をいいます 土地及び家屋以外の 事業の用に供することができる資産 法人税法又は所得税法の規定による所得の計算上 減価償却額又

※ 増加償却とは  平均的な使用時間大幅に超え稼働させた機械装置の耐用年数、法定耐用年数より短くすること。税務署に届け出るこ とにより耐用年数法定耐用年数より短くすることができる。  耐用年数の短縮、陳腐化資産の一時償却適用資産は、国税局長が承認た書類の写し、増加償 却、耐用年数の確認適用資産は、税務署長に届け出た書類の写し添付のうえ、申告ください。
さらに見せる

8 さらに読み込む

1. 償却資産について 償却資産とは 償却資産とは 土地 家屋以外の事業の用に供することができる資産で その減価償却額又は減価償 却費が法人税法又は所得税法の規定による所得の計算上 損金又は必要経費に算入されるもの ( 法人税 又は所得税が課されない者が所有するものを含む ) をいいます 償却資産の

1. 償却資産について 償却資産とは 償却資産とは 土地 家屋以外の事業の用に供することができる資産で その減価償却額又は減価償 却費が法人税法又は所得税法の規定による所得の計算上 損金又は必要経費に算入されるもの ( 法人税 又は所得税が課されない者が所有するものを含む ) をいいます 償却資産の

⑧ 増加事由 資産が増加たことについて、該当する番号○で囲んでください。 (「1 新品取得」、「2 中古品取得」、「3 移動による受入れ」、「4 その他」) ⑨ 摘要 当該資産について、次のような事項記入ください。 ア)非課税・特例に該当する資産について、その適用条項 イ)短縮耐用年数適用いる資産について、その旨の表示 ウ)増加償却行っいる資産について、その旨の表示 エ)その他当該資産の価格の決定に当たって必要な事項 オ)申告漏れ資産について、その旨の表示
さらに見せる

15 さらに読み込む

目次 頁 Ⅰ 償却資産とは 1 償却資産とは 1 2 償却資産の主な業種別具体例 1 Ⅱ 償却資産の申告について 1 申告していただく方は 2 2 提出していただく書類は 2 (1) はじめて申告をされる方 (2) 前年度までに申告をされた方 (3) 電算処理により全資産申告をされる場合 (4) 該

目次 頁 Ⅰ 償却資産とは 1 償却資産とは 1 2 償却資産の主な業種別具体例 1 Ⅱ 償却資産の申告について 1 申告していただく方は 2 2 提出していただく書類は 2 (1) はじめて申告をされる方 (2) 前年度までに申告をされた方 (3) 電算処理により全資産申告をされる場合 (4) 該

12 5 税制改正による耐用年数変更(耐用年数省令の一部改正)について 平成20年度の税制改正において、耐用年数省令の一部改正が行われ、減価償却資産の耐用年数表 が大幅に変更され、特に機械及び装置については390区分55区分へ見直す全面改正が行われま た。このため、固定資産税(償却資産)においては、決算期等に関わりなく、既存分含め平成 21年度から改正後の耐用年数が適用となります。したがって、増加事由が申告漏れ、移動で取得 年月が平成19年12月以前の資産の場合は、 「適用」欄等に事由と改正前の耐用年数記載く ださい。 (例: 「H20.5 移動、改正前 5」 )
さらに見せる

17 さらに読み込む

1 償却資産とは 土地 家屋以外の事業の用に供することができる資産で その減価償却額または減価償却費が法人税法または所得税法の計算上 損金または必要経費に算入されるものをいいます 会社や個人で工場や商店などを経営している方 駐車場やアパートなどを貸し付けている方が その事業のために用いることができる

1 償却資産とは 土地 家屋以外の事業の用に供することができる資産で その減価償却額または減価償却費が法人税法または所得税法の計算上 損金または必要経費に算入されるものをいいます 会社や個人で工場や商店などを経営している方 駐車場やアパートなどを貸し付けている方が その事業のために用いることができる

償却資産のない方 × × 申告書の「17 備考欄」に「該当 資産なし」とご記入ください。 ※申告書、種類別明細書の記入については「4 申告書の書き方」ご覧ください。 ※申告書の控えは、申告受付時にコピーお渡します。郵送による提出で、申告書 の控えの返送希望される方は、切手貼った返信用封筒同封ください。 ※書類が不足た場合は、市ホームページよりダウンロードいただくか、至急送付
さらに見せる

10 さらに読み込む

Ⅰ 固定資産税 ( 償却資産 ) について 償却資産とは償却資産とは 会社や個人で工場や商店などを経営している方がその事業のために用いることができる構築物 機械 器具 備品等をいいます 課税対象となる資産については ~ ページをご覧ください 土地及び家屋以外の 事業の用に供することができる資産 法人

Ⅰ 固定資産税 ( 償却資産 ) について 償却資産とは償却資産とは 会社や個人で工場や商店などを経営している方がその事業のために用いることができる構築物 機械 器具 備品等をいいます 課税対象となる資産については ~ ページをご覧ください 土地及び家屋以外の 事業の用に供することができる資産 法人

租税特別措置法の規定適用即時償却資産。 (例)中小企業者等の30万円未満の少額資産の損金算入の特例適用資産。  上記に該当する資産であれば、法人税上で償却資産として計上いなくも申告の対象となります。 使用可能期間が1年未満又は取得価額が20万円未満であっも、個別に減価償却いる資産。 資本的支出としての改良費は、新たな資産の取得としてみなされますので、本体とは別個に申告が必 要です。
さらに見せる

10 さらに読み込む

Show all 10000 documents...